リザとキツネと恋する死者たちの作品情報・感想・評価

リザとキツネと恋する死者たち2014年製作の映画)

Liza, a rókatündér/Liza, The Fox-Fairy

上映日:2015年12月19日

製作国:

上映時間:98分

3.5

あらすじ

「リザとキツネと恋する死者たち」に投稿された感想・評価

1970年代のブダペスト。日本フリークのリザの周りで不審な殺人事件が相次ぐ、犯人はリザの敬愛する日本の歌手トミー谷の幽霊!?

不思議な手触りのハンガリー産ファンタジックジャポネスクコメディ。

異国のスターの幽霊という設定が面白い。次第に劇中のトミー谷(notトニー谷)が歌うグループサウンズのような昭和歌謡の虜になること間違いなし。

最近だと韓国の「お嬢さん」もだが、この映画の中にも着物、浮世絵、日本酒、妖怪、那須、"死者"、蟹バーガー(?)、片言の日本語などその国が思う日本らしさがふんだんに散りばめられてて、どこかくすぐったいながらも面白く見れる。

でも終盤にイエヴァン・ポルッカが流れるのを見るに、単に監督が世界の伝統民謡が好きなだけかも。

映像の色合いのファンタジー感はウェス・アンダーソンやミシェル・ゴンドリーを連想した。

お話はリザが真実の愛にたどり着くという、いたってまともなラブストーリーであることも言っておきたい。
諒

諒の感想・評価

3.2
未亡人の元に住み込みで看護をするリザ。
リザには、日本人歌手トミー谷が見えており、日々彼の歌に癒やされていた。
だが、30歳を迎え、ロマンチックな恋愛をするべく外出をする。
その間、未亡人は何者かによって殺害され、それを皮切りにリザが恋をした相手が次々に殺害されていき、リザは警察に目をつけられてしまう。

独特の世界観の奇妙な恋愛物語。
好きな世界観と苦手な世界観が混ざっていて不思議な気分。
日本人歌手なのに片言なのが苦手だった。
ストーリーは可愛い感じで好き。
ミ

ミの感想・評価

-
シュール&カオスだけどすき
日本がめっちゃでてきて嬉しかった!もっと日本を研究してほしいけど…笑
koyo

koyoの感想・評価

3.4
下書きもいっぱいになってしまって、何を見たかも忘れそうなのでとりあえず、記録。後でレビュー書きます。
オシャレで日本が好きなんだ〜ってのは伝わるが、あまり面白くなかった。
いやいやいやいやいや…。
純愛ラストや同じ展開を繰り返すコメディは悪くないけど、いや~しかしなぁ~…。
すごく気になってて観たかった映画だけに、残念。
コメディは嫌いなんだけど、当たってしまった。日本びいきの映画だから感情移入できました。
どんな運命でも、大切な人を守りたいと思いました。一緒に見に行った子はいなくなったけど。歌がいいです。サントラ買いました。
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.8
もちろん全然悪いわけじゃないしお洒落だし題材も楽しいと思ったんだけれど、もっとものすごくシュールなら良かったのになぁと思いました。もっともっとジャンルを飛び越えて欲しかった。でも面白く見ましたよ。随所に流れる日本語の、GSサウンドみたいな歌は誰が作ったんだろう?
なもね

なもねの感想・評価

3.2
なんだろ変な世界観!
音楽がいい!!
あと心配してた一瞬の大人なシーンが急にあってビックリした〜笑
しかも昼間のやつ。
親と観なくてよかった笑
green

greenの感想・評価

3.5
世界観かわいい♡ ジャケットの可愛さでつい子供と見てしまいがちだけど…大人シーン有り。見終わってしばらくトミー谷の歌が頭から離れない。
18/282
>|