サクラメント 死の楽園の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「サクラメント 死の楽園」に投稿された感想・評価

ノ

ノの感想・評価

-
タイ・ウェスト監督、2本目。

POV形式によくある真面目な段取りをやってしまっていて、インタビュー後のパーティまで観たところで「何だかもういいや」という気分になってしまった。

55分。
miyazato

miyazatoの感想・評価

3.8
実際を元にした場合、誇張してる事が多いですが、元になった実際の事件の方が衝撃的という珍しいパターン。
BRS

BRSの感想・評価

2.6
人民寺院という実在したカルト教団をモーチフにした映画ということですが、シンプルな構成で観やすいですし、取材という形で潜入するというのも面白いですね。撮影方法もpovショットなので更にリアリティが出ていたと思います。

ただ、実話では900人以上が死んだのですが、本作では160人程度とスケールは小さくして描かれて少し残念。また、作中でカルト教団に怯えて、抜け出したい言い出す信者がいますが、本当に藪から棒にって感じでそれまでカルト教団の恐ろしさが一切描かれていないんですよね。ただただ取材班がこの教団は怪しいぞ〜言うだけで、教団の実態を見せてくれないんですよ。

まあ、ショッキングなシーンがほぼ無いという意味では誰でも観やすい作品になっていると思います。でもちょっとはカルト教団の恐怖をみせてくれないと見応えがありませんよ!
さとう

さとうの感想・評価

3.4
カルト宗教を扱う作品の割にはあっさりめ。
純粋に平和を愛し、自然を愛した人々が、方向性を間違ってしまっただけのようで、人間の嫌な部分が少ない。教祖のおじさんも、利己主義な印象がしない。
だからこそ、ここまで多くの人を惹きつけたのかもしれないが。

現実に起きた衝撃の事件をモチーフにPOV方式を駆使し、エンタメ作品に仕上げています。暴れまくる映像とカメラマンのリアルな息遣いで、緊迫のスリルを味わえるドキュメンタル ・ホラー。

現実の事件があまりにも現実離れしているので、映画の方がいくらか劣る。
怖いシーンなるまでが遅いし、怖いシーンも盛り上がりに欠ける

でも教祖の英語聞き取りすくてリスニングの練習になった
有名な人民寺院での事件を映画化。実際の事件よりショボくなってない?
ガイアナ人民寺院事件を元ネタに極めて小規模に再現したフェイクドキュメンタリーで、一番イヤな気持ちにさせられるはずのクライマックスも思いのほかあっさりした印象だが、教祖の一見深いこと言ってそうで実は全く言っておらずそのくせ「あとはわかるな?」的な勝手に深読みさせる典型的なパターンとそれに熱狂しちゃう人たちが実にわかりやすく描かれていて、そういえば俺がこれまでの人生で出会った人たちの中にもこういう言い方するのやそういうのにひっかかりそうなのいるなあ、これ、お前らのことだからな、仮にこの映画観ても自分のこととは思わないだろうけど、なんてことを思いました。
結構真面目な現代に置き換えた再現映画だった。肩透かし。人民寺院をベースにしたグロい映画!くらいに思ってたけど、最後まで真面目です。
まるお

まるおの感想・評価

3.9
実際にあった人民寺院事件をモチーフに
カルト教団の集団自殺を描いた作品。

POV形式で撮影された映像は臨場感が抜群でドキュメンタリーを観ている様なリアリティーが感じられました。
静かに蔓延していく狂気がたまりません。

その分しょうがないのだろうけど、
ドラマ性が少し薄かったかなあ。
もうちょっとカルト教団の背景や信者達について描かれていると嬉しかったかも。

イーライ・ロスが製作に加わっているという事だけど、描写的にも若干大人しめ。
それがまた現実っぽいんだけども。

でもまあ、なんだかんだ言いながらも結構好きな作品でした!
POVにおける圧倒的な臨場感。
いろんな疑似体験数あれど、
集団自殺現場の疑似体験なかなか出来るもんじゃございません。
実際に起きた人民寺院の事件をベースにしたPoV作品。

一見平和な雰囲気から徐々に不気味な様相を呈していくこの感覚はPoVの醍醐味の一つだと思います。

PoV特有の「これ誰が撮ってるんだよ」みたいな粗も無く、映画本編に違和感無く整合性を持たせていて全編PoVとして良い出来だったなと感じました。

またこんな映画が見たいと思える良作でした。