パーソナル・ショッパー(2016年製作の映画)

Personal Shopper

上映日:2017年05月12日

製作国:
  • フランス
  • / 上映時間:105分
    監督
    オリヴィエ・アサイヤス
    脚本
    オリヴィエ・アサイヤス
    キャスト
    クリステン・スチュワート
    ラース・アイディンガー
    シグリッド・ブアジズ
    アンデルシュ・ダニエルセン・リー
    ノラ・フォン・ヴァルトシュテッテン
    あらすじ
    忙しいセレブに代わり服やアクセサリーを買い付ける“パーソナル・ショッパー”としてパリで働くモウリーンは、数カ月前に最愛の双子の兄を亡くし、悲しみから立ち直れずにいた。なんとか前を向き歩いていこうとしているモウリーンに、ある日、携帯に奇妙なメッセージが届き始め、不可解な出来事が次々と起こる―  果たして、このメッセージは誰からの物なのか? そして、何を意味するのか?

    「パーソナル・ショッパー」に投稿された感想・レビュー

    an
    anの感想・レビュー
    5時間
    4.0
    ここ数年のアサイヤス作品の中でもずば抜けて挑戦的な作品では。「ヒッチコック風の結末」との意見はわかるようなわからないような……ともあれ何らかの刺激と混乱はある。何をしても何を着ても様になるクリステンに終始釘付け。パスポートやSIMカード、何を口にくわえても様になる。スウェット姿がよかった。
    fin
    finの感想・レビュー
    6時間
    4.3
    兄弟愛
    Showta
    Showtaの感想・レビュー
    9時間
    3.3
    まず、これから観る人へ。あらすじ観ないと、なんの話か本当にわかりません(笑)ミステリーなのか、ホラーなのか、はたまたセクシーなのか。個人的には、重要なメールでのやり取りのシーンが、いかんせん画代わりしないので、非常に退屈でした。
    shochan
    shochanの感想・レビュー
    12時間
    3.8
    2017年51本目の劇場鑑賞。
    忙しいセレブに代わり、
    洋服やアクセサリーを買い付ける“パーソナル・ショッパー”の女性を主人公に、
    兄を亡くしたばかりの深い喪失感の中で、
    不可思議な出来事に直面していくヒロインの揺れる心模様を大胆かつミステリアスな筆致で描き出す。
    あまり聞きなれないタイトルの「パーソナル・ショッパー」は、
    個々の顧客の趣向や目的、
    予算に応じ顧客に代わって買い物をする仕事。
    買い物代行業というだけでなく、
    スタイリスト的な側面もあり、
    ファッションセンスが求められる。
    映画では仕事で忙しいセレブの為に、
    ドレスやアクセサリーを買い付け自宅まで届ける役目をしてます。
    本作では新しいファッションの世界が垣間見ることができました。
    スチュワート演じるモウリーンは「パーソナル・ショッパー」だけでなく、
    「霊媒師」でもあります。
    モウリーンには双子の兄ルイスがいてどちらかが先に死んだら、
    あちらの世界から何らかのサインを送るという約束をしていたとのことで
    ルイスの霊的交感を待ってます。
    本作では超常現象が描かれてますが、
    エクトプラズム現象、
    ラップ現象、
    蛇口から水が勝手に出る、
    コップがフワフワと浮いてるなど。
    一番驚いたのは、
    いきなりクリステン・スチュワートが上半身裸で横たわっているシーン。
    本作ではヌード姿も披露していますがエロくはありません。
    シャネルが衣装提供をし、
    カルティエなど大手ブランドショップも登場します。
    スチュワートがセレブの服を着るシーンがたくさん出てくるので必見です。
    クリステン・スチュワートの裸体が見れるので評価は高めです。
    ふしみあい
    ふしみあいの感想・レビュー
    16時間
    3.7
    ものすごく変な映画だった。
    ネオンデーモン的な、ファッション業界の闇に囚われたクリステン・スチュワートの変貌を見せつける映画かと思いきや!!!
    サスペンスあり、ミステリーあり、ホラーありのごった煮映画だった!!
    雰囲気はダゲレオタイプの女に似ている。

