ストーンウォール(2015年製作の映画)

Stonewall

上映日:2016年12月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:129分
    監督
    ローランド・エメリッヒ
    脚本
    ジョン・ロビン・ベイツ
    キャスト
    ジェレミー・アーヴァイン
    ジョニー・ボーシャン
    カール・グルスマン
    ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
    ジョナサン・リース=マイヤーズ
    ジョーイ・キング
    ロン・パールマン
    マット・クレイヴン
    デヴィッド・キュービット
    アッティクス・ミッチェル
    ジョアンヌ・ヴァニコラ
    アンドレア・フランクル
    マーク・カマチョ
    あらすじ
    インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部屋に住まわせてもらい、常に陽気に歌って踊りな がらたくましく生きていく仲間を得て、この街で身を寄せ合い暮らす様々なゲイやレズビアン、ドラァグクイーンや、政治活動家のトレバー(ジョナ サン・リース・マイヤーズ)と出会うが...。

    「ストーンウォール」に投稿された感想・評価

    a
    -

    本人達はただ自由に生きたいと思ってるだけで、こうも不自由な世の中に腹が立つ。
    ストーンウォール事件について知れたのは良かった。
    舞台は60年代〜70年代。
    当時、同性愛者はみな病気とされ、人々から差別を受けていた。
    同性愛者とゆうだけで、職を失い、罵声を浴びせられていた。
    そんな中1969年にアメリカNYのストーンウォールとゆうゲイバーでの暴動をきっかけに同性愛者達が自らの権限を主張する抵抗運動が始まる話である。
    体を売ってその日暮らしをするしか選択がなかったゲイの人々の暮らしを見て、今のこの現代がなんて恵まれていて、当時の差別がどんだけくだらなかったかがわかる。
    辛い毎日に耐え、逞しく生きる彼らは人を魅了するなにかがある。
    mukku
    1.9
    いまいち面白くなかった。
    YKK
    3.8
    つよくてやさしくてかっこよかった

    ポールかわいい
    ゲイパワー!
    2017/07/19 DVD

    追記:実際のストーンウォールはトランスジェンダーやドラァグクイーンたちによる暴動だったのにこの映画では白人のゲイたちに変えられているという情報をちらりと目にしたのでもっと調べてみる
    実話題材
    ストーリー

    💧💧
    Bom
    3.4
    70年代ってごく最近の出来事で、日本ではこういった膨大なデモがないからLGBT🏳️‍🌈に対する考えも認識も薄いんだろうな。たった2時間で当時の功績が知れるのであればもっと観て欲しいなと。

    2017年~259本目
    10月~393本目
    nozk
    4.2
    誇らしく感じていました。
    観終わってなんで皆こういう映画観ないんだろうって。
    この映画の為に約2時間くらいお時間頂けません?あなたのその人生の中のたった約2時間だけで良いです。観て欲しい。


    人間が人間として当たり前に生きる事が難しい世界、今もまだまだあるんですよ。
    生きてて幸せに感じる事って恋愛において当然感じたりする事あるじゃないですか。

    それが異性だったら喜びを共有できて、同性だったら公にはできない世界なんですよね。今だに正直、実存してしまう概念に呆れたりします。
    多分、僕が生きるこの人生の中だと全人類が隔てない世界を築き上げるのは難しいと思います。
    ですが、この映画においてそれを先導してくれた人々が存在していた事実や事件というのがあったのはとても素晴らしい。何も歴史について知らなかった僕がこの約2時間で得られた情報が大きすぎたし感性が素直に喜んでます。


    シネスコでの映像美が一貫してあったので本当に映画としての見方に拘ってるのが伝わる。繊細なテーマだからって恐る恐る描きすぎない、なんなら胸に訴えかけてくるような大胆さがあったしその奥にある温かさも感じれた。

    そしてまたこの映画の素晴らしい所はダニーはきちんと好きになる人が男だったら誰でも良いって訳でない事が描かれている所かなと。

    当然の事だけど、同性愛者にだってタイプはある。仲が良いからと言って好きなったりするような恋愛しない。"あなたはタイプじゃないんです"っていうしっかりとした恋愛においてのほろ苦さも描かれていて感動しました。
    そしてジョーとの再会も納得がいくんですよね。「あなたの事が好きでした」ってダニーがはっきり。はっきり、言うんですよね。
    自分とジョーが人間の性質と言う部分で根本的に違うって言うのは解ってたであろけど、ちゃんと言葉にできる幸せが行動がとても魅力的でした。万歳。

    家族観も丁寧に扱われてて、グッとくるし美化されすぎてない。妹との温かい関係性には満たされる癒し効果があった。


    映画を作る良さって、こういう感覚を訴えかけれる事。伝えれる事、感じ取れる事だなって本当、改めて思えた良作でした。
    >|