ストーンウォールのネタバレレビュー・内容・結末

ストーンウォール2015年製作の映画)

Stonewall

上映日:2016年12月24日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部…

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部屋に住まわせてもらい、常に陽気に歌って踊りな がらたくましく生きていく仲間を得て、この街で身を寄せ合い暮らす様々なゲイやレズビアン、ドラァグクイーンや、政治活動家のトレバー(ジョナ サン・リース・マイヤーズ)と出会うが...。

「ストーンウォール」に投稿されたネタバレ・内容・結末

んんんんんんこの手の映画めちゃめちゃすきです!!劇場まで観にいけなくて唇に血を滲ませたよね!!!ね!!!!!

アメリカのこの時代のカウンターものだいすきなんだけど、最近のLGBT🏳️‍🌈トレンドを感じるーよねー。出てきた絵文字を安易に使うーよねー。

Jのこととか思い浮かんだり。でもあれはちょっと時代がちがう?か?

レイがかわいいというか美人というか。すーてーきー。髪の長い男の人がーすーきー。

金払ってしゃぶらせるんじゃなくてしゃぶるんだな。とか。でも女でもそうか。とか。
 まだまだLGBTが市民権を得ていない時代にゲイ解放運動のきっかけとなった実話をベースにした話。

 序盤は主人公がニューヨークにやってきて、地元のギャングと接して仲間になって行くのと同時に田舎でゲイがバレてニューヨークにやってくるまでが描かれて、同時進行で何の変化もなく描かれるために時間と場所が違って混乱する演出でした。

 この田舎での生活が面白くてゲイがいかに大変な思いをして生きるのかがわかって興味深く見ることができました。ニューヨークでも警官とかに弾圧されたりしますが、そっちでの生活で主人公が暴動のきっかけに至るまでが、正直どうして怒りをぶちまけるのかが理解できずに性的マイノリティーの苦しさが主人公が理解しているとは思えなかったです。ただ彼氏が知らない男といちゃついていて、それで怒ってただけにしか見えなかったです。

 これだけ面白くなりそうな素材で描き方次第で普通に面白くない映画もできちゃうんだと勉強になる映画でした。
こんばんわ🌉

今日は友達と一緒に長🌟市内で開催されてた
年に1度のN🌟C祭りに行ってきました。
某アイドルのトークショーと
某ミュージシャンのライブがある時間帯に現地到着して楽しんできましたよ😌💖

こんな映画と関係ないことばかり書いてたら、
いつかテキサスの暴れん坊オースチンから
ストーンコールドスタナーを食らいそうなので
ストーン繋がりで、、
これをレビューしなければいけなくなりました😢

今までさんざん地球を破壊しまくった
エメやん監督(ローランドエメリッヒ)の姿は、
ここには居ません。
せいぜい壊したのはガラス1枚くらい。

女優ジュディガーラントが亡くなった時代の
様々な同性愛者差別の弾圧に苦しむゲイの映画。
男同士の性的描写はあるものの不快にはなりません、これは見せ方が巧みなのでしょう。

エメやん自分自身がゲイだから
本当はこういう映画を作りたかったのかも?
これは臆測に過ぎないけど
エメやんも偏見の目に耐えてきたのかな?
「2012」「インデペンデンスデイ」では
その胸に秘めた鬱憤を
破壊描写によって発散させてたのかもしれない。
彼の本質は本作の方なのかもしれない。

同性愛者
今でこそ偏見の目は薄らいできただろうし
人に迷惑かけさえしなければ個人の嗜好の問題で
私は全然アリだと思いますよ😌💖
でも親兄弟の身になったら、どうなんだろ?
とも考えてしまう。

ゲイもレズも私の短い人生で出会った事ないけど
好きになったもの同士が結ばれて幸せになる、
それが理想ですね😌💖
失うものがないってすごい
フィクションとしては数あるゲイ映画の一つとして普通なのかなあと思いましたが、これをわざわざストーンウォールの映画として作る必要があったのかという疑問が残りました。

白人イケメンのゲイとそうでないゲイたちの断絶と結束を描く映画として作れば、下手に批判を生むこともなかったのになあという感想です。
レイ役の方が
たくましくて、とても綺麗でした。

自分が生きたい姿で生きることが
どんなに素晴らしいことなのか、
そのためにどう戦うか、
今の時代では当たり前になりすぎて、
分かり得ないことを教えてくれる作品だと思いました。

曖昧ですが、
抱く人が女か男かで差別されるなんて。
という台詞がとても印象的です。
悪くはないが、史実を曲げていることにがっかり。

ダニーの青春物語だとして見た。レイ役(長編映画は初めてらしい)のほうが演技がすごくダニー役を食っていた。


本当は先陣を切ったのは黒人男性(トランスジェンダー)とレズビアンだったそうだ。
監督は、自身が白人のゲイで、ストレートの人々に送った映画だと書いてあったが、なぜ主人公を美形の白人青年にしたのか。そうしないと見栄えが悪いから?

どうしてもガスヴァンサントのミルクと比べてしまう
かなり批判もあった作品ということですが、監督がストレート向けに作ったということみたいなので、個人的にはストーンウォールについて知るという入口としてはいいのかなと思いました。

自分のように、これをきっかけに事実との相違も含め知識を深めることができれば、それも意味のあることなのかなと。

作品自体も一人の青年が自分と向き合い、成長していく姿の方が色濃く描かれているような気がします。

最後の再会シーンは短いながらも父親をはじめ、様々な人の葛藤などが描かれていてグッときました。
号泣。。
ストーンウォールていうNYのクラブで実際に起きた暴動が元になってるて聞いて、もう少し政治的なのかと思いきや、そんな事は無く、LGBTの男の子達の友情物語。痛くて悲しくて、でも強くてカッコよかったです。田舎から出てきた主人公の苦しかった過去のエピソードが合間に挟まってくる作りもうまかった。ラストの主人公が田舎に帰って、偶然お父さんの運転する車が通り過ぎて停まって、、でもお父さんが車をまた走らせてしまうシーン、胸が締め付けられました。一瞬立ち止まったのは、成長した息子を見て、一目見たかったんだと強く信じたい。
マイノリティはいっつもこうだ、、、。
ていう話。予告が面白そうだったから見たけど、内容がテーマの割にちょっと薄いかなと、、、。もう少し情緒的な描写を期待したけど社会風刺で終わったなと感じてしまた。
セクシャリティーが題材だけど、いわゆるマイノリティの被害者意識の強い展開だった。

社会に認められない辛さと、その中でもイキイキと生きてます!ていう。
もっと生々しいところを期待したので残念。原作あるのかな?展開が飛ばし飛ばしだった気がする。

東京で1映画館でしかやってないプレミア感に惹かれてみたものの消化不良。
>|