湯を沸かすほどの熱い愛のネタバレレビュー・内容・結末 - 3ページ目

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿されたネタバレ・内容・結末

最初から最後までティッシュが手放せなかった…
そして伏線の敷き方と回収が上手い
母親の顔、女の顔、娘の顔、場面によっていろんな表情を見せる双葉さんと宮沢りえの演技が凄かった

たくみくんがあの人から産まれた君達が羨ましいなんて言ってたけど、なんであのクズ母親から双葉さんのような出来た人が産まれたんだろうな…!?
安澄ちゃんや鮎子ちゃんを見ると結局育ち方によるのだろうと思うけど、双葉さんの人生をもう少し知りたかったかも
予告見た時から ずっと見たくて
やっと見れた映画。


親子の愛とか
病気とかいじめとか
絶対泣けるやつと思い
覚悟して見たけど

わんわんと大泣きするところは
無く、
ポロリと涙が溢れるシーンは
たくさんありました。



血のつながりがなく
本当の親子じゃなかったってとこは すんごい意外やったけど
さらに 愛の深さを実感できたし

子供の実の母も
浮気相手の子供も
すべて 分け隔てなく与える愛とか
無償の愛とか …



見習わらないとな…


宮沢りえはもちろん
花ちゃんがとくに よかったな

あの 下着になるシーンがよかった👏


ちゃんと 愛が伝わってるー
って 泣けたとこ
手話のシーンも あぁーってなったし。

最後の最後まで
愛に溢れた映画でした(*´∀`*)
レンタルにて。伏線が多すぎて、何度も巻き戻し確認しながら鑑賞。普通にいい映画でした。母娘でぎこちない手話を交わすところが一番泣けた。オダギリジョーはこういうフラフラしたダメ男役だとばっちりハマりますね。
こりゃ湯が沸くわ、
と思うくらい愛に溢れてた。
と思ったら本当に湯が沸くラストはびっくり。

ピラミッドも下着もなんだか少し笑えた。
お漏らししたパンツ拾ってかけてくれるお姉ちゃんとか、でも家族ってこんな感じだなぁとか。

笑えたり泣けたり、すごくいい映画でした!
中盤くらいまで泣けるシーンしかなくて涙がひっきりなしに出てくる。涙の強盗みたいな映画。「わたしはお母ちゃんとは違うんだよ!」「同じだよ」とか「お母ちゃんの遺伝子…ちょっとあった」とかあのへんのシーン、そのまんまでもボロボロ泣けるのに中盤か
ら遡ると別の意味を帯びて泣ける二重の仕掛けがしてあって人がいなかったら嗚咽あげてたかもしれない。

ただまあね、泣けたから好きな映画、いい映画というわけではない。やっぱり1番気になるのはオムニバスみたいな構成。あずみの問題解決したら鮎子の問題みたいなの。もっとエピソードを絞って色んな問題を同時並行で描いてほしかった。どうしてもひとつひとつ食い足りない感じが残る。細かい布石みたいなのはいっぱいあってわかるたびにああってなるんだけどなんか上手く効いてこない。シーンの破壊力頼りで強引に押し切るような感じする。
オチもこれはちょっとねぇ…ドバドバ出てた涙がすっと引っ込んでしまった。役者はみんな最高の演技をしていた。特にオダギリジョーはこういう役をやらせたらもう。色々勿体ない。
女性の美しい強さを表した映画だった。堤防で話すシーンで号泣してしまった。杉咲花がほんとうに最高のお芝居をしてる。ピラミッドはうーんって感じだったな
宮沢りえと杉咲花の演技合戦に黙らされた。口をぎゅっと結んで涙をこらえながら「今は体育の時間じゃないから…」と言った時の安澄の顔と、衰弱して声も出せなくなった時のお母ちゃんの顔がずっと頭の中をぐるぐるしている。探偵とその娘(まゆちゃん)の出番がやたらと多いのが謎だったけれど、お葬式のシーンでその意味が分かった。「パパやっとまゆに本当のこと言えたわ」という台詞が泣けた。
何度か泣いた。杉咲花ちゃんの演技に泣かされた。あの虐めてた女たちに何かバチが当たればいいのに。お母さんが下着くれたときにまだ良いよって言ってたから中学生かと思って見てたら高校生だったのでちょっとびっくりした。虐め方とかも中学生みたいだったし。
途中で進学したんだっけ?
明るいお母さんが「死にたくない」って泣いたところは辛かった。
気になったところは
左手がたまに思うように動かないというのに車の長時間運転を許す父親(銭湯休みにしてでもついていけよ)
松坂桃李が小学生の子どもにラブホの話してるのにみんな楽しく聞いてる
お漏らししてしまったあとの床を拭かずに汚れたパンツもドアノブに引っ掛けていくシーン(住んでる人が通る廊下だよね?)
宮沢りえが母親に会おうとする前に探偵が「そんな娘はいないって言われた」って正直に話す(もっとオブラートに包んであげても良いような)
まさか焼いたのか?と疑問に思ってレビュー見るとやっぱ焼いたっぽい
人が気持ちよくお風呂に入れる温度で人間を焼き切れるのか…?生焼けになりそうな…

全体的には楽しめた。
愛に溢れてたし娘は優しい良い子だし手話で実の母と話すシーン、いつか役に立つからってところは泣いてしまった。
最初の蟹と手紙の時点で母親違うんだろうなと思ってて途中の手話理解してそうな時点でん?って思って蟹のお店の女の人が耳聞こえないところであーってなった
これからお父さんに家族任せるとかちょっとやばそう…
娘捨てた実母はちょくちょく家来てるみたいだけど母親としてこの先一緒に暮らすとかいう風になるんだろうか
晩御飯のときにみんなに協力してほしいって父親が言い出したとき、まさか病院で人間ピラミッドするんじゃないよねと思ったらドンピシャで笑ってしまった
2017年 80本目

友達に勧められて鑑賞

結論から言うと、トンデモサイコパスホラー映画。

いろいろあって四人で過ごすことになって、収入はボロい銭湯で稼いだお金だけで、どうやって暮らしてるんだろうっていう疑問。

松坂桃李演じるバックパッカーは、小学生の女の子を前にラブホテルの話をしだして、なぜか誰も止めずにみんなで大爆笑。

宮沢りえは癌でいつ倒れてもおかしくない状態なのに、オダギリジョーは付き添いもせずに旅行のお留守番。多額の保険金でもかけて事故死でも願ってるんじゃないかと思うほど酷い。

杉咲花ちゃんの本当のお母さんには、いきなりビンタをお見舞いし、自分を捨てて小さい子供と遊んでるお母さんには物を投げてガラスを割る愚行

それ以外にも、一つ一つの話が薄いし、イジメや本当の母親の話など、さも解決したように見せる始末(杉咲花のヌードも意味不明)

極め付けには、宮沢りえを銭湯で燃やしていることを示唆するようなシーンは心底趣味が悪いなと感じた。

気持ち悪い映画。
純粋にいいお話だった。
お母ちゃんの芯の通った真っ直ぐな人間性に惹かれる。
ちゃんと伏線回収されてるし、
すぐに二回目見たけど、一回目では気づかなかった部分を発見したり、深いな〜って思った。
杉咲花ちゃんに感情移入して見てたからお母ちゃんと言い合いのシーン泣けたし、いじめのシーン辛すぎた。
でも、自分だったらもう学校行かないし、いきなり来た義理妹にあんな優しくできないし、お母ちゃんが弱ってく姿直視できないし、実母にもあんな真っ直ぐに接しれないから、血は繋がってないけどお母ちゃんの教育の賜物だなって感じた。