湯を沸かすほどの熱い愛のネタバレレビュー・内容・結末 - 2ページ目

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿されたネタバレ・内容・結末

話の構成や伏線はとてもよくできていると思った。
が、登場人物の行動にえ?と思うことも多く、特に、いじめを解決する一連のシーンは、全てが???で物語になかなかのれなかった。
監督の、女性(とくに母)はこうあるべき!を見せつけられたようで一母親として共感できなかった。

ただ、おかあちゃんが入院してからの役者さんたちの演技は素晴らしく、涙を見せずにお葬式に移るところとかはとてもよかった。

特に、みんなで河原でお弁当を食べるところは、葬式の後こうやってご飯食べながら故人のことを話して死を乗り越えていくよなぁと、本当にいいシーンだった。
が、ここも、探偵役の人が、『不思議な人だ。愛情をたくさんもらった』みたいなことを言うが、そうではなく、(そんなことは今まで映画を観てきた人ならわかる、少なくともそういう監督の意図はわかる)『変なおかあちゃんだったよね〜(でも愛情深い人だよね)』ってみんなで面白おかしく語っててほしかった。(そしたら作中納得できなかった所も許せたかな?)

きのこ帝国が好きで観たが、歌はやはりよかった。
複雑な人間関係の中を生きる家族の話。日本人らしいお手本と言える家族愛だと思う。辛い経験をしてきた人ほど、人に優しく出来るのだろう。宮沢りえはお母さんの鏡といえるぐらい立派な人格だった。各所で泣けるポイントがあり、飛行機の中でめちゃ泣きました。素晴らしい作品です。
夫が蒸発し、中学生の娘がイジメに苦しむ中、突然余命2ヵ月と宣告された主人公が、絶望することなく持ち前の明るさで家族の再建に奔走し、周囲を大きな愛で包んでいく姿を描く。
胸が張り裂けそうなほど悲しいのに、なぜかすっきりとした明るさが残るこの感じは双葉の愛情溢れる人間性が成せる業なのでしょうか?
絶対違うと思うんですけど、最後、お母さん燃やして湯沸かしたわけじゃないよね?オダギリが言ってた無茶ってのがわかんなかったし、火葬場の煙突と銭湯の煙突被るし、そもそもタイトルがタイトルだし…。
ただ泣けるだけでなく、笑いともまた違う笑顔になれる映画だと思いました。とにかく安澄、鮎子姉妹が可愛すぎた。オダギリはもっとお見舞い行けよと思いましたが、雰囲気はめちゃ好きでした。
年頃の子の下着姿とか、人の家にもの投げ込んだり、倫理的にアウトって判断する人もいるかなってシーンはいくつかあったけど、それがかえって生々しく人生の酸っぱい部分を表していて、ビックリしたけどすんなり受け入れられた
私の大好物のタイトル自体が伏線もので、近年稀に見る良作だった
母ちゃんの生き様があまりにもリアルで、ありえなくて、悲しくて、美しくて、ずっと涙が止まらなかった
胸熱すぎてたまらなかった
だめだって…こういうの弱い…
手話を勉強させていたところでもうダメだった…
宮沢りえはもちろん素晴らしい演技でしたが、娘ちゃん役の、最後の病院のシーンは号泣してしまった…
ラスト豪快で、びっくりしたけど、清々しいです。
オカルト?
コメディ?
まさか、感動もののはずはないけど。

お母さんの人格にまったく共感出来ない。
・イジメを受けている娘に、いきなり下着を買ってくる
・イジメを受けている娘の話しはまったく聞かず、無理やり学校に行かせようとする
・洋服をとられた娘に、新しい制服は絶対に買わないけど、絶対に学校に行けという
・娘は、制服を取り返す為に、授業中服を脱ぐも、まったく問題にならず
・初対面の青年をいきなり抱きしめる
・自分の事を知らない相手を、店に入るなりいきなり殴る
・小学生の子に、一生懸命食べるから、ここにいさせてというセリフをはかせる
余命幾ばくでも、許される事とそうでないことがある。
これが肝っ玉母さん像だなんて、日本以外で通じるはずがない。

父親もくずで、全登場人物の心情まったく理解できず。
最後の展開もオカルトそのもの。
著しく人権感覚の乏しい作品。
正直そんなに期待してなかったんだけど、今では好きな映画になった。なんといってもキャストさんたちの演技が凄い。安澄役の杉咲花が涙をこらえるシーンはたまらない。宮沢りえが演じる母・双葉が、末期ガンで余命僅かの中、出会う沢山の人を愛で温めて変えていくのを、人間臭く、でも綺麗に演じている。私もこんな風に生きたいと思った。涙なしでは観られない。
久々に満点の日本映画。

切り取る場面も眼も美しく、素晴らしい。
思いがけず良かったのは杉咲花ちゃんの芝居。
少女らしい意地の張り方、買ってもらったブラジャーでいじめに勝つ潔さ、お母ちゃんを心から愛する素直さ。よく見えた。回鍋肉を美味しそうに食べるだけの女の子ではなかった。
親の身勝手に振り回される子供達と、昔子供だった大人たち。
ヒロイン病床モノで、ある程度予想はついていたものの、お母ちゃんの「やらなきゃいけないこと」を命をかけてやり通す姿。タカアシガニのおばちゃんと娘を合わせてやる強さ。
宮沢りえは、本当に美しい人。
病院のピラミッドを見て、もっと行きたいと泣いてしまう姿が本当に苦しそうで辛そうで見ていられないほどだった。
愛して、受け入れて、赦して、尽くしてきた人だから、あんなにも美しい人だった。
あの人を見るとなんでもしてあげたくなるという探偵の言葉がそのまま観客の気持ちでもある。
なんにもしてあげられないのが悲しい。
ラストは賛否両論あろうが、その賛否両論自体が映画の正解であり、狙いだろうと思う。
存分に語り合えばいい。

蛇足のうえ、推論だけど、お母ちゃんの母親が再婚したのは松坂桃李の逃げ出した実家の旦那さんかなと思っている。
お母さんの愛は偉大だし、無限だということを知った。
周りの人をたっくさん愛した人は、周りの人からたっくさんたくさん愛されるのだなあ、と思った。

最後のお葬式のシーンも、普通だったらありえないことだけれど、この家族、このお母さんだったらこれが「普通」で「あたりまえ」で。そう思える映画だった。

泣かずにいられないけれど、、観て良かったな、と思える映画。