ベイビー・ドライバーの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ベイビー・ドライバー2017年製作の映画)

Baby Driver

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

4.2

あらすじ

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェー…

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェームズ)と出会ってしまった彼は犯罪現場から足を洗うことを決意。しかし彼の才能を惜しむ組織のボス(ケヴィン・スペイシー)にデボラの存在を嗅ぎ付けられ、無謀な強盗に手を貸すことになり、彼の人生は脅かされ始める――。

「ベイビー・ドライバー」に投稿された感想・評価

30

30の感想・評価

4.3
音楽×カーアクション×ラブストーリー
楽しい映画になる要素が詰まってる!!!
しか

しかの感想・評価

-
つがいの小鳥にほだされるケヴィンスペイシーがブラフじゃない世界…
t106842m

t106842mの感想・評価

3.8
スタートが良かった!!!
でも、やっぱりなんだかんだで終盤に向かうにつれてワチャワチャだったりグロテスクだったりしてドキドキしちゃう感じで
個人的に少し苦手な部分もありました
雲丹

雲丹の感想・評価

4.8
最初のドライブシーンで瞬殺!
サイコ〜!カッケェ〜!!
グラセフの世界だ!!

主人公は大人しいけど、臨場感とか緊張感が音楽とカメラワークでビシビシ伝わってくる感じもたまらん!
はちゃめちゃに面白かった。

けど最後、車強奪しまくってた罪が無くなってる感は否めない。
Cool ‼︎
映画館で観るべき映画。 観ると言うより体感する映画ですね。
痛快疾走青春アクションエンタメ。
オープニングから引き込まれて興奮した。
音と音楽と動きが見事に一致して、気持ち良いし楽しいし、カッコイイ‼︎
ベイビーのベビーフェイスと、犯罪に加担していながらも 根は優しくて誠実な好青年であるところ、そして顔に似合わないドライビングテクニック。
このミスマッチ感がイイです。 ベイビー嫌いな人いないんじゃないかなぁというくらい魅力あった。
ケビン・スペイシーとジェイミー・フォックスで締まる感じもイイ。
何も考えずに最後まで楽しめる映画だった。
久しぶりにめっちゃ好き!!
そよか

そよかの感想・評価

4.3
前半はワクワク、テンションあがる感じで、後半ラストはハラハラドキドキ。
映像と音楽がマッチしてて最高でした

このレビューはネタバレを含みます

主人公には耳鳴りと幼少期の事故というトラウマがあるも、音楽さえ鳴っていれば最強のドライバーになれるって設定がもう最高。
逃走中にラジオ局のチャンネルをガチャガチャするシーン、ドキドキした。
このテンポの良さは音楽だけではなく、登場人物それぞれのキャラが立っているせいもあると思う。一面的な描写と言われればそうなのだけれど、こういう作品はこのくらいハッキリしているくらいが丁度良い。特に同居する聾唖の祖父が大変にキュートでたまらない。
それから、エンドロールの終わりに出てくる「SONY」の文字にちょっと感動してしまった。カセットテープだもんね。
滑り込みになってしまったけれど、映画館で観られてよかった。