トム・オブ・フィンランドの作品情報・感想・評価・動画配信

「トム・オブ・フィンランド」に投稿された感想・評価

冰

冰の感想・評価

5.0
希望がある

話す言葉が皮肉が効いていて好き。ブラックジョーク面白い。
オヨヨ

オヨヨの感想・評価

3.4
北欧のどんより曇った空や、暗い森の中での出来事はトウコの心に影を落とすことになったであろうに、ファンタジーの世界は生き生きとして明るい。
ちょっと春画とも似ている。

フィンランドと言えば日本では住みやすい憧れの北欧の国のイメージだが、住んでいる人にとっては当時は色々と大変な事もあったのだろう。
そもそも戦時下では、人の命も軽いのだから人権も軽く扱われていた事は想像できる。現在は良くなっているとは思うが。

日本でも生産性がどうとか言って同性婚に反対する人は、文化を生み出すエネルギーに溢れて、人を愛し生きていくことの美しさを感じさせてくれた彼らをちゃんと見て欲しい。差別する事は無意味。
BoltsFreak

BoltsFreakの感想・評価

3.2
生きる時代がもう少し遅ければもっと影響力ある活躍が出来たんだろうな
全体的に暗くて心象風景多め。ゲイを扱うと暗くなるのはもう古い。こういうのは勘弁。
直人

直人の感想・評価

4.0
●トム・オブ・フィンランド(2017年フィンランド/スウェーデン/デンマーク/ドイツ。ペッカ・ストラング)

「あの」トム・オブ・フィンランドことトウコ・ラークソネンの生涯を描いた作品。
時代は第二次世界大戦後なので,今でこそ市民権を得つつあるLGBTが“犯罪”や“異常”とされていた時代の話。
歴史というのはムーブメントの積み重ねなんだなあというのをつくづく感じる。

いい映画だ。

https://www.youtube.com/watch?v=0iW8xeuC3I4
Hazuki

Hazukiの感想・評価

-
これ良い映画だった。絵心ある人が作る映画なんだろうなって、とても丁寧で映像に愛があった
rinrin

rinrinの感想・評価

3.8
トウコの描くポルノアートは、社会的マイノリティであるゲイたちにとって救いのような存在であることが理解できた。

性を露骨に描くことは、一見忌まれることのように思えるけど、束縛や規範からの「解放」を意味することもあるのだな〜

勉強になった。
セクシャルマイノリティの方にとって、もっと生きやすい社会を作るために、このような学びは大切にしたいし、機会を増やしたい。
leyla

leylaの感想・評価

3.8
同性愛が法律で禁じられていた時代、フィンランドでゲイを描いたイラストで世界のゲイカルチャーに多大な影響を与えたアーティスト、トム・オブ・フィンランド(本名トウコ・ラークソネン)の半生。

警察の取り締まりが厳しい状況で、トムは密かに好みの男性の絵を描くことで欲望を発散していた。
ある日、アメリカの出版社に絵を送ったことで、同性愛者たちから絶大な支持を得ることになる。

ただのエロティックな絵というだけでなく、広告マンだけあってファッション的でオシャレ。
何よりも、性差別の激しかった時代、影に隠れながら愛を育んだ人たちに勇気を与えた。

フィンランドにこのようなアーティストがいたことは知らなかった。
そしてやっぱり受け入れてくれるのはアメリカなんだなぁ。
フレディ・マーキュリーのルックスはトムの影響だったのかな。

妹さん、イヤな顔ひとつしないで見守っていくれて、なんていい人なんだろう。

恋人のニパと黄色い生地を買うシーンは悲しいけれどよかった。

ラスト、老いたトムが堂々と人前に立つ姿が印象的でした。勇気を持って行動した人たちが世界を変えていくのだなぁ。

監督が同郷のアーティストに敬意を持って作っているのがわかる誠意のこもった作品でした。
sea

seaの感想・評価

3.8
淡々としていて好き。主人公の感情の起伏があまりないからあっさりした印象を受けるけれどかなり濃い内容。

現在の映像に過去のフラッシュバックが混ざる感じが良かった。ファッションのおしゃれさと色彩の淡さも好き。あとは好みのシーンが多い。水面のシーンは良すぎてうわぁってなった。水面を見ている方の気持ちを考えると辛すぎるけれど。

感想がまとまらないしネタバレになりそうなので印象的だった部分を箇条書きで。
寒中水泳(めっちゃ痛そう)
フィンランドと対称的なLAの自由さカラフルさ
黄色のカーテン
手を繋ぐ
"はい"という返事
病室のうさぎ
ゲイカルチャーのアイコンとなったアーティストのトム・オブ・フィンランドの半生をつづった伝記ドラマ。
ゲイモノの映画としてそこまでにハードな演出はないし、ヒューマンドラマに重きを置いているのである意味上品な映画。
何よりかなり痺れる台詞が多くてちょくちょくツボに入って結構泣きそうになっちゃいました。
イメージでフィンランドとかスウェーデンは性に対して大らかなイメージがあったけど、めちゃくちゃ厳格だったのね。
愛と優しさに溢れたいい映画だったぜ。
>|