アサシン クリード(2016年製作の映画)

Assassin's Creed

上映日:2017年03月03日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:115分
    監督
    ジャスティン・カーゼル
    脚本
    ビル・コラージュ
    アダム・クーパー
    キャスト
    マイケル・ファスベンダー
    マリオン・コティヤール
    マイケル・ケネス・ウィリアムズ
    ジェレミー・アイアンズ
    ブレンダン・グリーソン
    アリアン・ラベド
    カラム・ターナー
    ドゥニ・メノーシェ
    ブライアン・グリーソン
    あらすじ
    記憶をなくした死刑囚のカラム・リンチは信じがたい運命に導かれる。遺伝子操作(アニムス)によってDNAに眠る祖先の「記憶」を呼び起こされた彼は、その記憶を追体験させられることになる。 カラムは自分の祖先が、ルネサンス期のスペインでテンプル騎士団に立ち向かうアサシン教団に属する、驚異的な身体能力を持つ伝説のアサシンであったことを知る。また彼の祖先は、禁じられた秘宝“エデンの林檎”のありかを知る、歴史上最後の人物でもあった。 自分のアイデンティティーと過去、テンプル騎士団の真の目的、そして暗殺者の信条の意味……。現在と過去を行き来して、歴史の裏に隠された多くのミステリー=謎と格闘しながら、祖先の持つ、アサシンとしての能力を手にしていくカラム。 “エデンの林檎”の秘密を求める彼は、自分の遺伝子の中に隠された、人類の未来を変える<禁断の秘密>を知ることになる…。

    「アサシン クリード」に投稿された感想・レビュー

    tonu
    tonuの感想・レビュー
    1日
    3.1
    Blu-ray(4Kコンバート),DTS-HD + Neural:Xで見ました。

    画質は普通ですが、あまりはっきりした感じではないです。
    音は普通ですがサラウンド感は結構あります。

    ゲーム原作なのであまり期待はしていなかったんですが、話としては解るけども、いまいち関係性が解り辛かったです。内容はそれほど凝っているわけではないんですが。
    アクションの見所としては、パルクール+肉弾アクション的な感じでしょうか。

    全体的に幻想的な雰囲気だったのでどうも眠くなる感じで、印象はいまいちでした。

    マイケル・ファスベンダーにマリオン・コティヤール・・・この監督ジャスティン・カーゼルの前作「マクベス」も二人の共演ですね。

    続編がありそうな終わり方ですが、ありますかね?
    underfirejg
    underfirejgの感想・レビュー
    2日
    2.1
    ”果実”を巡る騎士団と教団の戦いなんだけども、本質的な戦いの意味がよくわからないので盛り上がらない。スピーディなアクションシーンも、それ故形だけになり、他の事を考えてしまうほど画が活きてない。過去巡り自体は嫌いじゃないが。
    もえめぐ
    もえめぐの感想・レビュー
    3日
    2.4
    設定と過去のアクションは好みだったが全体の話はよくわからなかった。

    ビジュアルが好きだったので原作のゲームに興味を持てた点は良いところかも
    吉田
    吉田の感想・レビュー
    3日
    -
    2017/03/04
    蟻
    の感想・レビュー
    4日
    -
    思ってたストーリーと違った。
    まさか時空飛び越えちゃう系だとは思わなかった。
    現代の世界のストーリーが難解だった。
    あれは結局なんの施設だったのか、施設内にいる人たちは何の集まりなのか、なんで最後暴動が起きたのか、いつから仲間を作っていたのか、、理解能力が低いせいだとは思うが難しかった、、ゲームがあるのを知ってたから興味を持って観てみた。
    バトルのシーンは迫力があってかっこよかったし、追い詰められて飛び降りるシーンもかっこよかった。
    hk
    hkの感想・レビュー
    5日
    3.2
    2017/3/11
    記録
    さや
    さやの感想・レビュー
    5日
    1.4
    「アサシン クリード」、意味は暗殺者の信条です。

    こ、これはなかなか酷い。
    2017年ワースト1候補ですね。今年劇場鑑賞した作品でぶっちぎりでつまらなかったです。
    まあアクション多そうだし、マイケル・ファスベンダー(イケメン)やマリオン・コティヤール(美人)もでてるし、大丈夫っしょ(何が?)ってかんじで見にいっちゃったんですけど、ほんと酷かった。こっちは少ない月収(お小遣い♡)でやりくりしてるのに...
    嗚呼、私の英世...
    私の財布が完全なるチェックメイトですよ(ちょっと何言ってるかわかんない)。
    しかもこの作品、巨額の制作費に対してあまり売り上げてないんだとか。もはや感覚は寄付ですね、寄付(暴言)。

