ストーンウォールの作品情報・感想・評価・動画配信

「ストーンウォール」に投稿された感想・評価

シロ

シロの感想・評価

2.3
たった半世紀前、そして今でも続くこのLGBTQへの差別には疑問しかわかない。さっき見た「ジュディ」とも繋がっていて妙な縁を感じた。その映画の中でジュディが「世間は自分と違う人間を排除したいだけよ」と言っていたけど本当にそう思う。彼らには自由を与えられず、ろくに職にも付けなかった。あって当たり前の人権を主張するために戦っていた人たちをいたことを忘れないでいたい。
chi

chiの感想・評価

3.2
LGBTQと社会の歴史を知る。これが後にレインボーパレードになるのかな。

選択肢がないという言葉が印象的。ゲイだから政府系機関に就職できない。ゲイだから解雇される。ゲイだから警察や社会の人々から暴力を受ける。
こうやって抗議してきた人たちのおかげで社会は変わりつつあるんだろうな。行動すれば、It will be better。日本も変わらなくてはいけないと私は思う。

話はあまり面白くはない。
norika

norikaの感想・評価

4.1
ゲイというだけで精神疾患扱いされ、警察に捕まったりする時代…
他に方法がなかったのかもしれないけど、暴力に訴えかけるのが悲しかったな…

ダニーにとって妹の存在がどれだけ救いになったか!!
Ryosho

Ryoshoの感想・評価

3.5
法律がマイノリティを貶めることによって、そのマーケットでギャングが金儲けしている。そんな歯痒い世界。

本当ならカテゴリー化などできないはずの存在を一絡げにしてるから、それを私利私欲のために利用しようとする人も生まれる。(今でもただそれらが昔より細分化されただけのような気もした。)

鑑賞したあと、この作品が内容以上にキャスティングの批判(反乱の口火を切ったのは実際は白人じゃないことなど)からボイコットキャンペーンに関することが取り上げられているのを知って、ストーンウォールはまだまだ終わってないなと思った。
現代でも「全米の若年層ホームレスの内40%はLGBT」って事実にもそう感じさせられた。
yukko

yukkoの感想・評価

2.5
レイが綺麗な青年だなと思って観ていた。50年前に起きた実話ベースとは知らなかった。
阿萌

阿萌の感想・評価

3.6
この映画だけでストーンウォールの史実を学ぼうとするのは違うかなと思った。ゲイメインでフォーカスされてるから、それ以外の人たちについては自分で調べて補完しなきゃだなあ。

レイ中性的で綺麗だった。
chaooon

chaooonの感想・評価

3.6
プライド月間の起源となった「ストーンウォールの反乱」を描く今作を鑑賞🎬

1969年6月28日、NYのゲイ・バー「ストーンウォール・イン」での暴動に端を発して、3日間に渡る抵抗運動となった「ストーンウォールの反乱」
この事件をきっかけにゲイの市民権を求めた解放運動が各地で興った🏳️‍🌈

事件の概要やパレードの起源をお勉強!
と思って見始めたけど、思ったほど「ストーンウォールの反乱」の部分は描かれてなくて、当時のLGBTQコミュニティの若者たちの姿がメインって感じだったな🤔

ゲイだと田舎の地元で明るみになり、親からも見放されたダニー。
大学進学という名目で、家族から逃げるように単身NYへ飛び込むも、現実はそう簡単はいかず。
そこで出会ったLGBTQの仲間たちに助けられ、親交を深めながら成長するストーリーが主軸。

主人公のダニー役はどこかで見た事あると思ったら、『戦火の馬』であどけない感じだったジェレミー・アーヴァイン✨

ダニーと関係を深めていくレイ役のジョニー・ボーシャンは、女性的かつ男性的な魅力の両側面があるミステリアスな雰囲気でとても惹かれました🥰
(現在の写真をネット検索したら、髭面でだいぶイメージ違ってややショック😇)

ジャケ感じだとダニーとレイの2人のラブロマンス風に見えるんだけど、そういうわけでもない😇

ケイレブ・ランドリー・ジョーンズが出てくると、なんかつい構えてしまう!
今回もインパクトあるゲイ役にドギマギしてしまうww

ゲイ・アイコンとしても有名なジュディ・ガーランドを慕うセリフも多数登場🌈
暴動の起因の一つとされる同月のジュディ・ガーランドの死も出ては来るけど、特に大きく取り上げられることもなく、そこもサラリ。

ダニーはあくまで架空の存在であるんだけど、「ストーンウォールの反乱」の発端となる出来事のかなり当事者的扱いで物語が進行する🤔
少年の成長譚と、史実を混ぜこぜで、事実と違うという指摘がありこの辺は賛否あるようですね😂

そもそも「ストーンウォールの反乱」自体もゲイ解放運動のきっかけのひとつだけど、この反乱に多くのトランスジェンダーが加わっていたことも明らかになっていて、さまざまな性的少数者による反乱を「ゲイの手柄」にしてしまう歴史解釈自体が批判されてるとのこと。
うーむ、何やら複雑🤔
とりあえず歴史について、知るきっかけになってよかったかな😋
0310xx

0310xxの感想・評価

4.0
歴史を知ることができた
家族との関係はリアル感あり
1人の人として生きること
ルフゥ

ルフゥの感想・評価

4.0
架空の主人公を作り上げ、実際に活躍した人たちは隅に追いやられているなど色々と批判があるらしいが、僕はこの作品を通してストーンウォールの反乱を始めて知ることができたから良かった

知らなかった歴史上の出来事を知ることができる良い映画だと思う
なんか最後すごいきれいにまとまったけど、当時社会から性的マイノリティとして括られていた人たちが解放運動の中で一枚岩だったわけじゃ決してないし、LGBTの権利向上のために声を上げ続けてきたトランスジェンダーたちの功績を(ストーンウォールの反乱すら)透明化して運動を自分たちのものにしようとするゲイがいたってこともちゃんと描かなくちゃフェアじゃないでしょ

ともすれば「差別もダメだけど暴力もダメだよね」って思わせちゃうような描き方だったし、反乱を扇動する架空のキャラクターに白人男性を据えるのも本当に意味が分からなくてげんなりした
>|

あなたにおすすめの記事