アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場2015年製作の映画)

Eye in the Sky

上映日:2016年12月23日

製作国:

上映時間:102分

3.9

あらすじ

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イ…

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イギリス、アメリカ、ケニアの司令官たちがいる会議室のスクリーンに映しだされるが、彼らが大規模な自爆テロを決行しようとしていることが発覚し、任務は殺害作戦へとエスカレートする。 アメリカ、ネバダ州。米軍基地では、新人のドローン・パイロットのスティーブ・ワッツ(アーロン・ポール)が、パウエル大佐からの指令を受け、強力なヘルファイアミサイルの発射準備に入る。だが、破壊準備に入ったその時、殺傷圏内にパン売りの幼い少女がいることがわかる。 予期せぬ民間人の巻き添え被害の可能性が生じたため、軍人や政治家たちの間で議論が勃発し、少女の命の行方がたらい回しにされる。キャサリンは、少女を犠牲にしてでもテロリスト殺害を優先しようとするが――。

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」に投稿された感想・評価

そら

そらの感想・評価

3.3
緊張感がある。
でも現実の政策決定の際、本当にこんな風に1人の子どもの命を重く捉えているのか疑問に思った。
個人的にはこのあと甚大な被害を及ぼすと分かっている人物を抹殺するためには犠牲が伴うことは避けられないのでにいかと思う。
ただ、作戦を実行する人と指示する人では、結果による精神的な傷が全く異なると感じた。
Pon

Ponの感想・評価

3.5
これからの戦争はゲームのように行われるのかな。

現場と指揮官のギャップがすごいな
この映画はどうしても、あの「ドローン・オブ・ウォー」を思い出してしまった。趣旨がそっくりな内容だったから。あの映画もなかなか感慨深いものがあったけど、この作品はそれ以上にインパクトがあった。あちらは家族ドラマも入れていたが、こちらはそういうものは排除して、ミサイル発射を決断するやり取りを描いている。現地でのいろいろと予定通りにはいかないもどかしいシーンがあって、見ている者をハラハラさせる演出は上手い。
印象的だったのは、みんな上の者は責任をたらい回しにしようとして決断するのに常に遠回りしてしまうこと。これ、日本の会社組織でも似たようなところがあってけっこう身近な感じがした。最後も、攻撃をしたものは何の痛みもない、受けたものは周りも大きな負傷を負う。という風刺もなかなか効いている。
ただ突っ込みたくなったところは、ミサイル攻撃を実行する人間、あんな素人みたいな男女にやらせるなよ。。。あそこまで洗練されているなら、大臣のもとにボタンを置くとかした方が早いのに。
さすが英国。ガジェットがハイテクですな〜。ずっともどかしい。実質これやってることシン・ゴジラと一緒じゃね?救いは一切ない。これが戦争

アランリックマン追悼
ミサイル発射するブレイキングバッドの奴と横の女
あんな感傷的なクソ弱いヘッポコ軍人ばっかやったら大変やなwwいや、逆に平和なるんかな?笑
全っ然おもんなかった
変な言い方だが、テクノロジーの発達で戦争の精度が上がることによって被害の予測などもより明確になると、この映画のようなジレンマも増えるだろうなと想像できる。軍事作戦を優先したい立場も人道的にそれを止めようとする立場も両方理解できる。
邦題の「世界一安全な戦場」というの、観終わってから読んで面白い副題を付けたなと思いました。全ての場面がまさに戦場。
常に緊張の糸が張られていて飽きない映画。

操縦士の気持ちを考えると…あと数十秒で…と思うと…
全ての立場の人間が、決断することを恐れる状況って怖い。決断に付随する責任って怖い。

任務遂行後の無言の背中が辛い
このところの、集中力散漫により映画観れない病…にも関わらず

スーっと入り込めた作品。

序盤から静かに盛り上がり

気付いた時にはドキドキの展開。

派手な戦闘シーン・アクションなしに

ここまで面白くするのは巧妙。

この話が実話というのも感慨深い。

ブレイキング・バッドのジェシー役・アーロン・ポールが今作でも素晴らしい演技を見せている。
緊張感、緊迫感がありました。
今救える1人の命を救うか?
後の危機を回避するために犠牲にするのか?
tat

tatの感想・評価

-
テロ組織の壊滅か一人の少女の命か、作戦の実行には政府の許可や法的な判断が必要なのはわかるけど、みんな責任を取りたくなくてたらい回し。
最前線で戦う軍人たちの憤りややるせなさがよく表現されてた。
>|