アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の作品情報・感想・評価

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場2015年製作の映画)

Eye in the Sky

上映日:2016年12月23日

製作国:

上映時間:102分

3.9

あらすじ

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イ…

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イギリス、アメリカ、ケニアの司令官たちがいる会議室のスクリーンに映しだされるが、彼らが大規模な自爆テロを決行しようとしていることが発覚し、任務は殺害作戦へとエスカレートする。 アメリカ、ネバダ州。米軍基地では、新人のドローン・パイロットのスティーブ・ワッツ(アーロン・ポール)が、パウエル大佐からの指令を受け、強力なヘルファイアミサイルの発射準備に入る。だが、破壊準備に入ったその時、殺傷圏内にパン売りの幼い少女がいることがわかる。 予期せぬ民間人の巻き添え被害の可能性が生じたため、軍人や政治家たちの間で議論が勃発し、少女の命の行方がたらい回しにされる。キャサリンは、少女を犠牲にしてでもテロリスト殺害を優先しようとするが――。

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」に投稿された感想・評価

K

Kの感想・評価

3.8
Memory

正義ってなんなんだろう。
考えさせられる。
究極の選択というやつ。

本当に戦争って、
今も起きているほんとに悲惨なもの。
罪なき人が正義の名の下に犠牲になっていく。暴力が無くなる日はくるのか。

とりあえずハリーポッターでも見て、心を回復させたい。
ほのか

ほのかの感想・評価

4.0
これか現代の戦争か〜。
いろんな人の視点から描かれててそこがよかった。いろいろ感じたことがあるけど、語彙力が無いから、軽い言葉で書かないでおく。
KAN9RO

KAN9ROの感想・評価

3.8
戦争の汚い部分もしっかり見せてくれる。現場と指揮官との温度差もすごくリアリティーがあって良かった。
BB

BBの感想・評価

3.8
戦争の形は変わっても、悲惨さは変わらない
現場にいる人はわずかで、イギリス、アメリカ等から監視、攻撃の指示
巻き込まれるのは罪もない女の子
無駄なシーンがなく一息でみた
何だろう…会社の「リストラ」に置き換えると、現場のリーダーは部下や同僚にそう簡単にクビを告げられないけれど、本部の管理職は「業績改善のためだから」と指示を出せてしまうようなものか。

人間、なかなか想像力がないもので、他国の侵略問題よりも、息子たちがおもちゃの取り合いでケンカしていることの方がリアルな問題だったりする。事の大小よりも目の前で起きたことを強く感じてしまうもの。

司令室ではなく、少女の10mそばにいたら、同じ決断を下せるだろうか?皮肉なのは、ミサイル発射のスイッチを握る軍人が、恐らくバーチャルなゲーム感覚で訓練をしてきているであろうに、最も人間らしい迷いをしていたこと。
任天堂ウォーと揶揄された湾岸戦争と同時に幕を開けた90年代。9.11の惨劇を茶の間で眺めたゼロ年代。リアリティが虚構を超えてしまった今、小説、映画、舞台、音楽が伝えなければならないものとは、伝わって行くものとは何か。




倫理観を題材にして物語りは複雑に見えるが、何てことはない。責任の所在が重要なテーマ。
想像力がないところに責任感はうまれないだろうし、責任感とは想像力の副産物なのだろう。

ドローンオブウォーと同時に鑑賞すると、倫理とレスポンシビリティのカオスに頭の先まで浸かれます。
留学先の大学の先生に勧められた作品
かなり良い映画やった
現代の戦争もデジタル化、無人化が進んでるんやなぁ…
Uji

Ujiの感想・評価

4.3
緊張感がヤバイ。

これが現代の戦争…

スイッチ1つでミサイルを正確に撃て、敵を殺せる安全な場所。会議室。
事件は現場で起こってるんじゃない。会議室で起こってるんだ!が現実になってる衝撃の実態。

1人の少女の命を優先するか、これから起こるであろう自爆テロを防ぐか。
この決断がこれほど恐ろしいこととは。

シン・ゴジラに負けずとも劣らない会議映画でした。
DalianJ

DalianJの感想・評価

4.0
「イマドキの戦争」の雰囲気を上手く表現出来ている

最後の中将のセリフが秀逸
rongdawu

rongdawuの感想・評価

4.1
「シンゴジラ」を彷彿させるが、「パトリオット・デイ」を鑑賞した直後ということもあり、終始胸に物が詰まったような感覚。規定類、決定権限とはどうあるべきなのか益々分からなくなってしまった。
中立的立場で物事をみられるよう、独裁(トップダウン)の失敗例・成功例も改めて勉強したい。
とはいえ、責任を追うことを躊躇うだけのクズにだけはなりたくないと、強く思う。ので、自分の人的価値を高めること、ストレスに耐えうる財を成すことが、当座できることか。

虫、操縦できたらあなたは何をしますか?
>|