芳華-Youth-の作品情報・感想・評価・動画配信

「芳華-Youth-」に投稿された感想・評価

一人のあるささやかな営みが時に世界を動かすことがある…

🦋映像の世紀バタフライエフェクトからの招待状✉️ 「我が心のテレサ・テン」

        芳華~Youth−

文化大革命に揺れる1970年代の中国、軍の歌劇団に入団した夢と希望を持った少女シャオピン。彼女の唯一の支えは皆に慕われる模範兵、リウ・フォンだけだった。


かたい絆に想いをよせて語り尽くせぬ青春の日々ですな〜🎵
おそらく誰もが経験する苦くて甘酸っぱい青春✨時と場所が変わっても、二度とは味わえないあの感覚は良くも悪くも若者の特権なんですよね🌱時代に翻弄されながらも懸命に生きるシャオピンや歌劇団の仲間たちの姿に込み上げてくるものがありました。

この作品の中で描かれているあるシーン。
外国の音楽を聴くのが重罰だった時代、密かにカセットテープを聴く若者達。彼らが隠れてまで聴いていたのは👩🏻‍🦱テレサ・テン
台湾出身、香港、日本でも大人気だったアジアの歌姫。40年前、彼女の歌は国境を超えて革命真っ最中の中国の若者達にもガッツリ響いたんですね〜。そして、テレサの歌声が持っている感情的な衝動は、抑圧され感情を表に出す事が恥だと考えていた兵士の心をも揺さぶった…

🔘ちょっと待てぃ!!テレサ・テンて凄いやん!!

真面目な話の途中申し訳ないのですが…わたくしニーガン…テレサ・テンと欧陽菲菲とジュディ・オングがごっちゃなってました🙏怒られます🙇🏻‍♂️
「時の流れに身をまかせ」「つぐない」「愛人」…聞いた事ある曲だらけ、日本での活動はテレサのほんの一部でしかなかったんですね^ ^こんなに凄い歌手だったなんて⁉️こんなに愛されてたなんて⁉️知らなかったとはとても言えません💦

民主化を求め集結したあの天安門広場でも歌われた「月亮代表我的心」和訳「月が私の心を映している」この曲はテレサが亡くなった今も民主化や自由を訴える活動の場で歌われ続け人々の心をつないでいる。


        
テレサは暗闇の中遠くに見えた揺らめくロウソクのあかりのような存在でした
それは人々の心を温め希望を与え そして涙させたのです


     学生運動指導者 ウワルカイシの言葉


くぅぅ〜
naoズfirm

naoズfirmの感想・評価

3.0

翻弄🎬

ストーリーは1970年代の中国を舞台に軍の歌劇団に所属する主人公たちの青春を描いた作品でした。作品は文化大革命時代から現代までを軸に時代に翻弄された主人公たちの青春・恋愛・苦悩を描いていました。"愛国心"という言葉だけ聞くと良いモノのように思えますが、愛国心という皮を被った抑圧やプロパガンダも少なくはありませ今作はまさに人民解放軍を英雄的且つ美しさを交え描くことで中国共産党を美化している内容でした。自分たちの都合の悪い内容は揉み消し、都合の良いものだけ信じ込ませるというやり口はペテン師としか言い様がありません。インターネットで世界中のニュースを一瞬で入手できる現在ではプロパガンダは意味をなさないものかもしれませんが、個人の言動やデバイスを監視する自由なき社会は個人的には耐え難いと思いました。
Ryoma

Ryomaの感想・評価

4.7
青春、友情、恋愛、戦争、政治など様々な要素が詰め込まれた壮大な人間ドラマだった。ひとつの傑作小説を読了したかのような満足感。毛沢東が没した1970年代の激動の中国🇨🇳において必死で生き抜いた若者たちの人生録に青春の瑞々しさや戦争の悲惨さなど多方面から様々な感情が揺さぶられた。
本作は、軍で歌や踊りにより前線の兵士を勇気づけたり慰めたりする歌劇団にスポットが当てられている。1970年代のベトナム戦争も映し出されていたけど、戦車や悲鳴、飛び散る肉片や火炎放射器など前線の酷すぎる状況に目を覆いたくなった。『プライベートライアン』のような悲惨な描き方だった気がする。戦争もの得意じゃない人は注意した方がいいかも。個人的には結構トラウマ級だけど総じて作品的には傑作だと思った。

