ハロウィンの作品情報・感想・評価

ハロウィン1978年製作の映画)

HALLOWEEN

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

3.5

「ハロウィン」に投稿された感想・評価

リリー

リリーの感想・評価

3.0
やはりオリジナル版も観ねば!という事で観たのですが…。

ローリーが子守のアルバイトに行く時の服装がデッドバイデイライトの中のローリーそのまま!
ここからローリーがやって来たんだと感動しました。

ストーリーとしてはリメイク版を観ているのでマイケルの目的はわかりますが、初見だと困惑しそうですね。
赤ちゃんローリー出て来ないし、なぜローリーに執着するのかこれだとわからない。
続編ありきの映画だったのかな。

トミーが学校で数人の男の子達にブギーマンが来るぞといじめられていた時、走り去った男の子1人を受け止めたマイケルにちょっとキュンとしました(笑)
そこは殺さないのね。
来月にはハロウィーンとのことで。

初っぱなからやってくれるね幼いマイケル。

殺し方には派手さはないもののストーカー、神出鬼没、不死身という怖さがある。じわじわと恐怖心を募るピアノの音楽が雰囲気出す。
2018 29本目
古典的なホラー映画。
これがもとなってホラー映画が作られたんやなって感慨深くなる映画。
暗闇から顔を出すマイケルマイヤーズや音楽がとにかく恐怖を煽る。昔のホラーの王道ってかんじ。
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.6
新旧見比べ大会。こちらはさすが超古典名作、いろんなエッセンスが素敵。何よりも音楽が素敵。ただ、意外なほどドキドキ感ハラハラ感が感じられなかったのが残念だった。ただ、のちに影響を与えたのはわかる気がする。うん。
大半が気味の悪いストーキングシーン。
殺人鬼の行動が微妙に不明確なのが残念。意味があるのか、とことん無差別なのかのどちらかに振り切って欲しかった。
ルビ

ルビの感想・評価

3.5
噂通りのストーカーっぷりのマイケル。
じっ、と見つめる姿をしつこいくらいに色んなバージョンで見られます。

マイケルの担当医はマイケルの危険さを訴えますが、それより気になるのは若者達の目に余る行動。
マイケルに気に入られるヒロイン、ローリー以外はベビーシッターをサボりまくり恋人と人の家でガッツリ本番、飲酒、煙草とやりたい放題。

ローリーは真面目でマイケルに対しても勇敢に立ち向かい、子供を守ろうと奮闘していて可愛かった。

得体の知れない不気味な人間が自分の家を見ているのを発見するという事が一番怖かった所。
遊星からの物体Xでお馴染みジョン・カーペンター監督作品。

白いマスクの巨体がガン見してくる!

あの「13日の金曜日」や「エルム街の悪夢」のベースのなった映画。

ピアノのBGMがより不安にさせてくる!((((;゚Д゚)))))))

カーペンター監督は監督、脚本だけでなく
作曲までしてるそうです。凄いw

この白マスクことマイケル・マイヤーズは
Dead by Daylight というゲームにキャラクターとして出てきて初めてこの映画の事知りました。
なすび

なすびの感想・評価

5.0
結局ブギーマンは何がしたかったのか何のためにあんなことをしたのかなぜ死なないのか謎は謎のままであった……なかなかに後味悪いので映画館出てからの夜道がゾクゾクするね……🎃

敵が見えないのも怖いけど見えてるけど自分にしか見えなくてずっと黙ってこっち見てるのも超怖いよな……早くコロシテ!って気分になった…コワー
ブギーマンの見た目やっぱ怖いよね、ストレンジャーシングスで「ワッ!」て出てきた時めちゃ怖かったもん。監督2人が対談の時「ハロウィン見た?あれ面白いから見とけよ」って子役たちに言ってて私も見た。

最初🎃から始まるのかっこいいよな、あそこすごい最高。古さを感じなさすぎてビビる。

音楽めちゃめちゃ怖くて最高「ビヨーン」みたいな音はストレンジャーシングスにも使われてたし「キャンキャン」みたいな音は鉄板ホラー(伝われ…!)

アメリカのティーンは親がいなくなるとすーぐエッチなことばっか考えてて、ほんとそういうとこだぞ!お前ら!ほんとに!😡少しはわきまえなさい!(謎の怒り)

殺人鬼視点の臨場感。

なかなか行動を起こさず、ただひたすらに観察を続けるマイケル・マイヤーズ。観客も彼の視点に立って、獲物を見聞。
やや退屈に思える中盤までだが、地道に恐怖の醸成していき、これが終盤に生きてくる。

ジョン・カーペンターなので、やはり音楽が素晴らしい。
>|