ホーリー・マウンテンの作品情報・感想・評価

「ホーリー・マウンテン」に投稿された感想・評価

あけび

あけびの感想・評価

4.8
見る薬物。映像がひたすら凝っていて、人もとにかくたくさん出てきて画面全体が贅沢な印象なんだけど、同時にみんなで作ったり色塗ったりしたのかなって思わせるアナクロさもある。とにかく美術が大好きだ。
中身はもー何かしらの直喩暗喩、アンチテーゼ、揶揄が高速で過ぎていく。何かしらの理論に則って進んでいるんだろう、ということは分かるけど初見じゃそれが何か掴めないまま翻弄されて2時間過ぎていた。
それでもなんか、見てよかったと思わせる映画で不思議。替がきかない才能だ…
考えるより感じろ系映画?笑
終始訳がわかりません…
でも衝撃のラストシーンは一見の価値あり!!?
パウロ

パウロの感想・評価

4.2
My favorite Jodorowsky movie: a kaleidoscope of spiritual symbolism. His definite masterpiece.
xxx

xxxの感想・評価

-
飽きる要素ゼロ。まさに見るドラッグ。

完敗。立ち直るまでに少々時間をください。
taro

taroの感想・評価

-
これは一体どういうことなの?マジでわからん。鑑賞するには早すぎた。また改めて観たいと思う。
もも

ももの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ミッドサマー好きな人は好きでしょってよく言われてて観ました。悪い夢のような無意味で暴力的なイメージの連続、なのに美しくて不思議で目が離せないホドロフスキーの世界観。ツッコミ不在のショートコントみたいな空回り感で、特に解説もなくスッと次の見せたい映像に切り替わったりして、そのサバサバ感が癖になる…。とにかく山盛りに絵が出てくるので、今のもうちょっと見たかったのに…みたいなイメージも多くて、きっとその一つ一つに暗喩や政治批判、宗教批判が込められているんでしょうけど、多くて多くて笑っちゃうくらい意味不明でまたそれがいいです。摩訶不思議の洪水を起こしておいて「お前らが見た物感じたことぜーんぶ嘘だよ〜!」ってやっちゃうラストのお茶目さ、え〜!?って声が出てしまいました。まともに考察しながら見てたんだろ〜?!バーカバーカ!意味なんてねえよ〜!と言わんばかりのちゃぶ台返し。最初に見た監督の映画がホーリーマウンテンで良かった。大好きになりました。
瞬間移動おじさんが一番好きです。無意味に筋肉質。
この映画を超える衝撃を、私は知らない。

この映画は壮絶で壮大で人間を描いている。

本当に凄いとしか言いようがない。
エルトポを観て、寺山と北野武とキューブリックを一気に観させられてると思ったけど、ホドロフスキーはホドロフスキーでした。

どっと疲れた。
Ririka

Ririkaの感想・評価

5.0
想像以上に狂ってはいたけど、トラウマになる程かと聞かれたらそうでもなく、むしろ宗教観や構図や、色使いの美しさに魅了されて、好きな映画のひとつになった。人類の真理を感じた。
この作品の意味するところの半分すら、受け止められた気がしないけれど、わかりたいという気持ちが大きくなってしまったので、また観たい。
オーディオコメンタリーついてて良かった…
芸術で世界を変えようとしてた人
>|