映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの作品情報・感想・評価

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ2016年製作の映画)

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:108分

3.8

あらすじ

渋谷、新宿。二人は出会う。優しくてぶっきらぼうな、最高密度の恋愛映画、誕生。 看護師として病院に勤務する傍ら、夜はガールズバーで働き、言葉にできない不安や孤独を抱えながらも、誰かに甘えることもせず日々をやり過ごす美香(石橋静河)と、工事現場で日雇いの仕事をしながら死の気配を常に感じ、どこかに希望を見出そうとひたむきに生きる青年、慎二(池松壮亮)が排他的な東京で生きづらさを抱えながら出会い、そし…

渋谷、新宿。二人は出会う。優しくてぶっきらぼうな、最高密度の恋愛映画、誕生。 看護師として病院に勤務する傍ら、夜はガールズバーで働き、言葉にできない不安や孤独を抱えながらも、誰かに甘えることもせず日々をやり過ごす美香(石橋静河)と、工事現場で日雇いの仕事をしながら死の気配を常に感じ、どこかに希望を見出そうとひたむきに生きる青年、慎二(池松壮亮)が排他的な東京で生きづらさを抱えながら出会い、そして、恋がはじまるーー。

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」に投稿された感想・評価

ぎす

ぎすの感想・評価

3.7
よかったよね、外人の隣の家の奴は、早く引っ越した方がいい。
ネオンは集まってスイミーみたいに巨大な街の灯りを作り出すけど、それぞれは各々でしかない。乱反射と連続体。それは人間も同じで、そういう類いの孤独。文字が集まって言葉になるのに似てるのかなって思う。ためらい傷ばかりの言葉。どこまでも透明なまでに無関心なほどの無関係な関係。愛に乗っかって愛に則って愛を乗っ取って哀を呪ってそれでもまた逢いに救われる単純で歪な矛盾。最高純度の不純。

共感と共犯を見間違わない携帯できる形態としてジャストサイズの共有孤独空間。
Soh

Sohの感想・評価

4.2
わかんない、
わかんないけど、
なにか
とてつもなく
いい事が
起こる気がした。
東京を舞台に、都会で暮らす若者たちの出会いと恋の始まりを描く映画。
他者に無関心な東京の雰囲気が上手に表現。
不器用な男女が寄り添う過程が面白かった。
石橋静河さんの演技と雰囲気が抜群に良かった。
matsuco

matsucoの感想・評価

5.0
石井監督だし池松壮亮だし、まあ観るだろうと思っていたけど、予告編観てなんと無く面白さはよくある単館系の雰囲気ムービーたろうと…思っていたけど。
なんて面白いんだ…!!!面白過ぎて圧倒された。始まってすぐに大好きな大切な映画の1本になるだろうと感じたけどそうなった。で、徐々に進むに連れて作品の魅力がぐんぐん上がって、最後は虜になった。
石井監督の新境地でもあるし、日本映画の新境地でもあるし。少しでも1ミリでも何かがずれたら駄作にもなり兼ねない絶妙なところをスタッフ・キャストの人達が完璧な傑作にしていた。素敵、とにかく。
勿論好みはあるから観る人が観ればつまらないかもしれないしACジャパンのCMを寄せ集めて作ったような奇妙な感覚もあったけどそこがまた面白い。やたら詩的だなあと思ったら原作は詩だった、監督すげーよー(>_<)(そしてだからタイトルの頭に「映画 」ってついてたんだとようやく気付いた)
石井監督の撮り方も作ってる映画の脚本も、本当にリアルで観れば観るほどフィクションには見えなくなっていって、俳優たちが演技をしているのはそうなんだけど本当にその人が言ってる言葉に聞こえてくる、それが気持ち良い。
そして新人の石橋静河。演技どうこう以前に、この映画に新人を使う事は、パンフにも書いてあったけどほんと必須条件だと思う。全然知らない人がやるからこその役でだからこそ成立する映画。(私の大好きな女優の1人原田美枝子の娘だからという贔屓目もあり良い雰囲気の子だと思った)
池松壮亮も新境地だった。この池松君は久しぶりにめちゃくちゃ好きだった。カッコいい役でも無いしいつも通り貧乏の日雇いの役だったし、何ならいつも以上に言動が普通じゃない役だった気がする(普通って何と言われたらあれですが)。今までに見た事ない池松君。新鮮で魅力的だった。見れて良かった。役者が嫉妬しそうな難しい役。
でもインタビューでも池松君が言っていた通り、この男は日本で一番優しい男、と。それにはとても頷けた。思い出しても胸にくる言葉を多々発していた。
ここ最近どの映画観ても帝一の呪縛から抜け出せなかったけど、帝一がA面側で今わたしの中で1位だとしたら、今日のはB面側で1位かも。いや、石井作品限定にすればA面1位が「舟を編む」でB面1位が「夜空はいつでも〜」だな!
日本映画大好き。
くぅー

くぅーの感想・評価

4.1
my映画館2017#88> そういうことなんだ、夜空はいつでも最高密度の青空で、戦争や地震があっても、地球が滅亡しない限りは変わらない。
だったら、先の分からない人間は、不安になろうが、頑張って生きるしかない・・・正しく頑張れば、あの二人みたいな出会いに、何かいいことがある可能性は高まる。
そう、ダメ人間ってのは、他人を死に追いやる連中であり、テロや戦争然りで、地球滅亡の前に環境破壊での人類滅亡を避けなければ・・・なんてことまで、帰路で考えてた。
拙者も変かもしれない(笑)

エレカシの宮本さんみたいに頭をぐちゃぐちゃにする池松壮亮がナイスだったし、石橋静河も変に魅力的だった。

うん、いい意味で、変に印象に残る作品になるかな。
水戸映画祭、水戸芸術館で鑑賞。何個かいいセリフがありました。
エンディング曲、ミィラズのNEW WORLDいかす曲ですオススメ!
つき

つきの感想・評価

4.7
パンフ購入済

この映画を知った理由は主題歌の歌うThe Mirrazつながりだとは誰にも言えない、、、
でも、とても好きな分類に入る映画だった
機械的な毎日をつなぐ東京の人々に窮屈さを感じる人々の話
はる

はるの感想・評価

3.2
川越 スカラ座で鑑賞。高校生は五百円と嬉しい

映画自体はイマイチ
黒味噌

黒味噌の感想・評価

2.5
斜に構えて見てしまって、コメディにしか思えなかった
>|