映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの作品情報・感想・評価

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ2016年製作の映画)

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:108分

3.6

あらすじ

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

前向きなヒューマン映画
それでもやっぱりいいことが起こる気がする
面白かった
松田龍平が序盤で退場したり、池松壮亮が初デートで「CHE.R.RY」歌ったり。新宿渋谷で撮ってるのも面白かった。最果タヒ今度読んでみる。
mila

milaの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます


チャックについて話し続ける慎二は頭のネジが何本か飛んでるのかと思ったけど、物語が進むほど慎二はまともに見えてきた。
慎二と美香は同じベクトルで生きているけど、美香の方が世の中を俯瞰しすぎ悲観しすぎて、でも共感する部分もかなりある。

結局、まともに見えてそうじゃなかったのが松田龍平なんじゃないかと終盤に思った。キャストの見方が180度変わった。

最後はみんながあの決断してくれて良かった。
嫌なこと俺が全部半分にしてやるよって言う慎二はかっこよかった。

好き嫌い分かれる映画だと思うけど、わたしは好き!

池松壮亮が歌うCHE.R.RY忘れられない、笑った(笑)
junjun

junjunの感想・評価

4.0
生きづらい東京の街に住む若者達のリアルを感じれる映画。
フィリピン人の出稼ぎの作業員が最後に言った言葉と慎二のタバコの火がそのまま東京の街の灯りに繋がっていくシーンが好きです。
見終わった後夜の新宿渋谷を散歩したくなります。
原作が詩集という異色の映画化作品で評価も高かったので期待していたがあまり深みの感じられない作品であった。
こういうリアルな作品が最近ツボで凄く良い。いろんな見せ方をしていて面白い。
ただいろんなものを詰め込み過ぎてる感がある。
情報量が多過ぎて、ついていけないかも。
それはそれで良かったりもするんだけどね。
本当に世界観が素敵な映画だ。何度観ても色褪せない。

映画の最初に描かれているのは、東京という街に対しての絶望感。

喋り続ける、人を見下す、女遊びを求める…みんな何かにまるでとらわれたかのようにのめり込んで、日々を生きるという息苦しさから逃れようとする。

東京は嫌いといいながらも、居場所は東京。広いようで狭い東京。だれも何も気にしてないような雰囲気、そして常に漠然とした不安感。孤独感が嫌でもいつしかそれを求めてしまう。孤独は傷つかない。

そんな東京という街には本当にいろんな人がいるし、いろんなものがある。やっぱり嫌だとか思いながらも何かに憧れてしまうのだろう。東京から抜け出せない。東京を好きになったら自殺したようなもの、か。そうなのかもしれない。

大丈夫、すぐに忘れるから。そう思ってないと正気なんて保てないよね。

カラオケのシーン、めっちゃいい。なんかエモい。池松壮亮くん素敵だ。

自分だけがどんどん取り残される感じ。
そんな中でも、みんな自分の居場所、生き甲斐を求めて今を一生懸命に生きている、そう、今を生きている。

みんないろんな不安を抱えて生きている。そんな若者から発せられる言葉が凄く胸に響く。みんな喋って、笑って、乗り越えようとするんだよね。
無視される側、されない側、その境ってなんだろう?私も不意に考えたりすることあるけどこれは本当に難しいよなぁ。

なんかこんなこと書いてると、ネガティブ要素しか感じでないじゃないかって感じだけど、そうではなく…
誰かと触れあうことがどんなに心の支えとなるか。やっぱり、人の温もりっていいなぁってこの映画を観るとつくづく思うのです。
言葉で気持ちを伝え合うって、素敵だなぁ。
歌の歌詞の意味のとらえようだって、自分の気持ちの持ちようで良い方向に変わったりだってする。
様々な困難や障がいだって見方を変えればそれは素敵な個性かもしれない。
様々な別れがあるけど、それは良い方向に進むかもしれない。
頑張って生きよう、いろいろあるけど、生きたい、そう思わせてくれる程、この映画には力強さがある。そっと背中を押してくれるような。
不器用だけど愛しい2人に惹かれる。

そしてなんといっても主演の石橋静河さん。素敵。この映画で彼女のことを知りました。いい意味でサバサバしている。最初に観たとき、今まで見てきたタイプの女優さんとは違いすぎてびっくりしちゃったけど、すぐに彼女の世界観に惹き込まれた。これからも楽しみな女優さんです。
せり

せりの感想・評価

3.8
リアリティある作品。
演技も配役も身近に感じれる気がした。
こんな感じでダラダラ進展していく映画が好きなのでわたし的には好みの世界観でした。
PORK

PORKの感想・評価

3.7
映画界三大プロ野球選手と同姓同名。宮崎駿、三浦大輔に続く3人目こと石井裕也。『舟を編む』と全然違って恐れ入った。

明日は我が身かと死が迫っていて、それが半分見えている慎二、そして美香。なんやなんやイットフォローズやないかいとニンマリやで。こういう硬派に生きてる人間の恋愛じゃねえとこちとらムカついてしまうのでグッドジョブですね。原作者の最果タヒって「死」っていう字連想してんのか〜つってウィキったら違うんかいな〜。

社会的諸問題を詰め込んでるのがこの映画の魅力の一つだと思うんだけど、それでもオーバーフロウだと思うのよ。個人的に路上で弾き語りしてるシンガーソングライターが、体が痒くなるくらいダサいので、別の存在に変えてほしい。

慎二より何倍もめんどくさい話し方を日頃から心がけているのに、石橋静河と付き合えないんだけど何が間違っているんだ。俺は。
咲

咲の感想・評価

3.3
石橋静河と池松壮亮よいな〜リアルな感じがちゃんとしてて全体の雰囲気が良かった
でも、雰囲気が良くて、具体的やと1200円のくだりと走って逢いに行く所が好きだなぁって感じで、めちゃくちゃ好きだ!良い!とはならんかったなあ…
あとはミカにちょっとイライラしてたww
ひねくれてるなーけどまぁ、分からなくもないなぁー

撮り方と全体の色は好き!特に、ちゃんと半分しか見えないとこ!
>|