軍中楽園の作品情報・感想・評価

軍中楽園2014年製作の映画)

軍中樂園/Paradise in Service

上映日:2018年05月26日

製作国:

上映時間:133分

3.4

あらすじ

1969年、中国と台湾が対立していた時代。砲撃が降り注ぐ攻防の最前線だった島に配属された台湾青年兵ルオ・バオタイ。エリート部隊に配属されるも、カナヅチであることが判明し、「特約茶室」を管理する831部隊で働くことに。そこは「軍中楽園」と呼ばれる娼館だった。事情を抱えて働く様々な女たち。どこか影のある女、ニーニーと出会い、奇妙な友情を育むバオタイ。男たちに愛を囁く小悪魔アジャオとの未来を夢見る一途…

1969年、中国と台湾が対立していた時代。砲撃が降り注ぐ攻防の最前線だった島に配属された台湾青年兵ルオ・バオタイ。エリート部隊に配属されるも、カナヅチであることが判明し、「特約茶室」を管理する831部隊で働くことに。そこは「軍中楽園」と呼ばれる娼館だった。事情を抱えて働く様々な女たち。どこか影のある女、ニーニーと出会い、奇妙な友情を育むバオタイ。男たちに愛を囁く小悪魔アジャオとの未来を夢見る一途な大陸出身の老兵ラオジャン。過酷な現実に打ちのめされた若き兵士ホワシンは空虚な愛に逃避する。ある日、バオタイのもとに純潔を誓った婚約者から別れの手紙が届く。その悲しみを受け止めてくれたニーニーにやがて惹かれていくバオタイだったが、彼女が許されぬ「罪」を背負っていると知り…。

「軍中楽園」に投稿された感想・評価

せっ

せっの感想・評価

4.5

直接的に戦争の惨事は描かれないけど、やっぱり戦争はだめだと思わせてくれる映画。
.
この映画の中で実際に戦争で誰かが死ぬことはない。でも娼婦の人達はもちろん、拉致られて兵隊になった人だったり、任務自体は楽だけどいじめられてどうしようもなく脱走する人だったり、結局皆戦争によって翻弄されてる。
.
でも一つ気になるのは、映画の中で娼婦の人が殴られた時一応店の人は娼婦を庇ってくれてたみたいだったけど、実際のところもっと酷い扱いされてたんじゃないかなって思うんだよね〜.
.
最後に、この主人公って実はめっちゃ運良くない?(笑)カナヅチだから軍中楽園に配属って綺麗な女の人と仲良くなれるし、安全だし(笑).
ausnichts

ausnichtsの感想・評価

2.5
公式サイトの画像やコピーをちらっと見て、軍人と娼婦の悲恋物語かなと予想して見に行きましたら、悲恋物語もあるにはあるのですが、全体としては、追憶の(やや)群像劇的な物語でした。

展開がもたもたしており、なかなか軸が見えてきません。群像劇に(やや)をつけているのも同じ意味合いですが、予想としては画像の二人が軸だろうと思っていてもなかなかそうはならず、結局、扱いの大小はありますが、三組の男女、ほぼ皆悲恋なのですが、それらの物語を軸にした兵士と娼婦たちの話でした。

https://www.movieimpressions.com/entry/2018/07/20/211514
色々美化し過ぎなのかな?と冷静な私は思うけれど、どこかでああいった状況、場所で生きる男女の自然さも感じられ好きだったな。

それにしても主人公の男の子ピュア過ぎだ。なんて可愛いんだ。逞しく成長する姿も全てが微笑ましかったな。

男とか女とかを論じるのは今の時代容易ではないけれど、男性の繊細さと、女性の大きさを感じた作品でした。
nccco

ncccoの感想・評価

2.9
「軍中楽園」と呼ばれる軍用娼館に配属された青年を取り巻く物語。
戦中の台湾のほこりっぽい雰囲気に中国語の響きがなまめかしく、人間味溢れエネルギッシュな娼館の女たちの描写も◎。雰囲気はすごく好みだった。前半はぐっと引き込まれたものの、後半は間延び。とにかく長い、、し、中国映画独特の「描きすぎ」が鼻についちゃったなぁ。
ルオ・バオタイを演じた青年が好印象で、次なるクー・チェンドンな予感。
Tyga

Tygaの感想・評価

3.4
後悔の火。
群像劇っぽいけど、メーンは3人の男。
指輪もらって隊長に抱きしめられるアシャオのシーンは好き。

最後の10分間で映画の見方が狭められてしまっているように感じられて、そこが好みではない。
あのifの虚しさったらないわ。
宮廷の諍い女では雍正帝を演じたチェン・ジェン・ビン
個人的にそのイメージが強すぎてなんだか違和感。笑


なんだろう、嫌いなわけではないんだけど…お話としては期待していた方向とも違ったし、とてもとても長く感じた。
女の人よりも、男の人が好きそうな仕上がりだったかも。
エリ

エリの感想・評価

3.0
2018.6.15
60年代、中国と台湾の対立時代ですね。軍人用の娼館を管理する831部隊に配属された青年を取り巻くお話。純粋な青年も、初老の上官も、友人も娼婦たちも、誰も彼も時代の流れに翻弄されてしまって。
設定の矛盾が目につきがちだったかなぁ。

このレビューはネタバレを含みます

ラスト、海を渡った2人のその後を喜んだのも束の間、それが、そうであって欲しかったと言うこちらの願望だった事に愕然。。。
harukapi

harukapiの感想・評価

2.5
わざわざ831部隊と軍中楽園を舞台に設定した着眼点があまり伝わってこないような作品の仕上がりになっていて残念。特に主人公、彼は葛藤しているだけで何も変わっていないような気がする。カナヅチだから最前線を免れて、彼は楽な(?)兵役について、彼は何が変化したんだろう。せっかくの舞台設定なのに、ぐっときたのはアジャオが主人公に言い放ったシーンとニーニーの『約束は自分にするもの』って言葉だけだった。
台湾映画には、時々ハッとさせられる佳作が現れる。
この作品も、その一本になること間違いない、何せ映像が素晴らしい!

『月下美人』を追っかける畑に、蛍が舞っている。
こんなシーンは誰が考えたたのか!

物語は、1969年に始まる。

長く続いている国共内戦も収束しているように見えるが、金門島はいまだ最前線!
両軍のメンツをかけて、砲戦が定期的に続いている緊迫した国境の島。

その島にあった従軍慰安婦施設が舞台である。

しかし、従軍慰安婦!とまなじりを釣り上げて、ヒステリックに叫ぶドラマでは全くない。

慰安施設を舞台にした青春ドラマと言っていいだろう。

緊迫した国境の島にいる娼婦も兵隊も、それぞれに複雑な過去を引きずっている。
ずっと短パン一丁の特殊部隊(確か蛙部隊だった)の下士官は笑わせてくれるが、彼が普通の軍服に着替えると問題が発生する。

登場人物のそれぞれのその後が、エピローグで投影されるが、それは幻なのか?

非情に味わい深い作品でした。
>|