ストーンウォール(2015年製作の映画)

Stonewall

上映日:2016年12月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:129分
    監督
    ローランド・エメリッヒ
    脚本
    ジョン・ロビン・ベイツ
    キャスト
    ジェレミー・アーヴァイン
    ジョニー・ボーシャン
    カール・グルスマン
    ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
    ジョナサン・リース=マイヤーズ
    ジョーイ・キング
    ロン・パールマン
    マット・クレイヴン
    デヴィッド・キュービット
    アッティクス・ミッチェル
    ジョアンヌ・ヴァニコラ
    アンドレア・フランクル
    マーク・カマチョ
    あらすじ
    インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部屋に住まわせてもらい、常に陽気に歌って踊りな がらたくましく生きていく仲間を得て、この街で身を寄せ合い暮らす様々なゲイやレズビアン、ドラァグクイーンや、政治活動家のトレバー(ジョナ サン・リース・マイヤーズ)と出会うが...。

    「ストーンウォール」に投稿された感想・評価

    ゲイは病気だ、雇うな、酒出すな、と法律が言う。

    「昔の話」のようだけど、
    たかが40年前の話なんだよなー
    と考えるとショッキング。
    アメリカでも同性愛者が集まることを禁じ犯罪とされていた時代がある。現在も77カ国で同性愛が禁止されているという。アメリカは革新的である一方、ホモフォビアが根強くあるため法整備をしなければ抑えられないという実情もある。当事者以外の、本能的な意思を根本的に変えることは難しい。

    日本は、ようやく2020年の東京オリンピック開催をきっかけに、LGBTの報道が多くなっているように思う。残念ながら、日本はただ話題にし始めたばかりで、どう扱ったらいいのかもよく分かっておらず、腫れものに触るような風潮であるのは如何なのか。「オネエ」と 雑に一括りにして扱うTV番組などを目にするとそのエンターテイメントの稚拙さに、日本人として恥ずかしい思いになる。

    『ストーンウォール』 本作は1969年、約「半世紀前」の出来事が元になっている。
    ゲイ解放に向けた ストーンウォールの反乱 を史実に基づいて再現したストーリー。LGBT映画はよく見るが、その迫害の歴史に焦点を当てた映画は実は初めて。

    主人公が架空であったりホワイトウォッシュされてたり、トランスジェンダーが描かれていないことに対する不満は、デリケートにすべきトピックだったこともわかるし、異性愛者から見た同性愛者の像が写し出されているのでは?、という怒りもわかるが、
    この映画がLGBTについて深く知らない異性愛者に向けて作られたものだとするならば、私はこれでよかったんじゃないかな?と思った。映画はニュースではないし。当事者じゃないからなんとも言えない


    主人公をスクリーンでわかりやすくはぐれ者にするために、ああいった白人青年にしたんかな、と思った。全体的に薄暗いスクリーンにとても映えてた。

    彼が心を開いていく様子、ゲイである自分たちに対する様々な見解を聞き、自分たちは本当にはぐれ者か?普通じゃないのか?と自問自答を続け、あっちへこっちへフラフラし続ける。そしてその結果、自分たちの権利のために戦う決断をするまでの流れはすごくわかりやすかったし、彼の支えとなっていた魅力的な存在のレイを「姉」と形容するシーンもとても好きだった。恋愛を超えた深い愛でずっと結ばれてますようにと思った。

    現代のLGBT差別が今も尚続いていることをはっきりと伝えてくれた。

    涙が止まらず、今もなんといっていいかわからんが、心にズシンときて、ジーンとしみる映画でした
    1969年にニューヨークで起きたLGBT解放運動=通称〝ストーンウォールの反乱〟を基にしたドラマ作品。

    今やLGBTである著名人を多く見かけるようになったものの、当時は同性愛自体が犯罪であり同性愛者は社会的差別を受けていた。
    そんな時代に反旗を翻した〝彼女達〟の生き様を痛烈に描いている。

