パーソナル・ショッパーの作品情報・感想・評価

パーソナル・ショッパー2016年製作の映画)

Personal Shopper

上映日:2017年05月12日

製作国:

上映時間:105分

3.4

あらすじ

忙しいセレブに代わり服やアクセサリーを買い付ける“パーソナル・ショッパー”としてパリで働くモウリーンは、数カ月前に最愛の双子の兄を亡くし、悲しみから立ち直れずにいた。なんとか前を向き歩いていこうとしているモウリーンに、ある日、携帯に奇妙なメッセージが届き始め、不可解な出来事が次々と起こる―  果たして、このメッセージは誰からの物なのか? そして、何を意味するのか?

「パーソナル・ショッパー」に投稿された感想・評価

ERI

ERIの感想・評価

3.5
冒頭何の話?!予告と全然違うんすけど〜〜ってなって、パーソナルショッパーゆうけどそれより霊的な話のが多いのでは?話の内容はなんとなく読めるというか、映画の雰囲気が暗すぎて起伏もあんまりないもんでちょっと面白みにかけるんだけど、私的にこの主人公演じるクリステンスチュワートがタイプすぎてそれだけで満足だった。クリステンの上裸シーン絶対いらんやんって思ってたら色んな人が監督が入れたかったんでしょう〜〜って言っててなんか寒気した、、、
riekon

riekonの感想・評価

3.0
こういう職業があるんですね〜。
面白そう。
ホラーだけど怖くないね。
クリステンのあの淡々とした雰囲気はいいよね〜
カッコいい。
完全に読み間違えてしまった作品(私はパーソナル・ショッパー絡みでのサスペンスかと思いました)。クリステン・スチュアートは地味な服装の時とハイブランドを纏う時とはかなり印象が変わるので、其のギャップを楽しむのも良いと思います。ボーイッシュな雰囲気で、体温の低そうな目線と華奢なスタイルはとても魅力的。映画でCHANELが衣裳を提供して居るのは、クリステンがCHANELの広告塔なのも関係有るのでしょうかね。
S

Sの感想・評価

4.0
めちゃくちゃ好きなタイプの映画でした。現代ならでは、SNSをテーマにしたホラー。
す

すの感想・評価

2.0
クリステンが美しい すばらしく綺麗
内容はよくわからなかった
2017年6月17日、角川シネマ新宿にて鑑賞。

クリステン・スチュワート主演、オリヴィエ・アサイヤス監督による面白い映画ではあったが謎が残る。


モウリーン(クリステン・スチュワート)は、この映画のタイトルどおり「個人の買い物代理人」をしている。高価な服・ネックレスなどをバイクで買いに行く。場所はパリ。

モウリーンには双子の兄ルイスがいたが、死んでしまった。
そんな折、「死後の世界はあるの?」とモウリーンが言っているそばから、風呂の蛇口から水が出たり、部屋の空中に「霊」が浮かぶ。なんかSFかオカルト的。

途中から、謎のLINEがモウリーンにつきまとう。この相手が「謎」。
ただ、このLINEの画面が映されるので、文字が読めるのだが、他人のLINEなど見ることが無く、ましてや英語でのやりとりなどは初めて見た。
そこで面白かったのは「Are you ~~~?」との記載は「R U ~~~?」と打ち込んでおり、「なるほど!」と思ったりした。勉強になる(笑)

モウリーンの雇い主の女性キーラが殺されて、パニくるモウリーン。
そして、モウリーンの周辺を「霊」がボンヤリと映ったりして、ガラスのコップを落としたりするのだが……
…といった感じで物語が、進んでいく。

だけど、この作品でオリヴィエ・アサイヤスはカンヌ監督賞を確か獲ったはず。

<映倫No.47192>
優

優の感想・評価

1.5
前情報と違うーー、、、
不意打ちのホラーでした、、、

クリスティンスチュアート、シャネルの新作香水のCMの時が1番かっこいい、好き。
まろん

まろんの感想・評価

1.5
なんじゃこりゃだった。職業パーソナルショッパーじゃなくていいし。このタイトルだとお仕事メインの話かと思うわ。まさかの心霊系で拍子抜け。クリスティンは霊媒師でもあるとかもう(笑) 色々わからないままで終わった。それぞれの事柄にもう少し理由が欲しかったな。
428

428の感想・評価

-
散らかりまくり。
クリステンって映画で見る度顔色悪いな。綺麗だけど。
パーソナルショッパーの話かと思ってワクワクしてたら
訳の分からんホラーなんか殺人かなってよう分からんかった
>|