クレマスター2の作品情報・感想・評価

「クレマスター2」に投稿された感想・評価

1がミュージカルなら2は西部劇。開放感を得るために一度拘束し、それをほどくというモチーフを繰り返す。奇術師フーディーニと、拘束具としての馬具、ロデオに重ねられるセックスの上下運動。幾何学模様はグッドイヤー、シャネル、シンクレアと具体的な商標にさらに敷衍
見てるのキツかったけど、フレンチブルドッグかわいかった
言葉が出てくると、どうしても言葉にひっぱられてしまう

このレビューはネタバレを含みます

ネタバレというかただのメモ。ゲイリーギルモア 蜂の生態 六角形 車 ガソリンスタンド ソルトレイク 塩湖 塩 塩のスタジアム ロデオスタジアム ガソリンスタンド 繋がれた二台の車 中でゴロゴロするゲイリー 接続部の何か金具のようなものを曲げて布の糸を解いて繋げて 白い油?蜜?をくっつけて 脱出 マジシャン 彫刻作品 ソルトレイクの山 割れ目 山と湖の鏡写し 女性器 男性器 性行 精液 蜜?入れ子 蜂 蜜蜂の蝟集 音 ドラム デスメタル 電話 の向こう?は車の中のゲイリー ガソリンスタンドの店員を銃殺 ロデオの死刑 牛とともに死ぬ ゆっくり力つきる 山岳地帯 ドーム 中に車?布にかけられた オイル?犬を連れた夫人 マジシャン ソルトレイク塩でできたロデオスタジアム うま カウボーイ 最初のシーン 女性 夫人 男性 蝋のようなものでできた手 蜜蝋 鉢の蝟集の轟音 六角形の部屋 ロデオの鞍 六角形の金のラメ ダンス なんか歌ってたな 暗闇の中で 仰向けで それが小さくゲイリーのいる車の中で聴こえてた
こ

この感想・評価

-
クレマスターサークルの中でこれが一番キツかった気がする…よって爆睡した…。あまりにもわけが分からなかった。
馬具を模した金ぴかのオブジェの映像に合わせてリゲティばりの不穏なクラスター音楽が大音量で流れるという強迫観念的なはじまり。ロデオをはじめ、西部劇ネタで攻めていくのだが画面は暗く、重い気持ちを抱かせる。一番脈絡なくて混乱した印象を与えるのが2だったかも。一番眠いし。ツーバス高速ドラムに蜂のうなり声が重なるところが好き。クレマスター全体的に音楽がいいですね。六角形が沢山出てくる。ノーマン・メイラーも出てくる。
moon

moonの感想・評価

3.5
マシュー・バーニーの伝説的映像作品『クレマスター』シリーズ東京上映@写真美術館

1と違って場面がころころ変わるしそれが何の脈絡もなくてビビる笑
蜂とハニカムモチーフが多数登場。あとアメリカ・カナダ国旗。蜂まみれのハードロック、ロデオ、踊るカウボーイ…
ラスト15分はキツかった(睡魔が)

ロゴが迫ってくるあのヤバいオープニングタイトルが見れただけでも満足です
ecu

ecuの感想・評価

3.8
他作より俗的な要素が多く感じる
記号と記号の対比関係として単純なところがあるが、それでもここまでのクオリティでやられると視覚的に喜ばざるを得ない
ちょっとギャグっぽい

12345で見たが製作順は41523
その順の通りCGや金のかけ方で後期のがクオリティがあがっている、3が倍の長さがあっても一番良くて、それが五部作の終幕として締めくくりらしくなくておもしろい(順で見てると3から1になるので後半クオリティがめちゃくちゃ下がる)

彫刻として全ての質や色が本当に美しい
生物の肌、体液、車、建築、植物、あらゆる物質がものとしての社会的記号、機能性、利便性を離れ、物質として画面で彫刻のように視覚される快楽
いくつかの象徴的なシーンをつくりそれらを順序づけられてるような、CDアルバムのような映像作品
ファッショナブルで美しい奇天烈な唯美主義
現代アートだ、限定上映だと聞いて期待しすぎると落胆する
骨兄

骨兄の感想・評価

-
連想ゲームみたいにメタモルフォーゼしてくのって考え方はアニメみたいだな
asami

asamiの感想・評価

-
記録。
映画としの評価は致しかねます。
が、マシューバーニーの奇天烈ぶりは大好きです☆
A2424DA

A2424DAの感想・評価

-
相変わらずストーリーもメッセージも理解してないし、そもそも存在するのかも分からない(笑)ただ展開がいっぱいあったので飽きずに意味不明な世界を意味不明なりに楽しめた。それぞれの画面は本当に美しい。明らかに怪しい車に対して誠実な仕事をしてあげたにも関わらず、強盗殺人されてしまうガソリンスタンドのマックス君が主役だ!(笑)
次!!

あなたにおすすめの記事