線は、僕を描くの作品情報・感想・評価・動画配信

線は、僕を描く2022年製作の映画)

上映日:2022年10月21日

製作国:

上映時間:106分

3.8

あらすじ

みんなの反応
  • 湖山先生、湖峰先生の水墨画が素晴らしい
  • 音楽が良く、泣ける
  • 水墨画を通して自分と向き合う主人公に感動
  • 水墨画の繊細な見せ方と音楽が素晴らしい
  • 水墨画展に行きたくなる作品
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『線は、僕を描く』に投稿された感想・評価

マヌー

マヌーの感想・評価

3.6
とにかく横浜流星、清原果耶の並びが美しい!映画は感動の押し付けがなくてそこが良かったです。又最後の映画のタイトルの出し方が素敵でした✨原作がメフィスト賞受賞作というのが意外!

心地よい憂い。

自分の為に描く水墨画。
横浜流星の優しく棘のない演技から、まるで布に染み込んだ墨のように哀しみがじんわりと滲んで…

黒と白で表現する世界に多く感情という色が溢れていて好きだった。…

>>続きを読む
ゆき

ゆきの感想・評価

2.8
原作を読んでいたので、ネトフリで見つけて期待と不安を持ちつつ観ました。

主人公のイメージは近いけれど、空っぽになっていた心が少しずつ癒されていく描写がどうしても足りない気がした。

全体的に静かで派手さはないけど、映像が美しく観ていて気持ちの良い映画で好き。
悲しいことも描かれているけど、嫌な人が全く出てこないというのも良い所かな。

独特な芸術品より、シンプルに水墨画は誰にで…

>>続きを読む
ちえ

ちえの感想・評価

4.5

何の前情報もなく、水墨画がテーマでおもしろいの?と思いながら鑑賞。いい意味で期待を裏切られました。
とても繊細で力強い水墨画に興味をそそられました。
江口洋介が描くシーンがとても良かった‼︎カッコい…

>>続きを読む
すごくよかった
水墨画って奥深い
あとbgmが素晴らしいね
テディ

テディの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

変えることのできない自然に寄り添う。
線を描く、線は自身を描き出す。

横浜流星さんが演じる霜介と
清原果耶さんが演じる千瑛が、
水墨画を通して自らを見つめ、受け入れていく過程が描かれています。

>>続きを読む
risako

risakoの感想・評価

3.8

ちはやふるの監督なのか!!

水墨画の世界が魅力的、そしてその世界を通して自分を探していく主演二人がよかった

最初の湖山先生の揮毫会の音楽、うわめちゃくちゃ好き、これってもしかして、、、て調べたら…

>>続きを読む

とにかく水墨画執筆のシーンが素晴らしい。
 ピアノとバイオリンを基調としたBGMと筆が思いのままに力強く動く躍動感が非常にマッチしている。そこにキャスト陣の揺るがない決意ある美しい表情。まるでアクシ…

>>続きを読む
yochi

yochiの感想・評価

4.5

水墨画というあまり馴染みのないテーマにもかかわらず、繊細さや丁寧さが魅力的に描かれていた。
分かりやすい恋愛やスポ根展開になっていないのも個人的に好き。

横浜流星はキャリアを重ねているにもかかわら…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事