突入せよ!「あさま山荘」事件の作品情報・感想・評価

「突入せよ!「あさま山荘」事件」に投稿された感想・評価

けんし

けんしの感想・評価

3.4
若松孝二監督の名作「実録 連合赤軍 あさま山荘への道程」が、連合赤軍側の物語ならば、こちらは、公安側から描く。

現地警察と本部の対立は定番ですね。
現地のリアルを詳細に描く。

日常に突然介入する非日常による、混乱はよく描かれていると思った。
しょう

しょうの感想・評価

4.0
縄張り争いとマスコミに翻弄されながらも人質救出と犯人確保を目指す。警察の連携不足に重点を置きながらも、事件解決へ向けて努力する警察が忠実に描かれている。終始緊迫感のある展開で、特に終盤の突入シーンは圧巻。手に汗握る展開がこれでもかと繰り広げられる。警察に重点を置いているため、連合赤軍の異常性については殆ど言及されないことが欠点。
現場を指揮した主役のオジサンだけにスポットを当てて語るのはいいんだけども、ほとんど本庁と県警のいざこざばっかりで、浅間山荘事件という大ネタを扱った大作映画なのに番外編みたいなこじんまりした感じ。あと緩急が弱すぎて単調。で長い。
赤軍といい、日航といい、この地代の長野群馬は時代の中心だった
g

gの感想・評価

4.0
犯人の気持ちを無視しているとか、警察のグダグダに呆れたとか、色々と言われますが、そう描いているんだから私はそのまま受け止めています。竹刀を持たずに剣道の試合に出場させられている男が、やれやれ言いながらいつの間にかヘラクレスになっていくのが、かっこいいです。私の中のかっこいいが、これなんだと思いますが、それを認識させてくれるのは役所広司の演技あってのものだと思います。
もちろん、役所広司だけではないです。脇を固める俳優全員、この世界で本当にそうやって生きているように見える。だからこそ、佐々さんの状況がはっきりと伝わってくる。台詞の言葉選び、間の取り方も、リアリティーとファンタジーのちょうど気持ちいいところをついてる。誰も彼も、何かを抱えてやれやれ言って頑張ってる、人間臭いヘラクレスに見える。
この映画は、組織や社会の中で生きるみんなの映画だと思う。 
さと

さとの感想・評価

4.0
名前しか知らなかったこの事件を学ぶことができる。

もしかしたら脚色されているとは思うけど、調べてもいまいちピンときてなかったこの事件の概要がわかった。

今じゃ考えられない事件がたって何十年か前に起こっていたんだなと。

いろいろ考えながら見られた。
2Aでこの時代のことを扱うことが多かったので勉強がてら、と思ったら警察側の視点だけの映画だった
フィクションとは書いてあるもののほぼ実話
役所広司の偉大さに終始ひれ伏す
なんか評価低いけど普通に好き 泣いたし
若松版も見よう
連合赤軍や学生運動については昔本で読んだけれど、あさま山荘に辿り着くまでの山岳ベースまでが本当に悲惨
その辺りの学生側の視点からの映画を見てみたい

この映画自体はなんかゆるゆるだった
日本赤軍とカップヌードルのイメージが強い浅間山荘事件。
日本赤軍のした事を理解しないまま大人になったので、いい機会だと思って見たような。
テツヤ

テツヤの感想・評価

4.5
なぜこんなにも評価が低いのか理解できない。
一度は観て欲しい映画だった。
>|