パワーレンジャーのネタバレレビュー・内容・結末

パワーレンジャー2017年製作の映画)

Power Rangers

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

遡ること時は紀元前。古代の地球で世界の運命を決する、大きな闘いが終焉を迎えていた。ある5人の戦士たちによって守られた地球。そこにはやがて新しい命が芽生え、物語は現代に還ってくる。小さな町、エンジェル・グローブでありふれた日々を過ごす5人の若者がいた。しかし、5人は運命に導かれるように出会い、やがて訪れる脅威に立ち向かう為、超人的な”パワーレンジャーの力”を手にする。果たして普通の高校生である彼ら…

遡ること時は紀元前。古代の地球で世界の運命を決する、大きな闘いが終焉を迎えていた。ある5人の戦士たちによって守られた地球。そこにはやがて新しい命が芽生え、物語は現代に還ってくる。小さな町、エンジェル・グローブでありふれた日々を過ごす5人の若者がいた。しかし、5人は運命に導かれるように出会い、やがて訪れる脅威に立ち向かう為、超人的な”パワーレンジャーの力”を手にする。果たして普通の高校生である彼らは、自らの力と運命を受け入れ、世界を救うことができるのか?

「パワーレンジャー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

敵キャラに魅力が欠けているし、明確な闘う理由も存在しないのでヒーロー映画としてはイマイチだが社会に馴染めない落ちこぼれ五人組の友情青春映画として観るとなかなか良い ビリーの台詞、友達になってくれてありがとうはグッときた しかしキンバリーの抱えている問題が最後までよくわからなかった
パワーレンジャーのテーマ?が一瞬しか流れなかったのが残念、バトルのメインシーン絶妙なタイミングで流せば最高だった
続編があれば観たい
何故アメリカで戦隊モノ??と思っていたら、向こうではジュウレンジャーが人気でそれが下敷きになってるとか…
ジュウレンジャーはリアルタイムで見ていたし、トランスフォーマーのように日本の物が向こうで人気を得て逆輸入という形で観れるのは嬉しい!
…とまぁ個人的な思いはさておき。

日本でやってる特撮をお金掛けてやるとああいう映像になるんだな〜、というのが、まず大きな感想。
ゾードって一瞬「ゾイド」か!?と思ったけど関係ないんですよね、きっと(笑)
戦隊モノのお決まり事がハリウッドの映像で観れるのは中々迫力があった。
ゾード達が穴に落とされた時の、するだろ?これ合体するだろ??って思いながら見てて合体して出てきた時の「きたーーー!!w」って興奮は忘れられないw

集まった人種も家庭環境も違う5人たち。
若者ならではの未熟さや、苦悩も出しながら、やがて心を通わせ変身に成功し、レンジャーとなる。
どっちかっていうとアメリカの若者の青春ストーリー?凄く胸熱な構成のはずなんだけど、何かが足りない…
「レンジャー」と釘打っている作品だけれども、変身できたのが大分終盤だったからかな…クリーチャー側も結構呆気なく終わった感じ。
続編を匂わすような終わり方だったけど、レンジャーになってからの苦労は次回描くということなんだろうか…。
まぁ残念な事は起こらないので、気軽な気持ちで観れる映画でした。

個人的にルディーリンが凄く気になる存在となりました。
彼についての情報があまり見つからなかったけど、ムキムキボディーをお持ちなのに今回は脱がなかったのがちょっと残念w
パンフも売り切れて手に入らなかったのが心残り…

観終わった後

クリームクリスピードーナツが無性に食べたくなりました🍩
あと入場者プレゼントで村田先生のパワレンイラストカードが貰えるのはめっちゃ嬉しかった!
みたかった!
うーんて感じではあるが迫力はあった!笑

そうねーもうちょっとスーツ着た姿とかゾード(もう名前から姿からゾイドを彷彿とさせる。笑 ちな東映ではない笑 もとは別の戦隊ヒーローモチーフらしいが)とか見たかったなぁという感想。アクションものだしね。せっかくならもーちょい見たかった〜〜

