ヤング・ゼネレーションの作品情報・感想・評価

「ヤング・ゼネレーション」に投稿された感想・評価

shinobu

shinobuの感想・評価

4.0
インディアナ州ブルーミントンの町を舞台に自転車レースに青春を賭ける若者と、その家族、仲間との交流を描く青春映画。製作・監督は「ザ・ディープ」のピーター・イエーツ。

ライムスター宇多丸師匠のフェイバリットムービーという事で鑑賞。

キリキリと胸が痛くて切ない良い映画でした。もっと若い時に観たら刺さりまくったかも。

デニス・クエイド若い!
pochio

pochioの感想・評価

-
スタンドバイミー青年版と聞き

スタンドバイミー好きとしてはそのキャッチコピー聞いて観ずにはいられなかった
大学時代にみたからもう一度みたいな

昔のこと思い出したりもう戻れない時だから懐かしくなったり淡い思い出になったりするのかな
ジェイ

ジェイの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ベタな青春モノで感動するだろうなと思いながら鑑賞したけど、やはり胸熱になりました!
主人公の自転車熱からイタリア人に成りきりが凄い反面、父親は冷笑。
大学生でもイタリア人でもない事がカタリーナにバレないかヒヤヒヤで、、

あるレースでは憧れのイタリアチームと上位争いするも、汚い反則やられて落車‼️
彼のイタリア熱は失望に変わり、
カタリーナにも自ら暴露して嫌われてしまう。💦

レースで主人公が活躍した時に、せめて彼女がスタンドから見ていてくれるシーンがあっても良かったのでは?とも思ったけど、、彼の大活躍での大団円は感動!

大学にも見事合格してフランス人の女の子とチャリ並走で帰る時に、お父さんとすれ違いざまに言った ボンジュール パパ‼️には笑ったよ。🤣
sobayu

sobayuの感想・評価

3.5
あんなに素直に親に感情の波を見せられる息子な時点で、家族仲が悪いわけないのであった。愛情を持って肯定感を伸ばす教育をしてなければあんなにいい子には育たないよね。青春A面な物語で、ポジティブな気持ちになれるよい映画だった。

ジャッキーアールヘイリーも幸せそうでよかった。いつ彼女に手ひどく裏切られるのかと心配したよ‥。
本作の主人公がイタリア人に憧れていたように、青春時代はみんな何かに憧れて真似をしてみたりする 親に何だそれとバカにされて恥ずかしくなってすぐにやめたものもあるが、学生時代の服装なんかも今じゃとても着られないような服だって着ていたと思う 被れていた男が我に返って現実を受け入れ目の前の戦いに挑む姿は清々しいし、最後のレースのシーンはやっぱり熱くなる
#BreakingAway #1979

このレビューはネタバレを含みます

親との対立と和解、最後の自転車レースが見所。

青春映画ではあるが学校生活ではなく、4人組ということもあってか、何となくスタンド・バイ・ミーに近い印象を受けた。
chip

chipの感想・評価

4.2
アメリカの、大学がある田舎町
大学生にあこがれながらも
地元の高校を出ていつもつるんでいる4人組。
自転車が趣味のデイブ、イタリアのチームが好きで、かなりイタリアかぶれ。
これがすごくおかしい!
父親は、定職に就かないデイブを持て余していていつも怒っているが…

レースでイタリアチームに酷いことをされて失意の彼を慰める父親の姿は良かった~デイブも素直に父に相談して。。

終盤の大学生とのレース、
必死に練習するデイブを励ます父、昔話をする父。親子関係が変わった瞬間が良い!それを母が涙目で見守っていた。

1年後…
4人はそれぞれの道を見つけ。
デイブは大学生になった。
フランス人の女の子を好きになって、今度はボンジュールと父に!

振り返った父の顔が傑作でした(笑)
shiro

shiroの感想・評価

3.6
メンデルスゾーンのシンフォニー「イタリア」
曲の疾走感に乗ってもっと速く、もっと速く漕ぐのだ〜とトラックと一緒に走るシーン、良かった。
これは自転車競技のお話でした。

イタリアかぶれのデイブ君がイタリアの選手に意地悪されて、イタリア人に悪い人がいるなんて知らなかった…としょんぼりするシーン、良かった。

などなど、良いシーンがいっぱいあり楽しめたのですが、最後の方まできて、以前見たことあることに気づきました。
ボンジュールで気付く、ふむ。
ピーター・イェーツは演出や撮り方に拘りが感じられないからそんな好きな監督でもないけど、岩場等で見られる青年らの青春模様はポストアメリカンニューシネマらしくて悪くなかったし、自転車とクラシック音楽という組み合わせも未だに斬新に思える。

でも基本的に撮影も編集も小津より成瀬に近いものがあって情報的で、もっと切り詰められなかったのかなと思う箇所も多々あった。

展開にしても元々別の脚本を一つにまとめたせいか青年らの戯れと自転車関連の話に途中まで(というか最後の方まで)まるで整合性が感じられなかったのはどうかと思った。
KMD

KMDの感想・評価

3.5
子供は将来を、大人は昔を夢見たり懐かしんだり。みんなここではないどこかへ想いを馳せるけど、置かれた場所で、今この瞬間だからこそ輝ける情熱を切り取った映画。デイヴのパパママが最高ね。
>|