リザとキツネと恋する死者たちの作品情報・感想・評価

リザとキツネと恋する死者たち2014年製作の映画)

Liza, a rókatündér/Liza, The Fox-Fairy

上映日:2015年12月19日

製作国:

上映時間:98分

3.5

あらすじ

1970年代のブダペスト。日本大使未亡人の看護人として住み込みで働くリザの心のよりどころは、日本の恋愛小説と、リザにしか見えないユーレイの日本人歌手、トミー谷。彼の軽妙な歌声が孤独な毎日を忘れさせてくれていたが、30歳の誕生日、恋愛小説にあるような甘い恋に出会うべく、リザは意を決し、未亡人に2時間だけ外出許可をもらう。だが、その間に未亡人が何者かに殺害され、さらに、その後も彼女が恋した人が“死者…

1970年代のブダペスト。日本大使未亡人の看護人として住み込みで働くリザの心のよりどころは、日本の恋愛小説と、リザにしか見えないユーレイの日本人歌手、トミー谷。彼の軽妙な歌声が孤独な毎日を忘れさせてくれていたが、30歳の誕生日、恋愛小説にあるような甘い恋に出会うべく、リザは意を決し、未亡人に2時間だけ外出許可をもらう。だが、その間に未亡人が何者かに殺害され、さらに、その後も彼女が恋した人が“死者”となる奇怪な殺人事件が次々起こり・・・。

「リザとキツネと恋する死者たち」に投稿された感想・評価

R

Rの感想・評価

4.3
曲のテンポとか、デザインとか凄く好き。
大好き。
はと

はとの感想・評価

3.9
不思議なテンションで駆け抜ける恋の映画!
隅々まで日本の伝承や文化がこちらに目配せしてくるんだけど「ハリウッドから見た日本」とはまた別の切り口が新しい。監督の日本愛にニコニコしてしまう。登場人物の目が強く感情を語ってるという意味でも日本的な気がする。
そして全編に渡る昭和歌謡風ソングたちとフィンランド民謡!『ダンスダンス☆ハバグッタイム』を筆頭に、楽しい曲が満載!これ日本で流れてても違和感ないし、むしろ親しみやすくなっててすごく好き!歌いたいし踊りたいー!
koj

kojの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

デヴィットサクライさんが味濃かった、、

曲とか映像とか癖すごいけど流れに乗っちゃうとハマる笑

ツッコミどこ多くて久しぶりに笑った。

リザ良かったね☺️
日本のキツネの呪いを受けたブダペストに在住する女性の恋の話。

お稲荷さまのことを知ってて描いていますね。死んだ大使は祀ってたんだと思います。実話からの着想の映画でしょうか。辻褄が合っている。
それだけに味つけが辛めだけど、一方で甘い絵面でストーリーもシンプルです。
主役の彼女が30才に見えないのが唯一の欠点かな。全体的には『グランド ブタペスト ホテル』に近い。あれが好きならこれも合うだろう。シュールなラブコメサスペンス。オススメ。
miu

miuの感想・評価

3.4
映画館に観に行けばよかった〜!
かわいいな〜
なぜ日本の狐の呪いがハンガリーまでわたったのかは不明(笑)そして日本人役を韓国か中国人が演じているのは目をつぶろう。日本語がなまってるのは許せないけど。。と思ったら日本人のハーフだった。しかもファンタビにでるらしい。ひどいなまりだよ。。

お話は面白かった。けど、なんとなく最後はもやっとした印象。
結局なんだったんだ、、、
koya

koyaの感想・評価

4.5
なんというか、ハンガリーのCMを作っている人が日本の那須での短編映画祭に行った時に「キツネの幽霊(九尾の狐)」の話に感銘を受け、えーとですねぇ、、、1970年代のハンガリーを舞台にした、キッチュなジャポニズムファンタジー映画を初監督して、ハンガリーで大ヒット。映画祭でも評価が高かったそうです。

寝たきりの日本人大佐夫人の付き添い看護師をしている30歳になるリザ。
夫人とリザは、日本人歌手、トニー谷の大ファンで、もう死んでしまったトニー谷の幽霊が、リザには見える。

もう、ゆるゆる~~~~~~~~~~~~~としていて、妙にポップなのは、CMをたくさん作ってきた監督と聞いて納得。
変な日本語が出てきてもいいのです。この映画は監督の日本オタクぶりが大発揮されていて、日本人の私からみると「よくできました 花丸」みたいな感じ。

特に、プレスリーの振り付けでオリジナルの昭和歌謡を歌って踊るトニー谷を演じたデイヴィッド・櫻井さん、日本人とハンガリー人のハーフだそうです。
言わば死神なのに、なんだか、ポップだなぁ。

『アメリ』とかミシェル・ゴンドリー監督の映画とか好きな人向け。
ばばち

ばばちの感想・評価

4.5
リザが恋をすると嫉妬深い日本人歌手の幽霊・トミー谷の愉快なお仕置きタイムが始まる。(一瞬だけど)ヘンテコラブストーリー。
トミー谷の歌謡曲は作中ではかなりカットされていたけど、クセになる歌揃い。思わずサントラ買ってしまった。ダンスダンスハバグッタイム。
シュールギャグが多くて、万人ウケはしないだろうけどすごーーーくすき。

ミントカラーのスーツ、ゾルタン巡査の後頭部の日の丸ガーゼがツボ。
yuki

yukiの感想・評価

-
ゆるかわ〜〜!
コメディーと呼ぶほど賑やかではないけれどクスッと笑える要素に、チープで可愛いファッションやアパートや画面全体の配色、キッチュさや不気味な成分が混ぜ合わさって、他の映画にはない独特の世界が構築されていてステキだった。
大人のための御伽噺みたい。
どこを取っても、バシッとカッコいいオシャレさやスマートさはカケラもない、間延びしたラブストーリーの中で、バタバタと死んで行く人間たち、トミー谷のふざけた歌謡曲(っぽいなにか)、ゆるーいダンス。なんだろうこれクセになる味だなあ。
繰り返し観たいとは思わないけど、この監督さんが新作撮ったら迷わず借りて観る。(映画館よりおうちでケーキつつきながら観たい)
ShoheiKuze

ShoheiKuzeの感想・評価

1.0
【参考記録】
5.0最高
4.0好きな映画
3.0良作
2.0凡作
1.0駄作
>|