湯を沸かすほどの熱い愛のネタバレレビュー・内容・結末 - 3ページ目

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿されたネタバレ・内容・結末

公開時映画館で観たかったけど時間がなくて観れていなかった本作。こんなにも早く地上波で観られるとは…!タイトル通り、母の愛に満ち満ちた作品でした。
安澄ちゃんの学校のシーンはみてて辛いものがありますが、それでも学校を休ませない母親双葉さん。どんなに頭が痛いとかお腹痛いとか言っても「じゃああまりにも辛くなったら早退してね」と母に言われ、とりあえず学校に行かされていた学生時代を思い出しました。一回逃げたらもう戻れなくなる、というのは本当にその通りで、私もあの時休ませてくれなかった母親に今は感謝しています。そんな母の愛を思い出させられました。
母に捨てられ、夫に逃げられ、直接自分が産んだ子供はいない。そんな双葉さんがなぜあんなにも強い、愛に満ちた母になれるのか。ラスト探偵さんの台詞で、「自分があの人のために何かしたいと思われてるのはきっとそれ以上に何かしてもらってるとおもってるから」というのが本当に真理だと思えました。普通人は与えてくれた人にしか自分も与える気になれない。でも双葉さんは違うんですよね。カッコいい。あんな女性になりたいな。
子供にとっての居場所って学校と家しかないから学校行け!立ち向かえ!はきっついんじゃないかな。
その分体当たりで立ち向かったあずみちゃんが凄いです。
酒巻さん引っ叩いた後に衝撃の告白してあずみちゃん置いていくってお母ちゃんの愛が先走り過ぎてちょっと観てるこっちも置いてけぼり食らいました。
犬の置物ぶん投げて窓割ったりもやり過ぎでわぁ…ってなりました。
こういうぶっ飛んでるところ以外は凄く良かったです。
あずみちゃん鮎子ちゃんの姉妹は役者含め素晴らしいです。

木のピラミッドと人間ピラミッドはちょっと笑いました。
探偵さん良い人すぎる。
この家族と生きたい、っていう悲痛な叫びが耳に残ってる
そんな家族と出会えたことの喜びと、有限な時間への悲しさが痛いほど表れていた
オダギリジョーのクソ野郎ぶりがとても心地よい
起きた出来事はそんなに珍しいことではない
感情のぶつけ合いみたいなものを
感じれた。
病室のシーンは恥ずかしくなってしまった
雰囲気が日本映画特有に感じた
最後はあまりビックリはしなかった
宗教的にはやってはいけない
以外の理由が思いつかなかったからかと
サイコホラーのような印象を受けた。
表面的には、母親の愛情からくる行動として描かれているが、あまりにも独善的に感じてしまう。
終盤の病院のベッドでチューブにつながってギリギリ生きているところに娘といるシーンで感動する人もいるようだが、私には、母が生に必死にしがみついているなか、これまで関連してきた人がほとんど見舞いにも来ずに日常へ戻っているので、もう自分は必要とされていないことに母は気づき、それはこれまでの自分の言動の所為だと悟り、虚しさを感じているように見えた。
ラストの銭湯火葬も、周りが作った母のイメージをもとにした行動で、母は本当に望んでいたのか、疑問でならない。
宮沢えりの末期のシーンが迫力あった。長女役も、女優オーラがあった。飛行機でなければ、号泣してたな。いかにみんなに愛された人間とはいえ、葬式〜火葬?までやっちゃうと、もう銭湯としての営業は難しいのでは?という気もしてしまう。
細かくネタバレくらってから鑑賞したので「あー、これがあの言ってたやつね」、って変に冷めて見ちゃった。もったいない。
でもすごく良いしどのエピソードもグッとくる。

余命宣告された後、まだやる事がある、と娘たちに様々なことを教えていく。

絵の具で汚された後の親子の会話が1番好きかも。
「ちゃんと12色あったよ」
「どの色が好き?」
「水色」
「お母ちゃんは赤」
「お母ちゃんっぽい」って。普通なら、誰にやられた?とか、大丈夫?とかだと思うんだけど、そうじゃないのがなんかすんごく親心というか、全部わかってるよってのが伝わって好きでした。

最後は若干ファンタジー。タイトルそのまま。この思い切った感がすごい笑
ピラミッドのところは本当に泣けた。
タイトルと、伏線の回収の仕方は気持ちよかった。
テレビで放送したものを録画しておいて鑑賞する。出演してる誰もが、演技がうまくてただただのめり込んだ。おかぁちゃんの子じゃなかったり、そのおかぁちゃんも実は母親に捨てられた子であったり、物語が進むにつれて衝撃を受けながらも、なんて強くて素晴らしくて自分の人生を生き抜いた人なのだろうと涙が止まらなかった。宮沢りえさんの演技に賞賛!オダギリジョーがやっと叶えたエジプト旅行の再現とか、最後に選んだお葬式の方法に大きな愛情を感じた。
演技がみんなすごい 最後のタイトル回収の仕方も好き
でもえっ…ださい!ってシーンが気になったのは何でだろう
冒頭の蒸気のように消えました、って張り紙だけで充分オダギリジョーが
消えたことは伝わるのに後でもう一回言い直したりとか、
あと手紙の差出人と娘の本当の関係がわかった後の、
思い出すシーンが説明的すぎる…フラッシュバック入れなくても、
充分伝わりますんでってなった。
松坂桃李があまりにもあっさり心開きすぎ目的地安直すぎ…

それでも魅力があったのは、宮沢りえ演じるこの双葉という女性が
どれだけ立ち向かってくるものと向き合えてきたかが、
愛情を受けたことがなくったって強い理由なのかなと思わされた
印象的なタイトル・最後の回収の仕方を作る程のそれこそ湯を沸かす程の情熱があるからかな、と思った

オダギリジョーのダメ男役、はまりすぎ