湯を沸かすほどの熱い愛のネタバレレビュー・内容・結末 - 2ページ目

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿されたネタバレ・内容・結末

行きの飛行機の中で鑑賞。ガン宣告後からじわじわ涙が湧いて来たけど、ピラミッドとスフィンクスで耐えきれずに落涙。
気持よく感動できて、元気が出る映画でした!
ラストは私はとても好き。無茶だけどあの家族にとって1番幸せな方法だったと思う。

ものすごく良かった!

自然と周りの人を引き込んでいく
おかあちゃんの強さと優しさが
じんわりしみてくる。
あっさり銭湯復活するし、お父ちゃん帰ってくるしどーなんの?って思ったけど、子どもたちがおかあちゃんのために気張っていたり、オダギリジョーの不器用なりに宮沢りえを愛する姿が愛おしかった。

最後のきの帝まで最高だった〜〜
涙止まらなかった〜〜
素直にこんな人になりたいと思った。相当強くならないと無理なんだろうな。たくさんしてもらったってわかってるから、なんでもしてあげたいと思う、確かにそうかもしれない。

伏線もしっかりはっており、面白かった。


双葉が安澄をいじめに立ち向かわせたり、本当のお母さんと合わせるために力づくで連れて行こうとするシーンは凄く母の愛を感じた。

また、鮎子がお母さんに会いに行って連れ戻して、家でしゃぶしゃぶを食べるシーンは本当に双葉の愛の大きさを感じた。

また、どこにも行かず、何にもならず、フラフラして時間を持て余す拓海を見て、自分と真逆な相手に対しても、ハグをして目的を与えるシーンも双葉の愛を感じた。

安澄が本当のお母さんと出会うシーンでなぜ双葉が安澄に手話を習わせておいた意味をそこで初めて知ることができ、私も涙を流した。


双葉が入院している時に一浩の案でみんなでピラミッドをしながら双葉に向かって話すシーンは双葉がいかにみんなから愛されているかが凄く分かった。

また、泣きながら死にたくない、生きたいというセリフには胸が苦しくなった。

双葉の晩年の宮沢りえは痺れた。演技だと分かっているが本当に病人の最期のようで素晴らしかった。



お葬式のシーンではカラフルな花に囲まれ、家で火葬してみんなでお風呂入るシーンでやっとこのタイトルを本当の意味で理解できて、面白いなと思った。かつスッキリした。




双葉に出会った人みんなが双葉の愛に包まれていた。


素敵な映画でした。
久しぶりに面白い映画観れて大満足です。
母ちゃんて、強いよなあって思える作品。いじめられてる娘に対して、ひっぱたいて学校へ行け!なんて方法があってるとは思えないけど、それで立ち上がれた娘はえらい。やっぱりあなたは、強いよ。母ちゃんの子なんだね、そう思えました。

そして、なんで松坂桃李くんはちょい役であそこまで魅力を出せるのか。すきです。
最高。愛とは何かを実感させる映画。おかあちゃんのユーモアと深過ぎる愛も大好き。
絵の具の何色が好きか、お玉で殴る、手話がなぜか出来る、あゆこが銭湯の仕事をしなかったのを泣いて謝る、制服返してもらうシーンなど全てが印象的。素晴らしい。
昔ながらの銭湯っていいな。
子役さんたちグッジョブ。
全体的に良い作品だけど、お葬式した風呂場に入りたくはない。

今をときめくイケメン俳優に唾を吐く
人気のバンドマンの藁人形を作って釘を刺す
とにかく人気があるものが嫌い
右を向けと言われれば左を向く
ブルーハーツは好きでもそのファンが嫌い。なアタクシです。

絶賛の嵐を巻き起こした邦画
なんてのは、まったくもって格好の的

どこからだったかな、
あずみちゃんの奮闘?
死にたくないの科白?
ダメ夫の叫び?
なんといってもあゆこちゃん。
しゃぶしゃぶを前にしてのあの演技、
「これからは、一生懸命働きます、ので、この家にいたいです。でも、ママの事も好きでいて良いですか?」
殺す気か!泣き死ぬわ!
あそこからもう全肯定。

松坂桃李のたくみくん、同い年ということもあって悩みがリアルに来る。ちょい役かと思ったら名シーン。
最北端に行け。
駆け足気味のエピソードな気もするが、ああいう、パッと道を指し示してくれる女性というのが、確かにこの世にはいるし、わかるわ。タバコの吸い方と顔だけで道を失っている感を見せるのが好き。

手話ね、最高だね。顔面ドロドロなったわ。
でも、水族館であゆこちゃんが握ったふたばの左手が握りたくても少ししか握れないところが更に号泣。



脚本ぶっ飛びすぎ?うるせえ
ふたばは強引すぎる?うるせえ
オダギリジョーはダメ夫だからこそ許せるんだろうが!

圧倒的な力技に次ぐ力技。
有無を言わさない情熱。
その集約がラストシーン。
間違いなくギルティ、かつ頭おかしいけれど、納得せざるを得ないぐらいに脳みそを涙で溺れさせてからのアルペジオからのロックンロール、きのこ帝国、赤い煙。
最高。
病室で涙こらえながらめっちゃ泣くシーンむり。ほんとむり。泣く。

辛いことありすぎだしこんなん耐えれんし母ちゃんもあずみも強い。

みんなおでこ広くて可愛かった。
泣いたけどむちゃくちゃなかんじだった、泣いたけど

旦那の元妻が葬儀に参加するところとか
旦那の元妻と旦那が最後家族として一緒に銭湯にいるところとか
松坂桃李が偶然死ぬ前に参加してるところとか
最後興信所の人も親族としているところとか

人が死ぬ 生きたい 泣く ていうのが悲しくて泣いたけど、ストーリー展開の秀逸さとかはあまり感じなかった

ただ杉咲花には引き込まれちゃう