アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場のネタバレレビュー・内容・結末

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場2015年製作の映画)

Eye in the Sky

上映日:2016年12月23日

製作国:

上映時間:102分

3.9

あらすじ

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イ…

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イギリス、アメリカ、ケニアの司令官たちがいる会議室のスクリーンに映しだされるが、彼らが大規模な自爆テロを決行しようとしていることが発覚し、任務は殺害作戦へとエスカレートする。 アメリカ、ネバダ州。米軍基地では、新人のドローン・パイロットのスティーブ・ワッツ(アーロン・ポール)が、パウエル大佐からの指令を受け、強力なヘルファイアミサイルの発射準備に入る。だが、破壊準備に入ったその時、殺傷圏内にパン売りの幼い少女がいることがわかる。 予期せぬ民間人の巻き添え被害の可能性が生じたため、軍人や政治家たちの間で議論が勃発し、少女の命の行方がたらい回しにされる。キャサリンは、少女を犠牲にしてでもテロリスト殺害を優先しようとするが――。

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」に投稿されたネタバレ・内容・結末

現代の戦争はテロとの戦い。つまり本作のようなことは十分あり得るだろう。
結果はともかく、自分があの選択を迫られたらどうするか。自分も同じことをしたんではないか。
でも、結局はまた新たなテロを生むんではないか。
考えさせられる作品。
現代の戦争です。

これを見てハーバード大学のサンデル教授の白熱教室で取り上げられていた「トロッコ問題」を思い出しました。

殺人に正義はあるか?というテーマでした。

「ブレーキが効かず暴走するトロッコの先には5人の作業者がいてこのままだと5人を殺してしまうが先に引込線がありそちらには1人作業員はいるが、そちらに逃げれば5人ノイズの命を救うことが出来る。」という問題とでした。

立場が変わると意見ももちろん違ってくる。

1人の少女は亡くなってしまったが自爆テロは防ぐことが出来、大勢の犠牲者を出さなくて済んだ。これが正義なのか⁇

自分にはその問題に答えは出せません。
ドローン戦争ものは「ドローン・オブ・ウォー」など3作くらい観てますが、一番面白かったです。大抵、動きがないから眠くなってしまうのですが、それもなくて。本作もギリギリまで会議室、プレハブの中の操縦席で話し合っているだけなのですが、軍事的、政治的、現場の協力者、テロ現場を知っている軍人、6年間ターゲットを追い続けた大佐など、様々な立場の見解、気持ちが交錯し合って、重厚感のある人間ドラマに仕上がっていました。でも、攻撃は殺人なんですよね。「攻撃しなければならない。」ではなく「殺人行為を犯さなければならない。」。責任を気にする部下に「あなたには何の責任もないから大丈夫。」とキャサリンが言うシーンがありますが、殺人を犯す人々は幾ら間接的であろうとも、その責任から逃れてはならないと思います。犯す側も恐らくパイロットなどは長い間トラウマになるでしょうし、戦争という行為は負の感情しか生まないということは嫌と言うほどわかるでしょうけど、それでも続けるんですよね・・・。もう、クライマックスは予想外のことが起こったりして「わあああ!!」ってなってしまいました(>_<)あんなにダイレクトに狙えるなら、もっと小型のミサイルないんですか?これまでのドローンものでは観たことのない小鳥型や虫型のものが出てきたりして、もうスパイ映画の世界ですよね。一貫してミサイルを撃ってはいけないと言っていた女性も違うかなと思いますが、撃つのも違うと思うし、永遠に解決しない、負の感情しか生まない「戦争」という行為は、何が何でも避けるべき行為ですよね。少女の救出をギリギリまで粘ったように粘るべきことです。重たいけど、とても考えさせられるので観て良かった作品です。
現代の戦争の不条理を暴き出した秀作。
ドローン攻撃は実際どのようにやっているのか?
もし攻撃するのであればいったいどういったプロセスで行われるのかを偵察から攻撃までの出来事をリアルタイムで2時間同じ時間の進み方で描かれている。
アイ・イン・ザ・スカイというタイトルは空の目つまり軍事衛星、スパイ衛星のことです。
ドローンはラスベガスに空軍基地あってそこからリモコン操縦し標的からかなり離れたところから旋回しミサイル攻撃するので標的からはまったく見えないんです。
そしてテロリストの顔を確認するために映像解析センターがハワイにある。ロンドンでは首相の内閣指令室がありそこでイギリス軍の将軍と外務大臣と首相と司法大臣と国務大臣がいて、その映像を見ながら作戦に対する許可をしていく。
現代の戦争はこんなに距離が離れていても意思疎通ができゲームみたいにミサイルを撃ち込み対象を排除するというシステムがあるということに驚きました。
昔の戦争では軍隊同士がぶつかるだけだったが今はそういう時代ではなくテロリストの動機さえネットで興奮してやりましたというのもかなりあるらしい。
ネットってまじで怖いわ。
一人か何人かの民間人を犠牲にしてでもミサイルを発射することで80人を救えるだったらあなたはどうしますか?という究極の問いを突き付けてくるのがこの映画です。
なんとも不条理です。
現代の戦争はたちが悪いなあ!

