永い言い訳の作品情報・感想・評価・動画配信

永い言い訳2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「永い言い訳」に投稿された感想・評価

ティーチインで監督は、
映画は、悲しい顔をすればこの人は悲しんでいるんだ、と観客に伝わる。
が逆にいうとそうしないと悲しいと伝わらない。と言っていた。
日常では顔で笑って心で悲しんでる事もある。むしろ大人になるとその方がリアルだ。
人間の本質を描こうとする西川監督にとって、この曖昧な表情、感情を映画として、表現する事の難しさを知った。

永い言い訳は、
ゆっくり丁寧に作られた映画だ。
事故からの時間の経過を、まだ7ヶ月かもう7ヶ月か(というセリフがあるが)
人が感じる長さは異なるが、
確かに経過していく時間を、観客として感じる事が出来て幸福な時間だった。

Filmarks独占試写会にて
ま

まの感想・評価

-
失ってしまった大切な人は忘れるべきなのか
ストーリー展開の色
メールの意味
小説家としての語り口
吃音?
チャリ

チャリの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

重いー!でもそれがいい。

竹原ピストルを迎えに行く電車の中のシーン良かった。あそこで泣けました。
mog

mogの感想・評価

4.0
すごい細かく計算されてるけど、作り込まれすぎてなくて、余裕がある、それでいて緊張感があってリアル。物凄くフラットで突き放すようであたたかい視点。
ピストルさんが好きです
きゃほ

きゃほの感想・評価

3.4
夫のモラハラ(?)具合に、無理…という感情を抱きすぎて、感情移入できなかった。自己肯定感が狂っていて、不倫をしても自分のことがかわいかったんだと思う。
支配欲の強いひとは、外面がいいから利己的な性格が少し漏れていても、世間では、いいひととして通っていて、被害者が訴えても信じてもらえないケースが多い気がする。自分の身の危険を感じると大人しくなるけども……地獄絵図。肥大化した自己愛が自分を苦しめ、「最終的には、愛していいはずの人が誰もいない人生になる。」と思う。
他者との関わりを通して自分を知ること、大事だなと感じる。
けご

けごの感想・評価

3.8
本木雅弘って凛としたイメージがあったから今回のだらしない本木雅弘新鮮だった、竹原ピストルと池松壮亮いい味出してた
西川美和監督が自身の原作を映像化。
実は初めての西川作品なんだけど、これほど繊細に心を描いたと云うか、抉ったドラマって、やはり才能ですよね。
鑑賞後の余韻がなんとも言えない。
これは単純に感動という言葉で片付けられないレベル。
唯々素晴らしかった。

想い出の家は不適切な場所でもあった。――― 乱雑だった自宅を片付ける幸夫。
単純でもない、強く訴える訳でも、巧緻をひけらかす訳でもないけれど、幸夫の心境が明らかに変化した、入れ替わったと思わせる素敵なラストシーン。
妻にちゃんと語ることができた。

ありきたりな再生ドラマではないし、強いメッセージ性もない。
だけど誰もが心の片隅に気配を感じてしまう、何か留めておきたい不思議な物語。
上手く言葉で表現出来ないけれど、不思議な勇気を頂いた気がします。
kouu

kouuの感想・評価

4.0
好きです
>|