    ホラー成分が全体を通して多め。70%ぐらいを占めている。普通にゴースト描写もあるし、心臓がドキドキしてしまった。
    また当たり前だけどずっとクリステン・スチュワートが綺麗、可愛い。
    ちょっとボーイッシュな髪型と服装がめちゃ似合う。
    カフェソサエティの時とはまた雰囲気が変わって、こっちの方が庶民的な感じ。でもシャツとかセーターの着こなしが可愛かったなあ。

    思っていた映画といい意味で違うくて、ずっと画面から目が離せなかった。最後の最後に観客を突き放すあのセリフにもあっけにとられたし、最後劇場が明るくなって出ていくお客さん、みんな眉間にしわ寄ってて笑った。

    なぜこの映画を撮ろうと思ったのか、そしてなぜこの内容でこのタイトルなのか、逆に興味が湧く。突き抜けた面白さはないけど、少しカルトの匂いがして、私は好きだった。

    そもそも映画の冒頭からして、アレ、みる映画間違えたかな、という感じで、その後もずっとそれが続くのでなんだか楽しい。クリステン・スチュワートのちょっと掠れた声や綺麗な体に100分ずっと見とれていた。

    タイトルやあらすじを見て、ファッションかーと思ってる方、ホラー要素が多いです、正直ファッション関係ないです笑
    パーソナルショッパーという職業じゃなくても全然成り立つ映画だった笑
    こーひーきゃっと
    こーひーきゃっとの感想・レビュー
    18時間
    4.0
    ラストのブツ切れ感、
    いいですね。
    嫌な途切れ方ではなくて
    監督からの
    投げかけを感じたよ。

    映像の美しさは
    いやもうとっても安定。
    色調からバランスまで。
    好みすぎて
    フィットしすぎて満足。

    亡くなった兄の喪失感に
    つけ入られて、
    怖い思いをする女の物語。

    クリスティン・スチュアートの
    今、持てる魅力満載で、
    いかに彼女を魅せるかの作品
    と捉えて良いかもしれない。

    近々の出演作カフェソサエティは
    彼女じゃなくても良かったけれど、
    この作品は彼女なしでは成り立たない
    そんな印象。

    時折、黒澤清監督の
    タゲレオタイプの女と被る感じがして
    ちょっとイロイロ思いました。
    紫色部
    紫色部の感想・レビュー
    1日
    3.5
    2017.5.22 TOHOシネマズ新宿

    クリステン・スチュワートが古屋敷の門塀を押し開けるファーストカットのように、窓や鏡や扉により生み出される境界と接触することによってサスペンスの機運を高めていく構成が良いし、ラストの距離感もどこか優しくて泣く。アサイヤス特有のアジア的なるものとの親和性がついに黒沢清的なるものと邂逅する瞬間もアガるし、クリステン・スチュワートがバイクのグローブやらSIMカードやらを咥える仕草もいちいちグッとくる。
    Okuraman
    Okuramanの感想・レビュー
    1日
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    ダゲレオタイプの女とよく似てた。
    扉の開閉、着脱が執拗。
    実在しているのかどうかもわからないものに振り回されるより、もはや存在しない、都合のいい記憶から再構成したものを信仰するほうが現代人にはよっぽどいい。疲れはてた寄る辺ない1人の女をひたすらに追う映画は好き。BELOVEDが読みたい。
    ricestar
    ricestarの感想・レビュー
    1日
    4.0
    これまた、いい映画でしたー🎉

    5月は、スプリット、メッセージに、継ぐ✨パーソナルショッパー✨
    よかった〜😍

    5月は、外さんなぁ〜🤔
    ももこ
    ももこの感想・レビュー
    1日
    4.0
    結末よく分からなかった

    深読みはできるし、クリスティンスチュワートは綺麗だし、観て良かったとは思う
    >|