映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの作品情報・感想・評価

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ2016年製作の映画)

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:108分

3.7

あらすじ

渋谷、新宿。二人は出会う。優しくてぶっきらぼうな、最高密度の恋愛映画、誕生。 看護師として病院に勤務する傍ら、夜はガールズバーで働き、言葉にできない不安や孤独を抱えながらも、誰かに甘えることもせず日々をやり過ごす美香(石橋静河)と、工事現場で日雇いの仕事をしながら死の気配を常に感じ、どこかに希望を見出そうとひたむきに生きる青年、慎二(池松壮亮)が排他的な東京で生きづらさを抱えながら出会い、そし…

渋谷、新宿。二人は出会う。優しくてぶっきらぼうな、最高密度の恋愛映画、誕生。 看護師として病院に勤務する傍ら、夜はガールズバーで働き、言葉にできない不安や孤独を抱えながらも、誰かに甘えることもせず日々をやり過ごす美香(石橋静河)と、工事現場で日雇いの仕事をしながら死の気配を常に感じ、どこかに希望を見出そうとひたむきに生きる青年、慎二(池松壮亮)が排他的な東京で生きづらさを抱えながら出会い、そして、恋がはじまるーー。

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」に投稿された感想・評価

いつか見た都会の孤独映画。前半の映像感覚には関心したが、二人がくっつくあたりからダメ。居酒屋の喧騒に
都会のネガティブ象徴しないで。花の開花に希望を見出すも古典的。
とみぃ

とみぃの感想・評価

3.8
インドから東京に来たカメもサプリを取らないといけないほど、外国からきた外人さんも帰っちゃうほど生き辛い東京で、生きるとか死ぬとか愛とか捨てるとかに、時には目もくれず、時には真剣になりながら、みんな生きている。苦しいけど、大変だけど、、、この映画の最後の10分にみんながホッとできる、救われる世の中であってほしい。

久し振りにちょっとだけ尖った松田龍平が新鮮だった。
それと、赤い部屋とか、青い月明かりとか、色のついた画面が印象的だった。「東京には黒が無い」から?
落合光

落合光の感想・評価

4.6
最果タヒさんの詩は口に出すことによって組み立てられ立体的な感覚を呼び起こす特徴があると思った。
瑛

瑛の感想・評価

4.5
都会の閉塞感、見捨てられ不安…
すごく好きだった。終わりの方の展開にグッときた。救われてくれ
最果タヒ。独特の世界観。セリフの言い回し、詩がちょっと面白い。他人に対して語りかけるような独り言が、大都会での孤独な、夢も希望も持たない若者の言葉となって、独特のセリフが心に残る。タイトルにもなった、『夜空はいつでも最高密度の青色だ』もなんかよかった。
個人的には、都会の夜が一番都会らしい気がする。あの夜の異常なまでの明るさ、雑踏、他人とはどこまでも他人という感じ、おそらく自分以外の他人に構ってられない月が青いのかまではわからないのだが……なんか一番夜が都会をイメージさせる。
田中哲司のいなくなる前の『死ぬまで生きるさ』の後の『ザマァみやがれ!』ってのもなんか好き。
フィリピンからきた青年も仕事辞めてフィリピンに帰ると告げる。『ここで働くのはバカバカしい』と言う。

結局恋愛映画だったのか?
おかしな2人が東京に打ちのめされそうになってるけど、東京から離れない。だんだんお互いになんとなく惹かれる。そして一緒になる。

エンドロール映像も音楽もカッコよかった。
The Mirraz の『NEW WORLD』
okke

okkeの感想・評価

-
2017年11月 早稲田松竹にて 併映『PARKS パークス』
dm28kt

dm28ktの感想・評価

-
馬鹿みたいだった。(切実さを喋ってしまうこと。それが色情の発露だと気付かないこと。)説明してあげなきゃいけないこと。
mizuki

mizukiの感想・評価

3.5
心の水分けっこうもってかれた
観終わったあとじぶんのなかに希望も虚しさも両方しっかり残っててなんともいえない
殺伐としてるからこそ、詩の日常的じゃない言葉たちがさらに際立って浮いてる感じがよかった
shiho

shihoの感想・評価

3.0
フィルマークスでの評価の高さと友達の大絶賛を受けてすごく楽しみに鑑賞したけれどわたしにはよく分からなかった。残念……。
詩的なセリフがどうも合わなかった。わたしの感性が乏しいだけなのかもしれないなと思ったのでまたいつかチャレンジしたいかも。
槇村

槇村の感想・評価

3.8
キネ旬ベストテン1位ということで、鑑賞。石井監督だし、そのうち見ようとは思っていましたが。
タイトルの冒頭に「映画」ってわざわざつけるのは何故だ、と思っていたら、もともと詩集のタイトルなんだそうで。
内容は、市井の若者たちの不器用なラブストーリーといったところか。まずまず面白いのだが、「恋人たち」のような迫力というかパワーはこの映画からは伝わってこない。底辺に近いところで生活している者だけが持ついっぱいいっぱいの気迫とでも言うんでしょうか、この映画はそれがなく、ポワンとやさしい。

これがランク1位かぁ。花筐の方が相応しい気が。
>|