ストーンウォールの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ストーンウォール2015年製作の映画)

Stonewall

上映日:2016年12月24日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部…

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部屋に住まわせてもらい、常に陽気に歌って踊りな がらたくましく生きていく仲間を得て、この街で身を寄せ合い暮らす様々なゲイやレズビアン、ドラァグクイーンや、政治活動家のトレバー(ジョナ サン・リース・マイヤーズ)と出会うが...。

「ストーンウォール」に投稿された感想・評価

ゆべし

ゆべしの感想・評価

3.2
事件については知らなかった。でも、あの年代は変革の始まりなんだろうな、という雰囲気は伝わってくる。
怒りに陶酔するのは正しいと思わないけど、怒りでしか表せない感情もある。
私は抑圧する側の気持ちは分からないけど、宗教などなどのバックボーンを考えると事実として完全に偏見を無くすのは難しいんだろうなぁ…とも思う。悲しいけど。
ひろ

ひろの感想・評価

3.7
LGBT関連の映画は何故か好きでよく観る
今回は 大人の色気ムンムンのジョナサン目当て

レイ役の人は綺麗な顔立ちだったなぁ 弱くて繊細なのに強がってる役がはまってた
スリービルボードで頑張ったケイレブランドリージョーンズも脇役ながらしっかりゲイしてた

暴動というやり方は乱暴だけど こうでもしないと事態が変わらないことがもどかしい

何故みんな白ブリーフ?70年代だから?
同性愛が犯罪なんで誰がきめたんだろう


ストーンウォールの反乱を題材にした映画。

LGBTの歴史を映画を通して知ることができるのはとても貴重だなぁと思う。

まだまだ知らないことが多いけど、
日本だけでなく各国での偏見、差別意識は昔から強くある事実を改めて感じた映画だった。
hsmt

hsmtの感想・評価

3.3
法律で同性愛が許されなかった時代の話。
彼らの強い意志を感じます。
ダニーの妹想いの姿が印象的でした。
「パレードへようこそ」「ミルク」のように実際あった事をやるのかと思ったらストーンウォール事件の名を借りた創作なのね(;´∀`)
当時の証言とか出来事を無視して改変しちゃまずい気がするのですよね。
公開当時なんで批判されてるんだろうって思ったけど、観たらなんとなく察した…大人なので…

ダニーと取り巻く周りの人たちの話が前半ちょっとどんなドラマになってくかおもしろかったのに中盤からのダニーなんで君そんな事すんのーってなったら集中できなかった(;´∀`)

やっぱ、疲れてイライラしてる時にみるのはドカーンボカーンのが良いのかなぁと反省。
かめら

かめらの感想・評価

3.4
当たり前にある今の自由も誰かの犠牲によって築かれてる。

叶わない、、
辛くても前に進むこと。

現状維持の毎日で環境から抜け出せない。
唯

唯の感想・評価

4.3
この映画の元となった事件に関してはお恥ずかしい事に全く知識がないけれど、1つの映画としてとても感動した。

現在でもなくしきれていないLGBTの人々への偏見や差別が1960年代に存在しない訳がなくて。
でも自分自身全くLGBTに悪い意味での関心は持たないから、主人公がゲイである事がバレてしまった時の周囲の反応、特に親の反応には衝撃を受けた。ここまで酷い偏見があったとは、、

誰かが何かを好きになる気持ちそれぞれに差は全くないし、ましてや比べられるものではないのだから、世界中の人々が自分の好きな人と堂々と好き合って愛し合える世の中になって欲しいと強く感じた。

でも劇中の彼女たちはそんな偏見の極みを向けられても、堂々と自由に明るく生きていた。素直にかっこいいと思った。
Haruki

Harukiの感想・評価

4.2
ホワイトウォッシュとかでめちゃめちゃに批判されてた問題作。
でも、ローランド・エメリッヒが監督だし、社会派ではなく娯楽性の高い作品として観れば気にならない。

ストーンウォールの反乱を背景に、ゲイのコミュニティや抑圧、そこへの反抗と自分自身への肯定などをドラマチックに描いた半フィクションのような作品。
コミュニティのみんなが個性的で楽しく、この作品の最大の魅力。

本当のストーンウォールの映画はまた誰かが撮ればいい。
少し惜しい

ストーンウォールの反乱を元にオリジナルストーリーで作るんやったら
彼らに盗みを働かせるとか反社会的なことはさせるべきではなかったと思う
感情移入しにくくなるし、正当性が失われる
差別が根底にある上での反社会行動なのはわかるが、実話であるならそのままにするべきだがオリジナルであるなら
もう少し美しいストーリにしても良かったのではないかと思う

ただそれを差し置いても、作品全体に漂うオシャレ感がとても気に入った
レイが終始美しい

P.S.
これもまた白人主義の差別の元に生まれたとの話も
ストーンウォールインでの暴動。かの有名な夜までを描いた作品。

謎の多い夜だけれど、この歴史的な夜を動かした人物がいたとしたら、白人の若い男の子ではなかっただろうと、ほとんどの人が思っている。そしてそこにいたのはゲイだけではなく、LGBTの様々な立場の人だっただろうと思っている。

この映画に欠如しているのはその2点だから、違和感がずっと残ったまま終わるのだった。
>|