アヒルと鴨のコインロッカーの作品情報・感想・評価

アヒルと鴨のコインロッカー2006年製作の映画)

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

3.7

「アヒルと鴨のコインロッカー」に投稿された感想・評価

Yeminepac

Yeminepacの感想・評価

4.0
邦画でこのような映画があったことに驚き。

前半部分の点と点が後半で線に繋がっていく感じとっても最高〜

すごい盛り上がりがあるわけじゃないんだけど終わった後すごい感動〜

題名も納得
Ringabell

Ringabellの感想・評価

3.1
夜爪を切ると親の死に目に会えないよとか、そういう呪いをかけてくる人ちょっと苦手なんですけど、なんかそういう後味のする映画だった。

神さま閉じ込めたから…みたいな。

キャストは最高だったけど、無理に映像化しなくてもいい作品だったのではなかろうか。
jun

junの感想・評価

3.4
記録

淡々とフワッとしてるね!

松田龍平出ると絵が締まるなぁー!

ディランは神様。
とり

とりの感想・評価

3.2
綺麗に纏まった、よくできた話で押し付けがましくなく教訓というか日常のヒントみたいなものも感じる。安定の濱田岳、そして日本人が洋楽を使うと多くの場合鼻につくけど中村監督は(原作の伊坂幸太郎に負けないくらい)ロック好きなんだろうなってーーーー中村監督って今じゃ時代物やホラー等すっかり良く分からない話題作を監督する人になったイメージだけど、昔は『フィッシュストーリー』や本作でこんなにピュアな人だったんだなと思う作品(ディラン補正もあり?)。たまにセリフが台詞セリフしていたりと少しチープというか時代を感じる点・瞬間もあるけど、それだけノスタルジックで温かくな手触り。オフビートで敢えて平坦な語り口が刺さるときは刺さる。瑛太も今となっては懐かしい全立てツンツン頭だけどそれすら前振りのオチが胸に届き余韻を残す。ワンシーンだけだったけど訛ってる本屋の店員かわいい、誰なんだ~。

♪How many roads must a man walk down~♪
「呼び捨てにすると親しく聞こえるだろ」
スケ

スケの感想・評価

3.3
伊坂幸太郎っぽさ全開だった。
小説を読んでるときの感覚がまんま映画でも味わえた。
前半の緩やかさから後半ですごい盛り上がる感じ好き。

テレビでみたからちゃんと全部見たい。
「犬を助ける自分が死ぬはずがない」
sato

satoの感想・評価

4.0
地上波で放送してて途中から見た(残念)
最初から見ればよかった。。途中から見てもこの映画は良作だ!と思えるくらいよかった。
おーそういうことね、と最終的にすべてが合致する。タイトルも含めて。

全部がボブ・ディランのあの曲で、ほんわりと包まれている雰囲気。すべての出会いから別れまで全部が。だからか、ハードになりがちな伏線回収が、いい意味でふわっとしてる。
nkmt

nkmtの感想・評価

3.6
本読み返す気分で観た。「悲劇は裏口から始まる」とか「ブータン人」とか懐かしい。
ひどい映画でした。 ブータン人が ふくしゅうのために嘘を付いて犯罪を実行するはなしです。 しかし、 全体的に冗長で退屈でした。 [映画の長さには不足している原作を強制的に引き伸ばしたような状態] でした。 よりテンポを早くすれば、 少しは ましになったのかもしれませんが、 それでも凡作止まりだったでしょう。

[第25回吉川英治文学新人賞を受賞した伊坂幸太郎作品] だったのでみたのですが、 完全に期待はずれでした。 私は今後、 二度と [第25回吉川英治文学新人賞を受賞した伊坂幸太郎作品] をみません。
ネタバレが憚られるタイプの内容だけにつまらないことも秘匿されている映画
>|