リザとキツネと恋する死者たちの作品情報・感想・評価

リザとキツネと恋する死者たち2014年製作の映画)

Liza, a rókatündér/Liza, The Fox-Fairy

上映日:2015年12月19日

製作国:

上映時間:98分

3.5

あらすじ

1970年代のブダペスト。日本大使未亡人の看護人として住み込みで働くリザの心のよりどころは、日本の恋愛小説と、リザにしか見えないユーレイの日本人歌手、トミー谷。彼の軽妙な歌声が孤独な毎日を忘れさせてくれていたが、30歳の誕生日、恋愛小説にあるような甘い恋に出会うべく、リザは意を決し、未亡人に2時間だけ外出許可をもらう。だが、その間に未亡人が何者かに殺害され、さらに、その後も彼女が恋した人が“死者…

1970年代のブダペスト。日本大使未亡人の看護人として住み込みで働くリザの心のよりどころは、日本の恋愛小説と、リザにしか見えないユーレイの日本人歌手、トミー谷。彼の軽妙な歌声が孤独な毎日を忘れさせてくれていたが、30歳の誕生日、恋愛小説にあるような甘い恋に出会うべく、リザは意を決し、未亡人に2時間だけ外出許可をもらう。だが、その間に未亡人が何者かに殺害され、さらに、その後も彼女が恋した人が“死者”となる奇怪な殺人事件が次々起こり・・・。

「リザとキツネと恋する死者たち」に投稿された感想・評価

るー

るーの感想・評価

3.6
グダグダでも結局最後まで見てしまったくらいには面白かったし、トミー谷が性格悪すぎだった

あまりにもカタコトすぎて最初日本語言っているのか分からなかった(笑)
2019 1/19
癖になるなトミー谷。David Sakuraiさん次回作はファンタビ2らしいので今から楽しみです。サントラ欲しい。
めっちゃ変わった映画!
レトロな雰囲気とかキャラクターたちがおもしろかったです
カタコトの邦楽いいな!w
とらみ

とらみの感想・評価

4.0
世界観めっちゃ好き笑笑
冒頭からぶっ飛んでてなんじゃこりゃってニヤニヤが止まらなかった
もうストーリーなんてほとんどどうでもいいくらい笑
日本絡むみたいだからマジカルガールくらいの想像してたら遥か(斜め)上を行ってた
でもカタコトの日本語には字幕入れてくれないと何言ってるかわかんないよー
エンディングの日本語の歌いいな
shiro

shiroの感想・評価

3.6
変なのー、とニヤニヤしながら観てしまうが、ストーリーはとても面白い。
冒頭の取り調べシーンで羅列される、死んだ人たちの名前の謎解き要素もあり、ホラーでファンタジーでラブストーリー。
舞台がブタペストのクラシックなアパートで、調度品が可愛い。
Hana

Hanaの感想・評価

3.8


30歳の誕生日に運命と人と出会えることを信じて疑わないリザ、彼女の住むアパートに取り憑くひと昔前の歌謡曲シンガー トミー谷。
そして次々と死んでいく彼女が出会った男性達。

世界観に慣れるまで時間がかかるのに、慣れると途端に薄暗い画面とポップな歌謡曲がクセになる。

作中多くの日本語が登場するにも関わらず全員カタコトなのが微笑ましい、ストーリーや小物に限らず、表情の演技などからも日本の香りをかすかに感じられる映画。

鑑賞中ずっとつかみきれないふわふわした感覚でいた。

見た人にしか伝わらない独特の空気の流れがある映画。

話自体は大人のおとぎ話といった感じ。
かめ

かめの感想・評価

3.6
なんだこの映画笑 奇妙な世界観に慣れるまで、今まで一番の所要時間がかかった笑 内容じゃなくて、世界観重視で見てたら途中までよく話の内容がわからなかった。最終的にわかったのだけど、わかった上で見て見たらもう少し楽しめるのかな!?
日本人もよくわからない日本の話が盛りだくさん!ハンガリーの方がこんなにも日本を織り交ぜた映画を撮ってくださって、なかなか楽しかった笑 カタコトの日本語がやばい。
sonozy

sonozyの感想・評価

3.9
ハンガリーの奇妙でポップなジャパネスク・ファンタジー。(HPより)
第35回ポルト国際映画祭でグランプリ他、ハンガリーや各国で絶賛されたという作品。
舞台は1970年代のブダペスト。元日本大使未亡人の個人看護人として住み込みで働く日本オタクのリザは、リザにだけ見えるユーレイ歌手"トニー谷"がお友達。
リザの30歳の誕生日、愛読する日本の恋愛小説のような恋を見つけようと動き出すものの、彼女と関わろうとする男たちが次々死んでいくという事件が・・・
いつもリザのそばに現れ、グリーンのスーツ&マイクでダンサブルな昭和歌謡を日本語で歌い踊る"トニー谷(デヴィッド・サクライ)"を始めとする個性あふれる登場人物、笑える名前のハンバーガーショップ、"妖怪キツネ"の伝説など日本的な要素がズレつつ(笑;)盛り込まれたレトロでポップな映像や音楽、サスペンス/ホラー/コメディ的な要素も楽しい。
ハンガリーの売れっ子CMディレクターであるウッイ・メーサーロシュ・カーロイ監督は日本映画や日本の音楽が大好きという事でこんなユニーク(ヘンテコ)な作品が出来ちゃったんですね〜。
タビ

タビの感想・評価

3.3
ハンガリー映画観るのは初めて。
何とも不思議な雰囲気で楽しめました。
聞き取り難い日本語もご愛嬌です😆

昭和歌謡曲がやけに心地よい😻
トミー谷!なかなかのイケメンやけど、それしたらアカンやろ😅😵
サバ

サバの感想・評価

3.5
ハンガリー映画は、初めての鑑賞。

なんとも不思議な日本をテーマにした、ダークファンタジーコメディ。

1970年代のブダペストで、リザは日本大使未亡人宅で住み込みの看護人として働いていた。その家には彼女にしか見えない幽霊のトミー谷という日本人の歌手がいる。
リザは、シャイて純粋で妄想癖なある女性。(ちょっとメアリーぽい?)
大好きな日本の小説の中で30才で運命の人が現れるというくだりを信じてる。

そんなリザの周りで次々と人が死んで行く。警察にも疑いをかけられる。
リザは、自分がキツネの呪いをかけられたと。🦊


リザが可愛い。(若干年齢がいってる感あり)
トミー谷の歌がとても良い。耳から離れない。日本語を喋る箇所があるんだけど、日本人役なのに、なんとも片言で、ずっこけるわ。😩
それでも楽しかった。観ながらニヤニヤしてしまった。
エンドロールの歌も日本語。😛
>|