ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪えのネタバレレビュー・内容・結末

「ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪え」に投稿されたネタバレ・内容・結末

次元がルパンに言った
「年に5分くらいは真面目になれ!」
に思わず、たった5分で許せる次元って、
優しいなっ!!と。

五右衛門は任侠映画を見て、
その影響から
「ご一緒します!」と、助けてくれるし、
ルパン一世が子孫のために残したお宝も
アレはあれで良かったと思いました。

ラストの脱出シーン、
まさか飛ぶとは!
さすがルパン!と思いました。
ストーリーがやや散漫、ルパン一味の活躍やその見せ方にテンションが上がるようなかっこ良さが足りず、作画もやや不安定。ルパンと次元の会話や、ルパンととっつぁんの入れ替わり、新宿で映画観賞する五ェ門など面白い部分はたくさんあるけど全体的にはいまいち。
墜落していくルパン一味(が載っている塔)にずっとエンドロールが流れているというのがシュールで好き。
ヒロインが印象に残る作品。戸田恵子さんの演技が上手かったというのもあるんだけど、同時にヒロインを通してルパンと銭形の掘り下げが上手くいったのが大きい。後半はシリーズ屈指の見応えある内容だと思う。

いっそ銭形とヒロインを結婚させて、レギュラーにしてしまえと思った。 
とっつぁんの給料18万かよ…

ルパンの先祖の話面白かったわ。
はじまりからコミカルで風刺に富んでておもしろい!
ルパンがとっつぁんのフリしてルパンについて話すシーンとか、「いい娘じゃないの」とか、よかった〜〜!
TVSPのなかで、個人的には大当たり!
始めから終わりまでいい意味で軽くておもしろかったとおもう。
五右衛門がほんとかっこよくないのが良い。
任侠映画に影響受け過ぎなのとか仮面ライダーごっこするチビッ子と似た様なもんだし
仁義のセリフ回しどんだけ気に入ったんだよ笑

次元の狙撃の癖ってセリフでだけどこの作品で出てくるんやね。

銭型に変装するルパンと、ルパンに変装させられる誰かってThe ルパンって感じだし
1世、2世について語られて、フランスらしいナポレオンを題材にしてるところとかも含めて
この作品は王道な気がする。
ヘミングウェイペーパーやバイバイリバティーよりも好き。
テレビシリーズ第3弾。
ルパン帝国の財宝を巡る国家とルパンの奮闘劇。

ストーリーや絵、動きはコミカルでシリアスな場面がほとんどない。これはこれで観ている分には楽しいは楽しい…物足りなさはあるけど。
ルパンは始終女を口説いていて、不二子にはなんだか素っ気ないのが珍しい。
ルパンと銭形が入れ替わるのも面白かった。

シリアスさがないので物足りなさはあるけれど、コメディとして観るとおもしろい。
山田さんのルパンがお茶目でかわいい。

(15/5/15 レンタル)

あなたにおすすめの記事