バットマン ザ・フューチャー 蘇ったジョーカーの作品情報・感想・評価

バットマン ザ・フューチャー 蘇ったジョーカー2000年製作の映画)

Batman Beyond: Return of the Joker

製作国:

上映時間:74分

4.2

「バットマン ザ・フューチャー 蘇ったジョーカー」に投稿された感想・評価

直紀

直紀の感想・評価

4.3
未来の世界観が好き
ジョーカーがえげつなくて恐怖を感じた
老ブルース渋くてかっこいいし、若いバットマンもかっこいい!
新世代のバットマンが活躍するアニメ『バットマン・ザ・フューチャー』と旧アニメ『バットマン』の間を補完する物語。『AKIRA』原画、『時をかける少女』『未来のミライ』作画監督を担当した青山浩行が参加している。本作には『AKIRA』の軍事衛星によるレーザー攻撃をオマージュした場面があるが、『AKIRA』で当該描写を作画担当した青山氏が監修を行なっているとのこと。流石にやり過ぎなのではと社内でも危惧されたというから面白い。

ブルースがバットマンを引退した後の話なのですが、回想シーンで描かれるアニメ無印のその後が、当時はトラウマになりかねないほど衝撃的でした。
バットマンシリーズにおいて相棒のロビンは何代目かに関わらず酷い目に遭わされていますが、本作で描かれるロビンはシリーズを通しても3本の指に入る悲惨さ。ジョーカー役のマーク・ハミルによる怪演も見ものです。実写ではなく一昔前のシンプルで可愛らしいアニメ絵だからこそ、余計に悲劇性が際立っています。

勧善懲悪的なヒーローであることの意義や危険性に踏み込んだりと、全体的に重いストーリーとなっており、よく子供向けにこんなもの作ったなという内容。昨今のDCEUより面白いと感じるのは内緒です。
ブルース達の心に大きな傷を残したある一夜、復活したジョーカーの正体・・・とショッキングな物語が展開
過去の脅威がブルースは勿論、バットマンを継いだテリーにも襲いかかる

ゴッサムを恐怖に陥れ、ブルースとの因縁が深いジョーカー、また悲しき過去に対しテリーがどう向き合い立ち向かうのかが見どころ
テリーがバットマンとして新たな一歩を踏み出す重要なストーリーなのではないかと思う
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.0
ストーリーは、「バットマン」アニメシリーズと2代目バットマンが主人公の「バットマン・ザフューチャー」シリーズの間のお話。ブルース・ウェインからバットマンを引き継いだケリー・マクギニスが、復活したジョーカーと対決する中で、ジョーカーが2代目ロビンにした非道な行い、蘇ったジョーカーの正体が明かされる展開は、王道の世代交代の物語。
2代目バットマンのケリー・マクギニスは、まだまだ未熟で無鉄砲で危ういところが新鮮で、年老いたブルース・ウェインや2代目ロビンやバーバラの指導でヒーローになっていく成長物語が心熱くなる。ジェットパックや光学迷彩などハイテク仕様のバットマンスーツもかっこよくバットマンのファンなら満足出来るアメコミアニメ映画。
みご

みごの感想・評価

5.0
アニメのバットマンで一番好きな作品。
そして好きな映画。

世代交代を上手く作品として落とし込みつつ
テリー・マクギニスの物語として、ブルースとジョーカーの因縁に決着を付ける一連の流れに無駄が無くて
本当に素晴らしい映画だと思う。
豆雄

豆雄の感想・評価

5.0
今年の初めにツイッターのフォロワーさんからバットマンのコミックを勧められた後、色々探していたらこの映画に行き着いて完全にバットマンにハマりました。ジョーカーが最高にゲスです。
アニメイテッド版のアニメでのふざけた感じから一転、「あっこの人やっぱり頭イかれてるんだ…」と頭をブン殴られたような展開にゾッとしました。
本国放送した時はあまりの過激表現で今円盤化されている、ある一部のシーンが差し替えられています。
わたしは差し替えシーンも観ましたが当時アニメ観てた子供達観てた子供達みんなトラウマになってない??大丈夫???
とにかくアニメがよく動くし伏線回収も凄いし作画はブルース・ティム先生の絵だし本気に文句の付け所がありません。
アニメシリーズのビヨンドの方が観られないのが悔しいです…なんとか観られないものか…
ジャン

ジャンの感想・評価

5.0
旧シリーズから見て、バットマン・ザ・フューチャーも見てた自分にとっては最高の映画
40年ぶりの復活を遂げたジョーカーを倒すべく、ブルースの意志を継いだ2代目バットマンが立ち上がる。初代が引退して、2代目に世代交代したあとの物語。「AKIRA」を手がけた日本人アニメーターが関わっている。

初代ブルースがバットマンのチームを解散させた理由とジョーカーとの過去の最終決戦の謎を主軸にしながら、2代目が自らの宿命を受け入れるまでの心の動きを描いている。いわゆる「世代交代もの」の王道。

しかし残念なことに、現在流通しているDVDは修正バージョンであり、倫理的に不適切とされる描写が、悉くカットされている。ジョーカーとの決着戦でブルースが負わされた心の傷が、だいぶ反故にされているのが残念無念。

回想シーンでは、バットガールとハーレイ・クインの一騎打ちを見ることができる。二人のファンは必見!