溺れるナイフの作品情報・感想・評価

溺れるナイフ2016年製作の映画)

上映日:2016年11月05日

製作国:

上映時間:111分

3.3

あらすじ

「溺れるナイフ」に投稿された感想・評価

キウチ

キウチの感想・評価

4.0
やーーー!!もうなにより重岡大毅が素晴らしい!主人公より重岡大毅ばかり見てしまった、重岡大毅最高。内容は思っていたより普通でした。
IKA

IKAの感想・評価

3.0
話はそんなに面白くないが小松菜奈と菅田将暉が凄く絵になる。あんなに金髪が似合う人いない。
くずは

くずはの感想・評価

2.0
端折りすぎ、というかあえて見せてない演出?なのかな?が多くてたぶん視聴者に伝わってない…。主演2人の掴みどころのないキャラクターより脇役2人がとても良かったなあと思った、大友くんの存在で映画がギリ持ってたかなあ…。
予算や時間がなかったらしいが、もう少し遠景長回しのカットをうまく割ったりとかがあれば多少違って見えたかもしれない。

窓際の席に座ってるコウのカットはこの映画の中でいちばん美しかったです。
Saako

Saakoの感想・評価

4.0
原作見てる人からしたらどうなのか分からないけど結構好きだった。
確かに話飛んでよくわからない部分もあったけど、衝動というか何かしなきゃって思いにもさせられた。
まゆ

まゆの感想・評価

3.2
菅田将暉と小松菜奈ちゃんかとりあえずめっちゃ美。

狂い切った愛すぎて
難しかったけど
重岡めっちゃ可愛くて
素敵でした。


65
鈴

鈴の感想・評価

4.3
はぁ〜、まだこういうの好きなんだよ〜。

構図と、絶妙な間、あと一歩間違ったら弾けて消えそうな、危うい主演2人のビジュアルと熱量。
以上三つが最高であるポイント。
原作漫画は読んだことないけど、どことなく小説的に描いてほしい瑞々しさとストーリー。

具体的に以下メモ。
核心には触れてないけどセリフ引用。

椿の蜜を吸うシーン。
視覚的に美しすぎる。ポストカードにしたい。バイクで通り過ぎるコウちゃんの目付きまででこのシーンが完成。
濃紺の中に一本だけ紅が塗ってある爪に「椿が咲いとるみたいやの」という大友の屈託のなさ。こそばゆい。幸せがこそばゆいんじゃ。
「なんでもしてやりたいんじゃ」という大友のセリフとその後のコウちゃんの「なにもしてやれんのじゃ」が対比される。
ベタだけど二人の男が何かによって対比されるの大好き。

コウちゃんを港で見つけて少しずつ追いかけるシーン。
長回しだからこそ伝わる空気感。最後はコウちゃんが駆け出して、夏芽が先に船に飛び乗る。
常に二人ともなに考えてんの、とハラハラしてしまう。入り込めない空気。
この映画のためにめっちゃ痩せたのでは? と思われるガリガリの菅田将暉くん。白い首。上下する喉仏。手を触れたくなるのもわかる。
主演2人のビジュアルもあいまって、紛れもなくコウちゃんと夏芽は「特別」なんだなとモブ目線で観れる。

最高!
A

Aの感想・評価

3.1
原作未読で内容はよく分からない部分もあったけど、総じて映像が美しく、田舎の自然の中であの2人だけがどこか別の世界にいるような、何か特別な2人の関係性が表現されているように思った。

ファンタジーとさえ思えるほど浮いていて、劇中歌が映像とかけ離れたように感じるいびつさもがまたこの独特の世界観に観る人を惹きつけているように感じた。
役者が皆素晴らしかった。
Ayano

Ayanoの感想・評価

3.5
べたなラブストーリーかと思いきや
最後までつかめそうでつかめない独特な世界観が良かった。

それにしても菅田将暉と小松菜奈が美しかった、、
特に最後のシーンがかわいかった、、
hina

hinaの感想・評価

4.8
菅田さんやばいぐらいかっこいいけど
内容おもろない終わり方変
りりー

りりーの感想・評価

1.5
原作知らないけど、
話もカメラワークも好みじゃない。
音楽は映像と合ってない気がする。

とにかく菅田将暉がみたかっただけだったから、海に落ちてくとことかキスするとことか綺麗でそこだけはよかった。
ほんとに神だった。金髪色白の儚げ少年最高!

全く理解できなかったのは、追いかけっこしてるシーン。それも何回も、、
あと、船に乗ってるシーン。アテレコだな~って感じだし、なんか不自然。
>|