ひと夏のファンタジアの作品情報・感想・評価

ひと夏のファンタジア2014年製作の映画)

한여름의 판타지아/ Midsummer's Fantasia

上映日:2016年06月25日

製作国:

上映時間:96分

3.9

あらすじ

”夢の映画”をめぐる、ささやかな恋と無限の映画の物語。 第1章 韓国から奈良県五條市にシナリオ・ハンティングにやってきた映画監督のテフン。彼は日本語 を話す助手のミジョンと共に、観光課の職員タケダの案内で町を訪ね歩く。古い喫茶店、廃校、 一人暮らしの老人の家......インタビューを通し、寂れゆく町にも人々の営みを感じたテフンは、 旅の最後の夜に不思議な夢を見る。目覚めたとき、窓…

”夢の映画”をめぐる、ささやかな恋と無限の映画の物語。 第1章 韓国から奈良県五條市にシナリオ・ハンティングにやってきた映画監督のテフン。彼は日本語 を話す助手のミジョンと共に、観光課の職員タケダの案内で町を訪ね歩く。古い喫茶店、廃校、 一人暮らしの老人の家......インタビューを通し、寂れゆく町にも人々の営みを感じたテフンは、 旅の最後の夜に不思議な夢を見る。目覚めたとき、窓の外には花火があがっていた...。 第2章 韓国から奈良にやってきた若い女性ヘジョン。彼女は五條市の観光案内所で知り合った柿農家 の青年ユウスケと共に、古い町を歩き始める。ユウスケは徐々に彼女に惹かれるようになり...。 

「ひと夏のファンタジア」に投稿された感想・評価

じえり

じえりの感想・評価

2.5
好きになれない部類の映画
意味がなくダラダラしてる
五条というところが分かっただけ良かった
ユタ

ユタの感想・評価

4.2


プロット云々以前に、まず五條という町を魅力的にとってるのが良い。五條市以外でもいろんな土地で撮ってるのが見たい。

一部が韓国の映画監督が五條にシナリオハンティングに来る話、二部が、その監督がどんな映画を撮ったのか?という流れ。

一部の主人公映画監督だし男女が飲んでだらだら語り合ったり、確かにセックスのないホン・サンス感も多少あるけど、良い意味でもっとライトでオープンな感じだし、なによりタイトルの通りファンタジー。
切ない映画だけど、それは悲しいからじゃなく、やがて消えゆく夢に想いを馳せてるような。
日本的な情感を韓国人の監督が撮れるんだ、っていうのが驚きだった。

儚げで、軽やかさもあるけど、一部で五條の土着的な部分を描写してるおかげで、五條っていう町が映画の根っこにどっしりとあるから、ただのフワフワした夢になってないのもよかった。

最後の花火の使い方が良いんだよな〜。
もっとたくさんの人にみて欲しいです。

夏の魔法をかけてくれます。
カツマ

カツマの感想・評価

3.9
打ち上げ花火のようにパッと咲いては消えていく。2人の刹那的な瞬間に恋い焦がれるひと夏のファンタジー。ナチュラルな恋愛模様をそのまま画面に焼き付けた、言うなればアジア版ビフォアサンライズ。旅先で出会う恋はいつの頃もドラマチックで、そのエンドロールの先にある物語を想起してやまない。

この作品は2部構成になっていて、モノクロの1部では韓国から来た映画監督が助手と共に奈良の五條市へと映画の視察に訪れる。ドキュメンタリータッチのフィクションで、この1部に出て来た監督が2部を撮っている、という印象を受ける。
2部ではひとり旅で五條市にやってきた韓国人女性が、地元の柿農家の男性と少しずつ親密になっていく、というお話です。

実は2部の会話劇のほとんどは即興で、あのナチュラルでどこか恥ずかしい恋愛模様は実際に演者2人が親密になっていく過程をも映し出している。1部の市職員のタケダと2部の柿農家のユウスケ、そして1部の監督の助手と2部のひとり旅の女性、これらは一人二役で同じ俳優さんが演じる。
素朴な恋愛模様なのに、設定は奇跡のような確率。普通なのに普通じゃない。素朴なのにロマンチック。あの花火を2人で見れる日が、きっと来る、それも一つの未来。
マァマァ面白かった。

全体的にホン・サンスのマネ感凄くてなー。

前半の白黒パートから後半のカラーパートに花火をきっかけに変わるのだが、きっかけのアイテムが花火ってなんか面白みがないな。と思ってしまった。
夜の人気のない通りで自転車とすれ違うところは最高だ!

主演の女がもっと可愛かったらなー…

後編の、男女がカメラに向かって延々と歩くとこの長回しは結構好き。
周りの民家がミニチュアみたいな感触で撮られている。
演技が凄く自然だなぁと思って最初は惹き込まれたけど、話に波が無くて途中で飽きてしまった。
恋愛模様も全然共感出来ず。口説き方が何か男らしくない感じで、見てて嫌だった。
M.K.

M.K.の感想・評価

1.9
んー、なんか既視感のある映画というか…前半のモノクロな感じとか、物語性を排除した人々の語りでモチーフを浮き彫りにしていく感じとかちょっと作り込み感が気になって没頭できなかった。

紡がれる会話とか、出会いの文脈とか。
どれも自分にはファンタジックに感じることはできなかった。

景色はどれも素敵。
それだけに残念。それともレトロと残念な現代の和え物がファンダジアなのかな…。
一人になってから祭で焼き鳥食べるの胸にくる。五條市が呼んでいる。
奈良県五條市を舞台に2部構成で、一部はモノクロ!二部はカラーと一風変わったドキュメント風な作品。

前半は町案内っぽくて⁇とにかく寂れた田舎町の風景!自分の住んでいる町を観てるよう。
殆ど全編通して静かで穏やかに…眠くなる。
しかし後半の韓国人女性と地元の青年の切ない恋は地味だけど良かった!けれど、おススメはしません。f^_^;
AiUmemoto

AiUmemotoの感想・評価

4.0
どんなところ?
と聞かれれは
ほんとになんにもないところ。
としか答えれないような場所。
そんな奈良県五條市を舞台に韓国人という少しのスパイスを足して静かに流れていく映画。

1部と2部がリンクしていて、面白い演出でした。
2部は劇的な展開はなく、
出会い、そして当然の流れで別れが訪れる切ない恋の話。
気持ちを探りあう感じや、相手の言葉をまっている感じがとても自然でリアル。

何もないことが映像から常に感じとれて、だけどそこには人が暮らしている。
そんな場所で訪れる夏のお祭りの花火はより鮮明なきらめきをたたえているように見える。

見知った場所は確かに私の故郷だ。
諦めと懐かしさと思い出がある五條市をそのまま撮ってくれた素敵な映画でした。
矢口

矢口の感想・評価

3.8
台本を書くための取材に韓国から奈良県五條市を訪れた映画監督のテフンと助手のミジョンを、市の観光課に勤めるタケダが案内する(第1章)。韓国から奈良へ足を運んだヘジョンは、観光案内所で柿農家のユウスケと知り合い、共に五條の町を散策する(第2章)。
奈良県五條市を舞台に、人々の偶然の出会いがもたらす物語を映し出す。
(yahoo!映画より)
>|