アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場2015年製作の映画)

Eye in the Sky

上映日:2016年12月23日

製作国:

上映時間:102分

3.9

あらすじ

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イ…

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イギリス、アメリカ、ケニアの司令官たちがいる会議室のスクリーンに映しだされるが、彼らが大規模な自爆テロを決行しようとしていることが発覚し、任務は殺害作戦へとエスカレートする。 アメリカ、ネバダ州。米軍基地では、新人のドローン・パイロットのスティーブ・ワッツ(アーロン・ポール)が、パウエル大佐からの指令を受け、強力なヘルファイアミサイルの発射準備に入る。だが、破壊準備に入ったその時、殺傷圏内にパン売りの幼い少女がいることがわかる。 予期せぬ民間人の巻き添え被害の可能性が生じたため、軍人や政治家たちの間で議論が勃発し、少女の命の行方がたらい回しにされる。キャサリンは、少女を犠牲にしてでもテロリスト殺害を優先しようとするが――。

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」に投稿された感想・評価

戦争に正義を掲げても、残るのは多くの犠牲と悲しみのみ…。
それでも多くの命を救うためには、必要な決断の場合もある…。
いろいろと考えさせられます。
それにしても、超小型の虫型ドローンがあるのに驚いた。
こんぶ

こんぶの感想・評価

3.8
今の戦争って、こういう場面がほとんどなんだろうなと思う。ドローンから映る映像をみて、攻撃を命令する。そんなゲームみたいなことが現実なのが怖い。この作品みたいに、危ない地域でも普通に生活している人や子供たちがいて、そんな人達の命をどこまで守りながら必用なことができるのかはどれだけ考えても解決しない問題だと思う。
軍本部や上層部の法律的な頑張りはもちろんだけれども、現地スタッフがめちゃめちゃいい働きをしていて、彼らにもっと幸せな未来が待っているといいなと思った。
傑作だと思うけれど、やり場のない気持ちが半端ない。
でもこれは一部で、実際にはもっと残酷な選択が行われているのだろう。
自分が受け入れられるのはどっちの決断?
“考えさせられる”っていう言葉、私あまり好きじゃないんだけど、自分が信じる正義って何だろう?と考えずにはいられない作品でした。
ぶん

ぶんの感想・評価

3.7
いやぁ~コレって難しいなぁー

一人の幼い民間人の命か、自爆テロによる大勢の死か…

もしも逆だったら…
一人の幼い民間人を救うため大勢の民間人を犠牲に出来るか?…答えは自ずと出てくる…
戦争ってそういう残酷なものなんだと思う。

もし人形をプレゼントする愛娘が爆撃で亡くなるとしたら同じ判断が出来たのかと、購入された人形を手に持つ中将を最後のシーンで皮肉っていた。

そして、テロよりYouTubeを恐れ決断出来ず責任転換する上層部にイラついた。
jonaco

jonacoの感想・評価

4.0
現実なのにバーチャル感が増していく攻撃方法。
それでもPTSDになってしまうよなぁと実感した。
実際にこういった状況はきっと幾度となくあるのでしょうね。
徹底した攻撃強硬派の役をふたりも女性にした意味は何なんだろう。同性として憎悪を押さえきれずすごくストレスだった。良くも悪くも多くの人が観るといいですね。
ひろし

ひろしの感想・評価

3.0
ヘレン・ミレンとアラン・リックマンの大御所二人が流石に内容を厚くしていた。途中イラつく展開もこれが現実なんでしょううね。
アラン・リックマンの遺作、「ラジオの時間」を彷彿とさせる「どーすんの」軍事サスペンス。担当者の責任の押し付け合いにイライラしながら、戦争の正義とは何か深く考えさせられる。
百合

百合の感想・評価

5.0
・なぜ劇場に行かなんだ自分
・後悔、後悔、アンド後悔

・緻密な脚本
・見える人間性
・戦争とは

・R.I.P. Alan Rickman
紫色部

紫色部の感想・評価

3.0
2018.2.22 BS

落ちたパンは売るもんじゃありません!
>|