ストーンウォールの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ストーンウォール2015年製作の映画)

Stonewall

上映日:2016年12月24日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部…

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部屋に住まわせてもらい、常に陽気に歌って踊りな がらたくましく生きていく仲間を得て、この街で身を寄せ合い暮らす様々なゲイやレズビアン、ドラァグクイーンや、政治活動家のトレバー(ジョナ サン・リース・マイヤーズ)と出会うが...。

「ストーンウォール」に投稿された感想・評価

同性愛を描いた映画の中で1番リアルに「好き」っていう感情を感じられた。やたらとセクシーにしたり、オネエキャラに持って行ったり、衝動的だったりっていう描き方ではなくて、人に恋をして、上手く行ったり行かなかったりっていうのを純粋に描いていて良かった。(たりたりって語彙力のなさがやるせない)

レイ役の人がとても綺麗だし、レイの存在がすごく大きな役割を果たしていると思う。
mayu

mayuの感想・評価

4.5
セクシャルマイノリティの人々が近年より更に偏見や差別に苦しむ時代の話。迫害を受け、人生の選択肢を強制的に狭められる中、屈することなく権利を主張し続けた彼ら/彼女らはとても勇敢だと思う。

LGBTをはじめ、社会的少数者の人々がより暮らしやすい社会になりますように。
TAKA

TAKAの感想・評価

3.5
2018年初めて見たLGBT映画
同性愛が違法だった頃のNYでもLGBTの人たちは明るく、支えあいながらコミュニティーで生きてきてたんだ
諸外国では同性婚が認められつつある社会にまで発展したけど、当時はゲイの権利もなく、当然のように差別されてたんだ。。。ストーンウォールの功績はでかい!
みーや

みーやの感想・評価

3.3
勇気が世界を変えた。
2018年、どこまで世界は変わっただろうか。
画や色味は好きだけど、にしても長い。

メインの俳優陣もみんな演技がこ慣れてなくて魅力が薄い。
NY舞台のストリートゲイ役なんて役者魂の見せ処、ノリノリで強く濃ゆくやってナンボだと思うんだけどな。

しかしなんで今わざわざエメリッヒがこんなテーマで??と思ったけど、こんなテーマに食傷気味になれるほどLGBTが普遍的存在となった訳を思えば、ストーンウォールの彼らの功績は確かにデカイね。
ただエメリッヒはやっぱ勢いで観る映画撮るべきだな、と。
同性愛者だという理由でこんなに酷いことをされてたことに驚きでした。1969年の話でしたが、この事件を発端に翌年には世界初のLGBT権利運動が行われたとのこと。日本ではやっとここ数年理解が進んできたという段階かな。誰もが自分らしく生きられる世の中になってほしい^ ^
ストーンウォールの反乱がゲイの立場向上のために大きな役割を果たした運動だったのか、身勝手な破壊行為なのか、その善悪は分からないけれど、架空の主人公がその口火を切るという表現はあまりにも歴史に敬意を欠いているように思う。
ジョーイキング演じる妹との関係など個々のエピソード自体は悪くないだけに非常に勿体ない。
翠

翠の感想・評価

-
ジョー、レフン監督のネオン・デーモンでカメラマン役でしたね?
あかね

あかねの感想・評価

4.0
全米での同性婚が認められるようになったのは、この時代の人たちの信念と、勇気、行動がなければ、ありえなかったかもしれない。たくさんの痛みと苦しみがあっての今なんだとあらためて思う。
学生時代から自然にゲイの友達がわりといたんだけど、
改めて彼らにしかわからない辛さがあったんだろうな…

今までで1番不思議なパターンは、
女性的になっていった男性が、
女性的になった上で女性を好きだったパターン。
アレは混乱した。

肝心の映画ですが、
最後のシーンでグッときました。
ジョーは何なんですかねホント。
流石にTシャツピチピチ過ぎます。
差別はダサい!
>|