ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男の作品情報・感想・評価

ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男2016年製作の映画)

The Free State of Jones

上映日:2017年02月04日

製作国:

上映時間:140分

3.6

あらすじ

それは、14歳の少年の夢を砕いた1発の銃弾から始まった。時は1863年、南北戦争で二つに引き裂かれたアメリカで、ニュートン・ナイトは甥の遺体を家族に届けようと南部軍を脱走する。故郷で仲間の農民たちから農作物を奪う軍と衝突したニュートンは、追われる身となって湿原に身を隠す。そこで出会った黒人の逃亡奴隷たちと友情を築いたニュートンは、黒人と白人が一つになった前代未聞の反乱軍を結成し、自由のために立ち…

それは、14歳の少年の夢を砕いた1発の銃弾から始まった。時は1863年、南北戦争で二つに引き裂かれたアメリカで、ニュートン・ナイトは甥の遺体を家族に届けようと南部軍を脱走する。故郷で仲間の農民たちから農作物を奪う軍と衝突したニュートンは、追われる身となって湿原に身を隠す。そこで出会った黒人の逃亡奴隷たちと友情を築いたニュートンは、黒人と白人が一つになった前代未聞の反乱軍を結成し、自由のために立ち上がる──。

「ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男」に投稿された感想・評価

南北戦争時代に真の自由と平等を求め、白人と黒人混合の反乱軍を率いて南部軍と戦ったという実在の人物を題材にした歴史ドラマ。白人と黒人が手を結ぶことなど考えられなかった当時のアメリカ南部において、肌の色による差別のない場所を作ったとされる男を、オスカー俳優マシュー・マコノヒーが熱演。共演は『砂上の法廷』などのググ・ンバータ=ローら。『シービスケット』などのゲイリー・ロス監督がメガホンを取り、およそ10年に及ぶ調査を行い本作を作り上げた。
南北戦争による動乱の最中の1863年、ニュートン・ナイト(マシュー・マコノヒー)はおいの遺体を家族に届けるため南部軍から逃げ出す。郷里で農民たちから農作物を略奪する軍と衝突して追われる身となった彼は、身を隠した湿原で逃亡してきた黒人の奴隷たちと出会い、交流を深める。そして貧しい白人と黒人が力を合わせた軍を結成し、自由のための戦いに身を投じる。
TheThe

TheTheの感想・評価

4.0
強い意志の男。そして貧困層の人々の為に行動する人。この男を、好きなマシュー・マコノヒーが演じきっています。
彼自身、中途半端な事はしない派だと私は思っているので、ピッタリだ。それ以上に彼は、個性と危険性を感じさせたらピカイチです。
だから、この役からも飛び出てしまっているようにも思う。
彼の為だけにスコアつけます。
MTAK815

MTAK815の感想・評価

3.6
自分が無知すぎて萎えた
ニュートンナイト? ダレソレ??
勉強になりました
2018 6.8 鑑賞
マシュー・マコノヒーの凄味が十二分に味わえる映画。
素晴らしい!
83roh

83rohの感想・評価

2.5
実際に居た人物の話。
ちょっと美化してる部分もあるらしいけど…
nicole

nicoleの感想・評価

3.4
今を生きるニュートンの子孫と話がリンクするのが面白かった。自由への戦いはまだ終わってないんだなと。
ジョーンズ自由州なんて
聞いたこともなかった

奴隷を沢山雇っていたら
兵役が逃れられるなんて

白人の中でも差別があるなんて

そんな理不尽と闘った
ニュートン・ナイト

白人の奥さんは
ニュートンが他人の為に奔走するのが
不満で出ていった

リーダーとなる人の奥さんは
寂しいかも知れないね

法律を変えたって
州知事が変われば元に戻るし

ニュートンの戦いは続く

そんな中でも
理解のある女性に出会うが

黒人との結婚も法律で禁止されている

ラビング夫妻を思い出しました

自由の国アメリカも
昔は酷いものだったんですね

マシューのリーダーは
完璧でした
正義感溢れる、頼れるリーダー
とてもパワフルで仲間からも信頼される

こんな役はマシューしかないわ
bowzZ

bowzZの感想・評価

3.3
こういう人物の映画が作られるのは、やはり今また人種差別が激しい世相の証拠なんだろう。
しかしこの当時は奴隷解放をしたのは共和党で、それに反対だったのが民主党の方なのか、今とは正反対だな。
リンカーンとトランプは同じ政党なんですぜ?150年以上経つとこれぐらい変質しちゃうのだ。
それから奴隷解放宣言後も、南部ではニュートンナイトの孫の代でも、まだあんまり変わりがなかった、というのを描いているところがいい。
人種差別は醜い。
単一民族である日本人には分からない感覚。
なぜ、同じ人間なのに差別し酷使し殺し合うのか…
戦前の日本は人種差別を否定し、世界へ訴えてきた歴史があります。
アジアの植民地も解放しました。
誇りに感じています。
人種差別物。「美しく雄大な自然の風景」と「人間の醜い汚い争い」のコントラストを鮮明に映し出している。今後は、人種差別系映画のおススメなどでよく出てくる映画になるかもしれない。ただ、感覚的に「それでも夜は明ける」に近いものがある。
ただ、時系列が曖昧だったりKKKまで出てきてテーマがやや燦爛とした感じも否めないが、米国の闇を見事に描き出しているのは確かだと思う。
>|