ひと夏のファンタジアの作品情報・感想・評価

ひと夏のファンタジア2014年製作の映画)

한여름의 판타지아/ Midsummer's Fantasia

上映日:2016年06月25日

製作国:

上映時間:96分

3.9

あらすじ

”夢の映画”をめぐる、ささやかな恋と無限の映画の物語。 第1章 韓国から奈良県五條市にシナリオ・ハンティングにやってきた映画監督のテフン。彼は日本語 を話す助手のミジョンと共に、観光課の職員タケダの案内で町を訪ね歩く。古い喫茶店、廃校、 一人暮らしの老人の家......インタビューを通し、寂れゆく町にも人々の営みを感じたテフンは、 旅の最後の夜に不思議な夢を見る。目覚めたとき、窓…

”夢の映画”をめぐる、ささやかな恋と無限の映画の物語。 第1章 韓国から奈良県五條市にシナリオ・ハンティングにやってきた映画監督のテフン。彼は日本語 を話す助手のミジョンと共に、観光課の職員タケダの案内で町を訪ね歩く。古い喫茶店、廃校、 一人暮らしの老人の家......インタビューを通し、寂れゆく町にも人々の営みを感じたテフンは、 旅の最後の夜に不思議な夢を見る。目覚めたとき、窓の外には花火があがっていた...。 第2章 韓国から奈良にやってきた若い女性ヘジョン。彼女は五條市の観光案内所で知り合った柿農家 の青年ユウスケと共に、古い町を歩き始める。ユウスケは徐々に彼女に惹かれるようになり...。 

「ひと夏のファンタジア」に投稿された感想・評価

一人になってから祭で焼き鳥食べるの胸にくる。五條市が呼んでいる。
奈良県五條市を舞台に2部構成で、一部はモノクロ!二部はカラーと一風変わったドキュメント風な作品。

前半は町案内っぽくて⁇とにかく寂れた田舎町の風景!自分の住んでいる町を観てるよう。
殆ど全編通して静かで穏やかに…眠くなる。
しかし後半の韓国人女性と地元の青年の切ない恋は地味だけど良かった!けれど、おススメはしません。f^_^;
AiUmemoto

AiUmemotoの感想・評価

4.0
どんなところ?
と聞かれれは
ほんとになんにもないところ。
としか答えれないような場所。
そんな奈良県五條市を舞台に韓国人という少しのスパイスを足して静かに流れていく映画。

1部と2部がリンクしていて、面白い演出でした。
2部は劇的な展開はなく、
出会い、そして当然の流れで別れが訪れる切ない恋の話。
気持ちを探りあう感じや、相手の言葉をまっている感じがとても自然でリアル。

何もないことが映像から常に感じとれて、だけどそこには人が暮らしている。
そんな場所で訪れる夏のお祭りの花火はより鮮明なきらめきをたたえているように見える。

見知った場所は確かに私の故郷だ。
諦めと懐かしさと思い出がある五條市をそのまま撮ってくれた素敵な映画でした。
矢口

矢口の感想・評価

3.8
台本を書くための取材に韓国から奈良県五條市を訪れた映画監督のテフンと助手のミジョンを、市の観光課に勤めるタケダが案内する(第1章)。韓国から奈良へ足を運んだヘジョンは、観光案内所で柿農家のユウスケと知り合い、共に五條の町を散策する(第2章)。
奈良県五條市を舞台に、人々の偶然の出会いがもたらす物語を映し出す。
(yahoo!映画より)
水の街

水の街の感想・評価

4.3
君がいた 夏とさよなら 遠花火。奈良県五條市に韓国からシナリオハンティングに来た映画監督、ドキュメントタッチの第一章から生まれた、第二章の恋物語と勝手に解釈。異質な二部構成の深み、日本語の選び、肉眼で見ているような景色、と優秀に。時のとまった町にそよぐ、ささやかな恋が、儚さだけではない何かを残していった。
完璧、というにはスキの多い作品だとは思うけど、でも完璧。音楽も良い。
河瀬直美さんが関わってると知ってなるほどな、って思った
KIHO

KIHOの感想・評価

3.5
うーん!切ないなぁ!!!
まさに「ひと夏のファンタジア」!!!