そして最後悪役倒すのはもちろん!かわしてもぐって投げる!みたいなやつ!(全然覚えてない)はいまさかのそれかい!伏線だったのかい!そんな感じで倒しちゃっていいの??いいんだよ!パワーレンジャーだもん!アメリカだもん!て感じ。笑

まああれこれ言うような種類の作品ではないし単純に楽しめたからOK。でもだからこそアクションシーンもっと欲しいんよ。。。笑
最高すぎてうまく文章にできないので個人的によかったポイントを箇条書きで

・ご都合主義展開
(都合よく金鉱にいる5人、熱で溶けて合体するママゾード改めメガゾード)
・戦隊要素
(変身するための特訓、謎の秘密基地&助手&ボス)
・巨大戦での「倒した!?」→復活
・要所要所で流れるイケイケな音楽
・5人のティーンエイジャー感
(会話の小気味よさ、力の使い方)


ついでに個人的に残念だったところも

・変身してから等身大の肉弾戦が少なかった
・赤以外に個人武器がなかった
・スーツが装着型じゃない
(装着型かもしれないけど装着過程での生物感があまり好きじゃなかった。ゴーバスターズみたいなのを期待していただけに少し残念。)
前半はんんん?ストーリーがご都合主義的で、でも見えないこともあって、あまり共感できず入り込めなかったけれど、スタジアム?のシーンあたりからテンポもよくなり、メリハリがあって、結果おおぅ~という感じ😄

セット?美術?はよくできていて、見た目暗いながらもいい雰囲気。
レッド役の子のビジュアルがいいときとイマイチなときがあるも、だんだん応援したくなり、、、ピンクとイエローの女子は美人!

5人のバックグラウンドを描くにはそれぞれ尺が足りないかなあ~。

敵のリサだっけ、神出鬼没だから簡単に負けそうだけど、こっちは"隊"だから、チームで頑張る、そこが試されるわけですね。

長いシリーズなので、まずは顔見せ?次があると思うので、ウォッチしていくかなあ。

しかし、レッドは何をやらかして町の鼻つまみ者に落ちたんだろう?
また、なぜいま映画化?ナゾの多い?パワレン体験であった。
超ーーーーーー面白かった!まず展開が熱い!パワーに目覚めたとこや、やっとできた変身のかっこよさとか、とにかく心の中でウォォォ!とガッツポーズ。
もう後半までくると胸が熱くなりっぱなしで童心に帰りまくり。
初のスーツでの戦闘シーンも、そうそうこれこれ! 敵を圧倒できるほどは強くはないこの力差!ちゃんと体術!って感じで最高。ロボの巨大合体のシーンなんてもう叫び出したいくらい熱かったー!さすが洋画だからか、フォルムがめっちゃかっこいい。あの玩具ありきのデザインも乙だけど、やっぱ純粋にかっこいいのもイイ…!

あとはーやっぱり俳優さんだから仕方ないのかもしれないけど、フルフェイスの出番が少ししかないのは残念だったかな。あのフルフェイスデザイン、ほんとにかっこいいのに。最後の巨大化バトルもちょっと物足りなかったけど、そうだよ!そうだよこれこれ!戦隊ってこういうやつだよ!と自分の中の少年心?が大興奮。
トドメはね、必殺のビーム!みたいなのではなく、全然ふつうに肉弾戦で笑った。そこはニチアサみたいな感じではないんだ…っていう笑。名乗りがないのもキメポーズからの爆薬ドカーン! がないのもやっぱり少し寂しかったんだけど、あの5人揃ってのスーパーヒーロー着地で空気がグォォン!ってなるとこだけでもう帳消し!ありがとうパワーレンジャー!!!
THE王道。
特撮あるあるがいっぱい詰め込んであって、いつもの採石場っぽいところが出てきたり、各々ロボットに搭乗したシーンで明らかに日本の戦隊っぽい曲も流れて、反応してしまった。

