パワーレンジャーの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

パワーレンジャー2017年製作の映画)

Power Rangers

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

遡ること時は紀元前。古代の地球で世界の運命を決する、大きな闘いが終焉を迎えていた。ある5人の戦士たちによって守られた地球。そこにはやがて新しい命が芽生え、物語は現代に還ってくる。小さな町、エンジェル・グローブでありふれた日々を過ごす5人の若者がいた。しかし、5人は運命に導かれるように出会い、やがて訪れる脅威に立ち向かう為、超人的な”パワーレンジャーの力”を手にする。果たして普通の高校生である彼ら…

遡ること時は紀元前。古代の地球で世界の運命を決する、大きな闘いが終焉を迎えていた。ある5人の戦士たちによって守られた地球。そこにはやがて新しい命が芽生え、物語は現代に還ってくる。小さな町、エンジェル・グローブでありふれた日々を過ごす5人の若者がいた。しかし、5人は運命に導かれるように出会い、やがて訪れる脅威に立ち向かう為、超人的な”パワーレンジャーの力”を手にする。果たして普通の高校生である彼らは、自らの力と運命を受け入れ、世界を救うことができるのか?

「パワーレンジャー」に投稿された感想・評価

大迫力で超楽しかった。
車の運転シーンで迫力満点のカメラワークやバトルシーンに魅了されました。
前半は学園もの、後半はレンジャーっていうストーリー展開ですぐ変身しないのでレンジャーだけを観に行く人には面白さ半減かも。
日本人にとって馴染みのあるレンジャーの海外版だけどアクションは期待通りで十分満足できた。
変身するまでが長い。
途中からもうなんかいいかな…

スーツのツヤとロボットちらっと見れたらお腹いっぱい。
べんべ

べんべの感想・評価

3.9
はい!来ました!恐竜戦隊ジュウレンジャーの米リメイク!
私戦隊・ライダーガチ勢としてはとにかく楽しみだった今作、これはどちらかと言うと学園生活とレンジャーの二本柱で成り立っている感覚です。原作は学生ではないのでその分の差はありますが、戦隊ものには学生もいますので青春が大いにせり出しても問題ないです。
かつ今回のブライ(6人目のグリーン)は初期敵だったためここでメインボスは違和感がそこまでありませんでした。2作目も意識しているので、今回はこれくらい人間性にふってみてもいいのでは思います。かつ近年主題になりやすい『ヒーローとは」という問いにもなっているところもトレンドが現れているなと実感しました。

そしてパシフィックリム的なロボ戦も個人的には悪くないかなという印象です。

とにかく続編も観たくなる作品でした!
Jackson

Jacksonの感想・評価

-
戦いの背景とかちゃんと理解してないけど、ガチャガチャしてて好き。
人間関係がブレックファストクラブに似てるなって思った。見たことないけど。
yoshi44

yoshi44の感想・評価

3.4
この映画に何を求めるか、で印象はだいぶ異なる。
サービス精神を出して行くなら、「パシフィックリム」のようにバトルシーンを前面に打ち出すやり方も可能だったはず。
あえて五人の結束の深まっていく過程に重点を置いた結果がこの作風。
なかなか変身できない彼らに(変身できるのはラスト30分!)フラストレーションを感じるか、丁寧な学園描写に感情移入するか。
.
全体的にいい感じの出来で嫌いじゃないんだけど、何にせよ、ロボットの合体シーンを見せなかったのは致命的な失態。
にこら

にこらの感想・評価

2.8
ポケモン見た後に見たせいでこの評価。単独で見てたら3.5くらいあったかなー
AOKi

AOKiの感想・評価

-
内容は少しありきたりではあったが、海外版と言うこともあり日本にはあまりない発想で面白かった

日本の特捜戦隊と言うより新たなヒーロー映画だと思う
格闘シーンは迫力があり見ごたえはあるが特捜戦隊と言う観点から見ると少し違うような気がする

全体的には見ごたえのある映画である
また、続編に期待したいと思える映画であった
Supertouki

Supertoukiの感想・評価

2.0
あまりおもしろくなかった。
わりと好きな作品です。
たしかに戦隊もののハリウッド版としては物足りなさを感じるところはあるけど、赤の他人の五人が仲間になっていく物語としてみるとなかなかどうして。
五人が決め事で手を挙げるシーンがあるんだけど、みんなの手の挙げ方が違うのとか細かいなとかそんな全く性格の異なる五人がそれでもまとまっていく様子は観ていてすごく気持ちよかった。

どの情報が大事かが分かりやすく描かれないから「あんな大事そうな情報結局スルーかい!!」となって気が散るとか、
そもそもカメラワークが上手くなくてアクションの位置関係が分かりづらいとか
気になるところは挙げようと思えば挙げられるけど、嫌いになれない作品でした。
おれもパワーレンジャーになりたくなりました
>|