ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男の作品情報・感想・評価

ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男2016年製作の映画)

The Free State of Jones

上映日:2017年02月04日

製作国:

上映時間:140分

3.6

あらすじ

それは、14歳の少年の夢を砕いた1発の銃弾から始まった。時は1863年、南北戦争で二つに引き裂かれたアメリカで、ニュートン・ナイトは甥の遺体を家族に届けようと南部軍を脱走する。故郷で仲間の農民たちから農作物を奪う軍と衝突したニュートンは、追われる身となって湿原に身を隠す。そこで出会った黒人の逃亡奴隷たちと友情を築いたニュートンは、黒人と白人が一つになった前代未聞の反乱軍を結成し、自由のために立ち…

それは、14歳の少年の夢を砕いた1発の銃弾から始まった。時は1863年、南北戦争で二つに引き裂かれたアメリカで、ニュートン・ナイトは甥の遺体を家族に届けようと南部軍を脱走する。故郷で仲間の農民たちから農作物を奪う軍と衝突したニュートンは、追われる身となって湿原に身を隠す。そこで出会った黒人の逃亡奴隷たちと友情を築いたニュートンは、黒人と白人が一つになった前代未聞の反乱軍を結成し、自由のために立ち上がる──。

「ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男」に投稿された感想・評価

じょー

じょーの感想・評価

3.2
黒人奴隷ってあんな酷かったんだ、、、
投票の時とか、みんなで立ち向かう姿カッコ良かった、
zakoyama

zakoyamaの感想・評価

3.8
ニュートン・ナイトとても良い作品でした。しかし黒人奴隷制度はいろんな作品でも見たことはありますがホントにひどい。悲しいと思わされました。私は歴史には疎いですが、この作品を見て、こんな素晴らしい人がいた事を知れてよかったです。
南北戦争時代のミシシッピ州
自ら脱走兵の身でありながら、自由のため貧しい農民や逃亡した黒人奴隷を率いて軍と戦った男の物語

これからは、“自由”という言葉を軽々しく使えなくなる、そんなズシリと重い映画です
ゅ

ゅの感想・評価

3.2
日本公開前からみたかったやつ
公開規模が小さかったので観に行けず、やっとこさDVDレンタルで


最初は話の展開についていけなかったけど、
途中から自分も自由軍に!ってのめりこんでました。
すごく考えさせられました!
こんなに重苦しい映画久々に見ました。冒頭の最前線のシーン。顔面を炸裂させて横たわる兵士。血と体液の中で鈍く光る写真入りのペンダント。この物語がどんなトーンで語られるのかを強烈に印象付けます。

幼い甥の戦死を引き金に南軍を脱走したニュートンは、大義を語る軍に搾取され続ける農民、物のように扱われる黒人達と共に蜂起し、南軍との闘争を繰り広げるの事になるのですが、それは南北戦争の終戦後も延々と続く人種差別、貧富格差を巡る闘いの始まりでもあったのです。
南北戦争を題材にした作品はたまに有りますが、その後の流れまで追ってみせる物は記憶にありません。
北軍勝利も問題の解決では無く、民主党ジョンソンが大統領に就任してから黒人達の受難は更に深刻化、複雑化していきます。法を捻じ曲げての黒人達の私物化、狂信的差別主義者による私刑の横行など、局面が捉え難く悪化するごとにニュートンの態度は硬化し、その形相には苦悩が深く刻まれていくのです。
今作では、当時のニュートン・ナイトの闘争の時代とは別のもう一つの時間軸が平行して語られます。80年余り後の時代、ニュートンの子孫が、彼の出自を問題により自由な結婚が許されず法廷で闘争するというシーンが、元々のニュートン・ナイトの物語の合間合間にほぼ脈絡の無いタイミングでインサートされるのですが、これが非常に効果的で、“昔々”存在した酷い出来事という認識が“ちょっと前”にもまだあった、という補助線を引かれ、その先の現代・未来まで射程に収めてくるのです。仲間を吊るされ立ち尽くすニュートンの悲劇は、現在でも何処かで起こっていて、ニュートンの闘いは今も続き、これからも続いていくのでしょう。

物語の語り口はどこまでも苦く、カタルシスを得られる場面は殆ど有りません。やむを得ないと思います。スカッと消化なんてしてはいけない事柄だからです。現実の歴史の理不尽さに対して溜飲を下げる為のメタフィクション活劇はタランティーノなどに期待するとして、例えば怒りを溜め込むための装置として、この様な“楽しくない”映画の存在意義は大いにあると思います。観る価値は確実に有ります。

