はじまりへの旅の作品情報・感想・評価 - 351ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

希少性のある映画 東京での上映館が少ないせいか新宿ピカデリーほぼ満席 ずーーーーっと静かに観ていたのでこんな感じか?と思いますが、いい映画である事は間違い無い。地味ですがいい映画です。父親と鑑賞すれば父親が好きになるかもしれない映画です。
HAL2000

HAL2000の感想・評価

3.3
この作品が最近で一番観たかったんだけど。期待満々はダメですね。子役皆素晴らしいんだけど、じいちゃん役のフランクに感情移入したのも失敗かも。決してダニエルブレイクと続けて観るのはお薦めしません。
nom

nomの感想・評価

4.8

素晴らしいです..

CAPTAIN FANTASTIC

ベンの深い愛と 信念が作り上げた
素敵な家族のおはなし

この時代に生きながら この生活を
選び抜いた家族の良さと難しさと

なにが正しいのか なにが正義か
ということではなくて

なにを大切にして生きればいいのか
試され 問いかけられているような
感覚でした


音楽も文化も表情も音も
心地よく寄り添っている映画でした

家族でする葬儀の場面は
私の中の名シーンに仲間入りです。
tkd

tkdの感想・評価

2.9
正しいかどうかは分からないけど、良い家族だと思った。母親がどんな人物なのかイメージできなかった所為で、街に来させるために母親を自殺させたように感じてしまった。女の子達が可愛かった。
にへ

にへの感想・評価

3.7
また変な邦題ついてるな。ロードムービーとして、また真っ当な「社会派」ドラマとして、予想以上に良かった。
なぜ主人公の妻はガンズが好きだったのだろう。

このレビューはネタバレを含みます

あれ~。みんな高評価なのに私は終始モヤモヤしっぱなしだったのは、おばさんだからかー。
どう好意的に見ても、これは虐待だもの。
子供たちは狭い世界しか知らないし、そりゃ親が一番好きに決まってるけど、父親の所有物として、父親の理想を押し付ける姿、全くもって良い所を見出せないままでした。
(異常に気付き、反抗しようとする男の子達を、物わかりの良いテイで理屈で論破する辺り、ああこういう男性いるいる、とか頭に来ましたよ)

権力にノー!を合い言葉に、全うに職務を務める警官を煙に巻いたり…いやいやこのポリス、なんにも悪いことしてないから…気の毒でした…。

スーパーでの盗みだって、被害にあった側がどれだけ困るのかを誰一人想像できない辺り、完全に社会に出しちゃいけない状態になってるし~。

本人の意思で家出した次男を奪還するために、父親が自分で危険に身を晒すわけでもなく、娘を使って大怪我させるとか…。そこはせめて自分で行こうよ。

最後、自分がしていたことは間違いだった!と言い出して、祖父母に子供たちを託しますが、そりゃ洗脳されてる子供たちは帰って来ますよ(現実なら、帰ってこない子もいると思う)、やっぱりパパ大好き!とキレイにまとめ、暮らしはマシになった様子を見せて終わりますが、どこで感動すれば良いの~?だったなぁ。

上映が終わってエンドロールが流れると余韻を楽しみたくて延々と制作スタッフの名前の羅列を最後まで見る方ですが、今回、エンドロールになった途端、席を立つ人がたくさんいました。
見方はもちろん人それぞれですが…自由や権利って、まず、他人に迷惑をかけない、なるべく他人を不快にさせない、そういう倫理観の上に成り立つものじゃないかな~。

胸毛はまあまあ~でした(私はあまり金髪の胸毛は好きではないので)。
ギャランドゥは確認できす。
toranyanko

toranyankoの感想・評価

3.8
普通ってなんですか?のキャッチに惹かれて見ました。

軍隊みたいで、父権主義が普通への抵抗ですか?と、冒頭にはあまりいい感じしなかったんですが、途中から間違いに徐々に気付き出すお父さんの姿が描かれていて良かったです。

我々家族の普通、に固執するあまり、抵抗して逆に「〜べき」をたくさん作り出して社会に反発し続けるって大変。

クリスマスやサンタの代わりに〜って、結局代わりを置いただけだし、うーん😞
道中、色々途中ではらはらしましたが

この旅で、大事なものに気づかせてくれたきっかけになったのは、お母さんの愛でした。
納得できたらすぐ切り替えられるお父さんの柔軟性も良かったです。
na

naの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

あたしは洋画の感想で「邦題がよくないよね〜」みたいなこと言う人を見るたびかまへんかまへんと流してきた比較的おおらかな人種ですがこの邦題はダメでしょ!!!!!!この邦題じゃ同じあらすじでも意味変わってきちゃうでしょ!!!!!!!

いやもうめちゃくちゃいい映画でした。レイトショーに行きたくて、なんかないかなと消去法で選んだ映画だったけど、あたりもあたりでした。
いちばん好きなシーンは悔しいことに製作者の意図に乗せられまくりだけどママの遺体を歌って踊りながら燃やすところ!なんだこの映画!?実はやばいことをしてるのになんなんだこの爽快感は……
正直パッパの教育はやっぱり異常なんだよ、異常だし危険、それを子供たちが感じ取るのもそうだし、妹とか、義父母によってメタ的な(かなり鑑者に近い視点で)突っ込んでくるからも〜ヒヤヒヤしちゃう!わたしファミリーもののなにがダメってこういうちょっとリアルなギスギスなんだよな…とか途中諦めかけたけど最後まで見たらなんかいい映画だった!というなぞの爽快感がくる、ほんとに。
ていうか墓掘りおこしちゃったし、子供たちはまたパッパのところへ帰ってくるし、学校に通わせる方針になったけど働いてなさそうなパッパが子供たちの学費を払えるのか不安だし、とにかくいろいろ改善してないことはたくさんあって、というか言ってしまえばほとんどのことはなんにも解決してないんだけど、なんか大丈夫そうな気がした。みんな強いしね。

こんだけドタバタヒヤヒヤしてきたのに最後はあんなに静かにおわる、かっこいい。
たけし

たけしの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

本当の家族の物語だと感じました。
子供が多すぎて最初は誰が誰かわからなかったんですが、だんだん個性が把握できてくると、長男も含めて全員愛らしくて愛らしくてとても良かったです。
お母さんがああなるってのは、湯を沸かすほどの熱い愛ほぼそのものでちょっと引きますけど。
でも極端ではありますが、こう言う教育もありだとおもいました。
この作品、見逃さずに良かったです。
miku

mikuの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

Captain Fantastic!いいタイトル!

明るく楽しい、でも深く考えさせられることもあって、とても素敵な119分!久々にこういう映画に出会ったなーと。

まず第1になにが素晴らしいって、キャッシュファミリーが美男美女揃いなこと!ヴィゴは大好きだから髭モジャでもかっこよく見えてしまうのはもちろん、末っ子のナイくんまで完璧。眼福。ごちそうさまです。

テンポが良くて、セリフもひとつひとつが軽いようで意味のあるもので聞いてて楽しくて、マット・ロスって初めて知ったのだけどかなりのセンスの持ち主ですね。今後要注目だな。

これまでの大騒ぎとは一転、セリフもなく静かに終わるラストシーンが美しすぎて心奪われた。ステファーヌ・フォンテーヌの撮影は自然光が美しいよね〜。

いつも完璧なヴィゴが演じる不思議な役、たっぷりの堪能できて幸せでした!