正しい日 間違えた日の作品情報・感想・評価

「正しい日 間違えた日」に投稿された感想・評価

台湾映画を観ようと思って借りたら、苦手な韓国映画だった。
確認不足。

間違いを探せみたいな恋愛映画で、特に見どころはなかった。
韓国人特有のすぐスイッチが入って怒るというのは、ここでも健在。
差別はいけないけれど、苦手なものは仕方がない。
これをきっかけに、また韓流映画から遠ざかるな···。
もー

もーの感想・評価

3.2
水原へ特別講義に来た映画監督が偶然ある女性と出会う話。

前半と後半で同じ日が2パターン描かれる。
少しのタイミングやセリフの違いがどういった結末を導くのかよくわかる作品。

鑑賞して分かったのは、
思った事を正直に、そしてそれを誠実な姿勢で、自分の口から伝える。ことが大事だという事。
当たり前のようで難しい。
あと悪酔いは絶対ダメ。絶対・・・!
Vega

Vegaの感想・評価

3.7
「あの時は正しく今は間違い」と「今は正しくあの時は間違い」
正しく選ぼうとしてもうまくいかなかったり、結局何が正解なのかいつまでもわからないってことかしらん。不条理ですね。

一度でいいから酔ってキム・ミニになってみたいが、私の立ち位置はカフェで待ち合わせするオンニでしかない人生です。
tori

toriの感想・評価

3.5
「バタフライエフェクト」的なあの時ああしていたらああなった
という劇的違いを期待していたが全然違った

ああしていたらと後悔することもあるが、
現実は案外こんなもんかも知れない
ふじう

ふじうの感想・評価

3.0
2019年123本目

前半も後半もあまり大差がない気がする。
確かに、噂や事実を第三者から聞くのはいい気分じゃないけど。。。
あれほど重みのない「可愛い」は初めて聞いた( ´∵`)

監督の髪型気になるわあ なぜそこから分ける( ´∵`)?
この(作中の)監督あんまり考えに深みが無いな。言ってることも何かペラいし。何にでも当てはまりそうなそれっぽいこと言ってるだけで全然響かない。
最終的には「かわいい」「愛してる」を連発。口説くことしか考えてないんだな。まぁ実際口説きたいんだろうけど。なんか凄い、出会い厨のオッサンみたいでした。

そしてこれ、タイムリープものなのかな?
1巡目と2巡目で、変わったことは監督への印象だけなのか?なんか俺、恋愛映画だと思ってたんですけど。もっと色々できたんじゃないのかこれって感じまして。
この監督の他の作品を知らないのでちょっと要領掴めないんですけど、取るに足らない些細な日常や人間関係を切り取る作風の人なんですかね。
そういう系は嫌いじゃないですが、お世辞にもこの作品は好きとは言えませんね。ちゃんと見てたハズなのに何も残らない感じ。ちょっとガッカリしました。
しもむ

しもむの感想・評価

4.0
じ日を舞台にほんの少しのタイミングや些細な事が違ってたらどうなるか…を描いてるという点で「スライディング・ドア」を連想したけど、全然ほんわかとした可愛らしい作品だった。

夜の浜辺~でも書いたけど、この監督の作る作品は本当、居心地が良い。
観る事を強制せず自然とそこに佇んでる感じが、何とも良い距離感。
居心地良すぎて、実は前半少し眠ってしまったよ…. .
.
あの酔った感じは男から見ても可愛いと思う。あんな感じにストレートにこられたら気持ちもほだされるのかね、あの素直さは見習いたいわ。
ただ、やってる事はかなりズルいとは思うけど。

ラストも何ともロマンチックなシチュエーション。
tiger

tigerの感想・評価

3.9
ホン・サンスはいつもてきとうさと、計算高さのバランスが絶妙だなと思う。
個人的には突然服を脱ぎ出すところが好きです。
kenji

kenjiの感想・評価

4.0
いやいやそれ妄想!ざけんなー!って思うとこも正直あったけど、大変気持ちのいい良い映画でした。
自分の生理で暴走するのはやっぱあかん事なんだと、酒を飲むにもこれからはちゃんと周りとか相手とかを思いやる事が得るものがあるんだと、そんなことでなにかを失うのはつまらないことだと、当たり前のことなんですが反省しました。
KanKawai

KanKawaiの感想・評価

4.0
2015年 ホン・サンス監督作品。自身の映画上映と講義の為に1日早く訪れた町で魅力的に女性と出会う映画監督。同じ設定と登場人物で2度繰り返される実験的要素のある作品。微妙にキャラクター設定と台詞を変えることで全く異なる印象がある。
>|