何者のネタバレレビュー・内容・結末

何者2016年製作の映画)

上映日:2016年10月15日

製作国:

3.4

あらすじ

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続…

就職活動の情報交換のために集まった、5人の22歳。 企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は「何者」になりたいのか。 それぞれが疑問を抱えながら、就活に立ち向かっていた。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。 天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。 「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。 社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 そんな5人を先輩として見守る、大学院生のサワ先輩(山田孝之)。 力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、それはあくまで表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、そこで見えてきたのは、これまで隠されてきた裏の顔だった——。

「何者」に投稿されたネタバレ・内容・結末

前から見たかった作品。就活を終えてから見たわけだけが、リアル感がありすごくよかった。後半ではTwitterを通して表の顔と裏の顔を描いており、現代は表の顔が建て前で裏の顔が本音なんだと痛感した。今の世の中を忠実に表現しており、変なフィクション性がなく満足だ。
映画なのに、舞台チックに演出してる部分が面白い!
観る側にも何者か訴えて考えさせてくる感じが好き◎
ラストシーンからのエンディングの主題曲にグッときた!
就活後だったから余裕持って観れたかな。あまり期待してなかっただけに良かった。
原作は知らないけど、映画として、作品として成立してて楽しかった。
作品中に漂う空気感や「何者」感が終始、緊張感を漂わせてて怖くもあり。
安定を提供してくれる山田孝之にホッとして、有村架純はやっぱりあまり好きじゃないことを再確認。
wowowからの録画。これが今の若者の現実、というような暗さ、重さ。「個性、個性」と育てられて、社会に出て行く時に求められるのは画一的な「個性」。そんな中で、自分を保とうする姿に見えるそれぞれの「必死」が「イタイ」のではなく、痛々しい。
みんな、自分の良さは自分が一番わかってる。でもそのままでは通用しない歯がゆさ、悔しさ。「すみません、1分間では語れません」の一言には、社会への、同時に自分への静かな怒りが込められてるように感じた。

最後まで顔が映されない烏丸ギンジの存在は、要するに「理想」ということでいいのかな。「人から何と言われようと、やりたいことをやる」という道を選択できる幸せを、選択肢が限られた有村架純だけがわかっているから、それをディスった岡田将生に怒ることもできるんだよね。
それを考えると、大人側が「君たちはどういう覚悟で社会に出てくるわけ?」と迫るのも、わかるような気がする。

佐藤健の「裏アカ」のツイートが芝居仕立てになる演出が、彼の思考回路を表しているようでおもしろかった。
若い役者さんたち、みんな達者だなぁ。役者好きとしても満足度の高い映画でした。
就活が怖いなあと思った。

全員学年が一個上というオチは少しびっくりしたがツイッターに関してはそんなに驚かなかった。

人間同士の闇がうまく表現されていた。いろいろと考えさせられた。
大学生の就活の苦労話。
グループで助け合って乗り切る空気なのかと思えばそんな感じではなかった。
むしろ仲良く無い空気しか出ていない。

佐藤健が最初から最後まで嫌な人間だったなぁ。
と言うか就職の決まってない佐藤、二階堂、岡田は全員痛々しいキャラやな。
劇中の面接官が優秀過ぎる。

こう言うちゃんとした就活をしてないからわからんがまわりはピリピリしてたなぁ…仲間内でこんなわいわいやってはないが一歩間違うと友達関係壊しかねない空気はあったな。

自分を1分間で表現しろと言われ出てくるセリフがどうにも馴染めない。
現実でもそうだが自分を褒めちぎるようなセリフを良く言えるなぁ…。

有名でもなく何もしていない人がSNSで自分語りってかなりキツイな…しかも内容が批判ばかり。
オチが裏アカって、時代だなー。僕も裏アカやってます。
就職活動は人間の心を痛めつけることが多い。その癒しを彼はSNSに見出した。自分が何者にもなれないことを知っていたからだ。だからどこにも内定をもらえなかったからだ。

終盤、主人公は自分と向き合う。痛々しくて、みっともなくて、恥ずかしい自分。
1分間では話しきれない言葉こそが自分自身なのだと、きっとそういう意味なのだろう。
超面白かった。
最後のシーン良かった。
>|