シン・ゴジラの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

シン・ゴジラ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月29日

製作国:

ジャンル:

3.9

あらすじ

現代日本に初めてゴジラが現れた時、日本人はどう立ち向かうのか?

出演者

「シン・ゴジラ」に投稿された感想・評価

プライムより、今更ながら視聴。
これまでの「ゴジラが大都市を滅茶滅茶に破壊することで非現実性を提供する」ということにフォーカスを置かず、「ゴジラを飽くまで手段として使い、ニホンの地力を作品として表現する」ことにファーカスを置いた映画がシンゴジラなのだと解釈した。

そして最後のシーンで謎が深まりクロージング……。
次回作があったと仮定して、どんなコンセプトで上がってくるのか、時期尚早ながらも楽しみだ!
「人間が生み出した恐怖の象徴」
「核の落とし子」って言われてる意味が
よくわかる
今西

今西の感想・評価

4.4
色んな意味でマストな防災映画。核の恐ろしさと3.11で露わになった日本のある種の「国力」が描かれている。豪華俳優陣過ぎてニヤニヤしちゃいけないところでニヤニヤしてしまった。ラストのゴジラの尻尾に寄るカットに込められたメッセージに鳥肌が立つ。
lee

leeの感想・評価

3.7
ゴジラ初鑑賞。カメラアングルがカチカチ変わってテンポが速く感じた。切迫感、スピード感を出すためなんやろうけど観終わったら結構疲れた。
だいぶ前に映画館で観て、最近テレビで見直した。やはりテンポの良さ、カッコいい構図、が癖になる。エヴァの庵野秀明の作家性が色濃く出ています。1番好きなシーンはゴジラが東京の街を焼き払うシーンです。絶望感とゴジラの怖さ、カッコ良さが際立つ良いシーンで凄い。
映画感で最初に見た印象は、怪獣シーンはむちゃくちゃカッコいいが映画館のでかい画面で役者の大きな顔が何度も切り替わるのが圧迫感があってあんまり好きではなかったのですが、テレビの画面だとそれがあまり気にならなくなって凄い面白くみれるようになったのが不思議でした。
一年に一回は見たい大好きな映画です。
モニカ

モニカの感想・評価

4.0
退治したい気持ちは分かるんだけど、分かるんだけど、なんかゴジラかわいそうだったw
たけ

たけの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

良作。
ゴジラシリーズ最新作。
ストーリーは政治的なシーンが多く、リアリティを求めているのか、特撮作品としてどこかを目指しているのか。
私は苦手なジャンルなのだろう。
公開当時から評価か高く、期待をしてしまったため評価は低め。
ゴジラシリーズ初めて観た。
面白さが全くわからず…
政治家のトーキングドラマって感じ。
アメリカのイメージを悪くするスタンスも多く観られて微妙。

でも「無人在来線爆弾」と「日本はいつだって"scrap & build"」ってワードはお気に入り

あ、あとずっと尻尾立ててるのキツそう。
久しぶりに観たけど、映画館で公開当時に観た時より、だいぶ面白かった。

元々エヴァンゲリオン好きではあるんだけど、細かい場面転換が多過ぎて、熱中できなかったんだよなー、たしか。。
いろんな人々が目的に向かっていく姿とか人間の話がメインで、ゴジラの迫力を楽しむ作品じゃないだろうから、家の方が落ち着いて、整理して観れたのかも。
映画館ばかりの自分にとっては、面白い体験でした。
LUKEN

LUKENの感想・評価

3.7
ゴジラ!!ってよりかは

もし大きな脅威が立ちはだかった時に日本はどう動くかを映した様な映画

結構リアリティあって(石原さとみの役以外)テンポも良くて良かったです!

在来線カッコ良すぎワロタ


ただ個人的には観終わった後特に何も残らなくて「政治家がよく喋る映画」として記憶に残りそうです。