映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの作品情報・感想・評価・動画配信

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ2016年製作の映画)

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:108分

3.6

あらすじ

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」に投稿された感想・評価

ぽん

ぽんの感想・評価

2.5
詩が原作ってどんな感じだろうと興味を持って観たけど、淡々と独特な温度感で進む映画だった。
私のこれまでの人生には無かった空気感。
それでもどこか観入ったのは、身近な街渋谷が多く映っていたからだろうなあ。

東京に出てきてから、邦画を観る機会が増えた。いろーんな人が混じっている東京の街が面白い。この映画の登場人物みたいな人たちも生きている街なんだろうきっと。

捨てられることに怯えている美香と、自分の限界を決めてしまってどこか諦めているようにも感じる慎二。そして周りの人々。
大人になると、色んな経験をしてしまうから、生きることの苦しみも知ってしまう。
それでも皆生きたいし恋愛したいんだよなあ。

石橋静香と池松壮亮、最初演技が下手、、?と思っちゃったけど、逆にうますぎてああいう表現になっているのかと納得。

松田龍平格好良かった〜
Nao

Naoの感想・評価

3.3
美香の表情が乏し過ぎる。
何の為に東京で働き、生きていくと決めたのかって人それぞれ違うけど、その理由が見えて来ないし、生きる希望もあまり見えなかった。
慎二も何となく生きている感じで、「さあな」「分からない」などのセリフを多用し、逃げるようでわだかまりが多い。
東京のせいにしているようにも見えて、労働問題、格差社会そして孤独というテーマから若干かけ離れているように感じた。
ぽんず

ぽんずの感想・評価

3.0
タイトルとは裏腹にモサモサした映画

石橋静河と松田龍平、まめ夫の前にここで共演してるとは、、

2015年頃の渋谷が懐かしくなった
りさこ

りさこの感想・評価

1.8
曲が嫌いすぎたし色々キツかったけどよく完走した…
ちとせ会館の一休めっちゃ出る。私はあの雑踏の中の1人〜
328

328の感想・評価

4.0
詩を映像化した映画というか作品。朗読っていいね。人が読む詩っていいね。
オリンピックという大きな夢を背負った東京とそこで暮らす人の生活。
みんな孤独に生きてるし、孤独に生きて寂しいって感じていいんだろうな。
孤独さえエモく見える東京に何かあると信じてる。
寅

寅の感想・評価

2.5
日本での労働をテーマに生きることの困難を描く作品

人は何のために働き、何のために生きているのかを描きたいのだろうけど、僕にはイマイチ伝わってきませんでした。

まさに現代の日本と日本人が映し出されていて、変な世の中だなと改めて思わされる

言葉を羅列する本作の脚本は苦手。
脈絡なく言葉が頭に思い浮かぶことってあるだろうけど、僕は苦手だなあ。『花束みたいな恋をした』と同じ現象が僕の中で起こった。

池松壮亮も松田龍平も芝居が下手に見えた
ayn

aynの感想・評価

4.7
公開からもう4年経つのに不穏な予感は変わらず続いてはいないか
いろんな絶望も変わらないし、いろんな世界や人はずっと地続きでどこかですれ違って生きてる

会社の先輩にガールズバーに連れて行ってもらった日のことを思い出した
なんだか美香の中の空洞がどこか他人の事のようには思えなかった

でもどこかで東京という街のこと好きだし絶望だけじゃなくてここにしかない光だってあるよなと重くなりすぎず思えた
MoekaF

MoekaFの感想・評価

2.5
詩はめちゃくちゃ好きなのに

まじでつまんなくて

途中で見るのやめた

セリフを詩で置き換えたらあかん
私この映画めっちゃ好きだ!美香みたいに考えすぎてしまうのわかる、考えすぎるが上に色々否定するけどその中に自分も含まれてて嫌になるのわかる、好きだ〜
yuka

yukaの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

石橋静香さんの声に最果タヒさんの詩は合う。淡々としていて平熱の声音。
東京に住みながら憧れる東京と見たくない部分の東京。詩の映画化の素晴らしさを知れた。
>|