シン・ゴジラの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

シン・ゴジラ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月29日

製作国:

ジャンル:

3.9

あらすじ

出演者

「シン・ゴジラ」に投稿された感想・評価

とりあえず口開けっぱなし
みてよかったなあ
人にこれみて!って言われるとみたいと思うんだけど結局みれないから一緒にみてください
Zara はどこ?

このレビューはネタバレを含みます

有事の際、前総理が安否不明の中で、年功序列かつ派閥の長が臨時の総理に任命されるとかリアリティーがあり過ぎた。
自分の知ってる街がどんどん破壊されていく姿は悲しかった。
謎の巨大生命体が国家を破壊しようとしているのに、「無人鉄道アタック」や「ゴッズィ~ラ」等笑ってはいけないけど笑ってしまうシーンもあり ギャップにやられた(笑)怪獣映画であると同時に政治映画でもあり、何度見ても新しい発見がありそうで、意外と奥深い作品なのかもしれない。
TOMA

TOMAの感想・評価

2.0
日本的政治vs想定外災害ゴジラ

日本語字幕推奨

風刺や印象操作を強く感じる
好みの問題だけれども、人間の都合の良さにフラストレーションが溜まる
会議のシーンはコメディみたい
日本の映画でこれだけの映像を作れるのはすごい
虚構vs現実というキャッチコピーもとてもよかった
Beeens

Beeensの感想・評価

3.7
ゴジラよりも政治のお話。

ゴジラをめぐり、政界の対応、外交など政治のあらゆるいざこざが描かれている。

ただゴジラが街を襲うかと思いきや、
長谷川さん演じる矢口や大杉漣さん演じる総理などの政治のやりとりがメイン。
ゴジラを退治するためにはたくさんの法令や会議が必要。
国を動かすにはたくさんの段階を踏まなければいけず、
そう簡単にはいかないものだと感じた。

キャストはとっても豪華だったなー
Filmomota

Filmomotaの感想・評価

4.0
ゴジラシリーズはきちんと観たことがなかったのでこれが初ゴジラでした。
ゴジラは虚構ですがそれに対峙する人々の動きがリアルでした。人の感情が描かれていないという評価も見ましたが、ここに感情は不要だと思います。人々が一つの目標に対しひたすらに突き進むことがこの映画の魅力だと思います。
ゴッズィーラだけ気になる
日本のための日本の映画。すき。
映画館で観た、映画館で2回観た、アエロフロートの機内でも観た、これ観たらちょっと今までのゴジラが霞んでしまう、いや、まあテイストが違うのはわかるんだけど、リアルさがね、ちゃんと砲弾当たるし笑
鳩山

鳩山の感想・評価

3.5
今さら見たけどめちゃくちゃ面白いって評判のイメージよりは普通だなって感じだった。ハードル上げすぎる前に見とけばよかったしその前にそんなにゴジラ映画?というか怪獣系?を知らないからかもしれない。
めちゃくちゃ喋るや〜〜ん めちゃくちゃ早口で喋るや〜〜ん て感じで途中歯磨きしたりしたらよく分からなくなって(歯磨きすなよ)セリフ5割くらいしかちゃんと受け止めてない気がするけど日本のルール主義故に対応がノロい感じとか石原さとみ様のガッダジィーラとか面白かったな。あと倒し方が現代的だなぁという感じ。あと出演者が最高に豪華、あとゴジラの顔想像よりグロい、あとなんかすごい。つよい。(相変わらずIQの低い感想)