ボトル・ドリーム カリフォルニアワインの奇跡の作品情報・感想・評価・動画配信

「ボトル・ドリーム カリフォルニアワインの奇跡」に投稿された感想・評価

▶ボトル・ドリーム カリフォルニアワインの奇跡(原題:BOTTLE SHOCK) 2008年アメリカ (1時間48分)
Amazonプライムでレコメンドされたので観てみました。「パリ・テイスティング事件(パリスの審判)」がモチーフのアメリカ映画。ワイン好きには有名な映画らしい。ワインはお酒の一種として楽しんでいるレベルの僕なので、当然そんな事件は知りません。調べてみると、この映画割と実在の人物やワイナリーを元にしながら脚色した映画のようです。ワイン詳しくなくても、ちょっとワイン片手に観たくなる!

映画は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ナパ郡の都市カリストガから始まる。有名なナパワインの地ですね!実在するシャトー・モンテレーナの親子と有人、そしてカリフォルニアワインを世の中に送り出した、それこそパリスの審判を起こした張本人スティーヴン・スパリュアのお話。
全然ワイン詳しくなくても、シャトー・モンテレーナのバーレット家の葛藤や、フランスNo.1の時代に風穴を開けようとするカリフォルニアワインのワイナリーたちの熱意とか、映画として割と面白いです!

パリスの審判とは何なのか。1976年にアメリカ独立200年を記念して、ワインスクール「アカデミー・デュ・ヴァン」を主宰しているイギリス人スティーヴン・スパリュアが、ワインをテーマにしてアメリカを祝うイベントができないかと考え、思いついたのがカリフォルニア産のワインをフランスワインと比べて試飲するという企画でした。その当時、ワインと言ったらフランスで、アメリカの田舎ワインなんて美味しくないと皆が思っていた時代。でも実は、20世紀になって発達してきた最新の現代醸造学を取り入れ、非常に美味しいワインが出来ていたという。スパリュア自身も、実際カリフォルニアワインを飲んで驚いたそうな。で、その試飲会では、カリフォルニアで当時最高と評価していたカベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネ各6銘柄とフランスも同品種格4銘柄の試飲する会をブラインド・テイスティング方式で開催。フランスワイン会に強い影響力を持っていたスパリュアにより、トップレベルのテイスター達が集った。(尚、カリフォルニアワインは、テイスティングの直前に旅行したスパリュアが持ち帰った24本。フランスの白ワインはすべてブルゴーニュ、赤ワインはすべてボルドー。シャトー・ムートン・ロートシルトとか僕でも知っているくらい有名なワイン対カリフォルニアワイン。)事件というくらいなので、大波乱が起こった訳ですが、これを機に「フランス以外でも素晴らしいワインを作ることが出来る」という事実がTIMEの記事で世界中に広がり、オーストラリアやチリが続いていくきっかけに。そして、ブラインドテイスティングの重要性も問沙汰されることに。
映画はちょっとずつ違う内容なのであまり気にせず観てください。
ちなみにシャトー・モンテレーナのワインがエノテカに。(優勝したのは1976年なので当然売ってませんが、2017年で約1万円ですー!) https://www.enoteca.co.jp/item/list?_producer=1298
ゆう

ゆうの感想・評価

3.7
ワイン映画としてもワイン映画として見なくても面白い映画だった。ニューワールドのワイン開拓の契機がわかる。
miho

mihoの感想・評価

3.8
カリフォルニアワインが"本場"フランスで認められるようになるまでの、実話に基づいたストーリー。最近ワインをよく飲むようになってきたのもあって面白かった!
シャトー・モンテレーナのシャルドネ飲んでみたい。
大好き実話シリーズ
最近ワインが楽しくなってきたので、醸造シーンとか興味深かったです。

自分らが上だと疑いもなく思ってる連中に、事実を突きつける最高の痛快ストーリー
息子が最高の働きをするところも良かった

ワインって美味しいよね。何産であろうが、美味しいもんは美味しい。
たま

たまの感想・評価

3.5
早くお酒が飲みたくなった!
クリスパイン見たさで借りたけど
思っていたより面白くてよかった〜
アラン・リックマン観たさで鑑賞。
今でこそ有名なナパバレーのワインも、日の目を見るまでは大変だったんだな、というお話。
ワインの飲み比べしてみたくなる。
hicheese

hicheeseの感想・評価

4.0
カリフォルニアワインというか新世界のワインが大きく評価されるきっかけとなったパリスの審判のお話。
これをきっかけに、美味しいワインは特定の場所でしか作れないという固定観念から解放されて、世界中のワイン産地が大きく発展。
ワイン作りって農業や醸造だけでなくて、芸術的な世界も大きくて、生産者はみんな熱いイメージがあってすごく憧れる。
この映画では70年代のカリフォルニアらしく、ワイン作る人もヒッピー。
ドゥービーブラザーズの音楽がバッチリハマります。
モンテレーナのシャルドネ伊勢丹で売っていたはず。飲みたい…
meeei

meeeiの感想・評価

3.7
ナパワインの実話に基づくお話!
ワインがめちゃくちゃ美味しそうに見えて、途中からすっごい飲みたくなる🍷

この映画観ると2020年の山火事被害がなおさら残念。。
Kouhei

Kouheiの感想・評価

3.6
ワイン飲みたくなるいい映画だった。
生産者のワインにかける想いも変な脚色なくシンプルに伝わって来たし、実話を元にした作品としてはとても好感が持てた。
1976年、実際に行われたパリテイスティング、そこでフランスの名だたるワイン達を抑えて1位に輝いた白ワインのシャトー、カリフォルニア州ナパヴァレーのシャトーモンテレーナが映画の舞台。
映画自体はフィクション要素が多そう。ワイン造りというよりは親子、友人、恋人の人間関係に重きを置いている。主人公のジョーはヒッピーだし笑

ワイン好きとしてはスタッグスリープのカベルネも取り上げてほしかったし、実際のテイスティングの様子ももうちょっと尺を取って作ってほしかったな。
>|