俳優 亀岡拓次の作品情報・感想・評価・動画配信 - 3ページ目

「俳優 亀岡拓次」に投稿された感想・評価

亀岡が過ごす淡々とした日々の生活の話なんだけど、(役者という職業からか)時々幻想的な風景が差し込み、人が良く飄々とした亀岡もふと情熱や悲哀を見せる。その塩梅が非常に絶妙で、無駄にドラマチックにするよりも、感情の流れが印象に残る映画だった。

…というより喜びもがっかりも、映画を見ている時に感じるそれというよりは、日常生活で感じる等身大のそれだった、ということかもしれない。

最良の例ではないかもしれないけど、邦画でもっとこういう映画があればいいのに(多分沢山ある)。
EBi

EBiの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

なんか舞台を観てるような気持ちになった。the 安田顕ワールド。さりげなく麻生久美子や三田佳子の演技も、派手さはないけど、凄かったなぁ。
人との距離感がなんともいえない。
哀愁を感じさせる作品でした。
全然ちゃんと見てなかったけど、全然ちゃんと見なくてもいい。ごめん。
おすず

おすずの感想・評価

3.5
見たきっかけは、出演している俳優さんが好きだったから。だらだらしているシーンが多かったかなって思った。
麻生久美子さんがとても綺麗だった。亀岡さんの恋かなって欲しかった。
ゆな

ゆなの感想・評価

-
現実と虚構を行き来する安田さんの淡々とした演技が良かった。
麻生久美子さんがとてもきれい。
お酒の飲み方も女から見てすごく魅力的。
Q

Qの感想・評価

4.0
安田顕。
安田顕。
それはそれは安田顕。
鼻から牛乳出してた時のまま。
亀岡じゃなく安田の話なんじゃないかと錯覚しちゃう。
俳優亀岡拓次の途切れない脇役仕事と地味な日常生活。

普段はぬぼーっとしているが
舞台では人が変わったように情熱的な演技を見せたり
いろんな安田顕がみられてファンにはお得な映画。

麻生久美子は寅さん映画のマドンナのような可愛らしさ。

三田佳子はやっぱりすごい迫力...

このシュールさは嫌いじゃないが
メリハリがないのですこし長く感じてしまった。
akayuki

akayukiの感想・評価

3.4
安田顕さん演じる脇役俳優、亀岡拓次の日常が淡々と描かれた作品。
夢なのか現実なのか、そんなカットを織り交ぜ独特な作りになっているのが印象的。
海外監督のオーディションで亀岡が一人芝居をするシーンが大好きです。
舞台は不向きなはずの亀岡が舞台セットのような場所で生き生きと動き回って輝いている。
純粋に芝居が好きな気持ちが伝わり、脇役俳優を続けている理由が表れています。
舞台俳優でもある安田さんの魅力もここに溢れてるんですよ。

正直、あまり展開に起伏がない日常映画なので120分は長すぎるし退屈。
でも安田顕さん好きな方だけには全力でオススメする100%安田顕な作品。
もう本人そのものに見えてくるぐらい良い具合に力を抜いて演じています。
恋のお相手役は麻生久美子さん。
居酒屋でこんなに自然体で接してくれる美人女将に出会ったらそりゃ好きになっちゃうでしょう。
実は原作小説で亀岡のモデルの一人だった宇野祥平さんが亀岡の俳優仲間の宇野役で出ていたり。
脇役俳優の生活に興味がある方もゆったり見て楽しんでほしい。

本日、安田さんの誕生日ということで再鑑賞。
誕生日おめでとうございます!
だおり

だおりの感想・評価

3.4
ヤスケンがすごい。今こんなにテレビの露出が増えるのは必然と言える。