グレート・エスケイプ 大脱走1944の作品情報・感想・評価

「グレート・エスケイプ 大脱走1944」に投稿された感想・評価

HIDESHI

HIDESHIの感想・評価

-
ナチス占領地からの脱出、不可能に挑んだ不屈の男たち。
Yuka

Yukaの感想・評価

2.0
邦題が良くない。これに尽きる。
地味でありがちな内容だけど作りは丁寧。
時はノルマンディー上陸作戦後の1944年秋。ナチスによって野戦病院を襲撃されて捕虜になったアメリカ軍兵士と女性看護兵の物語。
主人公がどうやってノルマンディー上陸作戦を生き延びたのか疑問に思わないではいられないほどのヘタレで、やっとまともに戦えるようになるのはマトモなアメリカ兵が全員死んで迎えたクライマックス。その間、グダグダと軟弱者ぶりを発揮してくれるんだから、正直ツラい。そんなグダグダ君に同調する看護師といい仲にはなるんだから、ハッキリ云って超ツラい。戦争の虚しさを描きたかったらしいのはよく判るんだけど、改めて舞台設定をコノ時代のコノ場所に持ってくる必要はナイだろう。

ソレより何より、ナチスは捕虜の扱いがなってなかったというコトを強調したいなら、男は殺して女をレイプが正解だと思うんだがどうだろう。
相手がナチスならどんなアホな扱いしてもオッケー、ってソレはさすがにないと思うぞ。
poko1314

poko1314の感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

タイトルがねぇ…
あの名作大脱走のリメイクとかインスパイアされたと思ったけど(。・_・?)ハテ?
ちゃちいけど
まぁ楽しめた。
ドイツ兵が、デブのオッサンばっかw
風来坊

風来坊の感想・評価

3.0
第二次世界大戦下のフランスを舞台に、アメリカ兵や従軍看護師らが敵中の中を突破して決死の脱出を試みるさまを描いた戦争ドラマ。

B級戦争映画かと思いきや、真面目に作られた映画でした。
アクションよりも一人の青年兵士の成長に主に描いた人間ドラマで、全体的に地味ではありますが極限状態の中での人間模様など見応えはありました。

アクションシーンはスピード感が無いのが残念です。
ドラマ部分は丁寧に演出されていて良いのですが、少し丁寧過ぎてテンポが悪いような気もします。

小道具のお守りの演出は伏線にもなっていて個人的には好きです。
大作戦争映画に比べるとこじんまりとしていましたが、様々な感情が溢れるなか仲間と苦難を乗り越えていくさまは良かったです。
ぶん

ぶんの感想・評価

3.2
若いダメダメ兵士ルイスのチョットした仏ごころのためらいにイラッとしたけど、本当の優秀な兵士は慈悲ある兵士…そんな大尉の言葉で成長したルイスは後半見事に仲間を助けた!こんな人間ドラマ的な映画とは知らず思わずジーンどきました。最後敵兵の車で部隊に戻った時は、同じ若いアメリカ兵の持つ銃口に慈悲のためらいがあったからなのでしょうか、そのお陰で彼らは助かった様に思えた。
マスン

マスンの感想・評価

3.0
1944年軍の野戦病院がナチの爆撃を受け、大尉や女軍医他五名が捕虜となってしまう。
一度はアメリカパトロール部隊に助けられるが、仲間が一人づつやられては、再び捕虜となってしまう。

タイトルは、グレート・エスケイプとあったので期待したけど、俳優は知らない顔ぶ
れだったせいか、ハラハラしたものはなかったけど、
ナチの役をしていたのが、上手く思えた。
捕虜として耐えがたきを、隙を見て応戦していく。
アサコ

アサコの感想・評価

3.5
戦場を舞台にした人間ドラマメインの映画という印象です。
ストーリー自体は特に凝ったものでもないかな、と思いました。
戦闘シーンも特に目を引くものはありませんでした。
ただ俳優陣の皆さんがいい味を出していたと思います。
女優さんがお2人とも綺麗でしたので観ていて退屈しませんでした。