映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの作品情報・感想・評価・動画配信

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ2016年製作の映画)

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:108分

3.6

あらすじ

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」に投稿された感想・評価

yuki

yukiの感想・評価

3.3
タイトルに惹かれて鑑賞。
「都会を好きになった瞬間、自殺したようなものだよ」
冒頭のこの台詞からもうしんどい。笑
東京独特の虚無感、孤独感の演出がリアルで息苦しい。
映像より活字の方が好みかも。
七坂

七坂の感想・評価

3.2
詩人 最果タヒの詩を映画化した本作。

空虚を詰めたような東京という街の片隅に生きる不器用な若者達の現実、という題材は凡百のそれではある。しかし挿入される最果氏の詩によって本作は独特の世界観を醸し出していると言えよう。0か100でしか生きられないようなゼロ年代の中学生みたいな価値観を愛しく思ってるので、そういう意味でも肌に合ったかなと思う。こういう作品をエモいと評するのはなんだか安易な感じがして嫌だ。会話は意図して棒読みに近く、くどく冗長なそれではあるが生きた会話とはそんな物ではないのかと思う。怠惰に生きても、妥協出きるくらいの幸福は手に入ってしまうという絶望が染み入る。詩的な演出は良かったけれど、あの歌に関してはあざと過ぎるように感じたので私はあまり好きではない。何処か安っぽい薄暗い雰囲気を纏ってるのが、しかしこの作品にはお誂向きだ。東京はそういう場所だし。あと、タイトルが好きだ。
尤娜

尤娜の感想・評価

3.6
好きなバンドの曲にある“死ぬまで生きたら褒めてよ”って歌詞が真っ先に出てきた。
momo

momoの感想・評価

-
モヤモヤともちがう、ザラザラというほど感触はない。ジメジメしていた。とにかくジメジメしていた。この世のジメジメを全て集めたみたいな映画だった。
とぅん

とぅんの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

みんな孤独を抱えて、東京で生きている。
登場人物はみんな辛そうで、途中までキツイかなぁと思ったけど、最後はしっかり光が射すような終わり方で安心したなぁ。
青味のある都会の夜空に対して、真っ黒な田舎の夜空が印象的だった。

原作が詩だからか、独特のセリフ回しが印象的で、ここにとっつきにくさがあるかもしれない。
自分も最初は入っていけなさそうだなと思ったけど、徐々にこの空気感に慣れてきた。

しかし、やっぱり詩を原作に映画を作るってのは難しいのかなと思ったのが本当のところ。

「新聞記者」での悪役がハマりすぎてた田中哲司が、この作品で一貫して光要員のイメージの違う役どころでとても良かったな。
なんか惜しい映画。ちょっとこの役に石橋静河が合っていなかった印象。それか脚本が合っていないのか。松田龍平、田中哲治、フィリピン人など工事現場の方々は良い。
mimiko

mimikoの感想・評価

3.5
東京、何故か惹かれ合う二人、夜の街
エモい。

2人が他愛無い会話してる最中知らない誰かが何処かで死んでいる野良猫犬達が今日も捕まって鉄のオリに入れられていくし事件や犯罪が起こる

世の中はこうして無意識的に動いてるんだなあって思う
ライオンがくるくる檻のなかを回るのは、正気を保つため。
そういって、くるっと回る美香とお母さんの思い出のシーンがきれいだった。
東京を、壊して作りまた壊す工事現場で働く男と、死が繰り返される病院で働く女が出会い、揺れる大地の上でなんとか二人立っている。
最果タヒさん原作ってのもあって、台詞ひとつひとつがとても詩的。
嫌いなものから目を逸らしたい男と、嫌いだから見つめたい女。
ただ生きるって難しいね
Smky

Smkyの感想・評価

-
私がもし東京に住んでなくて、どこか別の場所で育ってたらどういう風に観たんだろう、どんな気持ちになったかな
>|