戦争を経験してない身からすると今現在平和であろう日本という国で日常を送れている現実に感謝するとともに、10代の青春期に限らず20代、30代と瞬く間に過ぎていくんだと痛感した。今できうる自分がやりたいことを純粋に可能な限り楽しみたいと感じた。

このレビューはネタバレを含みます

ポスターだけ見ると、なんか中国のセレブの話かなと😂

内容は、文化大革命の時代の軍歌劇団メンバーの青春時代~毛沢東死後の中越戦争~現代のそれぞれの生き様について。
各時代で、人々がどう振る舞うのが正解なのかが全く違っていて。
その「正解」にコロコロと自分を変えられる者もいれば、どんな時代にあっても揺るぎない信念を持ち続ける者もいる。
そういうお話。
1976年の中国。17歳のヒロインは兵士を慰労し鼓舞する軍の〝文芸工作団〟(文工団)に入団する。農村出身で周囲と馴染めない彼女の支えは、一人の模範兵だった…
激動の時代に翻弄された若者たちの青春を描いた群像劇!

この映画は中国で文芸作品としては異例の大ヒットを記録したが、その受け取り方は中国国内でも世代によって温度差があったようだ。当然日本でも意見は分かれると思う。

特に戦争映画の場合、国や立場によって描き方が異なる為、違和感を感じることも多い。

だが、この映画は戦争も背景としてはいるが、激動の時代を共に過ごした若者たちの青春映画として描かれている。

ポスターのビジュアルそのままに、映像が若く、躍動感に溢れ青春そのもの。色彩も鮮やかだ。
特に文工団による演舞は、息を飲むような美しさで見るものを惹きつける。
文工団に集まった少女と憧れのヒーローでもある模範兵のプラトニックな三角関係は、現代の日本人でも共感できる。

過酷な環境の中での甘酸っぱくもほろ苦い青春は、監督自身のスイートメモリーだろうか。日本でいえば戦時中にこっそりと恋愛をするようなもので、悲惨な時代でも楽しいこともあったのだろう。

そんな甘美な映像から一転、画面は戦場の地獄を描く。この戦争シーンの描写は驚くほど過激で、そのリアリズムは「プライベート・ライアン」を思わせる。ワンショットで撮られた戦闘シーンは、中国映画もここまでするのかとその迫力に圧倒された。

時代は進み文工団は解散して、彼らの青春も終わる。

激動の時代に取り残された彼らのその後は、決して恵まれたものではなかったが、ラストは一筋の光が見えたかのような余韻を残す。

検閲があるので仕方がないが、戦争の悲惨さは写しながらも政府批判にならないギリギリの線でバランスを取っている。
戦争批判を描いているわけではないので、見方によってはノスタルジックに当時を美化しすぎていると受け取ることもできるが、自分は好意的にとらえた。

映画は常に受け取る側の主観に委ねられるものだが、その時代を経験した者にしかわからない自分達の青春がそこには確かに描かれていた。

2019年11月に劇場で鑑賞した映画を動画配信で再視聴。
スプリングフィーバーの後に見たらなんだか物足りない感じがした…
AiSasaki

AiSasakiの感想・評価

3.7
美しいショットの数々。

ただ、この物語が一人称を貫徹できていないことに違和感を覚えてしまった。それも意図したものだと言われればそれまでだが。
美しい映像だったな〜中国の音楽好きファッションも素敵
軍を応援するための団体にいることが誇りってなんだかなえげつない、戦闘シーン衝撃痛み伝わって怖くなって1.5倍速観けど懐かしき儚い日々として描かれてる、楽しそうなシーンは本当に美しかった
人の顔覚えられへん
あきほ

あきほの感想・評価

4.4
色彩が美しいのは言わずもがななんだけど、戦争のシーンがあまりに残酷で、でもこれが実際におこなわれていたのだと思うと苦しくなった。そして、それでも時間が経てば普通に生活する(していくしかない)のだと言うこと。ラスト好き。
moviemo

moviemoの感想・評価

3.9
1970年代の中国で過ごす若者達。

こっそりみんなで聞いたラブソング。おそらく軍歌以外を初めて耳にした女の子が、こんな歌い方があるんだ…っと口にしたのが印象的だった。

この時代に青春を送った人々に深く刺さるんだろうな
>|

あなたにおすすめの記事