ジュラシック・ワールド 炎の王国の作品情報・感想・評価

ジュラシック・ワールド 炎の王国2018年製作の映画)

Jurassic World: Fallen Kingdom

上映日:2018年07月13日

製作国:

上映時間:128分

3.7

あらすじ

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」に投稿された感想・評価

deenity

deenityの感想・評価

3.5
前作の『ジュラシック・ワールド』を引き継いでの続編という流れで、取り残されて野放しになっている恐竜達が火山噴火によって再び絶滅の危機にさらされるというストーリー。

このシリーズに求めるのはやはり恐竜との対峙。ハラハラドキドキ夢溢れ、胸踊るあの興奮。それのみ。
そういう点で前作はジュラシック・ワールドの世界観がすごくワクワクしたんだよね。なんか遺伝子組み替えでとりあえずデカい凶暴な恐竜を出せばいいんでしょ感は嫌いだったけども、それでも楽しくて興奮してっていう作品だった。

本作を一言で言えば、対恐竜というよりは対人って感じ。なんか確かに最後のインドラプトルのとシーンはハラハラなんだけど、それも人間に作られたものではあるし、結局のところ「恐竜売買してる奴ら許せねえ!」って思って見ちゃってるって時点でなんか興奮するところが違う気がするんだよね。見たかったのは、純粋に恐竜に追われつつも何とか生き抜く様であって、バイヤー達がどうなるか気にしながら見るのはどこか求めるものと違うんだよな。

第一そもそも今回の味方で誰か死にそうな人とかいました?「誰も死なないだろ、絶対」って思ったもん。んで敵キャラとかも「こいつ確実に死ぬだろ」って明確なんだもん。孫娘のクローン問題もずいぶんあっさりしてるし、まずもって火山噴火ギリギリに議論してる時点で政府がクソ過ぎ。
まあそんな複雑なところはどっちでもいいし完全なる善悪のキャラ分けは別にいいんだけど、一歩間違えれば死ぬんだというあの危機感がどこか希薄で、そここそが唯一の見所でもあるのにそこが欠けてたのは残念なポイントだった。

とダメ出しをしてるんだけど、実際やはり映像としてのクオリティは高いし、対恐竜だろうが対人だろうが楽しめるは楽しめるから良かったのにはかわりない。ブルーとの触れ合いはなんかワクワクしたし、もっと見たかったなってのはある。

にしてもラスト、それはやばくねえか?これこそまさにジュラシックワールドなんだけど、大問題すぎてそれが一番怖いという話(笑)ま、続編また出そうだから良しとするか(笑)
んー、夢がない…。
溢れ出るロストワールド感。
インドミナスレックスの方が敵役としての魅力がある。

これむしろ続編作らなかったらないわ。
mayu

mayuの感想・評価

3.0
ブルーが可愛い。あとはうーん。
みゆ

みゆの感想・評価

2.7
記録用
tetsuya

tetsuyaの感想・評価

3.2
一気に炎の王国まで見たけど、毎回同じパターンで人間がアホに見えてくる(笑)
映画館で見てたらもっと高い評価つけてたんやろうなーと、思いつつ次作は映画見に行きます!

ブルーに会いに行くために👍
19/03/18
続編作る気満々やん
うづき

うづきの感想・評価

4.0
恐竜が迫り来てるあの足音、ドッキドキするけどすごく好き
相変わらずCGなどはお金がかかっていて凄いですが、お決まりのパターンにそろそろ飽きてきました。
次作はかわいい恐竜を見るためだけに見るかどうか。
どうしようかなぁ…。
>|