シン・ゴジラの作品情報・感想・評価

シン・ゴジラ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月29日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.9

あらすじ

出演者

「シン・ゴジラ」に投稿された感想・評価

Maki

Makiの感想・評価

5.0

「まだ人が居る!射撃の可否を問う!」
「まだ人が居る!射撃の可否を問う!」
「まだ人が居る!射撃の可否を問う!」



語りたくなる映画。
貪りたくなる映画。

「現実(ニッポン)」対「虚構(ゴジラ)」
「現実(ニッポン)」がひたすら圧倒的な
「虚構(ゴジラ)」に蹂躙される。
 
英雄もいない秘密兵器もない。
だれもかれも助けてくれない。
日本人は知恵と技術で抗ってゆく。
情報と検証と手続と承認と
裏から根回しと官民連携で
勝てなくて跳ね返されても
踏まれても踏み潰されても
まだ抗ってゆく。

しかし

「あの絶望的な光」の凄まじさはなに?
 
虚構なのにCGなのに唖然となり胸が苦しくて
「あれは憎しみの光だ。
 あれは光らせてはいけないんだ」
いや観ているときはそれどころじゃあなくて
「あれは憎しみではなく。
 哀しみの光かもしれない」
いつも気づくと落涙している。
 
 
 
【以下ネタバレ】
 
 
 
個人的びっくりがゴジラの経路!
 
まずは第二形態の上陸&進行ルート。
子供のころずっと暮らしていた蒲田。
毎日その傍を歩いていた呑川を遡上。
遊んで親しんだ街が道が駅前が崩壊。

CP、アタッカー1。
目標が報告と違う、繰り返す、
目標が報告と違う~の品川も。
 
現用兵器一斉投入タバ作戦。
武蔵新城も多摩川河川敷もよく知る場所。
 
まさかのトドメはヤシオリ作戦。
今の職場の真ん前というか真上というか
ウチのビルも見事に全壊しちゃってるし
さらにいつも乗ってる在来線が…
無人で…爆弾を…ああんそんな…


 
結局…劇場9回の自宅で2回。
これからもまた何度も観る。
ますの

ますのの感想・評価

4.2
周りにオススメされ続けて、やっと鑑賞。

日本の会議大好き感が皮肉っぽくて好き。
知ってる景色もあり、リアル過ぎて問題にもなりそう。

役者も豪華。
8bom

8bomの感想・評価

-
あんまり好きじゃなかった。
あおい

あおいの感想・評価

3.9
責任、年、ルール、国というのは年を経ると積み上げられていくのだと気付かされる。その上で生活をしているため高くなればなるほど安定を求め、動けなくなる。
浮き彫りになる中、新しいものをまた作り上げる
ゴジラといえば子供時分によく見た特撮怪獣もの。ヒーローでありヒール役でもあって、子供に難しいことはよく分からないがゴジラとはなんとなく〝強くて怖いやつ〟。

大人なってから「ゴジラ最近調子どう?」みたいなノリで観てみたものの、これがまた衝撃。

子供の頃観たゴジラより怖くて強い。そしてキモい。

大人になって捻くれた固定観念まみれの自分に、もう一度色褪せないゴジラの感動をくれた。

こんなのどうにもならん、て演出が凄い。環境に適応した進化を短期的に繰り返し、ちゃちな絶望感じゃなく、マジでヤバいっていう焦燥感を煽り立ててくる。

圧倒的な生物差を感じさせられ、生命活動的な危機感から視聴中に勃起した初めての怪獣映画だった。

映画館で視聴できて本当に正解だった。クオリティそのままで続編が観たい。
A88

A88の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

記録

未確認生物ゴジラに対する日本政府の対策を描いている。
また世界連合軍の核兵器使用との駆け引きもある。

ゴジラは大体に原子炉のシステムを持っているのでゴジラを体内から冷却する作戦でゴジラを冷却に成功。
カヨ

カヨの感想・評価

4.0
好き。
ici

iciの感想・評価

3.4
難しい用語の羅列と早口で畳み掛ける台詞……情報量が置いすぎてついていけなかったけど、凝血させられればこっちの勝ちってことよね?笑

豪華俳優陣だらけで見てて楽しいし、ゴジラがかっこよい(第4進化系)!!でもゴジラは核燃料とか食べるんじゃなくて、肉食って欲しいな…
>|