映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの作品情報・感想・評価・動画配信

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ2016年製作の映画)

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:108分

3.6

あらすじ

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」に投稿された感想・評価

yt

ytの感想・評価

-
詩が空中に放たれて消えていきそうなのをつかみ取って物語にした、みたいな。
二人の台詞のテンポ、リズム感が好きだった
東京は希望で溢れていてキラキラしてるぶんその何倍も残酷で
病んでる時に観るといいやつ。
普通の時に観るとそんなに。
最果タヒの詩集がもとだし、世界観。
生きにくいけどまぁ生きるかみたいな
てやん

てやんの感想・評価

3.5
今すぐに死にたいわけではないけど
楽に死ねるなら早めに死にたい人って
自分含め周りにも結構いて、
死について考えることも多い
現代の雰囲気がリアルに再現されてた。

生活の中でこの映画と重なることが多くて
ふとした瞬間に思い出す。
やん

やんの感想・評価

-
最高!という感じではないけれど

この映画で
少しでも感じられる人間でよかったな 

まだココロが死んでなくてよかった

いまこれを作って見せたいと思う人がいて、これを見て感じる人もいる。それでも映画は存在できて、世界は変わらないとかくだらないことは言えなくなる。言いたくなくなる。
再鑑賞。石井裕也脚本・監督作品。最果タヒ原作。石橋静河、池松壮亮、佐藤玲主演映画。看護師として安定した生活を送りながらも夜はガールズバーで働く美香と、左目が見えず工事現場で日雇い労働者として働く慎二。2017年の東京で生きづらさを抱えた若者の出会いを描いたラブストーリー。池松くんのまた違う演技の一面を見た映画でしたね。セトウツミ以来のヒットです。映画のラスト近くで目撃したおでこの広さにまた新たな発見でした。映画は70年代の恋愛映画のようなテイストがお気に入りです。相変わらず変幻自在の演技の松田龍平くんも光ってましたね。
桃太

桃太の感想・評価

1.6
女優さんがもう少し綺麗な人の方が入り込めた気がする。門脇麦とか良かったと思う。
中二病みたいな映画。
でも、途中で挫折せず最後まで見られた。
誰のための飛行船

危険信号みたいな赤い光

脇汗気にして、わたし生きてる
谷口

谷口の感想・評価

3.0
現代東京に出現した喫煙所という空間の気持ち悪さに対する豊富な示唆を与えてくれるに留まる
きの

きのの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

何気ないこと、当たり前だったり気恥ずかしさから話さないでいることを話せること。
飛行船を見て、何か良いことがありそうだと思うこと。
月が綺麗だと思うこと。咲いた花に気づくこと。
水道水を見て、消えていったものを想う。

話が進むにつれ面白さを感じた。
ゆみな

ゆみなの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

モノローグが多い映画だなぁ…って思ってたら原作が詩集なんですね。

『嫌な予感がする』がどんどん的中していくんだけども、2人が出会い…何度も偶然を重ねるうちに真っ暗闇の中に少しずつ光が射してくる。

人が死んでいくのは悲しいだけではなく、当たり前に起こり得ることで、それを受け止めて進んでいくのも大事なのかな。

隣の部屋のおじいちゃんなんかは、正に嫌な予感が的中するんだけど…見つけてあげられてよかったよな…って思ったり。


映画としてはそこまで好みのものではなかったけれど、池松壮亮は相当良かったです。
>|