湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価・動画配信

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

0

0の感想・評価

3.8
悲しみや苦しみ抱え歩くのに鞭で打たれて杖さへも無し。

辛すぎる幼き心見上げるは富士の山よりたかき母親。

生きざまが灯火照らす胸のうち月無き夜も怖れる術無し。

生きたいと願うる心風になりあなたの髪にそっと吹き抜け。

空高く煙たなびく青空にいつかまたねと君の声する。
amemania

amemaniaの感想・評価

3.9
2度は観ない気がするけど、いくつも泣けた。
母性の凄さと、宮沢りえのスゴさ。
重くなりがちなテーマにもかかわらず、暗くならずに、惹きつけられる。愛に溢れた映画。なるほど、湯を沸かすほどの熱い愛だなぁっていう最後。素晴らしい!ヒッチハイカーが子供にラブホの話をしている段で、母親が一緒に笑っているシーンは不自然だし、必要?
泣かそうと映画はあまり好きではないけれど、感動して泣いてしまった。器の大きな母親と、それに応えようとしたり、支えようとする周囲のあたたかさにジーンとします。
akiko

akikoの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

役者さんはみんなとても素敵だったけど、苦手な描写が多すぎた。
母親を神格化してるわりに双葉に1個も共感できないし、自分の母親だったらしんどいだろうなと思った。いじめのくだりも胸糞悪いしあそこで脱いだのを勇気出したって解釈にされるのは違和感。鮎子ちゃんにも子供にさせる事じゃないし言わせる言葉じゃないなあって台詞があったり、たくみくん必要か?と思ったり。鮎子ここにありは引いた。双葉の母としての強さや素晴らしさを描くために他の母親(鮎子の母、安澄の母、双葉の母)を下げて比較するのもちょっと。安澄とは血が繋がってないところも詰め込みすぎだし、双葉も死期が迫っているとはいえ押しつけがすごい。ピラミッドは爆笑した。「まゆちゃんはスフィンクス!」
一昔前の感性。本来ベタなのも古くさいのも嫌いじゃないけどそれの苦手なところだけ凝縮されててしんどかった。キャッチーなタイトルに惹かれたけど残念。ラストはホラー。
ま

まの感想・評価

4.8
めちゃくちゃ泣けた。すんごい好きな映画になった。双葉の強さすごい。女として母として本当に尊敬する。

このレビューはネタバレを含みます

泣いたよ。母ちゃん死ぬんだから。
泣くだろ。皆。母ちゃん死んだら悲しいんだから。
キヨ

キヨの感想・評価

4.5

泣いた。
めちゃくちゃ泣いた。
もうずっと泣いた。
目頭沸いたわ!!
レイ

レイの感想・評価

4.7
ずっと気になってて見てみた

すんごい泣いた
最後に泣くとかじゃなくて、
途中途中からめっちゃ泣ける


すごく複雑な家族関係絡みだった

血が繋がっていないのに
愛情たっぷり育ててたり

血が繋がってるのに
自分の子を忘れていたり、、、

はかなくてもどかしくて
画面から、悲しみとか辛さが
嫌なくらいに分かってしまった

花ちゃんの演技すごいこれ、、
花ちゃんのシーンでめっちゃ泣くし

なんと言っても
双葉と安澄の親子が良いのよ

また見たら泣くから
それが辛いからもう見れないかなあ
emu

emuの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

杉咲花ちゃんを筆頭に役者さんたちの演技は素晴らしいんですが、主人公の熱血母ちゃん感にぽかーんとなって共感はできず。

いじめられて辛いのにむりやり学校に行かせたり、求めてもないのにむりやり生みの親に会わせたり。。。結構不快。しかもそれが結果としていい方向にいって美談化される感じが特にムリでした。

自分が生みの親に会ってもらえなかった時は、親の家の窓ガラスに置物投げたシーンは結構好きかも。
>|