アサシン クリードの作品情報・感想・評価・動画配信

アサシン クリード2016年製作の映画)

Assassin's Creed

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

2.9

あらすじ

「アサシン クリード」に投稿された感想・評価

とりあえず、マイケル・ファスベンダーってかっこいいなって思った。パルクールかっこよかった。
人気ゲームの実写化作品

・いきなり何も知らない子供には酷過ぎる展開からスタート
・何を守っているのか
・アクションかっこいい
・展開が早い
・現実でこうも反映されるか
・復讐は続く

ゲームプレイしたことあるから付いていけたけど、これ未プレイの人は付いていけるのかなっていう展開の早さでした。
1作品で納められる情報量ではなかったです。
ステルスアクションはかっこいいですね。
なんか勿体なかったです。
depression

depressionの感想・評価

3.6
セットすごいなって思った。
面白かったのにそこで終わるん⁉️ってなってちと消化不良
ゲームやってみたくなった
ntm723

ntm723の感想・評価

3.8
適当に観るには話がややこしく、前置きもちょっと長いのだけど、15世紀のスペインにワープしてからのパルクール風の流れるような、空を飛んでるようなアクションシーンを見た途端ハマった。
CGもスタントも当然いっぱい入ってはいるけど、戦闘シーンをよく見るとこれアルハンブラ宮殿ちゃうん?と気づいたりして、他にもマルタ島など意外とリアルにすごい所で撮ってるし、ドローンを駆使した映像がなかなかの見物。
現実世界でアニムスに繋がれてテンプル騎士団と戦うマイケル・ファスベンダーが、頭の中だけでなくちゃんと動きまくってムキムキになっていくのも良かった。

でももし自分がグラナダ行って、映画撮ってるからアルハンブラ宮殿入れませんって言われたら暴れるかもなぁ。AVEとバス乗り継いで行ってるのに...

自分みたいにゲームを知らなくても、スペインが好きならそれなりに楽しめるはず。
今年から毛嫌いせずに色んな映画を見よう
(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑
って心に誓ったけど、やはり自分好みじゃない映画を見るのは辛いわ( ̄▽ ̄;)

よく意味わからんかったし、意味無くただ、アクション楽しむってのにもちょっと無理があったし…

(´д`)はぁ
続けられるかな …

テンプル騎士団好きな響きなんやけどなぁ( ˶ˆ꒳ˆ˵ )エヘヘ
ゲーム知らない人がみれば分かりにくいかもしれないけれど、パルクールアクションはとても良かった。
今まではベッド式のアニムスだったので、アーム式のアニムスになって現実でもアクションが見れるようになっている
名無し

名無しの感想・評価

3.0
このゲームが好きな人にとったら、すごい面白い作品だと思うけどあんまり詳しくない人にとったら微妙かもしれない。私の感想としては、パルクールみたいに走り回っているアクションが凄いなって思った、超早いし強いし、おーって感じ。でもあんまり真剣に見てなかったからエデンの果実の内容がよく分からんから、映画見終わったあとに珍しくを解説見ました笑マイケルが大好きだから、見させてもらったけどちょっと難しめの映画てした。。
2022年3本目

◆あらすじ
1942年、スペイン・アンダルシア。アサシン教団の一員であるアギラールは仲間とともに、対立する組織である''テンプル騎士団''の野望を阻止しようとしていた。''エデンの林檎''と呼ばれるものを手にし、世界を支配しようとしていたのだ。

1986年、メキシコ、バハ・カリフォルニア。まだ幼かったカラム・リンチは自宅で、母親が無残な姿で死んでいるのを目撃する。その隣には、アサシン教団の服に身を包んだ父親が立っていた。さらに、謎の武装集団が現れ、カラムは逃げるように家を追われたのである。

それから30年後、テキサスの刑務所にいたカラム・リンチ(マイケル・ファスベンダー)。殺人を犯して死刑になるはずだったカラムだったが、目を覚ました時には謎の施設にいた。そして、そこにいたソフィア・リッキン博士(マリオン・コティヤール)が、カラムを誘拐してきたと知る。

ソフィアに「協力してほしい」と言われたカラムは困惑しつつも、アニムスという装置をセットされてしまう。そして、カラムは、自分がアサシン教団のアギラールが祖先だと知る。アニムによりアギラールの意識に入り、人生を追体験したカラムだったが、度々アギラールの幻覚を見るようになっていたのだ。

さらに、''エデンの林檎''の行方を知るのがアギラールだと知ったカラムは、アニムスを使い過去と現実を行き来する。そして、徐々にアサシンとしての能力を覚醒させていくカラムは、''エデンの林檎''を見つけることができるのか―――。

◆感想
なぜ実写映画化したのか!?マイケル・ファスベンダーじゃなくてもよかったのでは!?
なんならアニメ映画でもよかったと思うくらい、チープな脚本でイマイチでした・・・。雰囲気や建物、世界観はそのままだったものの、Ubisoftさんのストーリーはもう少し踏襲してほしかった。

アクションシーン、主にパルクールを起用したシーンは迫力ありました。キレキレのジャンプや武器を投げるシーンはスタイリッシュでよかったですね。
ただ、ストーリーは全然詰まっていなくて、最後らへんは「?」でした。ビジュアルとタイトルにだまされた感があるんだよな・・・。
この設定がゲームとは知らずに見ました。
アサシンが主人公だとは!十字軍が否定しているのが 初めてだから 面白いですね。
今 ウィッチャーなどの ゲームからの映像が増えて ありがたいんです♪
なんせ ゲーム世代ではないからね。
発想力が高い映像を期待したいです。
星4
はす子

はす子の感想・評価

2.5
ゲームが好きなので鑑賞。
アサシンたちのアクションはキレがあり見てて楽しかったものの現代パートは元ネタを知っていても退屈だった。
もっともゲームでも現代の方はあまり興味がなく、アクションと再現度の高い外国の街観光目当て。ストーリーはあまり期待していなかったため個人的には及第点。
>|

あなたにおすすめの記事