アヒルと鴨のコインロッカーの作品情報・感想・評価・動画配信

アヒルと鴨のコインロッカー2006年製作の映画)

上映日:2007年06月23日

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「アヒルと鴨のコインロッカー」に投稿された感想・評価

likeB

likeBの感想・評価

4.0
「それでこのタイトルね」賞、大賞ですね。

ほのぼのしていた序盤~中盤に対して終盤の怒濤な伏線回収。
見事でした。

キャストもちょうど良く、
ディランもディランでちょうど良く。
邦画×洋楽が
こんなにも心地よいのは
この作品だけではなかろうか。

時間、内容も長からず、簡潔すぎず、
雰囲気も良い意味で邦画らしく
まさに
“ちょうどいい”作品でした。
s

sの感想・評価

4.0
邦画って感じだった、全体の雰囲気が好き
原作を読みたくなった
Rio

Rioの感想・評価

3.1
伊坂さん原作の映画初めて観たけど私は本派です!伊坂さんは想像力膨らましながら文字で楽しむのが好きだ
邦画でもこんな秀作があるんだ!って衝撃を受けた作品。いい意味で期待を裏切ってくれる。今でこそありきたりな展開と思う人も居るかもしれないが、当時は新鮮だった。総じて邦画は(ハリウッドに比べて)どうしても低予算になってしまいがちだが、映画作りには予算は関係ないのだと教えてくれた。邦画の良いところを突き詰めたような作品。ラストのどんでん返しにはユージュアル・サスペクツ並の衝撃が走る。
こんな映画ばかりならもっと業界が盛り上がるだろうに…
とはいえこの作品の世代あたりは秀作が多い。
mi

miの感想・評価

3.0
伊坂幸太郎ファンだけど辛くて辛くて
救いはあるけどハッピーな作品ではない

演技派キャストにお得意の伏線回収
よく出来ているストーリー
伊坂幸太郎×濱田岳in宮城

コミカルとシリアスが程良く配分されてて好き。
どんでんは返されないけど、最後に色々繋がる。
えーどういうこと?→あーそういうことか!ってなるのが気持ちいい。
K

Kの感想・評価

3.1
濱田岳と瑛太がすごく自然で良かった。
ストーリーも原作と違和感がなく見れました。
伊坂さんの原作が好きで観ました。
松田龍平さんという素晴らしい役者との出会いでした。
松田龍平さんだけ違う雰囲気が漂って、ふわふわして、つかめない、言葉では説明できない何かがありました。
その演技に魅了され目が離れなくなりました。素敵な出会いをくれた映画です。
伊坂さんぽいお話でした。
音楽が名役で、変な人がいて、構成は小説でした。最初は何を言ってるのかわからなかったけども、後半で面白さがわかる。
善い行い、悪い行い、何が悪いのか良いのか主観の問題を問われるテーマでした。
行方がなんとも切ない終わり方でした。
らべ

らべの感想・評価

3.8
伊坂幸太郎原作。

コミカルなものと思ってたせいで終始その重苦しさに疲れたけど、映画の構成というか、作りはすごく良かった。小説的って感じ。

ドルジのこれからを思うととても切ない。
>|