    マイノリティーであることに葛藤する主人公ダニーや、男娼としてしか生きる道がないと嘆くレイを見てると、自分自身に正直に生きることを社会から否定される苦しみ、人としての正しさを強制する社会の仕組みへの疑問が尽きない。

    LGBT映画というと重苦しい雰囲気があって後味も苦いイメージがあったけど、本作はテーマこそ重いもののLGBT問題を割とライトなタッチで描いていて、鑑賞後の印象は爽やかだったかな。

    女装系ゲイのレイが端正な顔立ちでめちゃくちゃ美人!
    その他の仲間達もキャラ立ちしてて楽しかった。
    ローランド・エメリッヒの社会派作品ってのも驚いたけど、何より驚いたのがロン・パールマンが出てたこと。笑
    しかもモデルになった人とそっくり!
    やっぱ悪人面ですわ、、笑

    テンポが良くて色んな感情が次々に湧き上がるのでおもしろかった!
    また観たい!
    こういうのみてるとなんていうか、
    人間社会の根本的なところに対して疑問を持つ。
    同性愛者迫害の歴史とストーンウォールの反乱について勉強になりました。

    彼等の生き生きとしたパワフルさと、社会から追い込まれた現実的な生き辛さや葛藤がわかりやすく描かれており切なかった。

    あの肩を組んでのダンス、めっちゃ好きです。

    主人公が史実と違ってシスジェンダーのイケメン白人男性だった事でかなりの反感をかってボイコットの署名運動とかまで発展したらしいです。

    史実を知らないから全然違和感なくみれたけど、史実を後で知って史実に忠実な配役ならどんな作品になってたんだろうとも思う。

    このレビューはネタバレを含みます

    失うものがないってすごい
    ホワイトウオッシュの事はあとから知った。見たあとに実際の事件と違和感を感じたので調べてみたら、少し違うようで、その違いがホワイトウオッシュと言われてるのだと知った。
    確かに史実を元にした作り方をしてるし、ストーンウォール事件がLGBTにとってどれだけ大切なものかを考えると、うっかりでは済まされないミスだと思う。最初から完全にフィクションとして"ストーンウォール"の名前も使わなければよかったはずなのに。巨匠ゆえの傲慢と言われるのも仕方ないかな、と。
    ただ、LGBTのことを知るキッカケとしてはよくまとまってる。ありがちな過度な暴力やセックスシーンは少ないが、LGBTの受けてきた迫害の様子や、当時のアメリカの世論を描写できてるし、何より若手役者の熱演が良い。ホワイトウオッシュの件で見ない、のは残念だと思う。
    ローランド・エメリッヒの自伝的な要素をあるのかな、と。
    1960年代
    同性愛は病気と言われ
    同性愛者への差別
    暴力
    それと戦う
    同性愛者の人たち
    最低の毎日を送っているけど
    明るくて
    怒りもするけど
    やっぱり
    笑っている
    それでも
    やがて
    暴動へ

    自分を生きる
    それは
    なかなか難しい
    親が望む
    誰かが望む
    自分を生きてしまうから
    そして
    そのことに気づきもしないまま
    ただ
    時間だけが過ぎていき
    いつか
    死ぬのだ

    同性愛者で生まれたのなら
    違和感を感じ
    必死で
    自分を生きようとするだろう

    自分らしく生きていいのだ
    社会がそれを弾圧しようとするのなら
    煉瓦を投げつけろ!

    自由の為に戦え!

    レイがほんと最高!
    妹がかわいい
    あんなおにいさん想いの妹欲しい

    みんな演技上手だったなー
    ゲイパワー!!

    史実に基づく今作品
    最後の文章
    全米の若いホームレスの4割は
    LGBTの人々である
    また77カ国で
    同性愛は犯罪とされている

    まだまだ
    苦しんでいる人たちがいる
    それを知れ!
    >|