私は特にドローンを操作をする軍人役を演じたアーロン・ポールの演技が生々しくて見てて辛い気持ちになりました。
今は亡きアラン・リックマンの遺作でもあるので必見です。
ミサイルを発射するか否かという重大な決断が刻一刻と変化する状況のなか決断が迫られる。

「シン・ゴジラ」のように関係するいくつもの部署、役員の決定を仰ぎ、協定や法律に反しないかギリギリまで見定める。

全編ほぼリアルタイム信仰で、現場に突入する捜査官はほぼいないものの、緊張感は最後まで止まらない。

私史上、もっともパンがはやく売れて欲しいと思った映画。
これが、現代の戦争か( ゚д゚)
怖い。。

ケニアのテロリストを攻撃するのは、上空約2万フィートにいる、無人航空機MQ-9リーパー。

その無人機を操縦するのは、遥か離れたアメリカ本土の米軍基地。

なるほど、「世界一安全な戦場」ってタイトルに納得でした💧

敵からの反撃は、皆無。
凄い時代ですね。


オペレーターは、画面見て手元のスティックを動かすだけ。
ミサイルは、ボタン1つで投下。
リアルなゲームをしているような感覚で、怖かったです( ゚д゚)


かつて、「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!」と言った熱血デカがいましたが、もはや実行部隊は全員会議室にいるような時代になってるんですね。。


それにしても、リーパーの画質の解像度、ミサイルの命中精度が凄い💦
人の顔まで判別できるレベル。

リーパーって、死神って意味らしいです。
機体も顔がなく、まさに死を司る機体って雰囲気( ゚д゚)


テロリスト達が、まさに自爆テロの準備を潜伏先の建物で進めていて、一刻の猶予もない状況で、攻撃の許可を得るまでのギリギリの緊張感は手に汗握りました(;_;)


しかも、建物のすぐそばで小さな女の子がなんとパンを売っている!!

なんで、そこでやねん!!💦
値下げして、早く売り切ってくれ!!


女の子が去るまで待つのか??
いや、女の子1人くらいの犠牲でテロが未然に防げるなら、攻撃もやむを得ないのか??

緊張感たっぷりで、ハラハラドキドキが止まらなかったです(゚o゚;;


付随的被害というのを計算をして、着弾してどのくらいの範囲で、どのくらいの確率で敵を殲滅出来るのかを割り出すんです。

女の子への被害が、50%以下ならミサイル投下。

え??

確率、半々でGOなん??

信じられない。

でも、世界のどこかで似た事って山程起きてるんだよな。


作戦は成功したが、女の子は搬送先の病院で死亡。
誰の顔にも、達成感や満足感はない。

観ている側も同様の感情です。


観終わっての感情は、感動も何もありません。
でも最新の戦争事情を、無駄のないシーンでリアルに描いた良い作品やと思います(^^)
原題: Eye in the Sky
直訳: 空にある目

ー 現代の戦争 衝撃の実態

"Never tell a soldier that he does not know the cost of war"

パッケージ、キャッチコピーにはあんまり惹かれない。
予告編をみて、この作品からどんな感情を抱くのかは大体予想ができていた。
が、予想以上にずっしりくる内容。
ハラハラドキドキ感じさせる演出が上手い印象。

アラン・リックマンが良い。

視点は違えど、扱う題材は同じ、「ドローン・オブ・ウォー」も合わせて観てほしい。個人的にはこちらの方が好み。


ー「決して軍人に言ってはならない。彼らが戦争の代償を知らないなどと。」
〈/《善い》とは、《悪い》とは。/〉

【Introduction】

『トロッコ問題』
...あなたは線路の切り替えポイントに立っている。そこにブレーキの壊れたトロッコが猛スピードで向かってくる。線路の向かう先には5人の作業員が。このままでは5人とも死んでしまう。しかしポイントを切り替えた場合、もう一方の線路にいる作業員1人が死んでしまう。ポイントを切り替えるべきか、切り替えないでおくべきか。1人を死なせるか、5人を死なせるか。5人を救うか、1人を救うか。どちらが、最善か。

