何者のネタバレレビュー・内容・結末

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

上映時間:97分

3.3

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿されたネタバレ・内容・結末

主人公のネットリテラシーの低さや就活の上手くいかなさはともかく、自分自身に痛々しさを感じた故に自ら大きなものを手放すも結局それに対してルサンチマンじみたものを抱えてしまう様は見てて精神的にキツかった 成人した人間なら大体どこかで経験するであろう過去をえぐられる話
身につまされることもあり、自分のことを描かれているようでヒヤヒヤしながら観ました。
演劇の舞台に見立てた後半の演出が好きです。個人的には、山田孝之さん演じるセンパイと、菅田将暉さん演じるコーヘイが好みでした。
心臓を切り裂かれるような痛みと共に、「わかる…」「あるある…」が襲ってくる。一つ一つの挙動、言動に「あれ、俺はどうだったっけ……?」とチクチク自省させられる。就活とか関係なく、定期的に見直していきたいやつ。

就活中に見たら何かヤバそう!と直感が囁いて、見るのを先送りにしていた。でも、物凄く優しい映画だった。不採用の通知とか、沈黙する携帯とか、そういうのが積もり積もって、「ああ自分は社会にとっては要らない子なんだ」って思っちゃってる虚ろな目とか、全部狂おしいくらい理解できる。140字にも、1分間にも、そこに本当の自分なんて、絶対収まりきらない。タクトくんも、社会に出て羽ばたいていきますように……。

頭の中にあるうちは何だって傑作なんだって……って、ところでこの傑作は何回就活したら作れるんですか(白目)
現在、就活をしているからか、見終わった後のなんとも言えない感。

ただ、ルームシェアをしているくらいの仲なのに本音を話し合うことができなかったり、全員よそよそしくて、そこが違和感。
表と裏を表現するためとは言え、みんながみんなうわべの付き合いすぎて、そこまで?って思った。
怖いわー。
事あるごとにSNSをチェックするところや陰で見下してる裏アカに怖いと思いつつ、自分も気になって同じ事してたり、裏アカと同じような事思ってたりしてたことにも怖いと思った。

自分でもホントこういうところあると思う。
口ではいろいろ言って行動しない。
気を付けます。

1分間で自分を表現してください
とか
140字で考えを伝えよう
とか

頑張ってる人が恥ずかしいイタイって思っちゃったらもうなんかつまんないね

自分は客観的にわかってますよってツイートしちゃうのももう自己顕示欲の塊すぎて
人間くさくて引く
就活がメインの話と思ってたけど、そうじゃなかった。

頑張ってるねと言われたい、注目されたいという自分の欲望を閉じ込めて、そういう欲望を出している周りの人達を冷めた目で見てる若者は少なくないはず。そしてその冷めた目で見ている風の自分をリアルでは出さずにSNS上で出す若者も少なくないはず。
現代人の自己顕示欲のそれ。頭の中にあるうちは何でも傑作で、そこからお前は出られない。その一言はシビれた。結局は何でもフェードアウトしないと評価されることは無い。井の中の蛙大海を知らずなんて言葉もあるが、少し考えさせられる内容でした。

原作既読。
数年前読んだ時はそりゃあもう衝撃を受けました。この物語に出てくる6人全ての感情を持ち合わせていて自分の一番痛い所を突かれまくってる感じでした。
私は就活が始まる前に原作を読んで、就活も始めたのも大分遅かったので就活戦争には巻き込まれませんでしたが、就活を始めるのが遅くなったのも社会に出る自分をある種許せない自分がいるからで、その部分は光太郎と似通う部分もあるし、社会に出てないくせに…と瑞月に叱られる場面も社会に出て今尚心に響く。
拓人が一番痛いけど、最後の面接が終わった後 ドアを開く時何者が流れるあの瞬間が堪らないよね。いつもこの瞬間を待ってる。
就活始まる前に観たけど
就活憂鬱にしかならなかった
でもきっと現実
佐藤健の役の気持ちになったら、いたたまれなかったガンバレ
>|