喜劇 愛妻物語の作品情報・感想・評価

「喜劇 愛妻物語」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

東京国際映画祭にて鑑賞。

ずっとクスクス笑い続けていたが(呆れたり、共感したり)、でも最後の泣き笑いのシーンの水川あさみさんの迫力溢れる演技に魂を抜かれて、唖然呆然。
そして虚脱。
涙が止まらない。

駄目な人間をずーっとえがいているのに、最後にグングン盛り上げて、感情一気にマックスに持ってきたのは監督の技か?役者さんの力か?

いずれにしても、あと何度も見たい。
そして見た後、誰かと話したい映画。
好きな映画です。
KAKI

KAKIの感想・評価

-
TIFF2019_11

奥さん来たらほんとにちっちゃくなっちゃう監督がかわいかった。
TIFF2019_3

稀な意見だと思いますが、
結婚生活にとても憧れました。
ABC

ABCの感想・評価

5.0
東京国際映画祭コンペティション部門脚本賞受賞

#第32回東京国際映画祭
Monny

Monnyの感想・評価

3.6
日常の話だからずっと観てても苦じゃない
穏やかなわけではないけどゆったりと時間が流れてる感じがして心地よかった

そしてキャスティングが最高です!
こういうだらしないけど憎めなくて、でも愛らしいわけじゃない嫌味な役を濱田岳が演じたら天下一品
夏帆もめっちゃかわいい〜
むく

むくの感想・評価

3.7
セックスレスの夫婦の話。夫はずっと頭の中で妻とのセックスしか考えてないんだけど、別にそこまで不快な感じはしなかったんだよね。総じて愛を感じる作品。

なにより配役が素晴らしい。濱田岳のあの憎めない感じも、怒鳴り散らしまくる水川あさみも最高だった。

Q&Aではモデルとなった監督の奥様も登壇されたんだけど、奥様強すぎておもしろかった。
ぴよ

ぴよの感想・評価

3.7
TIFF鑑賞。
足立さんの百円の恋脚本に期待しての
監督二作品目?だっけ。
喜劇 愛妻物語。

罵倒する水川あさみと
罵倒される中わずかに抵抗する濱田岳の
配役がぴったりで気持ちよかった。

あんなに笑うかってくらい。
Gaumont

Gaumontの感想・評価

1.5
「百円の恋」が全くダメだったので期待薄で鑑賞。予想とは違ったもののこちらも苦手だなぁ。
夫婦を描いてるのはわかりますが、子ども、それも目の前にいる子どもを無視しての怒鳴り合いじゃなく一方的な罵詈罵声。常人には思えず人格障害者だろうあれは。いっそ妻を精神的DV親って設定しとけばリアリティあるのに。
旦那の方は常にSEX考えてるニンフォマニア? まぁ30代男性ならあんなもん(笑
途中のうどん娘、松山の泥酔女性のエピソードなんか嫌悪不快で笑えない。

唯一救いは水川あさみさん。 
一方的にさながら人格障害者のように夫を罵倒し続けながらも夫が求めたくなる女性になってて凄い。 すいません容姿端麗とは思ってましたがこんなにも懐広い演技上手とは知りませんでした。

しかしTIFFコンペは本作含め邦画2本。
共にコンペにふさわしいか???
小夜子

小夜子の感想・評価

4.3
今をときめく新津ちせちゃんが出演してますが娘は完全に脇役で、夫婦の丁々発止の痴話喧嘩にフォーカスしているのが潔い!

水川あさみの怒りっぷり、濱田岳の下心の滲み出るニヤケ顔が本当に痛快で、笑って泣ける人情劇に拍手です
Cat

Catの感想・評価

-
二人の掛け合いが生々しくてリアルでいい。
いるいる、こんな人。というか自分は夫妻のどちらにも身に覚えがあったよ。笑
たぶん観た人、この家庭に一度は自分と同じように共感する瞬間があったはず。

人生ままならないって泣きたくなっても、また一緒に歩める人がいればどうにかなるものなのかもな~と元気もらいました。

シュールな笑いも大好物な自分はニタニタ笑いました。笑