映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの作品情報・感想・評価

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ2016年製作の映画)

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:108分

3.6

あらすじ

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」に投稿された感想・評価

よっこ

よっこの感想・評価

3.3
それぞれ息苦しい生活をしてる感が伝わって、それでもちょっとした嬉しい事や悲しい事が伝わってきた作品。
地震速報が来た瞬間…東北での震災を思い出してしまった。
看護師の仕事をしてる傍ら生活の為に夜ガールズバーで働く姿、日雇いで重労働を課せられ、それでも不満を言わない姿。
色々と考えさせられた。
途中途中流れる歌の歌詞がちょっと気になった…笑
かなり好きなタイプの池松くんでした。
東京生まれ東京育ちだから、東京は好きだけどとても苦手だなーと改めて思った
hikkii

hikkiiの感想・評価

5.0
東京にすれてないふたりの恋愛物語
東京のうつし方が特殊だった
こんな明日生きてるかわかんない不安な時代をどう生き抜くの?
て、声にならない叫びを聞いてる気分。涙が止まらなかった。
池松壮亮の演技は、演技じゃなくて、直接私たちに語りかけてるみたい。
記録

記録の感想・評価

3.5
ハッとさせられる台詞がたくさん出てくる、フィクションな東京って感じで雰囲気は好き。日雇い労働者な池松壮亮がハマり役、生きづらいながらも人に優しく絶望していないところが希望が持てて良かった。すごく短いですが、煙草吸いながら散歩する市川実和子が観れるところが最高。
石橋静河の表情がとても良い。君の鳥は歌える以来ファンになってしまった。
労働者の演出は少し違和感があった。伝えたい事は少し伝わった気がするけれど、東京で生まれ育った自分には一生分からない部分があると思う。
mapin

mapinの感想・評価

3.5
都会の息苦しさってやっぱりあるんだなぁ。でも1度は都会に憧れるけどこれ観たらやっぱりあたしには無理だなて思った。

映画というよりもドキュメンタリーみたい。俳優さんの演技が自然だった。松田龍平の存在感やっぱすごいな。

流れるようにストーリーが進んでいくのがよかった。
mew

mewの感想・評価

3.7
不安定な現代を生きながら、誰しもが孤独や不安、コンプレックスと共存している。「ざまぁみろ。」が良かった。
この映画を観たきっかけは、予告を観て予告の完成度が高く、題名に惹かれた。題名と内容の関係性は、薄かったが人で誰もが憧れる東京、、実は中身は空っぽという現実を突きつけられた気がした。元々詩からこの曲を製作したと耳にしたが詩から映画が書けるなんて、なんて素晴らしい感性を持っているのだろう。
YURI

YURIの感想・評価

3.8
「愛は血の匂いがする。」
「追悼される死とされない死、差別。」
「都会を好きになったら自殺したのと同じ。」
「俺らはこんな生活でも生きている。恋もしている。ざまあみろ!」
「安保法改正、食費、少子高齢化、イラクのテロ、会いたい。」

私の救いになった映画。
またひとつ増えた。
haskey

haskeyの感想・評価

5.0
すごく良かった

家賃6万5000円
シリア
テロリズム
食費2万5000円
ガールズバー1万8000円
震災
トモユキが死んだ
イラクで56人死んだ
薬害エイズ訴訟
制汗スプレー750円
安保法案
少子高齢化
会いたい
>|