ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男の作品情報・感想・評価

ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男2016年製作の映画)

The Free State of Jones

上映日:2017年02月04日

製作国:

上映時間:140分

3.6

あらすじ

それは、14歳の少年の夢を砕いた1発の銃弾から始まった。時は1863年、南北戦争で二つに引き裂かれたアメリカで、ニュートン・ナイトは甥の遺体を家族に届けようと南部軍を脱走する。故郷で仲間の農民たちから農作物を奪う軍と衝突したニュートンは、追われる身となって湿原に身を隠す。そこで出会った黒人の逃亡奴隷たちと友情を築いたニュートンは、黒人と白人が一つになった前代未聞の反乱軍を結成し、自由のために立ち…

それは、14歳の少年の夢を砕いた1発の銃弾から始まった。時は1863年、南北戦争で二つに引き裂かれたアメリカで、ニュートン・ナイトは甥の遺体を家族に届けようと南部軍を脱走する。故郷で仲間の農民たちから農作物を奪う軍と衝突したニュートンは、追われる身となって湿原に身を隠す。そこで出会った黒人の逃亡奴隷たちと友情を築いたニュートンは、黒人と白人が一つになった前代未聞の反乱軍を結成し、自由のために立ち上がる──。

「ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男」に投稿された感想・評価

なつ

なつの感想・評価

3.8
黒人、白人混合の(奴隷解放)反乱軍を率いた実在の人物ニュートンナイト。
正しく、心優しく強く、恩地に長け、皆を統率するリーダーをマシューマコノヒーが演じたんだけど…。
魂が乗り移ったみたい、マシュー様て事を忘れてたよ。
“神の子”は、人の所有物ではない。
誰しも同じ人間である、こんな単純なことなのになぁ…。
ニュートンの子孫が黒人と白人の婚姻を巡っての裁判シーンが印象的だ。
今は、法的には“自由”だけど……
白人の有色人種への根強い偏見が残っている事に虚しさを覚える。
アメリカ史が好きな人向けって感じの映画🇺🇸
南北戦争とか奴隷制に関する映画いろいろあるけど、そんなこともあったんやなーと。

実話ベースだけあってハッピーな部分はほぼないし終始重い内容で楽しむというよりは勉強になる系。🖋

とりあえずアメリカ人にとってトウモロコシと銃がいかに重要なものかってことがよくわかった⚔️🌽
reiko

reikoの感想・評価

3.5
歴史は根深い。
歴史は悲しい。
歴史は強い。
久しぶりの真っ向勝負な映画。

マシューマコノヒー、演技を超えたなー。
マシューマコノヒーが見たくて。
今も昔もアメリカって人種差別キッついなーって感じだった。
皆同じ地球人なのにね。
南北戦争ゃリンカーンの奴隷解放を経ても尚、現代に至るまでアメリカに於ける差別ゎなくなってわいない

今作を見ても分かるように、どんな綺麗事の法律が出来ても、その裏でゎ憎悪と言ってもいいKKK的差別が形を変え存在するのだ!

「ダラス・バイヤーズ・グラブ」といい今作といい、マシューの体制に挑む者の演技ゎ板について、名優の趣さえ感じるようになったぜ🎵

(^^)v
ヒナ

ヒナの感想・評価

-
黒人差別の実話。
長かったけど差別問題は今でも続いてるんだな〜〜っていうのを上手く描いてました
ナギサ

ナギサの感想・評価

3.5
戦闘シーンがしっかりしている
後半も悪くは無いけど、冒頭が特に良い。

少し長いなーって思ったけどその分丁寧。
Walter

Walterの感想・評価

3.5
リアルで残酷な現実に目を背けたくなるシーンも多いが正義感の強いニュートンナイトの戦いと生き様に熱くなれる作品。
HidekiAndo

HidekiAndoの感想・評価

3.5
1862~1876年
ミシシッピ州ジョーンズ郡で起きた
事実に基づく物語


南北戦争時、南軍に従軍していたニュートン(マシュー・マコノヒー)は、甥のダニエルが戦死してしまった為、その遺体を故郷のミシシッピ州ジョーンズ郡に帰す為に戦場を後にするが、敵前逃亡の罪で追われる身となってしまう。
その頃のジョーンズ郡の住民達は南部連合当局から家の物を徴収され、貧困に喘いでいた。
そんな降りに、ニュートンの息子が高熱を出してしまうが、医者がおらず、イーキス農園の奴隷女性レイチェル(ググ・ンバサ=ロー)が治療にやって来て、事なきを得る。
また犬に噛まれた際にもレイチェルやモーゼスらに看病してもらい、脱走した奴隷黒人達と生活を送る中で、行われている戦争や法律に疑問を感じるようになったニュートンは、『ジョーンズ郡の自由民』を組織し、州に抵抗を始めるようになる…。

序盤の戦争シーンは結構グロいシーンもあったりしますが、そこ以外はニュートンの『自由への闘争』を、丁寧に描いていました。
ですが、ちょっと長いのと、間に子孫の人種問題も挟まれたりと、ちょっとダレ気味になるのも事実ですが、こういった事があった、という事を語る映画としては、問題提起もちゃんとあり、正統派な作品でした。
タイミング的に、先日のラスベガスでの銃乱射事件を思いだし、こーゆー風に『自由』を勝ち取ってきた国は、なかなか銃を手放せないのかな、とも考えてしまい、やるせない気持ちになりました。
korokichi

korokichiの感想・評価

3.6
最初のシーンから、最後まで
「生き方」が描かれた映画だった。
>|