アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場2015年製作の映画)

Eye in the Sky

上映日:2016年12月23日

製作国:

上映時間:102分

4.0

あらすじ

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イ…

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イギリス、アメリカ、ケニアの司令官たちがいる会議室のスクリーンに映しだされるが、彼らが大規模な自爆テロを決行しようとしていることが発覚し、任務は殺害作戦へとエスカレートする。 アメリカ、ネバダ州。米軍基地では、新人のドローン・パイロットのスティーブ・ワッツ(アーロン・ポール)が、パウエル大佐からの指令を受け、強力なヘルファイアミサイルの発射準備に入る。だが、破壊準備に入ったその時、殺傷圏内にパン売りの幼い少女がいることがわかる。 予期せぬ民間人の巻き添え被害の可能性が生じたため、軍人や政治家たちの間で議論が勃発し、少女の命の行方がたらい回しにされる。キャサリンは、少女を犠牲にしてでもテロリスト殺害を優先しようとするが――。

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」に投稿された感想・評価

ドキドキした。
これで良かったとは、絶対に言えないけど
他に方法も無かったのは事実やし

一時でも子供の命を救おうとしたことに人間らしさが感じられて
まだ救われたかな
「現代の戦争」を描いた作品。

ITの進歩と共に、我々の生活は便利になっている。
ただ、それは日常生活だけでなく軍事面においても同じことが言える。
遠く安全な場所から「悪」を叩く事がITの進歩で可能になった。
一見するとそれは正しいことをしているようにも見える。
でも本当にそうだろうか?「善」「悪」の判断の尺度って何か?
攻撃への準備・意思決定・実行はそれぞれ別の人間が行い、その1人1人が持っているモラルや価値観には違いがある。
「何が本当の正解か」それは誰も分からない。それでも誰かが意思決定し、実行しなければいけない。
全員がもろ手を上げて万歳できる行動なんてものは「戦争」という行為においては存在しない。
攻撃する側、される側の心理を100分にまとめた本作が発する緊張感は特筆すべきものだと感じた。

最初から最後まで緊張感が続くので疲れます。
そして正解がないだけにモヤモヤします。
でも、それが事実であることをリアルに感じることが出来るので観てよかったな、とは思ってます。
気力・体力が有り余ってるときに観ることをオススメします。
corsa147

corsa147の感想・評価

4.1
合点のいく解決など、できるはずのないテーマが、スリリングで息の詰まるような焦燥感のなかで展開して行く。
kouichi

kouichiの感想・評価

4.5
一級品の戦争サスペンスです!
派手なヒーローもドンパチもありませんが、一分一秒目が離せない緊迫感が冒頭からラストまで続きます!!

テロリスト撲滅と言う大義名分の元に、犠牲になるのは力のない無垢な命だけ…

血も汗も流さず無人攻撃機のミサイルスイッチを押すだけの兵士、そんな彼らも民間人が犠牲になるかもしれない攻撃には、大変な葛藤があるんですね…
あきふ

あきふの感想・評価

4.0
自爆テロリストを発見したので空爆しようとするも、近くでパンを売る子どもが巻き添えになってしまうかもしれないのでなかなか空爆できないお話。なかなか渋かったです。戦場はアフリカなのにドローンの操作や各国とのやりとりは静かなイギリス。ミサイル発射ボタンや電話に人命が関わってるせいもあり、役人達は慎重に慎重に行動します。ただその慎重さが、本当に人命を救助したいためなのか、ただ単に自分が責任を負いたくないからなのかが非常に曖昧(どっちかというと後者な気がします)に描かれていて、人間の内面を見たような気がしてとても興味深かったです。責任のなすりつけ合いのように見えてオトナってめんどくさいなって思いました(´・∀・`) ヘレンミレンは本当ガチガチな軍人感あってgood。任務完了を最優先に考え、時に非情な判断もしちゃう強い女性でした。実は今作アランリックマンの遺作のようで。観ていてとても寂しくなってしまいましたね...。彼のラストでの軍人についての言葉は非常にズッシリときたので、本当に適役だったと思います。今作に出てくるアメリカが「テロリストはぶっ殺せ」「周りのダメージなぞ構わん!」的ないつも通りのアメリカで笑っちゃいました。ド派手なアクションシーンはないですが、なかなか考えさせるラストだったのでオススメ映画です。ちなみに僕はラストの決断には賛成でした。
Daisuke

Daisukeの感想・評価

4.3
パンを売ってる女の子の命と引き替えに何十人もの命が救われる。この犠牲はやむを得ない。と言う考え方が、新たな暴力を生み、戦争という大きな暴力は絶えることはないと思った。

と真面目な事を言ってる自分も、早く北にミサイル落っこどして欲しいなと思う。
映画の冒頭から終わりまで緊張感があり、集中が途切れることなく最後まで鑑賞。政府に属する人間と軍に属する人間、それぞれの立場からの葛藤が描かれており考えさせられた。
大勢の人を救うために1人の少女を犠牲にするのか?しないのか…?

ドローンによる遠隔攻撃を描いた作品。緊張感が半端なく続いて目が離せませんでした。

ミサイル一つ発射するのにこんなにたくさんの人間が関わっていてるなんて。決断を下す人間の苦悩がリアルに伝わってきました。
舞台はほぼ会議室。サブタイトルの"世界一安全な戦場"に納得です。

虫や鳥の形をした小型ドローンがかわいかったです☆
Ben

Benの感想・評価

4.0
ドローンオブウォーと同じ時期の公開作品。二つともテーマは同じだが、描かれてる視点が違う。
個人的にはこっちの方が好き。
展開もハラハラで、祈る気持ちで見てた。現代の戦争が、民間人をいかに巻き込むか、その裏での駆け引き、判断、苦悩、責任のなすりつけ合いが見事に描かれてる。
>|