湯を沸かすほどの熱い愛のネタバレレビュー・内容・結末 - 2ページ目

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿されたネタバレ・内容・結末

なんでそんなに無理やり...
そんなことある...!?
それってちょっと...
って思うところありましたが、
生きる人が生き抜くための力、それを一生懸命、不器用ながら伝えていく母親の姿は人間味溢れててそれがすごく心に残った。
あと旦那さんの役柄が結構サイテーだけどもピラミッドは良かったです。
杉咲花ちゃんの演技が良かった。お話は色々つっこみどころあったかなー。手話の下りを入れたいから、実の母を聾啞者に設定したりとかは監督の意図が出過ぎてて何だかなーという感じ。あと家族みんな母に捨てられてる設定もやりすぎっていうか、ありえないだろーって。いじめも服脱いだことをネタにされて、ますますいじめられるんじゃないかなと心配になった。あれで反省するようないじめっ子なら、はじめからいじめとかしないよなーと。あんなに簡単にいじめ問題は解決しないと思う。一度仕事頼んだだけの探偵とか、数時間一緒に過ごしただけのヒッチハイカーとあそこまで深い心の交流が果たして生まれるのか。そこまで人間的に魅力ある人なら他にピラミッドに参加してくれる友達いないの!?とかとか…。
感動に持って行くために、色んな要素を盛り沢山つめこんだけど、どれも描き方が安直というか、浅いんだよねー。この監督さんの感動させようっていう意図が全面に出過ぎてて、あまり好きではありませんでした。
物事そんな簡単に自分の思うとおりに運ばないよと思った。
あずみが坂巻さんに手話で伝えるシーンで堪え切れなくなって号泣。
あと、鮎子のエピソードが後にお母ちゃんの話にも繋がってくるところとか。
綺麗に話が回収されてく感じが気持ちよく泣けました。
気づいたら頬を涙が垂れていた!
宮沢りえの人間としての強さに胸を打たれる。人と人との繋がりとか優しさ、愛はそこまで詳細に描写していないところもまた良い
終盤、母親の元に娘しか見舞いに来なくなったのがリアルでよかった。病人の介護はそう簡単なものではないだろうし。
鑑賞後、すぐに母に会いたくなった。
彼女がまだ元気で、自分が抱いた想いや感謝をまだ直接口にして伝えられることを、心の底から嬉しく思う。
普段忘れがちの、生まれた時からの”当然”、その大切さを思い出させてもらった。

宮沢りえ扮する母親とふたりの娘たちに血の繋がりがない点もよかった。
新たな家族の形というものを、ドラマ『カルテット』、或いはやや古くなるが米ドラマ『フルハウス』など、その在り方を提示する作品が多くなってきたように感じる。

決して血液のみが繋がりをもたらすものではないこと、そのことを自分の家族、この過ごしてきた日々を振り返り、改めて強く認識した。そしてそれをこの作品が肯定してくれたようで、励ましとあたたかさを感じた。

それは色に例えるなら情熱の赤、或いは湯を沸くだろうほどの熱い想い、やさしさに似た感情。
まず、話の軸が多すぎて纏まりを感じなかった。
主人公の末期がんだけでなく、娘のいじめや急に増えた次女の母親のくだりや、長女の真の母親の事実に加えて、主人公も実は捨てられた身だったみたいな、あからさまに問題を抱えてる人達を立て続けに描かれると(しかも一家族の中で)、さすがに冷める。

加えて娘に対する主人公の行動が独善的すぎて、ゆとり世代の自分には耐えられなかった。。笑
娘の実の母親の勤務先で蟹食べた後、いきなり実の母親にビンタ→娘を置き去りにして車で去る流れには戦慄した。
あんなのが自分の母ちゃんだったら絶対に嫌だ、、宮沢りえは元々あまり好きじゃなかったけど、今作の役のせいで益々嫌いになった。

そんなことを考えながら観てたら、ラストは主人公の遺体を燃やした湯に家族で浸かり、煙突からは赤い煙が上って暗転…
恐怖で泡吹きそうになりました。

これはヤバイ母親とその家族たちの新感覚ホラー映画です。
あまりにも強くて優しいお母ちゃんが余命宣告を受けてやり残したことをするため、自分がいなくなっても大丈夫なように奮闘するお話。

湯を沸かすほどの熱い愛でしかない。
伏線の回収がすごい。ピラミッドのシーンだけは見苦しい気がした。
お母ちゃんの愛の湯で温まるラストシーン好き
湯が凍るほどのサイコパス