SP 革命篇の作品情報・感想・評価

SP 革命篇2011年製作の映画)

上映日:2011年03月12日

製作国:

上映時間:128分

ジャンル:

3.5

「SP 革命篇」に投稿された感想・評価

いお

いおの感想・評価

3.5
野望編よりはお話多め。
ずっと続編待ってるんだけど、もうそろ10年経つし無理かなぁ…
weda

wedaの感想・評価

3.3
連ドラから変わり過ぎ。でも、まぁまぁ面白かった。続編希望。
milk

milkの感想・評価

3.1
こちらが本編って感じなので派手なアクションシーンは少なめ。

意外な展開でびっくりした。
堤真一はSPに出てる時が一番カッコいいと思う。
岡田くんもカッコ良かった〜
弾丸避けてるの凄すぎる。

井上宛の手紙の中身教えてくれないのかな。
このご時世なので地上波でも放送して欲しいなと思いました。(笑)
Lett

Lettの感想・評価

3.5
で、革命編。
ほんとにこれで終わりなのか?

まだまだ黒幕がいっぱい政府内、警察内にいそうだけど。

日本の防衛ってあんながばがばなの?
めっちゃ容易く国会議事堂潜入できるじゃん。
あくまで映画だからと信じたいが。

何気にお掃除やさん4人組がずっと好きです。
EwartMu

EwartMuの感想・評価

-
尾形はめっちゃカッコいいし大好きなんだが

SPは全シリーズ終わり方がなんかなー、、、
毎回"?えっ⁈終わり⁉︎"ってなる

多少長くていいから最後までストーリー描いていいよ⁈って
ラスカ

ラスカの感想・評価

4.1
SPシリーズの集大成。
堤真一演じる尾形総一郎の存在感が凄い。
相変わらず岡田くんのアクションもカッコいい。ホントにアクションを見せる“だけ”だった前作と違ってアクションシーンの時間そのものは短くなったものの説得力があって総合的にはこちらの方が好み。
国会議事堂の占拠方法を若手官僚らがシミュレーションという形で説明していくのもいい演出。
不満を挙げるとすればいまいちスッキリしない終わり方だけだがあっさり黒幕が分かってもスケールがショボくなるだけなのでこれでいいのかも。
この作品単体でもめちゃくちゃ楽しめるのでシリーズ未見の方も是非。
メリー

メリーの感想・評価

3.8
「これこそが革命だ」

野望編に引き続き鑑賞。テイストが全然違ってストーリー重視でとても面白かった。テロへの意識が今とは違うとはいえ、占拠や突入のシーンは迫力やリアリティが凄かったです。

無表情で躊躇なく引き金を引く堤真一の凄みがとても表れていてよかった。続きありそうな感じで終わってますが、10年近く経ってもやる気配ないので難しいのかな。。
はる

はるの感想・評価

2.5
くねんまえ…わか…

あの2人が兄弟だたのかー
えー
それでえんかー
えー
楽しかった
戦う岡田くんかっこよー
Anri

Anriの感想・評価

3.7
そりゃ最後そうなるよね、ならざるを得んよね、ってゆー悲しい流れでした。

真木よう子が好きです
だやま

だやまの感想・評価

4.5
落ち着いた雰囲気とアクションが入れ混ざって、よいクライマックスでした
ラストもいい感じ
>|