映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの作品情報・感想・評価

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ2016年製作の映画)

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:108分

3.7

あらすじ

渋谷、新宿。二人は出会う。優しくてぶっきらぼうな、最高密度の恋愛映画、誕生。 看護師として病院に勤務する傍ら、夜はガールズバーで働き、言葉にできない不安や孤独を抱えながらも、誰かに甘えることもせず日々をやり過ごす美香(石橋静河)と、工事現場で日雇いの仕事をしながら死の気配を常に感じ、どこかに希望を見出そうとひたむきに生きる青年、慎二(池松壮亮)が排他的な東京で生きづらさを抱えながら出会い、そし…

渋谷、新宿。二人は出会う。優しくてぶっきらぼうな、最高密度の恋愛映画、誕生。 看護師として病院に勤務する傍ら、夜はガールズバーで働き、言葉にできない不安や孤独を抱えながらも、誰かに甘えることもせず日々をやり過ごす美香(石橋静河)と、工事現場で日雇いの仕事をしながら死の気配を常に感じ、どこかに希望を見出そうとひたむきに生きる青年、慎二(池松壮亮)が排他的な東京で生きづらさを抱えながら出会い、そして、恋がはじまるーー。

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」に投稿された感想・評価

sachiko

sachikoの感想・評価

5.0
半分にできたら生きていける気もする、教わりました 胸にこびりついて離れない映画
niconico

niconicoの感想・評価

4.2
なるほど〜。
原作ものと思って鑑賞したら、詩集なのか。
詩の朗読と同時に物語が進む。
物語というか、社会問題だったり詩的な描写が続き、結構な重たい感じ。
ずっと重い。
そんな中でも男女が出逢い、ぎこちなく距離を縮めていく。これが切なくて好きだ。
1200円の髪飾り、似合うと思ってプレゼントしたら「1200円だから似合うと思ったの?」って笑
エンディングに出てくる大きな看板がすべてを物語ってる。
けっこう好きな映画だ。
equal

equalの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

街を歩いていると時々思い出す様に感じる事がある。
私の前で信号待ちをしているこの人には沢山の人間関係があって更にその一人一人にも同じように沢山の人間関係がある。不思議だなと感じる反面、私には関係がないと言い聞かせて自分の興味を他へ移す。。。

そんな世の中での出会いは奇跡、無関心は傲慢だとこの映画は言う。
なんだか軽く頬を叩かれた気分。

きれいなタイトルの映画だなと軽い気持ちで見たけれど、しっかり腰を据えて見ないと私には難しい作品でした。
東京という街がおかしいのか
住む人たちがおかしいのか
日本人がおかしいのか
恋愛に希望はあるのか

ということを考えさせられる。

かなり説明的な映画だったのが意外。というよりセリフがくどいきがした。
とりあえず原作を読んでみるかな。
millic

millicの感想・評価

4.0
観終えた後にレビュー見てたら、思っていたより評価が低くて少しびっくりした。
美香の言ってる事、言いたい事、考えてる事、少しわかる気がする。
最果タヒのことは映画を通して初めて知ったけど、この映画を見て詳しく知りたいなって思うほど、世界観・演出・キャスト・音楽、全部いい。石井裕也監督すごい!

「付き合う」って始まりな訳で、始まりがあればいつか必ず終わりがあるのに、傷つくってわかってのことなのか知らずのことなのか、繰り返し行う世の中の事を馬鹿だなって俯瞰していて、でもわかっていながら、他人のことをとやかく言って傷つくことを恐れてる自分が一番馬鹿だって思ってる。

自分の知らないところで、何千何万人の人が同じ時間を生きていて、死んでる。
だからなんなのって言われたらそれまでなんだけど、そんな世界に生まれてきた自分がいて、そんな世界で慎二みたいな人に出会えたことは、美香にとって奇跡であり運命だったんだと思う。

外見とか年収とかどうでもいい、この人だって思える誰かと私も出会いたい.. 笑
せーた

せーたの感想・評価

3.6
嫌なところを見せてくれた。
うまく表現してくれた。
半分くらい良くて、半分くらいがっかり

でも邦画も捨てたもんじゃないなぁと
マー

マーの感想・評価

3.3
全部はなんだか見れなかった、
人の生き死に
世界の中で独りぼっちでいるみたいな寂しさの様にも感じたし、一人じゃないって言われてる様にも感じた、うーん難しかった

夜の空見ながら煙草を吸いたくなる様な映画

またいつか今度は全部見てみよう
M

Mの感想・評価

-
観出してすぐ、あ、これ分からないってなっちゃうやつだと思ったの。
でも、意外と単純だったかも。

逆に深く考えないほうがスッと入ってくる気がした。

生きる死ぬってこと自体はものすごく単純よね。
だからこそ、あることないことたくさん、考えちゃうのではないだろうか
知らんけど。笑

なんていうんだろう、いい言葉が思いつかなすぎるけど、
俺は嫌いじゃなかった。
後半の二人のやりとりとか、
なんか、一人でクスクス笑いながら観ていた。
めんどくさっ
って呟いたもんね。笑

この女優さん、初めて観たんだけど、
良さ。



演出的な部分では
全然受け取れなかったな、、
どんな意味があるのだろうと思ってしまう部分がチラホラ。
映画のプロフェッショナルさん教えてください。笑
また観よ。
クロキ

クロキの感想・評価

3.0
とーきょーすかい
おれも売れないと思う。

初手安定のレビュー閲覧
くっせーことかいてあったり妙にごちゃごちゃと書いてる人はこの映画肯定派だなと

爪の色の詩と1120円?のプレゼントは好き
現状を変えようと動かないおっさん、頑張れとか言う歌詞すげーキライ

見て残る感想は同族嫌悪だった
で、この映画を好きかどうか?、知らんがな


レビュー書いてる途中にスコアを.5下げました
ナガイ

ナガイの感想・評価

3.1
全編通してすごく詩的で、息が詰まるような、でも救われるような作品だった。

わたしはあまりグッと来なかった。
たぶんこれが刺さる人は、世の中の小さな出来事ひとつひとつに繊細に傷ついてきた人なのではないかと思う。
全てを自分ごとにして、身の回りのことと同じ重さで受け止めてきた人。
だからこそ重くて息苦しい。
でも、その中でもなぜか満ち足りた素敵な人生を送る人々に見えた。
>|