《蛇足》
⚫︎マシュー・マコノヒーと沼の組み合わせの映画をやたら観るような気がします。アメリカでは、彼のようなのは“沼顔”なのでしょうか⁇
⚫︎犬派の方は閲覧注意です。ザクザクで、コンガリです…。
柊

柊の感想・評価

2.0
南北戦争とは?黒人奴隷解放のための戦争と簡単にとらえていたけど、何だか余計わからなくなった。逃亡奴隷が潜んでいる湿原みたいなところ怖すぎだし、その黒人奴隷一緒に反乱軍組織するとか、何か私の中では整理しきれてない。ようするに面白くない。
アサコ

アサコの感想・評価

3.8
冒頭の戦闘シーンから目が釘付けになってしまいました。
南北戦争についての知識を深めることが出来る良い作品でした。
リアリティにもこだわっていたと思います。
140分と長い作品ですが丁寧に描かれていたのでその分満足度は高いです。

今を生きる日本人として黒人差別だとか奴隷だとかあまりピンと来ないですがこの時代にこうして戦った人たちがいたからこそ今があるんだと改めて感じました。

マシュー・マコノヒーのヴィジュアルがかなり本物に近かったので"ホンモノ"として観ることが出来ました。
情報量が多くうまくまとめきらないですが見応えのある作品で観て良かったと思えました。
「金持ちの戦争で、貧乏人が戦う」

冒頭のこのセリフが、この映画を物語ってます。

アメリカの南北戦争時の南部の話。こんな実話があったとは。また、知らない歴史がここにあります。

南部では徴兵制を見直し、奴隷を10人使っていれば長男が兵役免除され、20人なら次男も、、って、金持ちの横暴ぶりが酷い。

そら、貧しい人や小作人は反旗を翻したくもなります。
さらに、彼らの下に黒人たちがいるのですが、、。
この二つの層に働きかけ協力して金持ちに一矢報いようとしたのが、マシュー・マコノヒー演じるニュートン・ナイト。実在の人。この方は、こういう反骨精神溢れる人物がよく似合います。
黒人の救世主というのではなく、あくまで自分や周りの貧しい仲間が搾取されてることへの金持ちへの反抗。
共に立ち上がるのは自然の流れですが、当然甘くはない。その苦難の道のりが、時に熱く、時にやるせなく、丁寧に描かれます。ちょっと長いですが、見応えはあります。

「神の子」かぁ〜別に普通の子でいいから、皆んな一緒でいいのに、、。
感想川柳「今の世も 強者は奴隷を 作りたい」

レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)

南北戦争による動乱の最中の1863年、ニュートン・ナイトはおいの遺体を家族に届けるため南部軍から逃げ出す。郷里で農民たちから農作物を略奪する軍と衝突して追われる身となった彼は、身を隠した湿原で逃亡してきた黒人の奴隷たちと出会い、交流を深める。そして貧しい白人と黒人が力を合わせた軍を結成し、自由のための戦いに身を投じる…というお話。

ニュートン・ナイトってドラゴンナイトとかそういう称号だと思ってたら、普通に名前だったという辱しめ(;゜∀゜)誰かに話す前で良かったと心の底から安堵。(笑)

これも実話で人種差別問題も含んでいますが、奴隷ではないけど金持ちにこき使われる貧しい白人も自由軍側にいて、なかなか根深い。(´Д`)「ラビング」を見た人にはオススメしたいですね。あの問題の根源とも言える時代の話ですから。

奴隷が20人いる農場の長男は兵役免除ってさすがに南部( ノД`)クソみたいな法律だ。

南北戦争終結後、奴隷解放宣言のあともやっぱり強引な法律で奴隷を使ってたんだな(;´д`)選挙もあんな殺伐とした会場見たことないわ。(;・∀・)KKKの暗躍も見てて壁を殴りたくなる(*`Д´)ノ!!!そう考えると弱者、奴隷とはいえ数(選挙)の力ってのは権力(強者)には恐怖なんだな。(・・;)))

命令されることなく、平等に搾取されることがない世界を目指すとか今にも当てはまってるんだから、結局世の中は強者が牛耳ってるということか。

つまり一番恐れるのは弱者が立ち上がること。( ´△`)向こうは諦めて奴隷のように働くように、アレコレ仕掛けてきてるんだよ。((((;゜Д゜)))政治にまで気が回らないように。

というメッセージなんじゃないかと解釈してみる。

やっぱりマシュー・マコノヒーはひげ面もカッコいい。( ̄ー ̄)
Tak

Takの感想・評価

3.9
150年前、アメリカ南部。
差別、偏見のない理想郷を築こうとした男がいた。(実話)
>|