何者のネタバレレビュー・内容・結末

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

3.4

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿されたネタバレ・内容・結末

最後グワーって圧巻だった
有村架純聖母?
世代的にも、境遇的にもかなり響く内容。


自分は就活からいったんエスケープしたので、就活の厳しさなどに対しては理解が足らないと思うが、
自分のことを何者かだと思いたい、と言うことはずっとわたしの中のテーマとしてあって、そこにぴったりとハマってしまった。

『桐島、部活やめるってよ』で映画部の彼と東出くんとの関係にように、
烏丸という圧倒的な存在がある。

自分が何者でもないことに気づいてしまうことと、気づかず(あるいは気づいても)何者かになるべく自分の道を歩くもの。

そういう人を下だと思わないと自分を保っていられない気持ち。

自分だけ一個上の次元に行き客観視することで
傷つくことから逃げたい気持ち。


Twitterアカウントがバレたあとの演劇の演出がよい。


最後の有村架純の言葉と、面接での口上はかなりキた。
「頭の中にあるうちはなんでも傑作なんだって。」

「10点でも20点でもいいから自分の中から出しなよ。そうしないと点数さえつかないんだよ。」

クリエーターの人達ってすごい勇気あるよな。クソみたいな作品と思っても、どんな作品でも生み出した成果はあるんだな。
菅田くんは最高だったんだけど、
途中までもよかったんだけど、なんで最後かすみちゃんがおばけみたいに登場して、舞台仕掛けの演出になって、あれはなにがしたいのかまったくわかんなかった。あれはいるのかなって思った。
裏垢でなにしようが
あなたはあなた
わたしはわたし
箱の中から出られない拓人、舞台を手がけている監督ならではの細かい演出が効いてて面白かったです。そして、イケメンオーラを消して、熱演する佐藤健さんが、本当にダサい!こんなダサい佐藤健を観れるのは、この作品が最初で最後かもしれない

キャストの配役がそれぞれぴかいちで、就活がホラーみたいで怖かったです。もう一度DVDでゆっくり観たい
就活終わってすぐに見たけど、だからなに?感あったなー。
リアルで怖いとか意見あったけど、あまりリアルじゃないと思うんだけどなあー。
でも「就活が得意」って言葉はキたなあー。
これから就活だなっていう話になったときに、この映画の話になって
なんとなく借りて観たけど
すごいおもしろかった、、!すごい好きな感じの映画だった、、、といったほうが正しいんかも
まだ就活ちゃんとしてないからどこまでリアルなのかは全くわからないけど、
人間のイヤな部分をはっきり観せられて逆によかったし、それを否定する感じじゃなくて、そこがしみる映画だった

就活おわってから観たらまた違うんやろか。。

あと、なんとなく一緒に借りた映画がスティングやったんやけど、
まさか同じドンデン返しの映画とは、、笑
検索履歴発覚シーンが山場。
地下鉄車内の窓に映ってる演出もなかなか好き。
人物描写はリアルでわかりやすい。
心理描写はぼかしが多く見る側に委ねられる。
自分の想像力が乏しいせいかちょっとモヤっとする場面が少々。結局何が言いたかったんだと思い返してみるものの…。
原作読むことにします。

めちゃくちゃ人間らしい映画。

就活の時の人間模様って表面は穏やかでも裏側はギスギスしてるよね。
それがよく表れてる作品だな~って思った。

THE普通系男子。
遠慮のできない皆から好かれるお調子者系男子。
可愛らしくてモテるポイントをいくつもおさえている系女子。
留学経験ありの彼女と人脈築きまくりクリエイター彼氏の意識高い系カップル。
自分がイメージする大学生すべてがつまってる。

コータローみたいなコミュ力ある人が受かりやすいのはめちゃくちゃわかる。

拓人がTwitterで呟いていたのが発覚する前から彼が考えてることが伝わってきた。 

見終わって思った、自分にも拓人と同じ心の闇はある。
否定したかったその部分を客観的に見せつけられたって感じ。

就活を始めることにした隆良が拓人に言った言葉に震えた。

岡田くんかっこよかったな。
SNS依存症には気をつけたい。
>|