「Somm」に投稿された感想・評価

mao

maoの感想・評価

4.0
マスターソムリエ、すごー!!
ワインに魅せられた変態男子達が素敵だった。
わたしも現在ワイン勉強中なので、鑑賞。

これはねー、、
本当に大変な勉強です。

歴史、土壌、地理、気候、
醸造方法、製法、、、
覚えなきゃいけないこともたくさんだし、
普通の生活してる上では、知るよしもないワインの世界の常識もある。

奥が深い。
だけど、魅力的で魅惑的。

これドキュメンタリーにしてくれてすごい良い。
こうやって勉強するのかーって、勉強になる。
琴音

琴音の感想・評価

3.5
ラスト10分間うるうるしてました。
ワインソムリエに限らず、そして結果がどうであれ、何かを一生懸命やり遂げた経験がある人は共感できるはず。
一葉

一葉の感想・評価

4.0
マスターソムリエの資格取得を目指す人達を追ったドキュメンタリーで、彼らの血の滲むような努力が見て取れます。
それだけ努力している彼らでもブラインドテイスティングの試験での答えはバラバラで、ワインの香りや味の感じ方は気分や体調に影響されるのだなと思いました。あと香りの表現に「ゴムホースの香り」といった独特なものがあるのは面白かった。
ワインは楽しみながら少しずつ感覚を磨いて、磨いた感覚でより楽しむといった飲み方が良い気がしました。
ララン

ラランの感想・評価

3.5
『Somm (ソム)』:ワインソムリエの略

マスターソムリエはソムリエの最高称号。
40年間で取得できた人数は世界で僅か170人。
そのマスターソムリエを目指す受験生のラスト3週間を追うドキュメンタリー。

味や香りの表現はもとより、葡萄の品種に色に濃度、国に地域に土壌に歴史に年代ごとの特徴に、葡萄の病気に育て方、それからラベルを読み解くための言語まで、あらゆる知識と五感を研ぎ澄ませてワインを見抜いていく。
資格取得に必要な知識数がとんでもない量なのがよくわかる。
彼等は難関資格取得のため、パートナーそっちのけで生活のほぼ全てをワインに捧げる。

特に多くの人が憧れる流暢な味や香りの表現は、ある程度表現に定型はあるものの、ここまで豊かに表現して良いものなのかと笑えてしまう表現が映像に多々あり、私自身のワインの楽しみ方が少しひろがった。

だって、おばあちゃんの箪笥の香り、ゴムホースの香り、枯れたスミレ、腐った動物の皮、カビの香り、テニスボールの開けたての香り!なんて大真面目に表現する世界ですよ?笑!
もちろんそれは彼等ソムリエが、そのワインを表現するために日々様々な物の香りや味に触れて試して表現のストックを増やしていく地道な作業の先に見つけ出したワインを伝えるための最適解なわけですが。

日本ではまだワインはカッコつけた飲み物のイメージが強くて、知識層ぶるために飲むような側面が否定できないけど、もっと自由に楽しみながら飲む文化がひろがるといいな。

なお、テイスティングの85%は嗅覚によるものだそう。
マスター合格者はすぐにワインブランド立ち上げやワイン大使など次々とお仕事が舞込みステップアップしていく姿も触れられていて、いかに権威と信頼ある資格かがわかった。
ワインが飲みたくなるドキュメンタリーだった!


*好きな台詞*

「今のワインにはドラマが要る。そのドラマを伝えるのが仕事。ブランドやラベルじゃないんだ。」

「競馬場で馬券を買う手伝いをするようなもの。ワインは賭けだからね。10ドル賭けたり100ドル賭けたりね。そんな時誰かが"あの馬と騎手は良い"と教えてくれると嬉しい。ソムリエも同じさ」
YU

YUの感想・評価

3.9
最難関マスターソムリエを目指す資格者のドキュメンタリー映画。
鑑定試験の難易度が格段に高く、血眼になって勉強しても極めて合格率が低いことがよくわかる映画だった。必須にもがきながら努力する姿勢は感動を与えてくれる。
かちゃ

かちゃの感想・評価

4.0
ソムリエたちの最高峰、マスター・ソムリエの称号獲得を目指す受験者たちのドキュメンタリー。
とても面白かった。

様々な物に香りを例えるんだけど、ワインの知識が全く無い私からすると、真面目な顔して皆が「羊の毛、石灰の香りも僅かに...枯れた菫の香り」とか言ってるの見ると、それって腐ってるのでは??不味いのでは????という疑問が。

必死に試験対策をする受験者たち。自分自身のために、そして家族のために。
等身大の人々の努力が見れる、いい映画だった。
Midorif

Midorifの感想・評価

3.9
ワイン好きでもそうでなくても楽しめる一本。
好きなことをやり抜くカッコ良さを改めて感じた。
あそこまで打ち込めるものがあるのは幸せだし、支えてくれる人がいることも幸せな事。
試験に落ちてもまた頑張れるのは本当に好きだからだし、そうでなければ入れない稀有な世界なんだなぁ。
マスターソムリエを目指す若者のドキュメンタリー。ワイン好きにはたまらない。
以前読んだ、世界ソムリエ選手権の内容に近い。特にブラインドテイスティングの練習風景は凄い。ワインに全てをかけた人たちの努力と友情は熱くなる。
ついついワインを飲みたくなってしまう映画。
内容は面白いが字幕が非常に観づらいのが難点。
YayoiOkay

YayoiOkayの感想・評価

3.8
Master of sommelier 🏅
の取得を目指す🇺🇸の若者達のドキュメンタリー。

ソムリエのTOP OF TOP に与えられる称号なのだが、毎年50人受けて6人程度しか受からない難関資格。その資格があるとないとではその後のキャリアに大きな差があるそう。

私もワインエキスパートの試験を控えているので、おおいに共感。最後の合格発表のシーンはまさに緊張❗️あんなにトレーニングしてもそこにつまづくのね、とか。

🍷好きか何かの試験にチャレンジしている人は楽しめる映画です。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品