マーダー・オブ・キャットの作品情報・感想・評価

「マーダー・オブ・キャット」に投稿された感想・評価

そそるタイトル。いかしたジャケ。おしゃれなサスペンス物を想像して観たら、本当にネコが死ぬ話でした。

飼い猫を殺された青年の犯人探しなのだけど、この主人公、マザコンで、しかも引きこもり。
とくに前半、甲高い声で、謎のカーディガン(実家のコタツ布団みたいな)をずっと羽織りながら、独自捜査と言う名の不法侵入を繰り返す姿に「いいから働けよ」と言う言葉がここまで出かかるが、そこを我慢すると、この物語は意外な盛り上がりを見せる。

可愛がっていたネコの死をきっかけに、本気で物事を考え、本気で苦悩しながら、一歩ずつ踏み出していく姿が清々しく、それが見た目にも現れてくるのが、映画的で面白かった。

自分にとって必要と思っていた物が、実は自分の足枷になっているなんてこと、あるよね。髪でも切ろうかな。
seishirow

seishirowの感想・評価

5.0
好き嫌いが大きく分かれそうだけど、僕は好きでした。猫と探偵。
抑え気味のコメディ。

ストーリーは、愛猫を矢で射殺されたニートが犯人を探す、というものです。
猫ちゃんも瀕死ながら自宅前までなんとか帰って力尽きたのだと思うととても悲しいのですが、この話自体はそれも薄れさせるほどの主人公の変人ぷり&ネコ愛でコミカルな雰囲気でした。
ニートから探偵にクラスチェンジした主人公ですが、それなりに進展を見せるし容疑者も数人出てきて飽きさせません。

ナポレオンダイナマイトとか、アガサ・クリスティの短編映画とか、netflixにあるので言えばオフェンダーや彼女はパートタイムトラベラーとか、そんな雰囲気の映画が好きなら見て面白く感じるかと思います。
少し長く感じた。
主人公は個人的に好きになれなかったけど、フォードは好き
よくできてましたが話がまったくおもしろくなかったです。少なくとも私には…^^;

猫の死体がめっちゃ雑な作り物だったところは笑えました。そこは好きでした。

こんなつまらない作品でさえよくできているという点にアメリカ映画の底力を感じました。画面作りやストーリーのおもしろさではなくて、ストーリーを語ること?展開?に力を入れた映画でした。
逆に監督才能あるわ。話の広がり方がジワる。ストーリーに全然関わってこない人物多すぎ。
ごとー

ごとーの感想・評価

4.5
2016/02/06
翻訳者 佐藤栄奈
探偵ごっこから始まった捜査がとんでもない方向に進む感じがとてもいい。王道の展開と思いきやそんな現実は甘くない!ってなるの楽しすぎる。
とらみ

とらみの感想・評価

3.0
悪くない
けどちょっと軽くて何か物足りない
主人公髪切ったらカッコイイ❣️
って思って調べたらリバースの人だった
私リバースの感想にも主人公がイケメンって書いてる笑
この顔好みのタイプなんだな笑
結局イーは悪人だったのか?
家での好青年っぷりパナイ笑
ニートの青年が猫殺しを探して探偵めいたことをする間に、母親との親子関係の描写があって、母親が警察官と仲良くなる、青年も恋をする、中国系の謎の青年との関わりなど描かれているけど、言いたいことは全く伝わってこないし、コメディなのかラブストーリーなのかいまいち振り切れてなく、なんだかなーって感じです。中国系の青年がちょっとひねりが効いててよかったのと、髪を切ったらニートがイケメンになった(クリスエヴァンスぽい)のがおまけ。
ゆみな

ゆみなの感想・評価

3.0
タイトルからして猫が沢山出てくる映画なのかな~って思ってたんだけど、意外と猫の出番は少なくて…でも猫が居ないと出会えなかった人達のお話でしたね。なかなか面白かったです。

主人公のクリントン(フラン・クランツ)はニートでちょっとマザコンの変わり者。彼の飼い猫が殺されて警察に捜査を依頼するも非協力的でね、それならばと一念発起して自分で犯人を捕まえようとドタバタするお話ですかね。
クリントンと恋仲になるグレタ(ニッキー・リード)が、彼の髪を散髪するシーンが良かったなぁ。

この映画の監督ジリアン・グリーンってサム・ライミの奥さんなんだってよ。だからサム・ライミもこの映画にプロデューサーとして関わっているのね。意外と脇のキャストも豪華だし、観といて損はない映画かも。
JJ

JJの感想・評価

2.6
ニートな青年が愛猫を殺されたことで、一念発起。事件解決に悪戦苦闘します。

この青年、髪を切ったら別人のようにイケメン。
別の登場人物達にも気づかれないほどにw

とはいえ、ストーリーは大したことなく。
小さな事件を発端にした、小さな街のちょっとした事件。イギリスでエドガー・ライトみたいな人が撮れば、ヘンテコリンな展開になったかも、と思いました。「ホット・ファズ」みたいに。

それにしても、ニャンコがかわいそうだったなぁ。。。