アメリカン・アニマルズの作品情報・感想・評価・動画配信

「アメリカン・アニマルズ」に投稿された感想・評価

rika

rikaの感想・評価

2.0
何かを成し遂げたいという思いが先行し、足を踏み外したパターンがこうなるんだろうなと思った。
高校生の頃、話したこともない他クラスのかっこいい男の子をこの映画に誘って放課後2人でみにいった そこからの進展はなかった
Hiryu

Hiryuの感想・評価

3.0
現実に飽き、フィクションに理想を持った若者が窃盗をした時の心境を、再現と本人たちの証言で構成してる
内容の割に長い

2022 70
yosuke

yosukeの感想・評価

-
このままではいけないと思い一攫千金で犯罪に手を染める

一線を越えてからわかることはある
だからこそ反省し前に進める
kento

kentoの感想・評価

4.3
「特別な存在になりたい」若者が、貴重な本を強盗する物語。よくあるストーリーだけど、それらの作品とは一線を画す。

本人や家族などのインタビューを交えることで、緊張感の中に悲しみと笑いを含ませている。その構成が、彼らの葛藤と薄っぺらさを同時に描くことに成功している。

何もせずに図書館を出た時に、スペンサーが感じる解放感にひどく共感する。「悪いことをせずに出てきた時は、最高の気分だった。太陽が輝き、新たなはじまりのようだった」とインタビューで答えている。

そのシーンは、音楽とカメラワーク含めて完璧だった。作品全体の思想性を高めている。

観ていくうちに、アホだと思ってた彼らの悲しさが自分のもののようになっていく。
run

runの感想・評価

4.1
まず最初に目を引くのが、
"実話に基づいた話ではなく真実の話"
演技とドキュメンタリーを
織り交ぜる類を見ない構成に驚いた。

自分だけは何者かになれるという期待と
平凡な毎日の中で刺激を求める気持ちが
彼らを突き動かしてしまったのだろう。
学生時代には誰しもある感情と衝動。

"自分は特別で人と違う、でも実際は
そうじゃない、自分は特別じゃない"
この言葉にとても共感できた。

彼らは若気の至りでは済まされない、
超えてはいけない一線を超えてしまった。

この映画が犯罪を誘発するではなく、
抑制する映画になってほしい。
KO

KOの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

 前半はやってることはクズなのに妙に真面目で何やってんだこいつら?という感じ。が、後半で恐ろしくぐだぐだだ破滅的な結末を迎える。青春というか若気の至りみたいなものがダメな方向にフルスロットルで突っ走って衝突するまでを写実的に描いていて引き込まれてしまった。 
 自分の人生を振り返り、なんであんなものに打ち込んでいたんだろうと思うことがあるけどこれは、それのさらにひどい例であっても、湛えられた嫌悪感の中にわずかばかりの共感を感じてしまった。自分が悪の道を歩まなかったことに感謝。
雄樹

雄樹の感想・評価

3.2
個人的に本作の評価や解釈が難しいぐらい本当にこれは映画なのか?と思ってしまうぐらいの凄く特殊で賛否がある作品だと思いました。
ネタバレに成るので詳しくは言えませんがまず予告と本編が全く違う感じでそれに僕がビックリしました。
それから実際に起こった事件の概要や真相が描かれるんですが本作の作りが凄く特殊なので僕はずーっと分かりづらいだなぁと思っていました。
あと本作で長い時間この事件の真実を描いてきたのに何故あのラストにしたのかちょっと僕は理解出来ませんでた。
arimari

arimariの感想・評価

3.0
劇場版 仰天ニュースって感じ。
シリアスな雰囲気は醸し出した普通の犯罪劇。
しんた

しんたの感想・評価

2.8
大学生4人が約12億円相当の美術品を強奪する実際にあった物語


現実はなかなか上手く行かないよねって話

本人とその家族のインタビュー映像と役者による再現映像が交互に繰り返されていて、本人たちの証言によるかなり忠実な物語となっていました。

個人的な感想としては、わざわざ映画で作るほどのことなのかな?とは思いました。
でも、今まで見たことのない構成で作られていたので、新鮮さはありましたが。
>|

あなたにおすすめの記事