前振りは確かに長いけれど、そこに至るまでの過程をたっぷり描いてくれて嬉しかったし、
スタンドバイミーが流れたときは、やはりこの作品は青春作品なんだなと確信した。
前向きな王道作品って面白いなと。
パワーレンジャーの映画を観に行ったはずなんだけど、スクリーンに映し出されていたのはパワーレンジャー風青春ジュブナイルSFだったでござる。ニンニン。
陽キャラアトモスフィアが滲み出てて無理だった。ただしビリーのキャラはとても良い。
「スタンド・バイ・ミー」とか流しちゃうほどあからさまにジュブナイルを撮りたい監督と特撮オタクの需要が完全に食い違ってるよね。ちゃんとした変身も名乗りも合体シークエンスも消化不良が過ぎる。ゾードに乗ってるときずっとマスクオフだし。ゴーゴーパワーレンジャーかかった時は許しかけたけど一瞬で終わって流石にひっくり返った。アルファ5はともかくゾードンとリタのキャラ立たなさ加減が留まることを知らない。リタとかもうあれエンチャントレスのパチモンでしょ。リタの最後の言葉にしてもグリーンレンジャーの匂わせ具合にしてもこんなんで続編作る気満々なのがウケる。アイアンマンやらスパイダーマンやらバンブルビーやら他スタジオのヒーローをネタにしておいてワーナーのキャラクターを出さないのはコラボレーションの可能性の示唆なんだろうけど(実際JLAに映像的メリハリをつけるためにも巨大要員は必要かもしれないが)、このパワーレンジャーは別にいいよ。
ジェイソンの部屋にニンジャスティールのポスターが貼ってあったのは唯一パワーレンジャーの連綿性を実感できて良かった。あとクリスピークリームの件はちょっと笑った、ちょっとね。
これを褒めてるシネフィルは特撮もパワーレンジャーも好きじゃないんだろうか。ヒーローものと捉えずジュブナイル映画としてなら高評価なのかな?知らんけど。
6500万年前のゾードだからそれぞれ恐竜の姿をしている→なるほどわかる。
恐竜の姿をしているそれぞれのゾードの主な攻撃方法はみんな銃撃→は?
みたいなところとか、敵の強さが一貫してないとことか、ユーモアセンスないとことか色々突っ込みどころもあるけど、
戦闘シーンやヒーロー着地、あえてダサいテーマソング的なものを流すとか、無理矢理にしか見えないけど、一応合体したし、戦隊モノとして抑えるところは抑えてたところは良かった。
パワーレンジャーだからカニエのpowerを流すっていうのも個人的に好き。
 変身するまでの過程はまさに青春劇で、各々の葛藤を描いていきます。ただ、その葛藤は本当に個人的なもので、変身することや街を守ることに意味を見出す展開には少し強引な印象を受けるかも。大半を占めている珍道中にスタンドバイミーをご丁寧に掛け、彼らが一つになっていく様は過剰に分かり易く非常に心地よかったです。

 アクションシーンに関しては、あの敵味方入り乱れてワチャワチャしてる感じが過去の戦隊物を彷彿とさせ、なんだか懐かしかったです。

 パワーレンジャーのリメイクだからそこは別に言及しなくて良いところかもしれないけど、個人的に凄く気になったのは、必殺技が無い点ですね。カーレンジャーなら「RVソード・激走斬り」とか、仮面ライダーなら「ライダーキック」とか、叫んでなんかド派手な何か出すじゃないですか。ビンタはないでしょビンタは。伏線としてあったのはわかりますけど、なんかもうちょい、なんだろうな……なんかあったでしょ。あと「GO GO Power Rangers」を流すタイミング、もうちょい決着つきそうなタイミングに流してほしかった。確かにロボ発進で流れるのは燃えるシチュエーションなんだけど短かかったなぁ。もっと重宝してほしかったですね。

 あと、自閉症スペクトラムってそういう扱いでいいのかなと思ったり。
>|