アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の作品情報・感想・評価

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場2015年製作の映画)

Eye in the Sky

上映日:2016年12月23日

製作国:

上映時間:102分

3.9

あらすじ

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イ…

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イギリス、アメリカ、ケニアの司令官たちがいる会議室のスクリーンに映しだされるが、彼らが大規模な自爆テロを決行しようとしていることが発覚し、任務は殺害作戦へとエスカレートする。 アメリカ、ネバダ州。米軍基地では、新人のドローン・パイロットのスティーブ・ワッツ(アーロン・ポール)が、パウエル大佐からの指令を受け、強力なヘルファイアミサイルの発射準備に入る。だが、破壊準備に入ったその時、殺傷圏内にパン売りの幼い少女がいることがわかる。 予期せぬ民間人の巻き添え被害の可能性が生じたため、軍人や政治家たちの間で議論が勃発し、少女の命の行方がたらい回しにされる。キャサリンは、少女を犠牲にしてでもテロリスト殺害を優先しようとするが――。

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」に投稿された感想・評価

すごく良かった、特に操縦士が良かった いちばん責任から逃れても良さそうな立場にいて責任を選ぶの 対するシミュレーターは全く対照的な仕事を求められて求められるがままに働くわけだけど、最終的には同じ重さの決断を下すのに「あなたに責任はない」と言われるのが逆に一層辛かった

シン・ゴジラの「決断を!」の流れのみで全編通してもたるまない脚本力すごい 80人と1人なら余裕で80人救うでしょと葛藤から迷わず逃げる自分が恥ずかしいな 倫理教材だ…
Shizuka

Shizukaの感想・評価

4.3
最初つまらなくてどーしよって思ったけど途中からかなり緊迫
世界一安全な戦場の意味がすごくわかった
ヘレンミレン好きだわ
Takakura

Takakuraの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

なかなか重いテーマ。
責任取りたくない人、命令を実行する人。あれこれ
裏目に出たり、恨みの連鎖みたいなものを匂わせたり。
Mycroft

Mycroftの感想・評価

4.5
緊迫感が途切れない。ワンシチュエーションものでここまでくぎ付けとなったのは久しぶり。理想主義か、現実主義か、どちらを選択しても人の命がかかっている。
作者はどちら寄りなんだろう。少女の天真爛漫な姿を描く一方で、軍人の苛酷な過去を言わせたり、中立なんだろうか。
個人的には汚れ役を引き受ける女性大佐に共感した。攻撃に反対する人たちは、少女じゃなくて、薄汚い浮浪者の老人でも守ろうとしたら本物だと思う。
メメ子

メメ子の感想・評価

4.0
日本人がシン・ゴジラでみたような現場と後方の意思決定の右往左往。命の危険が無い安全な場所から戦争をしている、しかし実際はそうではない。画面越しであったとしても、武器を使い、命を奪っているのに変わりはない。一方で、目の前で起きていることが体験していない現実であるのもまた事実である。

技術が進化すれば戦争も進化する。なぜ「殺害リスト」が存在するのか、なぜ対立するのか。技術が格段に進化する一方で過去何千年も変わっていない人間の性。どんな戦術と兵器が使われようと罪のない人が死ぬのは変わらない。
上空からテロリストの潜伏する現場を見張っている巨大トンボ型無人偵察機と、テロリストの居る部屋の現場を見張っている等身大カナブン型小型カメラ。
この状況設定が何より面白い。

情報が時間的空間的隔たりをリアルに簡単に越えるという当に現代戦を描いた作品。

そしてそのカメラの向こうで起きている現実に対して軍人と政治家達の究極の選択というのが、この作品の二枚看板。

暇に飽かせて想像を巡らしてみるとノルマンジーやダンケンクの時にこんなテクノロジーが在ったとしたら歴史も勿論映画作品も変わっていました。

うっかり二枚看板と書いてしまいましたが、加えてヘレン・ミレン、アラン・リックマンが演じた"会議室に居る軍人達"の苦悩の演技も大きな見所の一つです。
Marino

Marinoの感想・評価

4.0
遠隔操作で人の命を奪える時代、リアルすぎた、おそろしい。大勢の命を守る為に、1人の命を犠牲にする、、、何が善で何が悪かわからない、ほんと。
視点がイギリス軍だからこそ納得できるストーリーだと思う。アメリカ軍だったら秒殺でドローン攻撃してただろうから(笑)


なんと言っても本作の凄味は
どの登場人物に自分を当てはめても
それぞれの"正義"、意見が理解出来る所にある。
大きく言うと
1人の少女の命を救い80人死ぬかもしれない自爆テロを実行させるか
80人が死ぬかもしれない自爆テロを阻止するために実行犯たちとその少女が犠牲になるか。
ドローンだから爆撃をする訳でこの人とこの人だけを殺すとか出来ない。
本作ではこの少女にフォーカスされるので1人の命の重みを感じるんだけど
もしかして自爆テロが行われたら
この少女と同じように80人分の命の重みを感じる事になる。
正直、天秤にかけられないけど
掛けざる得ない時どういう方法を取れば
その天秤が少し傾けらるのか。
それは是非見て欲しいです。


何人もの偉い人に許可求め
状況が変わってまた許可を求める所は
ちょっと笑ってしまった。


上官は全て「Sir」と思ってた。
女性上官には「Ma'am」(マアム)なんだな。


対比という構造だけを見るとラストのアランリックマンが孫へのおもちゃを持ち帰る所は今までの命のせめぎ合いと考えたら「ゴッドファーザー」の洗礼式をちょっと思い出した。
もっと色々あるのかと思ってたら、ひとつの作戦での政治屋と軍の司令部、あとドローンを操作するパイロット(?)のやり取りが大部分を占めてた。
ちょっとシン・ゴジラっぽくもあり。

2017/11/18 Blu-ray
これが現実。世界の現状を知らない大半の平和ボケしている日本人には頭をガツンとやられる現実。

脚本も演出も当然ながら『無音の映像』がリアルで…多くの事を考えさせられて頭がぐるぐるする作品です(( 'ω' 三 'ω' ))💦

対テロ作戦を描きながらも戦争映画ではなくある意味、密室劇&会話劇。関わる全ての登場人物が考え苦悩して、でも指揮系統には従うしかない現実。

命を奪う権利なんて誰にもないけれど、この結末を責める権利もないのですよね。
つらいけれど鑑賞して良かったと思うし、多くの人が見るべき作品だと思いました
>|