珍しい2部構成。前半と後半がリンクした面白い脚本の映画です。

第1部は韓国出身のこの作品の映画監督が通訳さんとともに奈良県五条を訪れ、地元の人と触れないながら、映画の構想を探っていく話。おそらく一部の出演者は現地の人をキャスティングしたようでドキュメンタリー風。

第2部は五条にやってきた韓国人の女性と、現地の日本人男性の切ないひと夏のロマンス。この後半がこの映画の本編と言えるでしょう。今流行りの素人っぽい自然な演技で少しずつ仲良くなり、当然のように別れの時が来る。ロマンチックな大恋愛ではなくて、明日我が身にも降りかかりそうなひと夏の思い出は、余計に切なさを掻き立ててくれます。(最後の男性と女性のやり取りは自分の過去にも同じような経験があって、やられてしまいました。)

1部で訪れた場所やインタビューした内容が、第2部のお話とリンクしているところから、おそらく1部は本編であるロマンスパートのメイキング的な役割を果たしていると思います。

前半と後半がリンクしていく演出は面白くて監督さんはきっとセンスの塊のようなひとなんだと思いますが、1部が45分。2部も45分。なぜ1部に本編と同じだけの時間をかけなければならなかったのか?きっとそこには、五条に魅せられた監督さんの「五条愛!」が詰め込まれているんだと思います。

、、、が、その五条愛!を僕が見たかったかというと、、、なくてもよかったかな。
五條をドキュメンタリーっぽく撮影したモノクロの第1部、同じ場所でビフォアサンライズみたいな出会いをテーマにしたカラーの第2部という不思議な構成。

どちらも場の空気感がめちゃくちゃリアル、1部から2部への流れで人や町そのもののよさと映画ってものがうまく混ざってた。タイトル通り、その瞬間だけ感じることができるって現実でもあるなぁとしみじみ。

ゆっくりゆっくり流れてるから好き嫌い分かれそう、でも自分はすごい好き。
Ryoko

Ryokoの感想・評価

4.2
旦那の祖父母の家が吉野にあるので、帰省のとき五條市は必ず通ります。江戸時代のような家屋、石畳みの小道など昔にタイムスリップしたような気になる不思議な街です。五條新町通り、五条駅、吉野川、天誅組の看板など訪れたときに見た場所が映画に出てきたのでテンション上がりました。五條、良いところだなとあらためて思った。
韓国人監督の作品ですが、奈良出身の河瀬直美監督がプロデュースしてるとのこと。
五條市の魅力がたっぷり描かれてる。細部まで演出が行き届いており、出演してるエキストラ的な人たちは本当に地元の人なんだろうな。方言(話し方)がおじいちゃん、おばあちゃんと一緒!(笑)
有名な俳優を使わなくてもお金をかけなくてもこんなに「日本」を美しく切り取れるんだなと感心してしまった。
映画は五條市の各所を訪れながら、会話を通して話しが進んでいく。台詞っぽくない、自然な会話がとっても心地よい。

映画は、2章に分かれている。
1章目は映画撮影の下見のために訪れた韓国人監督と通訳の女性が五條に住む人たちにインタビューをしていくドキュメンタリータッチの話。2章目は、韓国人女性と五條の観光案内所で出会った日本人男性の2日間のふれあいを描く。
特に2章目は、女性が話す片言の日本語と男性の話す優しい日本語の響きが、体に心地よく染み込んでいく感じだった。日本語という言語の奥行きを感じる。言葉の深み、行間を読む、少しずつ心を通わせていく感じ、よいなぁ。
日本人男性の質問の投げ方とか恥ずかしそうにさりげなくストレートに気持ちを言う感じとかとても良いんですよ。惚れちゃいそう。最終日の夜、核心に踏み込むシーンとかもう心臓がドキドキで、その後の展開もとっても気に入った。
ビフォアシリーズ好きな人ならきっと好きになると思う。
>|