パーソナル・ショッパーの作品情報・感想・評価

パーソナル・ショッパー2016年製作の映画)

Personal Shopper

上映日:2017年05月12日

製作国:

上映時間:105分

3.4

あらすじ

忙しいセレブに代わり服やアクセサリーを買い付ける“パーソナル・ショッパー”としてパリで働くモウリーンは、数カ月前に最愛の双子の兄を亡くし、悲しみから立ち直れずにいた。なんとか前を向き歩いていこうとしているモウリーンに、ある日、携帯に奇妙なメッセージが届き始め、不可解な出来事が次々と起こる―  果たして、このメッセージは誰からの物なのか? そして、何を意味するのか?

「パーソナル・ショッパー」に投稿された感想・評価

iamwhatiam

iamwhatiamの感想・評価

2.8
少し残念…。
衣装や雰囲気は最高‼︎‼︎
しかし内容が…。
落ちもよくわからない。
なんだかスッキリしない、よくわからない映画だった。
▓

▓の感想・評価

2.0
ダサかったけど、ラストでまぁいいやとなった
spacegomi

spacegomiの感想・評価

4.2
スマホのメッセンジャーがサスペンスの小道具としてしっかり機能しているし、乗り物による移動を繰り返すことで無国籍さが際立つ。こうした現代性を取り入れようという意識は前作にも見られたけれどもさらに洗練されてきた印象。服を着るという禁忌を侵す瞬間は、これまた見事なヌードよりもずっと官能的。ひとりファッションショーの快楽に溺れるクリステンにやられる。煙やカーテンによる細部の充実ぶり。余計な謎解きなどばっさり切り捨ててシンプルな作りなのも好感が持てる。
最初のシーンを観て、ただのホラーやったら暴れるぞコラッと思いましたけどそんな事はなく、先ずはそこは良かった
設定がてんこ盛り過ぎな印象やった それを全て活かせてないというかなんというか 自分が理解出来なかったからこう思うのか
でも、何回か観てこの設定を自分で消化していくとまた自分の中で評価は変わると思う パンフも買ったし予習してまた観たい 最後まで観て死んだ兄ちゃんをどう捉えるか大事かなと思った
というかクリステンがまんまクリステンで笑った
Lois

Loisの感想・評価

3.5
Difficult story...
Spiritual
Occult オカルト
びっくりした
ファッションが推されてたような気がするし、見てみたらスピリチュアルな話だったのだけど、わたしは執着を描いた作品のように思えた。目の前にないモノへの執着。雇い主はたまに顔合わせるが基本兄も彼氏もみんな彼女の前にいない。意外な展開もありで、私はかなり楽しんだ
Takebuku

Takebukuの感想・評価

5.0
思えばネットのテキストでメッセージを交換するのも、あの世とやりとりするのも、どこか似ているかも。
送られてくるメッセージの向こうには、本当は誰がいるのか。
主人公は、誰かが身につけるものを買い揃える女性。確かに私たちは、ほかのどこかの誰かのために実は生きているような、あやふやな存在なのかも。それはまるで、ゴーストのようなものかも。
Yoshi

Yoshiの感想・評価

-
2017/05/14 TOHOシネマズ
サスペンスと書いてあるから見に行ったのにSFホラーだった。
何が伝えたいのか全くわからない。
>|