アヒルと鴨のコインロッカーの作品情報・感想・評価・動画配信

アヒルと鴨のコインロッカー2006年製作の映画)

上映日:2007年06月23日

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「アヒルと鴨のコインロッカー」に投稿された感想・評価

ピノコ

ピノコの感想・評価

4.0
ボブ・ディラン好きやからよりおもろく感じる。そっちかーというびっくりする面白さとだからかーとつながる気持ちよさがある。捕まえようとするところの動きの悪さとか警察ののろさがイラッとする映画。
桜子

桜子の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

好きな作家伊坂幸太郎さんの原作を元にした映画。
最初は謎で始まる。
何でこの男は辞書をプレゼントするだけのことで書店を襲撃なんかするんだろう?って。
少しずつ謎が説かれていき、全ての伏線がつながって最後には涙。
cony

conyの感想・評価

3.7
これは先に原作を読んでたかったなぁ。
映画でもちゃんとおぉ!!ってなったけど、小説の方がより驚きが強そう。

神様を閉じこめるってなんか素敵だった。#50
さき

さきの感想・評価

4.0
ボブディランを聴くと必ずこの映画を思い出すと同時にとても切なくなります。
映画見始めたころに観た作品なので何もかもが新鮮で、真相がわかった瞬間涙が溢れました。
思い出深い作品です
たろさ

たろさの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

椎名(濱田岳)は大学に通う為に仙台へとやってきた。引っ越したアパートの隣人には河崎(瑛多)という変な男がいた。


小説を読んだ後に鑑賞。映像化不可能と思っていたがうまく落とし込んだ印象。
途中である重大なことがわかるが、それ以降はトーンダウンしてしまった感じ。
松田龍平は超然とした不思議な役がよく似合う。
バス停で困っている外国人を無視する乗客とバス運転手、サークルの新歓で日本人でなく外国人とわかると離れていく大学生、外国人に対して明らかに見下した態度を取る警察官。ドルジが河崎になりきる理由。外国人差別をする日本人が多く描かれるかなり珍しいタイプの映画。「日本には人種差別なんてない」と言う人もいるが、こういった現実にも目を向けないといけない。
ブータン人になる為に黒塗りとつたない日本語。両方とも差別的で完全にアウト。
サム

サムの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

良い。神様を閉じ込めておくんだよ、という最後の椎名のアクションがなければ物語にピリオドは打たれず、彼も傍観者でしかなかった。仙台のコインロッカーの中で、1人きりで歌っているボブディランを想像すると可笑しい。ただの「ラストはどんでん返し!」というエンタメに留まらない、優しい人間たちの心の関わりあいが、涼しいボブディランのメロディとともに感じられた。
ほくお

ほくおの感想・評価

3.7
神様を閉じ込める。
無限ボブディラン。
広辞林って何だ?
鳥葬。
ドルジ&ガッバーナ。
そんな映画。

コメディ系かと思って観たら切ない系で心やられた
伊坂幸太郎の大ファンで今更見たけど、しっかりした起承転結とまさかの展開はさすがです…
すぎ

すぎの感想・評価

4.0
まじで前情報なしで見たら、まあまあ展開が大きくておもしろかった
好きな雰囲気の映画!!
少し予想はできるけど、味のあるストーリーでした。
>|