映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • 映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの作品情報・感想・評価

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ2016年製作の映画)

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:108分

3.8

あらすじ

渋谷、新宿。二人は出会う。優しくてぶっきらぼうな、最高密度の恋愛映画、誕生。 看護師として病院に勤務する傍ら、夜はガールズバーで働き、言葉にできない不安や孤独を抱えながらも、誰かに甘えることもせず日々をやり過ごす美香(石橋静河)と、工事現場で日雇いの仕事をしながら死の気配を常に感じ、どこかに希望を見出そうとひたむきに生きる青年、慎二(池松壮亮)が排他的な東京で生きづらさを抱えながら出会い、そし…

渋谷、新宿。二人は出会う。優しくてぶっきらぼうな、最高密度の恋愛映画、誕生。 看護師として病院に勤務する傍ら、夜はガールズバーで働き、言葉にできない不安や孤独を抱えながらも、誰かに甘えることもせず日々をやり過ごす美香(石橋静河)と、工事現場で日雇いの仕事をしながら死の気配を常に感じ、どこかに希望を見出そうとひたむきに生きる青年、慎二(池松壮亮)が排他的な東京で生きづらさを抱えながら出会い、そして、恋がはじまるーー。

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」に投稿された感想・評価

miyabi

miyabiの感想・評価

3.0
これも 観たかった 映画の ひとつ。
ヒカリ座の ラインナップは、良い❗
でも、何か ちょっと 期待してたのと 違ったか。
池松壮亮だから、もっと ギスギスした 女性関係なのかと 思ってた。
片目の見えない おとなし系の 田舎出の 若者。アルバイトのような 荷担ぎの 日雇いに 明け暮れ。
片や こちらも 田舎出の若者 石橋静河、看護婦なのに 都会の 生活と 実家への仕送りの為に ガールズバーで アルバイト。
そんな 二人が 偶然の 出会いから、いつの間にか 恋に?
松田龍平なんか なんと勿体無い。

ikmi

ikmiの感想・評価

3.9
好きでした。
渋谷ユーロスペースで観るべき映画、帰りは是非センター街を通って帰るべき。
渋谷とか常々嫌いだなーって思うけど、そこにいるから考える、感じることもあるし、悪いことばっかりじゃないよね。
彼らが見つけた一つの答えみたいなものもシンプルで好き。
最果タヒさんの原作も劇場で買っちゃいましたが、映画より全然難解だったけど、ぐっとくるパーツはちらほらと見つけられた感じでした。
映画ではそのぐっとくる部分がたくさん散りばめられてた感じでよかった。
キャストも最高、映像も面白かった。
もう一度観たい。
アリサ

アリサの感想・評価

3.5
東京。冒頭の「都会を好きになったら自殺したようなものだ」みたいな言葉がとても印象に残った。都会に出ていった昔の友だちのことをふと思い出した。今何してるんだろう。観終わったあとに、余韻に浸りたくなっていつもならバスで帰るけど夜の街を歩いて帰った。最後のシーンは小さな希望を表現していて良かったと思う。最果タヒさんの詩集が読みたくなった。
Ikupopo

Ikupopoの感想・評価

3.8
実習終わりに急いでヒカリ座に向かった。「夜空はいつでも最高密度の青色だ」を見逃すわけにはいかなかった。今年の夏は気になってた映画をことごとく見逃してたし、池松壮亮はヒカリ座で観るのが一番だと、「無伴奏」で思ったから。最果タヒさんの詩集が原作。詩集が原作の映画なんて、きっと面白くてきっと素敵だと思った。ひとつひとつの場面が断片的な感じがした。悪い意味じゃなくて、詩集らしさを感じたってことだと思う。日常に不意に現れる死と生について、どうやって片付ければいいのかわからなくなるとき、この映画を思い出すと思う。
Kurita

Kuritaの感想・評価

3.7
見終えて一息ついて。
詩集の映画化として完璧な出来と感じました。
2人の詩人以外の世界があまりに凡庸であるのは、2人が恋に落ちる必然としてのフィクションであるし。
2人が口にする詩の続きを誰もが知りたくて詩集を手にしたくなることも出版社主導の作品としては満点の結果でしょう。
手にした詩集自体も素晴らしかったです。

震災についての言及がステレオタイプすぎるのが気になってしまったので、7年を経た今のもう少し突き放した視点を入れて欲しかったけれども。ギリギリで生きていることの道具としてつかっているだけに思えてしまいました。

池松さんと張り合い切る石橋さんの力強さにはすっかり魅了されてしまい。
王道を一度外した石井監督の次回作が楽しみです。
FumikaToda

FumikaTodaの感想・評価

3.7
池松壮亮目的で鑑賞。
不安でしゃべき過ぎちゃうところ、可愛かった。
石橋静河が凄く凄く良かった。美香の捻くれて冷たく人を蔑むところ、自分の中にもあるなーって感じた。
東京って確かに人は多いけど、みんな無関心で冷たい孤独を感じる所だなーって。みんな生きてて不安で、だからみんな愛が必要なんだよなー。
00Nん

00Nんの感想・評価

5.0
 本作を観た時、鳥肌が立ってしまった。
 東京で生きるのに
 映像演出、撮影は石井祐也監督の前作で、日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した「船を編む」に似ていると感じた。
 又、シネマスコープ(画面サイズが2.35:1で画面を広く感じさせたり、奥行きをよく感じさせる)で撮影された東京の夜景は非常に素晴らしかった。
moco

mocoの感想・評価

3.4
仕事終わりに梅田にて。自分の悩みと重なって、映画上でそれが解決した時に自分も楽になれたそんな映画。
6.3/リーブル神戸/スクリーン1:C-7
8.9/十三シアターセブン/前2列目右端

冒頭 夜、東京のビル群から浮き出る「映画らしからぬ」なんともかわいらしいタイトルロゴ。
坂道を自転車で駆け上がる〈美香〉お尻のズボンから浮き出る汗。

最果タヒさんの詩から派生する映画として信頼できるとおもった。

そして、池松壮亮史上最高に愛くるしい池松壮亮と、石橋静河が今後史上になっても燦然と輝く石橋静河に出逢えた
ASU

ASUの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

今までで1番鬱になったし、今までで1番あたしの考え方に似ているとおもった
クズみたいな世界に溺れる世界
ネイルの色は君の内側を探したってどこにもありゃしない
>|