三つの顔の作品情報・感想・評価

「三つの顔」に投稿された感想・評価

梅次先生にしてはゆったりめの演出。脇役の飯田蝶子のキャラが強烈で、メインの3人が霞む。先日みた村山新治「七つの弾丸」も思い出す。