湯を沸かすほどの熱い愛のネタバレレビュー・内容・結末 - 2ページ目

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿されたネタバレ・内容・結末

あの人のためなら何でもしてあげたいっていうか多分それってその何倍もしてもらってるって思うからじゃないかなっていう台詞がほんまに心に残った
みんな演技上手かったけど特にオダギリジョー良すぎた!!
ほんでピラミッドの所はほんま涙止まらんかった
観てよかったって心から思える映画でした。ラストちょっと怖いけど
愛情のかたまりに押し潰されそうになる

何度か一瞬激情するところがあるから
人間味が増す

この人に何倍もしてもらってるって思えるから何でもしてあげたいって思える

損得感情がないわけじゃない、それを越える愛情

全ての言動の源が愛情
赤が似合うわけだ

自分だけでいっぱいにならないで
隙間でも良いから空間を作って
人に想いを馳せる余裕を持ちたい
最近話題になってる児童虐待事件のこともあってか観ていてウルっときてしまった
全てが解決したわけではないが、父も子も成長がみれて良い
最近僕らの七日間戦争を借りていて、あの美少女の宮沢りえがこんな逞しいオバちゃんを演じられる女優に変貌するとは…
当時のファンたちは思いもよらなかったのではないか🙄
序盤で、これはやばい映画、と思った
どんな話か知らんと出演者とタイトルで観てみたいと思ってたけど、観てよかった
こんな母ちゃんになりたい、が過ぎる
強さと優しさがただストレートに伝わってきて、娘がちゃんとそれを見て強くなってるのもたまんなくて何回も号泣した
最後、そんなことできんのか?臭いとかそもそも中に入れるのきつすぎないか、とか気になってしまったけど、他はとにかく良かった
やっぱり出演者が最高で話も良かった、胸にくる映画だった。
こんな母ちゃんになりたい、を思い出すためにまた観たいような泣きすぎて疲れるからもう観たくないような。
双葉が血の繋がりという意味で天涯孤独であるということに気づいた時の虚しさ。いかなる線によっても結ばれていない自分の後釜に入る前妻、あずみの母君枝さん。自分が病院にいる間、君枝さんが家に来る回数が増えていっていたことを弱っていく身体でどのように受け止めていたのだろう。最後の最後まで、「行かないで、死にたくない」がずっと双葉の中にあったように思えて辛かった。
あずみのいじめ問題もまた一つテーマであった。母は母として子どもを保護するべき存在であるのか、厳しさをもって外へ外へと追い出していく存在であるべきなのか。この作品の答えは後者であったが、私の考えも後者だ。母としても前者の方が心は楽だが、いつか親は死ぬのだから子どもが自立したいと願うような、外に向かって一人で飛び出していくような居心地の良すぎない家庭、しかし愛で溢れている家庭が正解なのだろうと現時点では思う。
結局あゆこの母の問題はどうなったのだろうか。母に捨てられたという面で双葉と重ねることであゆことの繋がりを生み出すために描かれた問題なのだろうか。
「色」の話。赤いリュック、赤い血、赤い炎、赤い煙、赤い蟹。青い下着、青い自転車、青い水、青い海。双葉とあずみのカラーは異なっているけれど、銭湯という場が二つを上手く一つにしている家庭の象徴として描かれていたような気がした。最後のシーンとか、特に。
最初にタイトルを見たときは、男女二人の間の愛が燃え上がるように熱いという意味合いなのかと思った。実際は双葉の燃え上がるような熱い愛。男女の恋愛というテーマに帰着するのではなく、もっと広義の愛というテーマに帰着していた点が良かった。
母のたくましさ。それを蝕む病の恐ろしさ。

湯を沸かすほどの熱い愛で周りを包む
みんなのほつれがかぁちゃんによって直っていくのにかぁちゃんだけ…何でなの?人間ピラミッドの後の「生きたい」が悲しすぎた。身近な人と重ね合わせたらもっとまっすぐ生きよう!って正された。

…感動したのに、ラストの赤い煙がホラーでしかなかった。
自分が死ぬ時がわかった時愛する人たちのためにどれだけのことができるのか。先を考えてどれだけ人を想えるのか。
この映画をみていると少しだけ
「桐島部活やめるってよ」
を思い出してしまった。

内容は全く異なるが、主人公を中心に、その周りが突き動かされるストーリーが展開されていく様を感じる。

主人公の周りには、親問題に囲まれた人が多く、それを主人公が解決?しつつも、実は自分もそうだった皮肉なパターン。

そんな主人公の行動は、感情むき出しなので、見ていて面白い。
ある意味、人間っぽさを感じる。
(ビンタしたり、家に石投げたり笑)

最後のタイトルはそういうことか、、!
と演出の仕方に驚いた。
表現方法としては非常に面白い。

しかし、銭湯に関しては、もはやストーリーの要素として必要なものではないので、
(別に銭湯である必要のない内容が続くので)
タイトルありきの銭湯の設定と、エンディングと感じられ、その点が残念であった。
予告編とのテンションの差ね(笑)

テンポのいい作品かと思いきや、ゆっくりのんびり始まり…泣いたわ

最近涙脆くてだめだ…

(題名通り)お母さんの愛が熱かった…

本当のお母さんに会えた時のために、幼少期から手話を教えてあげてたのがわかった瞬間が心にぐっときた