ベイビー・ドライバーの作品情報・感想・評価

ベイビー・ドライバー2017年製作の映画)

Baby Driver

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

4.1

あらすじ

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェー…

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェームズ)と出会ってしまった彼は犯罪現場から足を洗うことを決意。しかし彼の才能を惜しむ組織のボス(ケヴィン・スペイシー)にデボラの存在を嗅ぎ付けられ、無謀な強盗に手を貸すことになり、彼の人生は脅かされ始める――。

「ベイビー・ドライバー」に投稿された感想・評価

ハイセンスな音楽とハイセンスなカーアクション。カーアクションがあまり好きではない自分でも、最高に胸踊る映画体験だった。


ネタバレになるので明言は避けるが、この映画の結末が最高に好き。こういったクライムアクションではあまり見ない類のものだが、ベイビーのキャラクターとそれまでのストーリーがあるからこそ、この結末こそがこの映画には相応しいと思える。


エドガー・ライト版「アントマン」が幻となって消えてしまったのは非常に残念だったが、その結果この作品が生まれたならば、それはそれでアリだったんじゃない……!?
めぐみ

めぐみの感想・評価

4.3
大きい音量で観て欲しい映画。
音楽のセンスがよく、
カーアクションのシーンはついつい楽しくなってしまう。
テンポもいいので飽きることなく観れます。
個人的には違った終わりを望んでいたので、
最後に少し物足りなさを感じました。
ユキ

ユキの感想・評価

3.5
かわいいのぉ〜
って感じ


センスがいい
音楽と画面のマッチ感がえげつなく
見てて全くあきがこない
テンポがいい
あ、はいこういうの好きです/////ってなった
彼女といるときには常にイヤホンしてないのがかわいすぎ
青い恋愛かわいすぎ
ブライトンロック2回も流してくれて最高すぎ
オススメしたくなるタイプの映画
これ嫌いって人とは絶対友達になれない

このレビューはネタバレを含みます

育ての親ジョセフとのダンスまじりのコミュニケーションが可愛い♡
街中をリズムに乗って遊歩する姿はなんか幸せな気分になる♬
いいよね、こういう無邪気な男の子✧
序盤は可愛いシーンが多くて音楽も好き♬

メインストーリーやカーアクションシーンと言うと
正直絶賛する程のものは感じず
至って普通という感じ。
音楽への拘りは感じるけれど音楽が強すぎて
車のエンジン音や走行音から本来味わえるはずの
緊迫感や臨場感はほとんどない。

それなら走行音を全て排除して
音楽だけが脳内に響き渡っているようなシーンをいくつか取り入れた方が
iPodの力で外界から完全に遮断され
天才ドライバーと化す主人公の最大の個性が
際立って良かったんじゃないかなと思う。

どんな罪だろうと判決はそれ相応に厳しくあるべきだろうけど
その人の良い所まで無かったことにしてはいけないんだよな✧

ピーナッツバターは端っこまで塗ること♬

flea出てた♡
ヒロ

ヒロの感想・評価

4.1
【早稲田松竹にて】
クライムサスペンス。悪い組織を足抜けする話だし、暴力に迫力があるし、家には車イスの里親だし、うわー不幸になりそーって観てるのが辛かった。
終盤にボスの「ドク」と、犯罪の仲間の「バディ」のキャラクターが変わっていく様子は、納得できねーなーと思いつつも、全体的に面白かった。
幼い頃の事故で聴覚に障害を持ちながら天才的なドライビングテクニックを発揮する、犯罪組織の逃がし屋の活躍を描く。愛称が「ベイビー」。音楽がとにかくリズミカルでカーレース、ドラマの展開も小気味良い。あまり見ないジャンルだったけど去年かなり流行った映画だったようです。

『きっと、星のせいじゃない。』でナイーブな演技を見せ注目のアンセル・エルゴート、ケヴィン・スペイシー、リリー・ジェームズ、ジェイミー・フォックスら実力派の演技も見もの🎵

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーがシンプルに作られてるから音楽が入ってきやすいし、耳に残りやすい。あそこでThe DammedのNeat Neat Neatにはやられたけど、ラストの部分のボスから「逃げ切るかは自分次第」って言われてたのに呆気なく捕まってしまって、そして5年近く捕まってたはずなのに最後の表現が少し雑だったので残念だったけど、楽しめる作品でした。
エンドロールの最後にmixして作られた音源使うのも◎
てる

てるの感想・評価

3.5
思い返すとカーアクションにもっと期待してたとかストーリーが思いの外普通だったとかあるけど、ややこしい事考えなければ良い映画。ベイビーの顔がやたら童顔なのも良い。Was he slowテープと串刺しと不死身は笑った。おじいちゃんのとこが切なかった。
たなか

たなかの感想・評価

3.3
映画館で観たい映画だった
QUEENのシーンは胸が熱い
ボスの人、セクハラで干されたセブンのあの人なんだね
>|