フライボーイズの作品情報・感想・評価

「フライボーイズ」に投稿された感想・評価

第一次世界大戦時に実在したフランスのラファイエット隊のパイロットたちを描いた映画。部隊は実際に存在してたけど、ノンフィクションではないので注意。

映画自体はかなり面白かった。終始戦ってるし、飛行船も出てくるし、好きな人は退屈しないと思う。ただ映画のラストには納得いってなくて、この頃はまだ騎士道精神というものが残ってたと言われていて、敵のエースパイロットもとどめは刺さないわけだけど、ラストの主人公の行動はいかがなものかと。
飛行機が好きな人は是非。
jyave

jyaveの感想・評価

3.6
原題:FLYBOYS
日本劇場公開日:2007/11/17
キャッチコピー:
俺は飛ぶ。信じるものの為にー。
Uknow

Uknowの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

 アメリカのカウボーイが海を渡ってフランスで戦闘機乗りに。戦闘とラブロマンス、友情。

勝てとは言わない
己の良心に従って勇敢に戦ってくれ

飛行機なんて数年前までなかったのに
今は数千機が殺しあってる


・ジャンレノがシュッとしてる
・カウボーイがフライボーイに
・制服がおしゃれ。グリーアルジルの細身に一列に並んだ金ボタン、襟には比翼の金刺繍、マロン色のなめし皮。
・シャトー( 王族や貴族の住居)がおしゃれ。
・マスコットライオンウイスキーちゃん🦁<がおー
 ウイスキーちゃん見るために見てられる
・ビスチェ姿の美女たちに囲まれて目覚める。目の前には不安げな美女。ヌゥー。
 ルシエンヌ美しい人よ、そのブリュネットの髪は柔らかにうねりその瞳は碧く輝く。
・太陽を背負い降下してくる赤い軍団
・地上の兵を打った詫びに敵を助ける撃墜王
・戦場を駆け抜けるシーンはハクソーリッジに通じるハラハラがありますな
・ドイツの飛行船を見るとヘルシングを思い出してしまう
・見つけられなかったっていうのが実話ならではよなあ

_
テモテ書4章7節
俗悪で愚にもつかぬ空想話を避けなさい。むしろ、敬虔のために自分を鍛錬しなさい。
もっと評価されてほしい作品。WWⅠの空戦物映画でレッドバロンやブルーマックスと同じくらいよく名前が出る作品です。
フライボーイズが一番面白いと思います。

主人公以外のキャラが立ってるのも魅力的で訓練シーンあたりから既に面白い。空戦シーンもCGはレッドバロンに比べるとややチープだけど迫力満点だと思います。
ラストがしっくりこないってこと以外は完璧でした!
CGではなんだかなぁ。

想像力に欠けているのか、
リサーチ不足なのか、
はたまたシラを切っただけなのか、
複葉機の飛び方がアレ。
実話が基になってる映画

ジャン・レノさんがでてて
( ˙o˙ )お!っとなった
ルシエンヌ役の女優さんがすごく綺麗。
頑張って英語を勉強するとことか!
Σ>―(〃°ω°〃)♡→可愛い!

長いんだけど軽すぎて
時間があっという間だったかな。
もう少し深く描いて欲しかったかも。
最後にみんながどうなったかとか
教えてくれるとこ好き。
個人的に戦争映画は観た後に心が重くなるからあんまり観ないけど、これは今まで観た戦争映画の中では一番良かった。本当にたくさんのドラマがあるから、全然飽きないし、どれもある程度リアリテイあって感情移入できた。やっぱジェームズ・フランコ最高やな。あとジャン・レノも存在感がすごい!
大空に憧れ、駆け抜けた若者たちの姿に感動。
人類にとって初めての航空戦が行われたWW1。それに憧れた若者たちが戦争という現実により、日々当たり前のように仲間を失っていくシーンは辛い。
空中戦シーンはリアルなCGにより迫力あって良かったんだが、完全CGに頼っているため、もっと本物の飛行機を使って欲しかった。ドイツ軍が完全に悪者感出ていたからそこは平等に描いて欲しかった。
malco

malcoの感想・評価

3.5
実話を元にしてる、戦争で戦う飛行隊の話。
テンポよくて、悲しすぎずラブストーリーもあり、バランスが良かったと思う。
観終わった後の後味はいいと感じた。


ヒロインの子が凄くかわいい!
エマ・ワトソンかと思った!
主人公かっこよい。
英語とフランス語でたどたどしく会話するのがかわいすぎる。
ええカップルや。
HIDE

HIDEの感想・評価

4.3
個人的にかなり好みの作品。
紅の豚にリンクするところもありかなり高まりました。
戦闘機だし、戦争のお話ですが、なんとも言えない郷愁感とロマンを感じました。
映画館で観たかったなー。
>|