映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの作品情報・感想・評価・動画配信

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ2016年製作の映画)

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」に投稿された感想・評価

konaka

konakaの感想・評価

-
痛すぎて距離取りたい。ていうか最果タヒだったんだ、苦手だ〜。
martin

martinの感想・評価

4.0
このピュアな感じをいつまでも観ていたい。
ありがとうの一言に投げた。
Yumika

Yumikaの感想・評価

3.9
生活のリアルさが刺さった。普通に生きてたまにご褒美与えて、知らない誰かも知っている人も皆んなそれぞれの救いがあって欲しい
けた

けたの感想・評価

-
撮り方、写し方がすごくすごくすごく好きだった。とくに、シンジ目線の取り方すごく良かった。がんばれの歌の入れ方も絶妙で沁みる。

生き方は人それぞれで、幸福の感じ方も人それぞれだから、みんなちょうどいい生き方で生きられればいいな、

嫌なことって起きるけど、その分良いことはあるから、人生やめちゃだめだし、やめられないよなー

やっぱりなんか合う人っているんだよね。


塗った爪の色を、きみの体の内側に探したって見つかりやしない。

都会を好きになった瞬間、自殺したようなものだよ。
カヨ

カヨの感想・評価

3.5
多分この気持ちは東京という街に住んでるから感じれてるんだろうな、暮らし始めて少しずつ街に慣れてきたタイミングで観れてよかった
最果タヒの詩集も読もうっと…
らいと

らいとの感想・評価

3.4
良かった
楽しくないんだけど、何だか気になってやめられずに最後まで見てしまう。
chico

chicoの感想・評価

4.0
最果タヒさん大好きで観に行った。
詩集を映画にしたからこその、散文的な、余白が多いからこそ、個人で何を感じ取り、考えるか、人によって響き方が違いそう。
映画館で観てよかったと思える作品でした。
あと、池松壮亮やっぱり好きだー。
YunaM

YunaMの感想・評価

-
東京に生きる孤独を抱えた男女が出会い、恋に発展する様子を描いた、詩集が原作となっている作品。映像が美しく、観た後に前向きな気持ちを与えてくれる。話す言葉にそのまま詩を持ってきているのだろうか、若干の違和感があったのが個人的には残念…
アップの工事現場で横切る男、回転するカメラ、引いていくカメラ。

ビニールシート。
半分になる映像。

夜の自転車二人乗り。
あさみ

あさみの感想・評価

3.0
この人たちめんどくさって思う時と共感できる時が交互に来る
心が荒んでる時に見たらもっと共感できそう
>|

あなたにおすすめの記事