ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男の作品情報・感想・評価

ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男2016年製作の映画)

The Free State of Jones

上映日:2017年02月04日

製作国:

上映時間:140分

3.6

あらすじ

それは、14歳の少年の夢を砕いた1発の銃弾から始まった。時は1863年、南北戦争で二つに引き裂かれたアメリカで、ニュートン・ナイトは甥の遺体を家族に届けようと南部軍を脱走する。故郷で仲間の農民たちから農作物を奪う軍と衝突したニュートンは、追われる身となって湿原に身を隠す。そこで出会った黒人の逃亡奴隷たちと友情を築いたニュートンは、黒人と白人が一つになった前代未聞の反乱軍を結成し、自由のために立ち…

それは、14歳の少年の夢を砕いた1発の銃弾から始まった。時は1863年、南北戦争で二つに引き裂かれたアメリカで、ニュートン・ナイトは甥の遺体を家族に届けようと南部軍を脱走する。故郷で仲間の農民たちから農作物を奪う軍と衝突したニュートンは、追われる身となって湿原に身を隠す。そこで出会った黒人の逃亡奴隷たちと友情を築いたニュートンは、黒人と白人が一つになった前代未聞の反乱軍を結成し、自由のために立ち上がる──。

「ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男」に投稿された感想・評価

マシュー・マコノヒーかぁ。本当に化ける人だ。良い俳優。黒人と白人が結婚出来なかった時代…私は、ブラックミュージック好きだから人種差別問題知りたいです。もっと勉強したい。KKK怖いわー。
『銃の矛先』

なにを理不尽とするのか。
理不尽の産物は目の前にあるのではない。
理不尽と感じる私の認識として成り立つ。
ではその認識はどこからうまれるのか。
感性と知性がどのように絡みあい、
人間は戦争という状況下で、人権という旗を掲げ闘うのか。

一枚の投票用紙は儚く便の中で揺れ落ちていく。
静かな音。
そこにたどり着くまでにどれほどの騒音の中に血しぶきがとんびちったことか。

これらを文学の世界とか文体の2次元の世界だとかで、銃から生まれる弾のような認識をもたないでほしい。

もう一度思考する。

理不尽はどこからうまれてくるのか。
理不尽はなにを基盤に理不尽となって産声をあげるのか。

あの分厚い一冊からなのか。
emi

emiの感想・評価

3.5
実在の人物の伝記で、マシュー・マコノヒーは熱演で説得力がある。彼の子孫の裁判のシーンが挟まれるが、現在でも人種間の差別や分断が解決されていないのが悲しい。
時代背景もそうだけど個人個人の演技がとてもしっかりしていてかなり引き込まれました。
mz5150

mz5150の感想・評価

3.5
静かで重いトーン、1人の漢の大河ドラマ見応えあり。中国資本製作で裏に何かあるんじゃないかと勘ぐりたいのは置いといて、南北戦争から始まる漢の闘いをマコノヒーが静かに演じる。予告見て黒人を率いての逃走劇と思ってたら、遅滞籠城戦と政治闘争と裏を掛かれたが見応えあり。
GoMaeda

GoMaedaの感想・評価

4.0
虐げられ系、理不尽系。
どうしても熱くなってしまう。
南部の人種差別の絶望感すら
感じさせる根深さ。
キング牧師以前の闘争。
色々と理解が深まったが、
腹わた煮え繰り返りそうでした。
(●´ω`●)
とにかく開拓時代を感じました。ワンさんを殺すシーン顔逸らしました。
じゃん

じゃんの感想・評価

3.3
題材は最高に面白い!

白人なのに、黒人と暮らし、南軍にも北軍にも対立した男。

では映画として楽しめたかというと、これがイマイチ。

ハリウッドぽくない静かな淡々とした作り。

音楽が地味過ぎ…
音楽変えるだけで随分印象変わると思う。

偉人の変わった人生の映画なんやし、もう少しメリハリ強めに面白く描いて欲しかった。

監督やスタッフを変えて、また別の映画で見てみたい題材。

でもなぜこの映画の制作に中華系のスタジオが?

これからアメリカの黒歴史映画をどんどん作るとか?(笑)
TF

TFの感想・評価

3.7
無力感
虚しくて特に何も出てこない
差別の少ない国に住めて良かったとは感じた
映画を見るのも歴史の勉強の1つである
えりみ

えりみの感想・評価

4.3
WOWOWで。
米国人でも知る人が少ないという偉人ネタ、当然私も知らんけどMマコノヒー目当てで録画。彼の魅力大爆発で大満足♪
2016年米国で公開されるも大コケしたらしい。南北戦争からレコンストラクションを描くがっつりしたアメリカ近代史ネタにも関わらず中国資本系スタジオ作品てのが意外。さすがに中国人キャストをぶっこんでくる等トランスフォーマーの時みたいな無茶なごり押しも無しw
オープニングから人体破壊描写あり、
犬を丸焼きにし(豚の丸焼きもあるけど)、
縛り首の描写まであるのでお子様視聴注意。
KKK(クークラックスクラン)の勃興も描写されている。
歴史の勉強になると思うけどねぇ。。。

ニュートン・ナイト本人の半生に加え、100年近く経った20世紀に黒人との結婚を問題視され彼の曾孫まで裁判にかけられる!というネタも入れ込んだため2時間半近くの大作に。
異人種間結婚禁止法(ジム・クロウ法)はアメリカで1964年まで存在していたっていうねんから、そら簡単に人種差別無くなれへんよね。
法律が人種分離を唱えてたんやもん。この辺は日本のらい予防法等に通じるものあり。かといって法治国家で法を無視するわけにもいかんし立法府(国会議員)にはちゃんとしてもらわな困りますなぁ(さっき「はじまりへの旅 」みたばっかりで影響され気味😅)。
とはいえニュートン・ナイト自身が最初に唱えてるのは「世界は一つ!人類皆兄弟」いうてるわけではなく、
「貧乏人が何で金持ちのために戦って死ななアカンねんっ!」と
搾取からの解放に黒人も白人も関係無いやろという主張。
リンカーン大統領も差別撤廃のために立候補したわけちゃうしね。
差別感情を煽っているのは一部の金持ちが搾取するのに都合がいいから、という至って現実的な経済的理由によるものである。ということが理解出来る映画。出自やなんや性格がなんやとか歴史がとか皆後付けなんですねぇ~。
てっきりニュートンナイトは北軍の人かと思ったら南軍、しかもミシシッピの人やからさあ大変。周りはゴリゴリの奴隷制維持推進派やもん。ロビンフッドみたいな話の展開になっていきます。
「ムーンライト」に出てたマハーシャラ・アリがここでも2番手で活躍、斬新なネックレスしてますw
ちょっと意外やったのが、19世紀のアメリカでは民主党と共和党の感じが今と真逆に描かれてるのよねぇ。この辺は勉強不足なんで現役の学生さんにご教授してほしい。
女子供にも銃を持たせて戦う姿を目の当たりにするとアメリカの銃規制問題もそう簡単には解決しないな、と。
>|