『臓器くじ』
...公平なくじがある。このくじで健康な市民から1人を選び出す。その1人を殺め、臓器を5つ取り出す。その臓器を必要な5人に配る。これで1人が死に、5人が助かることになる。これは許される行為か、否か。

────どちらも同じ人数を救い、同じ人数を見殺しにすることになるのだが、この2つの思考実験には明確な違いがある。
《罪悪感》
アクシデントへの対応によって1人を殺めてしまうこと。明瞭な意思をもって1人を選び出し殺めること。前者は止む無いと感じ、後者は罪深いと感じる。
《善悪の判断は感情によって左右される》
人間は殺人を嫌悪する動物である。よって、より《殺人感》の強い臓器くじを否定したがる。
では、人数を変えてみてはどうか。
臓器くじで選び出す人間は変えず、取り出す臓器・提供する人数を増やしてはどうか。
例えば、1人:11人。(※11人とは1人ぶんの臓器が救える最大の人数)
この場合だと罪悪感が比較的軽くなり、判断が肯定に少し傾くことになる。
《善悪の判断は数によって左右される》
これは自然なことである。人間の《動物的本能》がそうさせている。人類の継続、子孫の繁栄。そのためには、なるべく多くを残さなくてはならない。

《善い》とは、《悪い》とは、、。
...何を基準に語るべきなのか。

さてここに、一本の映画がある。
1人を殺め、自爆テロを防ぐか。
1人を救い、自爆テログループを見逃すか。
それを問う映画である。
僕はこの映画を観てしまった。観てしまった以上、善悪の境界線を考えなくてはならない。思考し続けなくてはならない。《善》とは何かを。《悪》とは何かを。

────《正義》とは、何かを。

【Review】

善悪の基準は現在のところ明確化、統一化されていません。
だから当然、この映画で問われるものにも答えは用意されていない、、答えが無いわけではありませんが、見えないのです。
そしてそれは恥ずべきことではないと思うのです。
答えの見えない問題...当たり前です。人類が生み出されてから現在に至るまで、決して答えが明確化されたことがない問題なのですから。
とはいえ、思考を放棄することはよくない。だから、答えの見えない問題、この《善悪の境界線》というものを僕は問い続けなければならないのです。
観てほしい、この映画を。
そして一緒に思考してほしい。
《考える》ことは大切です。必要です。
考えないことには《答え》は見つからないから。だから、考えてほしい。
これでよかったのか。
ほかの選択肢はなかったのか。
最善の策とは。
正義とは何か。
共に思考したく思います。
いつか辿り着くであろう《答え》のために。
上に指示されるがままに本人の意志とは関係なく従う…のがこういった組織かと思ったけど、自分の意志考えを貫いて上司に意見する姿。
本当にそのとおり、立派だった。

眼の前の少女の命か、
予想でしかない失われるであろう80の命か…
またその80の中には少年少女も予測される

本当に難しいと思った。緊迫感の中で、誰もが責任を誰かに求め、いつまで経っても結論が出ない。刻一刻と事態は変わる。
それぞれの想いや願い。任務遂行の為の一人の命の価値。

戦争ものは怖くて見られず、安全という邦題で軽い気持ちで見た映画だったけど、見て、知って、考える機会を得た。
見てよかった。
ああああ、パンを!早くパンを売りきれ!
Noooooo!!! パンを拾うな!!捨てろ!諦めて早く家に帰れ!!
パンを!早く誰かパンを買え!全部買えええええ!!!

と、パンの売れ行きにここまで神経を使ったのは生まれて初めてだろうと思う。
もう固唾を飲んで見守るしかない。
そんなeye in the skyの一部になったかのような気分を味わわされた。

現場に近ければ近いほど危険なのに決定権がなくて、現場から遠くて安全になればなるほど権力も決定権も強くなる。
こうやって軍人たちの心は壊れていくんだろうなと。

アーロン・ポールの顔面はなぜかこういう役回りにこれ以上ないほど適役な気がするんだよね。
とても良い演技でした。
>|