    ちなみに今作「アサシン クリード」は原作がゲームで世界中に根強いファンがいるんだとか。ちなみにゲームは守備範囲外なので未プレイです。

    とりあえず文句が言いたいのよ私は!(クレーマー予備軍)。
    まずね、ストーリーがわかりにくい。実にわかりにくい。大事なことなので(ry
    序盤から見る側の気持ちを考ていないスピードで話が進み、専門用語も使いまくりという親切設計!(皮肉だにょ〜ん)
    「ダ・ヴィンチ・コード」を見た時と同じ感覚になりました。
    けど、ゲームをやってる人には結構丁度よかったりするらしい。「ウォッチメン」なんかと同じですね。

    それにしても主人公が先祖と顔が激似ですねぇ。いやぁ、DNAってすごいなー(棒)。
    主人公は特殊な機械を用いて過去のアサシンの記憶を体験することができます。VR的なやつです。
    原作では記憶を追体験している間、主人公はベットに横になっているだけなんだけど、映画では視覚的な面白さを取り入れようと思ったのか、主人公が祖先のアサシンとまったく同じ動きをします。完全なる改悪。なんか見ていて痛々しかった、VRってやってる人は楽しいんだろうけど、見る側は何とも言えない気持ちになりますよね。あの感覚に似ている。(本日3度目の感覚!で、でたぁ〜、語彙力ないくせに長文でごめんね(。>_<。))。
    しかも伏線ぶん投げでキリの悪いラスト...
    それやっていいのはマーベルだけだぞっ☆もう続編作る気満々なんでしょうね。まあ、「メイズ・ランナー」や「ハンガー・ゲーム」だって2作目作れたんだから気持ちは分かる(さらっとディスっていくスタイル)。

    アクションも微妙だと思いましたね。アサシンのくせにアサシンっぽいアクションがなかったです。目立ちまくりもいいとこでしたよ。「アサシン クリード」といえばパルクールアクションも用意されているのですが、コレジャナイ感がすごい。今作はほとんどのアクションをスタントマンが実際に行なっているそうですが、パルクールの動きは実際にやりました感がないんですよね。カメラワークも微妙。ここはもっとしっかり写すべきです。実際にやっていないように見えるのは背景がCGだからかもしれない。そもそもパルクール自体微妙ですね、ネタがしょぼかったです。パルクール目当てで本作を見ようと思っている勇敢な戦士の皆様は「アルティメット」や「007 カジノ・ロワイヤル」を見ましょう。
    本作一番の目玉はやはりイーグルダイブ、過去35年で最高高度の落下スタント!これはすごいです。落下シーン大好きな私にはたまらない。この映画、何が残念ってパルクールもイーグルダイブも実際に行なっている超凄い映画(小学生か)なのにアクションがどれもCGっぽいんですよね、世界観が裏目にでたね(´・ω・`)
    あと現実パートとアサシンパートの画面切り替えが早くてすごく見づらかったです。

    一見さんお断りな本作となっていますが、いくら世界中にファンがいるからって黒字にでもなると思っていたんでしょうか?予備知識を全く入れてこなかったこちら側にも非はあるかもしれませんが(非はない!!)さすがに初心者への配慮が無さすぎる。だいたいゲームに新規層を取り込むチャンスだとかは思わなかったんでしょうか?

    とにかく気に入らない一作でした。ゲームの実写化はいい加減やめたほうがいいですね。胸囲の...いや、驚異のハズレ率なので。
    今作はゲームをプレイしたことがある方に限りオススメです。
    そうでない人は山でも眺めてたほうが有効的かもね。
    しゃー
    しゃーの感想・レビュー
    6日
    4.5
    これ観てゲームにもハマった!
    パルクール素敵!!
    yuki映画海外ドラマ
    yuki映画海外ドラマの感想・レビュー
    2017/05/19
    3.7
    東京コミコンでポスター付きムビチケを衝動買い。
    ゲームを知らないと分かりにくいとのことだったので、ゲーマーの夫にプレイしてもらった。(PS4で一部のゲームが100円になってた)

    数時間かけて予習したおかげで、ゲームネタを色々発見出来て楽しかった。一部設定が分からない部分もあったけど後から調べて納得。現代パートが多めで歴史ネタが少な目だったのが残念だったかな。
    アクションとファスベンダーの格好良さを堪能出来たので満足。音楽も良かった。
    >|